2019年03月10日

競馬で勝つ方法は期待値を追い続ける事だが実践の結果から冷静に判断しよう

おはようございます!
サンペリドンです。

金鯱賞にダノンプレミアムが出走しますね。
10年前の私なら、単勝100万円勝負って
所です。脳が狂ってましたからね。

ダービーは、距離が長かったし、
内側で不利を受けていたし、今回のメンバーでは
格が一枚上だと思います。私はね。

これが主観って奴です。
そしてギャンブルで勝つべくして勝つには
こんな事は、やっちゃいけません。

ダノンプレミアムが勝とうが負けようが、
一発で決めたいと思ったらその地点で駄目です。

これが人生一度だけの勝負なら、やってもいいですよ。
だけどこれはまさしくギャンブルなんですけどね。

もちろん、勝つことだってありますけど、
それは勝つべくして勝ったわけじゃありません。

対して期待値を追い続けるというのは、
そういう事ではありません。

わかりやすく極端な例えをあげますね。

サイコロ一発勝負!
サイコロ勝負で1を出せば、私の勝ち。
それ以外なら、あなたの勝ちという
場面があったとしましょう。
単純に確率上は、あなたが有利です。

まあ、5/6で勝てるのですからね。

だけど、もちろん1/6で負けてしまいます。
充分に負けもありえますよね。

サイコロ100発勝負
今度は、サイコロを100回振って、
私が1を出す回数と、あなたが
それ以外を出す回数で勝負しましょう。

あたり前に、あなたが勝つでしょう。

確率ですので100%だとは言いません。

ですが、期待値というのは確率の世界です。
極端に言えば、これだけのお話です。

母数が大きければ大きいほど、
期待値があるのであれば、収束の方向に
向かうのです。

確率が全て収束するかどうかというのとは、
また別の話です。

確率の違いがあるものに対して、
確率的に考えるというのは、長期的に
見れば安定していくという思考です。

確率が全てではない場面だって人生には
ある事を否定しませんよ。

ですが、ギャンブルで勝つ為の
考え方としては、「期待値を追い続ける」
しかありません。

ただね、ギャンブル・・・
特に競馬において「期待値を追う」というのは、
相当難しいのですよ。

ギャンブルで勝つべくして勝つには「期待値を追う」
ってわかっているのに、ずっと勝てなかったのですから。

仮説を立てては検証し、実践で試すを繰り返し、
ひたすら失敗ですよ。

なぜ失敗ばかりだったのか。
今だから、はっきりとわかるんです。

大事なのは実践の結果を冷静に客観的に
判断する眼を持つこと。

こんなはずじゃなかった。たまたま確率の
偏りに遭遇してしまった。
私は、ずっとこのように捉えていました。

それが本当に確率の偏りか、単純に
期待値が存在していないのか、
このあたりを明確に判断しておかなければ、
結局、長い事やっても結果が出ないという
苦しい状況が待っているのです。

苦労して構築した理論が実践で通用しなかったら
悔しいですし認めたくない気持ちもわかります。

だけど、もしそこに期待値が存在していないので
あれば、継続するだけ無駄なのです。

私の場合は年間単位で100レース以上
参加したうえで回収率110%以上あれば、
期待値を追えている
と判断します。

年間程度じゃ確率はぶれて当然でしょう。
的中率と回収率のバランスがあるので、
判断に迷う場面もありますが、上記の条件を
満たせれば、ひとまず方法論としては優秀です。

確率の下振れでさえ、回収率110%
以上あるというのがサンペリドンの条件です。

自分では確率の下振れだと思っていても、
それが上振れの可能性だってあるのですからね。

まあ、継続していって本物であれば、
ある一定の部分に落ち着いてくるでしょう。
それが期待値の実力です。

逆に、期待値を取れていないのなら、
いずれボロが出てくるでしょう。

私は、そのあたりの判断がきちんと
できていませんでした。

そこには、希望的観測が大いに入って
いたからです。

そういう意味で現在の馬券術は、
自信を持って、期待値があると
考えています。

これは、あくまでも馬券術で
選出された高期待値馬に期待値があると
判断しているだけです。

これが全てだとは思っていませんし、
これからも、冷静に高期待値馬を
観察し続ける所存です。

結果が全てですので、しっかりと
回収率を出せなければ、そこは、
それなりの対処をしなければいけません。

そういえば、ついに有料予想の馬単
回収率が高期待値馬の単勝回収率を
超えてきました。

なんと、200%オーバーです。
何度も言いますが一時の
数値に騙されてはいけませんよ(笑)

