2014年10月06日

馬券術完成宣言

もう結論は出ている。
認めてもいいだろう・・・
貫く価値はあるよな。

スプリンターズステークス
最新の馬券術が示したのは
18番、スノードラゴン、
単勝・複勝 1:1で賭ける。
迷いはあった。

だが、確信を得たのだ。
もういいと思うのです。
これで、いいじゃないか。
私の馬券術は、これでいいひらめき

たまたまの的中だったとしても、
いいではないか?
私の主観では取れないものを
馬券術は、ひろってくれた。

もう、揺るがないでいいよ、
認めようではないか。

何度、重ねた事だろう、間違いを
間違いと認めるのも勇気がいる。

常に、挑み完成した馬券術は
その地点で最たるものだと自分では
思っているのです。今回だってそう。

確かに私はメンタル的にまだまだです。
そりゃ、何年も競馬で負け続けてきたの
だから、また駄目だ・・・てな思考に
なってしまうのも仕方がない面も
あると思うのです。

それでも、何度失敗しようが諦めずに
競馬必勝法たるものを求め続けてきた
という意味では、負けず嫌いメンタル
は、たいしたもんだと思います。

なんてったって、20年余り負け
続けているのに、まだ負けを認めて
いないのですからね。

このブログ内でも、何度も失敗を
繰り返していますし、メンタルの弱さ
を見せていますし・・・ブレブレです。

いやねえ、このブログをやって
本当によかったと思っています。
やはり、客観的に自分を見るってのは
大事な事だと思うのですよ。

私がブレブレなのは誰の目に見ても
明らか・・・こりゃ駄目だ・・・
や〜めたってなもんですね。

こんな奴が競馬で勝てるかって
腹立たしささえ覚えますよね。
この一貫性の無さは何なのだ?

馬券術としては、今度こそ
今度こそ今度こその思い・・・
私の中では、最終段階に辿り着いたの
だと思っています。

そして、またひとつの思いがあります。
競馬収支の公開をしないと信じて
もらえないというのは、確かに
その通りでしょう。

的中した、ハズレた。儲かってますって
言った所で、その証拠がないじゃん、
って指摘されれば、まあそうです。

私は今年の収支に関して、公開する
つもりは、ありません。何故なら、
純粋に馬券術が統一されておらず、さら
には主観による賭けのマイナスが
目立っているからです。

正直に申しますが、現在の年間収支は
マイナスです。そして、その原因は
主観による賭けに他なりません。
これはメンタルの弱さによるもの
ですし、そもそもが馬券術を自分自身が
信頼出来ていない証拠でしょう。

ルールの度重なる変更、馬券種の迷い、
一貫性の無さ・・・
これでは、競馬に勝てる訳ないですね。

それでも今迄に比べると格段の進歩
なのです。そもそも私は、全レースに
参戦しないと我慢が出来ない、、、
それ程の、まあ、単なる依存症者と
いうか、競馬ジャンキーだったのです。

今は違います。主観による馬券購入は、
現在は一切行っていませんし、
レース単位での、賭け金の上げ下げも
ありません。

既に、私の思いは来年に繋がっています。
もうはっきりと結論は出ました。
これ以上、馬券術を追求するのはやめる。

来年は、PAT収支の公開をしてやろう
では、ないかパンチ

現在完成している馬券術を徹底して
貫き収支の公開しようと思います。
主観による賭けは、もう2度としない。

私は今度こそ、自己馬券術を徹底して
貫かねばならないと思っています。

方法論・資金マネージメント・
そしてメンタル・・・

私が辿り着き結論を出した答え。
間違っていないと思うのです。

少なくとも、これから先もずっと競馬
を続けていける自信があります。
今迄のような、圧倒的敗北を毎年
繰り返す事は、もうないぴかぴか(新しい)
それだけは、間違いない!