はい、これは冷静にみて上振れ状態ですね。

年間回収率で、現在私が考えうる方法論と
して150%以上を狙うにはどうすれば
いいかという視点でやっています。

ですので現状は、私の想定は、
間違っていないと判断したいと思います。

だって、結果が全てだから。

さて、有料予想の宣伝をして終わると
しますか(笑)

2019年、現在のところ
高期待値馬の単勝・複勝
そして高期待値馬からの馬単、

その全てで回収率100%以上を
キープしています。

あなたなら、高期待値馬をもっと
上手に活用できるかも知れませんよ。

うまい方法を見つけたら是非とも、
私に教えて下さいね(笑)

気になる方は、有料予想のリンク貼り付けて
ますから、よろしければどうぞ・・・

有料予想対象レースは
馬単の1点買いです。

有料予想のエントリーレース(対象レース)
は、こちらで確認できます。

posted by サンペリドン at 05:27| Comment(0) | 競馬必勝法

2019年03月09日

オジュウチョウサンの圧倒的1番人気から見る大衆心理を利用した競馬の勝ち方

どうも、サンペリドンです。

最近は、あまり競馬を観ていません。
まあ、私の馬券術では滅多に的中
しないので、ストレスが溜まるだけなので(笑)

けれども、単純に競馬を観戦して楽しむ
というパターンも、たまにはありますよ。

今回は、オジュウチョウサンに注目していました。
障害レースで圧倒的な力を見せ続け、
2018年、ファン投票3位という
異例の結果に。

まさか本当に出走するとは思っていなかったです。
陣営さんサービスの賜物でしょう。

有馬記念で、どんな走りをするのか・・・
楽しみではありました。けれども、
私の中では、真っ先にいらない馬になります。

これは期待値という意味でですよ。
要するに賭けてはいけないと、
一番最初に浮上した馬でした。

1000万下で勝ったのは、評価できますが、
平凡なタイムで展開に恵まれた。
流石に有馬記念で好走するとは思えません。

ましてや、ファン投票で選ばれた訳ですから、
過剰人気してしまうのが眼に見えています。

全くいらないですね。
まず、掲示板にのる事はないでしょう。
というか、ぶっちぎりのシンガリ負けさえ、
ありえると思っていました。

だけどね、オジュウチョウサンは凄かった。
内から一瞬見せ場を作ったんですよ。
勝ち馬から1秒以内ですよ。
こんなに走るなんて思わなかったです。
御見それいたしました。。。

なんせ、マカヒキに先着してるんだからね。
なんてったって相手はダービー馬なんですよ。

そして久々の本日に、また障害戦に出走と
なりゃ多くの人が注目しますわな。

私も、その中の一人です。競馬ファンって
奴ですな。

阪神スプリングJで、どのような走りを
するのか見ものでしたが、完勝でしたね。

まあ、普通に走れば楽勝でしょう。

だけどね、単勝1.1倍って。。。
これぞ過剰人気って奴ですね。

普通に走れば勝てるにしたって、
普通にいかないのが競馬ってものです。

出遅れあり〜の、接触アリ〜の、
落馬あり〜の、ましてや障害戦。

そんな中で、単勝1.1倍というのは、
大衆心理ってやつです。

「間違いなく勝つ」という、心理が
大衆に働くと結局こうなるんですよ。

だから、これを逆手に取れば、
美味しいオッズを頂けるんですよ。

どうせ賭けても、ほとんど儲からない
オジュウチョウサンの単勝が、
アホみたいに売れるんですね。

「期待値が低いから手を出すべきではない」
とは、ならないんです。

このような大衆心理が競馬で働く限り、
私は期待値を追い続ける事ができるでしょう。

さて、ここで私の馬券術から、
オジュウチョウサンを考察すれば、
オジュウチョウサンに不安要素が3つ
あって、積極的に参加したいレースと
なるのです。

ここで馬券術の中身を暴露するつもり
はありませんが、せっかくみていただいたの
ですから、少しだけ・・・

まず、馬齢8歳という地点で、しんどいやろ。
そして前走からの大幅な距離延長。
あと一つは内緒です。ゴメンね。

オジュウチョウサンに逆らっていいというのが、
馬券術的な見解です。

問題は、今回オジュウチョウサンに
対抗できそうな馬が馬券術的に
浮かび上がってこなかったって訳です。

ですので、見送りレースとなってしまいました。

だから、過剰人気馬がいたからといって、
闇雲に参戦すればいいってもんじゃありません。

ただね、やっぱり大衆心理でここまで
人気してしまうというのは、期待値を
追い続けるものにとっては、優位なんですよ。

私の馬券術の思想はここにあるのです。

要するに人気する馬に不安要素があって、
人気しない馬に優位な要素がある。

それを統計上ルールづけして
レース選定をしているという訳です。

ですので、人気しそうな馬に、
優位な要素があったら、見送りレースです。

人気馬ってのは、常に過剰になりやすいんです。
それが、大衆心理ってやつなんですよ。

人気馬に期待値があると私は思っていません。

的中率で勝てる人ってのは、ずば抜けた
馬を観る眼があるって事なんです。

私は、そんなもの持ち合わせていませんので、
大衆心理の裏をついて、回収率をあげているのです。

競馬って最終的に的中率を競うんじゃありません。

トータルで、回収率100%以上あれば勝ちです。

後は、資金とメンタルに相談して、
とにかく継続できるようにする事。

その上で最終的に回収率で他者と差をつけるというのが
私の競馬の勝ち方です。

それにしても、勝って当たり前の状況で
当たり前に勝ったオジュウチョウサン、
そして、プレッシャーも重かったであろう、
石神騎手、本当にお疲れ様でした。
posted by サンペリドン at 20:03| Comment(0) | 日記

2019年03月07日

有料予想購入者様にあえて厳しい事を言わせてもらいます

どうもサンペリドンです。

まあ、予想通り一気に有料予想購入者様が
増えましたね。

無料提供をやめて、高期待値馬もあわせて
お伝えするという部分に惹かれたのかな?

カラクリを最初に言ってしまうと、
馬単の1着馬の予想として
高期待値馬を使用しているので、
馬単の頭は高期待値馬ってだけです。

もし価値を感じて購入していただけたのなら、
もちろん私は嬉しいですよ。

だけど、これだけは言っておきたいのです。

私が現在馬単1点買いで有料予想を提供
していますが、そもそもは年間回収率150%以上
を出すのが目的です。

これは、難しい馬券種の方が回収率を稼ぎやすい
からです。もちろん方法論として優位性が
あってのものではありますけども。

何が言いたいのかというと、年間を通して
回収率150%以上を狙うのに確率が最も
高い方法を私は選択しているという事です。

その為には、的中率度外視なので、
メンタルが相当強くないともたないと
いうのは伝えておきたいのです。

予めお伝えしているのですが、数値だけで
安易な判断をしているのであれば、ついて
これませんし、ある程度の覚悟がなければ、
何をやっても結局うまくいきませんよと
だけは言っておきたいのです。