もうルールの変更はしません。
確固たる馬券術の完成晴れ

今、ここに宣言しますexclamation×2

私の馬券術のゴールは今、ここに
完成しました。

またか〜って思われるでしょうね。

ですので、意気込みの程を伝えます。

私は、今完成した馬券術を徹底して
貫きます。

これを貫けないのであれば、競馬から
身を引きます。

その覚悟を持って、貫いてみせる。

20年余の集大成が、ここにある。

見守っていただければ幸いです。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】




posted by サンペリドン at 07:16| Comment(0) | 競馬必勝法

2014年10月01日

今後の馬券術について

現在の馬券術を年末迄は継続してから
結論を出す予定でしたが、あからさまに
的中率の低下が見られた上に、私の理想像
と、かけ離れてしまっている事が、
はっきり分かったので、改めます。

収支をプラスにするという意味では、
結果を残せたと思っていますが、
やはり安定性に欠け、このまま
3連複・3連単に移行するのが
目に見えていました。

回収率に特化するのが、正しいのかも
知れませんが、どうも私のしたい競馬とは
違うと気づいたのです。

最近は、どうせハズレるという感じで
まともにレースを見ておらず、
競馬を楽しめていない自分がいました。

今後は、原点に戻り、1頭の単勝・複勝で
勝負しようと考えています。

複利が可能なレベルの馬券術にしたいと
思っています。

基本的な、馬券術の中身は変わりません。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】




posted by サンペリドン at 02:23| Comment(5) | 競馬必勝法

2014年08月19日

自己流馬券術の一部

まいどexclamation
サンペリドンですわーい(嬉しい顔)
本日は、自己流馬券術が、どのような
視点で構成されているのか一部公開
したいと思います。

秘密、内緒ばっかじゃねぇ・・・
せっかく見に来ていただいてるの
ですから、たまには、参考になる事も
記事にしてみましょう。

自己流馬券術において、過去の統計上、
単勝2点買いの合算回収率は2010
〜2013年まで検証した結果、
ト−タルで123%になりました。

やっと3年分の検証が終わり、
満足の結果にホッとしています。

確定オッズからの検証なので実践での
再現性の確信とまではいかないものの

馬券術として機能する可能性は
高いと感じています。

ブログ開始時からの馬券術選出馬の
単勝回収率は151%です。
●馬を導入したのは連続不的中による
ストレス・メンタル負荷への軽減なので
回収率は下がるのは承知の上です。
2頭のワイド・馬連・馬単の検証を
始めた所ですが結果が残せた暁には、
3連複・3連単への構築をしようと
考えています。
年内、ブログ上で検証を行い、
ワイド・馬連・馬単の全てにおいて
プラス収支を達成出来れば、
3連複・3連単にも発展させる
予定です。

さて、肝心の自己流馬券術の選出法
ですが、逃げ及び先行で勝負できる
馬というのが基本なのです。

今までこのブログを見ていただいた方
は、感じていらっしゃると思いますが、
特に単勝的中馬は逃げて勝ったレ−ス
が主だったのではないでしょうか?

単勝1番人気馬が追い込み馬の場合は
迷いなく参戦しています。
逃げ馬に特化してレ−ス選択した方が
回収率は上がると思いますが、
参戦レ−スが少なくなり安定性に
欠けますので、逃げ・先行できそうな
馬を基準としています。
やはり競馬において前で競馬ができる
という事は、それだけで有利だという
判断なのです。

選び方は単純で、過去3戦において
3角4角共に5番手以内で競馬を
した事があるか否か?
たったそれだけです。
まずは、先行できるかどうか?
それからふるい落としします。
牡馬>牝馬>セン馬の優先順位
ゲ−ト番は偶数・内側を優先
前走より距離短縮馬を優先

おっとっと・・・
ちょっとばかし公開しすぎました。
3年分の検証の結果が嬉しかった
ので気分が良いのですぴかぴか(新しい)

まあ肝になる部分は、やっぱり
内緒ですけどね。

明かした手法は、どれも一般的な
ものだと思います。

それでも、的中率を上げるという
意味では、どれも効果的だと
思いますよ。

後は、オッズとのバランスを見て
勝負です・・・単勝1番人気には
賭けないってのを貫くだけで、
回収率はUPしますよね。

自己流馬券術、心機一転のつもりが
いきなりつまずいた感は否めません。
それでも年内ブログでの公開予想
収支がプラスならば、今度こそ確固
たる自信が持てます。

どんな結果になろうとも、
今度こそは、貫く所存です。

必勝法として辿り着けているのか
いないのか?