有料予想は年間回収率に特化したいので、
このように馬単1点買いという形ですが、
メンタルとのバランスを考えれば、
馬単の頭を単勝で買うのをオススメします。

先ほどお伝えしましたけども、
今まで無料で提供してきた高期待値馬は、
実は馬単の頭になっているのですよ。

有料購入者様なら、すぐに気づかれましたよね。

年間回収率では単勝よりも馬単の方に
軍配が上がると想定しての有料予想だった訳ですが、
やはりバランス的には単勝をおススメした方が
良いと今は思っています。

さらに前回の記事で紹介した通り、複勝でさえも、素晴らしい結果を
残していますので、これはこれで、今後
見守っていきたいと思います。

馬単だけにこだわらず、馬単の頭になる馬は高期待値馬
としての優位性はあると確信しておりますので、
うまくあなたの馬券に活用していただければ幸いです。

自分の中で確固たる馬券術が完成した以上は、
もう迷わず続けるだけです。

そして、予想を購入して下さる方の為に、
私ができるアドバイスはしたいです。

的中率度外視という競馬はどんなものかと
いうとレースを見てもハズレまくるので、
楽しいというよりはストレスがたまります。

それを乗り越えた上での競馬観戦であれば、
かまわないと思います。

多くの人は耐えれないでしょうね。

ちなみに私は、全く競馬を観ないように
なりました。

それ以上に、年間回収率にこだわりたいからです。

覚悟を決めたあなたなら、歓迎しますよ。

私が20年余りもかかって辿り着いた「競馬の勝ち方」
が、理解できるはずです。

気になる方は、有料予想のリンク貼り付けて
ますから、よろしければどうぞ・・・

有料予想対象レースは
馬単の1点買いです。

有料予想のエントリーレース(対象レース)
は、こちらで確認できます。

posted by サンペリドン at 20:41| Comment(0) | お知らせ

複勝馬券で長期的に勝つのは難しいからこそ価値が高い

どうも、サンペリドンです。

私は何度もこのブログで、
「競馬の勝ち方」を考察し、
様々な仮説を立て、検証を繰り返して
きました。

その中で、「複勝で勝つ」のは、
大変難しいというのは何度も
お伝えしたつもりです。

なぜなら、複勝という馬券種は、
まんべんなく売れてしまうという性質を
持っており、大衆心理から離れるのは、
至難の業だからです。

他者と差をつけるのが難しい
複勝の仕組み・・・

すなわち、長期的に最も控除率に
近づきやすい事から、続ければ
続ける程に、大きくも勝てず、
少しずつずるずると負けていくという
のが、競馬における複勝と言う
立ち位置なのですからね。

逆に言えば、複勝で長期的に
勝てる理論をもっているならば、
それは最強なんですよ。

だからこそ、複勝で勝てるレベルの
馬券術を構築すべく、失敗を繰り返して
きた過去があります。

そして、やっと自分の中で、
これならいけると感じたのが、
2017年に無料で報告した、
高期待値馬なんですよ。

けれど、結局複勝馬券の年間回収率は
100%ちょうどでした。

苦労して、やっとチャラという
もどかしさに、もう複勝で勝つ
方法を探るのはやめようと感じました。

但し、単勝の成績は119%と、
満足していい結果となったのです。

この時期に高期待値馬にプラスアルファ
した要素を足せば、さらに回収率が
上がると読んで試してみたのですが、
なかなかうまくいきませんでした。

この時は、希望的観測が入り統計の
取り方がズレてしまっていたというのを
今になって感じています。

ですので、次は馬券種に着目したんですよ。

圧倒的1番人気馬を2着付けにして、
高期待値馬を頭にすれば期待値があると
考えたのですよ。

なぜなら、圧倒的1番人気馬は頭で買うより、
2着付けにした方が期待値が上がる傾向が
統計上あると感じたからです。

そこから回収率に特化した、馬単1点買い
という方法に持っていったのですが、
そもそも私は前日予想できる形を
理想としているのに、単勝1倍台に
なるような圧倒的1番人気を予想なんて
できる術がなかったんですよ。

それでも何とかルールとしては
形にし、検証時には800倍の
オッズを的中させる事にも、
成功したのです。

よし、いけるという感覚は
ありました。

確かに、回収率に特化するという意味
では間違えてはいないんです。

だけどね、私自身がメンタル崩壊するような、
方向に行ってしまったんですね、、、

更には病んできて、運の要素まで気に
しだして(笑)こうなってくると期待値も
何もあったもんじゃありません。

挙句の果てにはスピリチュアルを学んで、
「ギャンブルで勝とうが幸せになれない」という
結論に至り、ギャンブルをやめた訳ですよ。

まあ、そのおかげで金銭的に恵まれる
事態となった上、結果的には、
「確固たる馬券術」が完成したのですから、
運が良かったって感じですね。

なんだかんだ言っても人生においてやっぱり
運は大事ですな。だけど、努力した上で、
ですからね。まずは、努力しないとね。

話が、どんどん逸れていきそうなので、
ここで一旦、本題に戻します(笑)