年末に全てが分かります。
ドキドキですよ、ほんまにどんっ(衝撃)
ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】



posted by サンペリドン at 01:13| Comment(2) | 競馬必勝法

2014年08月10日

自己流馬券術のこれから

自己流馬券術において、結論を
出してしまうのは、早いかも知れない。

焦ってしまうのは、私のメンタルの弱さ
なのかも知れませんね。
私の、このメンタルの弱さを凌駕できる
レベルの馬券術が必要って事さちっ(怒った顔)

複勝においては、冷静に判断して、やはり
回収率100%を超えるのは難しいです。

いけるかもしんない・・・ドキドキ
してたのですけどね・・・冷静に受け止め
精進しようと思います。しかし、今のとこ
術がない、、、。

単勝に関しても単なる上ブレかも知れない
訳ですが、100レース以上を消化した上
で回収率が150%を超えているのは、
それなりに評価して良いと思うのです。

但し、的中率10%程度の単勝1点買い
を続け観戦した場合の連続不的中による
ストレスは、相当なものなのです。

10レース連続不的中なんてのはザラです。
こうなると競馬観戦しようって気が
失せるどころか楽しくないのですよ。

的中率をあげるには複勝・・・
しかし回収率100%を超えれない。
どうしたものか?

と、なると結局点数を増やすしかない。
でね、色々試してみました。
そしたら、単勝の2点買いで、
的中率25%を達成する手法を
見つけ出す事ができたのです。
肝心の回収率ですが、検証数は少ない
ながら、120%を維持出来ました。

的中率を10%以上UPできた上で
回収率120%ならば、十分です。
試してみる価値は、あると思うのです。

このまま複勝の検証を続けるよりは、
私自身、試す価値を感じるのです。

誠に勝手では、ございますが、
自己流馬券術において複勝の回収率は
100%を超える事は厳しいと結論
づけまして、終了致します。

つきましては、今後複勝の購入は
致しません、ご了承下さい。

次回より、自己流馬券術における選択馬
は今まで通り掲載しますが、単勝のみの
購入とします。基本的には1点買いです
が、それとは別に●馬と称し、もう1頭
掲載する場合が、ございます。その場合
単勝2点買いでの勝負となります。

●馬、単独の的中率と回収率ですが、
100レース程度消化すれば、
単勝的中率15%程度
回収率105%程度の値になるはずです。

結果的には、馬券術によって導きだした
1頭の単勝を買い続ける方が、回収率は
高いと想定しています。

連続不的中のストレスを軽減しつつ、
回収率100%を超す為には、この
方法が良いと思うのですが・・・

ワイド・馬連・馬単につきましても
この2頭買いによる回収率は100%を
超える可能性が極めて高いですが、
それだけだと継続困難になりそうです。

単勝2点買いで、利益を確保しつつ
回収率を高めるという観点で、
ワイド・馬連・馬単・3連複・3連単に
シフトできるレベルであれば、
馬券術としては最高なのですが・・・

結局、自己流馬券術は単勝1点買いのみ
有効って事になるのかも知れません。
もしそうだとしても、それはそれで
十分な馬券術だとは思いますけどね。

せめて自己流馬券術が単勝だけでも
本当に、必勝法に値するレベルか
今一度検証してみたいと思います。

8月10日(日)、本日からリセット
して再スタートさせて下さい。

何というか、事前予想の結果として
単勝においては収支が大幅プラスな訳で、
このまま単勝の数値だけを、引き継いで、 
継続するってのはフェアじゃないと
思いました。そもそも複勝においては
過去の検証上、回収率98%と想定して
いたにも係わらず、レース選定ルールの
変更が、うまく機能していたとカン違い
する慢心さもありました。

単勝においても、冷静に判断する必要が
あります。単勝1点買いが自己流馬券術
において最高のパフォーマンスを
出せる可能性が高いのを承知で、
2点買い、更には馬連・馬単に
シフト出来ないか模索しています。

そういう意味で、時期尚早であり、
メルマガなんて、もってのほかという
気持ちになり落ち込みました。

思っていた以上に、メルマガを購読された
方が多くその点でも、あさはかな行動で
あったと反省しています。
★馬に関しても、安易でした。
そして、今度は単勝2点買い・・・
これまた、安易と思われても
仕方がありません。

表記間違い、表現が分かり難い、
見にくい等、ご迷惑おかけしてます。

ですがここ数年で、一番競馬に対して
向き合っている時期でもあるのです。

変化を恐れません、今は不信感を
持たれてもいいんです。

もう一度、チャンスを下さい。
自己流馬券術が全く機能していない
とは思えません。

まだまだ勝ちを証明するには足りない
でしょうが、次の300レースを
消化してから、改めて本物か
どうか、私自身考察しますし、
皆さまにも、判断してもらいたいです。

またか?と思われるかも知れません。
ですが、私は、このブログを通して
客観的に馬券術の判断ができるように
なったと感じているのです。

ですので、ここが最終地点でない
可能性が高いのも事実です。

ゴールは、どこなのでしょう?
見守って頂ければ幸いです。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】



posted by サンペリドン at 04:19| Comment(0) | 競馬必勝法

2014年07月31日

究極の形

どうも、サンペリドンです。

もし、1番人気のあの馬が来てなければ
的中していたのに・・・出遅れなければ、
他馬と接触してなければ、騎手が違ってれば
・・・くそっexclamation

競馬なんてものは不確定要素の塊みたいな
ものです。タラ・レバ言いたくなりますね。
今まで鼻差で取り損ねた馬券の多い事、
まあ、逆もありますからね。

終わったレースに、ごたごたぬかしても
仕方がありません。

私は、その点は割り切る事に決めています。
だから、レース単位で感情の起伏ってのは
そんなにありません。

いや。。。そんな事ないな・・・
追い上げやってる時の鼓動の激しさは
やばかったですからがく〜(落胆した顔)

現在は、単勝・複勝の馬券術だから、
割り切れる部分が大きいのでしょうね。

3連単を鼻差で、逃した・・・しかも、
それが100万馬券てな事に・・・
考えただけでも恐ろしいですな。。。

まあ、こんな心境でレースを見れるように
なったのも、実は最近ですけどね。

馬券術に基づいて賭け続ける事さえ
できるのであれば、今までのような
悲惨な結果にはならないという確信は
あります。

そして、もっともっと私のメンタルが
しっかりとしてきたら試してみたい事も
あるのです。

3連単という馬券・・・魅力的ですね。
実は、回収率だけに特化すれば、
検証上、2013年年間の収支200%を
超えるレベルの方法論を見つける事が
出来たのですよ。

問題は、的中率の低さです。想定上の
的中率・・・1%。

私は10%に満たない馬券術は理論上は
勝てても実践では、難しいと思います。

よっぽどの根拠がなければ、
継続できないのは身をもって経験済です。

対して、馬券術による3連単考察。
再現するかどうかの判断をどうつける?
1%の的中率なんてもんは、馬券術と
しては貧弱すぎないか?

今は、まだ漠然としています。
ですが、1%以上の的中率が
見込めるだけで、回収率200%を
超えてしまう3連単の魅力。

予想提供という形にするには、
あまりにも的中率が低く、実践される方
は皆無でしょうねあせあせ(飛び散る汗)

ですが、いずれ馬券術という形で
3連単にも、挑戦してみます。

このあたりの心境の変化も、
ぼちぼちお話していこうかな・・・

本日は、ここまでわーい(嬉しい顔)