結論として馬券術の構築にあたり、
2017年の高期待値馬のロジックを
精査する事にしました。

ここで示した通りです。

そして何と

単勝回収率174%
複勝回収率111%

のロジックが完成したのです。
大衆心理の逆をいくルールです。
結果を元にしての考察では
ありますので、実践で再現性が
あるかどうかが、最大の難関ですが、
今度の今度こそは、大丈夫だと確信しております。

それは、ギャンブルをやめた事による
客観的な視点だと私は考えています。
希望的観測は完全に排除できているのです。

もう、高期待値馬の無料配信はしませんし、
私の言う事は結果を観て判断していただければ
結構ですし、信じてくれる方だけにお伝えしたい。

既にもうこれ以上の検証をする必要がないと
私は感じている位、素晴らしいロジックなのですから。

冒頭で、複勝で勝つのは難しいとお伝えしましたし、
私が今まで様々な研究をした上でもそう思います。

さて、1月5日〜3月3日までの無料で
お伝えしてきた高期待値馬の複勝回収率を
あなたに、見ていただきたいのです。

単勝回収率は驚愕の191%です。
だけど、たまたま単勝回収率が良かっただけ
という見方はできますよね。これだけでは、
馬券術としての優位さは見えてきません。
(まあ、充分凄いとは思いますが)

ですので複勝の回収率を見てみれば、
ロジックの優位性が増すのです。

例えば単勝回収率120%でも、
複勝回収率が80%しかなければ、
評価として私は下げたいのです。

2019年
1月5日〜3月3日迄の
高期待値馬複勝結果

複勝的中率27/91→29%
複勝回収率10850/9100→119%

これはもう、優位性を評価できるレベル
なんですよ。

さんざん失敗を繰り返してきた中で、
こんな素晴らしい状況は1度もありませんでした。

もちろん、嘘偽りはありませんし、
過去の記事を改ざんなんてのもありませんからね。

今まで、ずっと正直に失敗の報告をしていたのに、
いきなり嘘なんてつきませんよ。

高期待値馬をずっと注目されてきた方には、
ちゃんとわかってもらえるでしょう。

今回は、私が自己流馬券術に揺るぎない
感覚を持っているのを、
あなたに伝えたくて、こんな記事に
なってしまいました。
posted by サンペリドン at 19:14| Comment(0) | 理想の形

2019年03月06日

有料予想購入者様へ

高期待値馬の予想掲載は終了致しますが、
有料予想購入者様には長期的に運用した上で、
回収率を出すものとお伝えしておりますので、
いきなり予想配信終了という形は、さすがに
無責任ですので取れません。

年間を通して回収率150%を出すというのが、
目的である以上、年間は継続します。

そして、あわせて有料予想購入者様には、
今まで無料予想していた高期待値馬もセットでお伝えします。

有料予想を購入していただけば、
高期待値馬が、すぐにわかるという
カラクリではありますけどね。

正直に申しますが、高期待値馬の
単勝の方がメンタル的に継続しやすいです。

こちらの方を有料にして、
おススメするべきでした。

そもそもが、販売目的ではなく、
ネットビジネスの実験でしたのもので。

無料予想を続け実績が出る程に、
参考にする方が増えてしまうので、
そもそも、無料で予想を掲載するというのは、
回収率を残すにあたっては不利な条件となります。

今までは、私が実際に結果を出しているのを、
嘘偽りのない証明として、事前予想し、
結果報告をしてきましたが、

結局、信じない人は信じないし、
応援してくれる人は有料でも購入してくれます。

無料で、掲載し続けるというのは、
自分の価値を下げていると気付きました。

高期待値馬においては、事前予想の掲載は
もうしません。
ですが、事後報告はします。

そして、一応宣伝しておきます。

気になる方は、有料予想のリンク貼り付けて
ますから、よろしければどうぞ・・・

有料予想対象レースは
馬単の1点買いです。

有料予想のエントリーレース(対象レース)
は、こちらで確認できます。


posted by サンペリドン at 13:33| Comment(0) | お知らせ

スポンサーリンク