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】



posted by サンペリドン at 19:08| Comment(0) | 競馬必勝法

2014年07月29日

馬券術の可能性とメンタル

どうも、サンペリドンです。

私は短期間ながら自己馬券術において
ワイドの予想をやっておりました。

その期間中は、ひどいもので、
ワイド的中率1/41・・・2% 
回収率・・・3070/8200→37%

41レース予想して的中はたった1レース。
単勝・複勝よりも回収率は高くなる想定
だったのにもかかわらず・・・

この段階で心が折れて、やはり想定値が
10%を切るようなものは理論上使え
ないと結論づけ終わりました。

まあ、使えないと思いつつも、
何か、良い方法はないものかと、
データだけは、取ってみたのです。

その後、70レース終了地点で
どうなったかというと、
的中率5/70・・・7%
回収率・・・17400/14000→124%

あれれ?何だかいけそうじゃないか?

私は、自分自身で納得して完成させた
方法論にも係わらず、さじを投げた
形で、ワイドの予想公開をやめました。
恥ずかしさもありましたし、実際
ワイドで収支をプラスにもっていくのは
厳しいと思ったからです。

やはり、理論と実践は違います。
感覚的に無理だと感じたら、例え自分が
納得して完成させた方法論でさえ、
続ける事が難しいのです。メンタルが
持たないのです。

本当にそうか?

違いますね。私の場合・・・
人には、長い目で見て欲しい、理論上と
いう表現をしていますが、今までの負け
続きの競馬人生において、早く結果を残し
たいという焦り、自分の理論が間違って
いるかもと、すぐに不安になる。
手法に一貫性がなく、考えがコロコロ変化、
逃げ出したくなる、他にもっと良い方法
があるに違いない・・・

追い上げと言う手法に取り組もうとした
のも早く結果を残したいが為でしょう。

≪馬券術・資金管理・メンタル≫

私が競馬で勝つ為に絶対的に必要
だと感じている3要素です。

そう結論づけているにも係わらず、
メンタルだけ逃げようとするんだから
勝てるもんも勝てなくなっちゃいます。

無理もないです・・・負け続けてきたの
ですからね、だからこそ検証を重ね、
実績が必要なのですよ。

私に、アドバイスを下さったあなた様、
その中で、ワイド→馬単にしてみたら
どうか?とのご意見を頂いた事が
ありましたね。

それに対する私の意見はこうでした。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

七夕賞の結果・・・馬単で買っていたとして
的中できたという結論。

配当を確認すると、馬単2−4
33560円 的中

たったの2点買いで、このような
配当を手にできるというのは、
確かに、優れた方法のような
気がしますね。新たな可能性を
感じてしまうのは確かです。

累計したとしても、
回収率・・・33560/5000→671%
と、とんでもない事になります。

問題は的中率って事になってきます。
理論上は、回収率100%を超える
方法論であれ、継続できるかどうか?
それに尽きると思うのです。

他人との、差が1番つきやすい馬券が
3連単なのは間違いないです。
要するに、方法論さえしっかりして
いれば、3連単が一番回収率を高めれる
可能性が高いでしょう。

同時に確率的には、もっとも厳しいのも
間違いない・・・

メンタルと資金管理が一番難しいのです。
私の現在の自己馬券術では、ワイドの
的中率が8%程度になると想定されます。

馬単となると、どうなのでしょう?
検証してみないと、はっきりした数値は
出ませんが、予想値で仮に1%とします。

そして的中時の配当は、七夕賞を考慮、
少し厳しめに300倍としてみます。

馬単2点買いを継続し、もし理論通りに
的中するのであれば・・・回収率
150%

ほ〜なるほどexclamation×2
長い目でみれば、回収率100%を超える
のが、たやすいとさえ思えてしまう数値
ですね。

さあ、理論値上勝てますが、実践はどうか?
実践でも回収率が100%を超える可能性
は高いと思われます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

100%を超えると想定したままです。
私の考えは、ここから前に進むのを迷って
いたのです。

単純に的中率の問題によるものです。
他人との予想に対してオッズに歪みが生じ
易い馬券種は単勝でも複勝でもありません。
特に複勝というのは、歪みが少なく、
収支をプラスにするのが難しいというのは
以前申した通りです。

その中で、単勝・複勝で収支をプラス
に出来るレベルの馬券術であれば、
他馬券種においても、優位性の
ある予想となるはずです。

的中率と回収率のバランスは確かに大切
ですが、結局、競馬において的中率を
争うのではなく、収支が全てです。

資金管理とメンタルさえ確保出来れば、
優位な予想力程、的中率の低い馬券種の
方が脅威という事になるのですからね。

的中率が低いという理由で片づけて
しまうのは、何ともチャンスを
逃してしまっているのかも知れません。

私は3連単なるものに手を出せるような
馬券術を持ってはおりませんし、
単勝・複勝で利益を安定して出せるので
あれば、その必要を感じないかも知れない。

ただ可能性として、全ての馬券種に目を
向けるべきだと感じています。

資金管理もメンタルも現状では、まだまだ
です。

今の自己流馬券術だってこの先どうなるか
わからない、必勝法と呼べるに値しない
可能性の方が高いと考えておくべきだ。

それでも、いずれは3連単迄、
目を向けていきたいと思っています。

それに対処できるだけの理論と資金と
メンタル・・・このブログを続ける事、
メルマガ配信をする事で養っていきます。

焦らず、驕らず、軸は振れずとも、
柔軟に、いろんな可能性を導きだせるよう
努力する所存で、ございます。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】




posted by サンペリドン at 11:04| Comment(0) | 競馬必勝法

自己流馬券術について

馬券術のロジックは?
何故その馬を選んだのか、根拠は?
詳細、中身を教えて欲しい・・・

このような問い合わせを、いただく
事があります。

これにつきましては残念ながら、教える訳
にはいきません。

う〜ん?過去の記事を見てもらえれば、
だいたい、わかるはず・・・

私の自己流馬券術の実力はまだ分かり
ませんし、確信を持ってやっているにしろ、
まだ検証段階です。

それでもやはり教える訳にはいきません。
仮に自己馬券術が必勝法と呼ぶレベルに
達していたとしましょう。

方法論が広まってしまい、同じ手法を
使用する人が増えれば増える程、
それはもう必勝法と呼ぶに相応しません。

競馬というものは、ゼロサムゲームです。
相手はJRAではありません。どうやった
ってJRAに勝つ事なんて出来ません。

ライバルは、競馬に参加する全ての人なの
です。まず、その事を理解しておくべき
なのです。

いや、これは、たてまえ上の理由です。

まあ、私の馬券術の中身を教えた所で、
それを忠実に真似ようなんて方は、
ほぼいないでしょうし、仮にこの
ブログをみている方、全員が私と同じ事
をしたとしても、競馬人口の0.1%にも
満たないでしょうから、さりとて問題は
無いってのが本当の所ですけどね。

なんていうか、中身迄は知られたくない
のですよ、現在辿り着いている
馬券術の形ってのは、ごく単純です。

今迄、けっこう理論だとか考え方は
述べて来ましたけど、使用している
ロジックは、とてもシンプルなのです。

現在の自己流馬券術について、
詳細は省きます。どのようにして
賭ける馬を導き出しているのか?
ってのを、ご要望には添えませんが
大筋で、説明しようと思います。

その前に、ちょっとこんな人物のお話を
知っていますか・・・?

アメリカの伝説的な馬券師のお話です。
真偽の程は、どうか?実在した人物です。

通称 ピッツバーグ・フィル

1800年後半から1900年あたりに活躍した
伝説の馬券師。本名はジョージ・E・スミス。
1905年2月に43歳の若さで死亡。競馬は
ビジネスで、馬は格だと言う信念を持つ。
1900年代に競馬だけで500万ドルの資産を
作り出した。現状の円換算でも4億円だが、
当時の貨幣価値を考慮すると、
どれほどの資産か想像できるだろうか。

これって本当なのでしょうね。
著書も残っているそうです。

・才は不要、研究しなければ勝てない。
・勝者は勝ち続け、敗者は負け続ける。
・自分の考えを信じ、他者に惑わされない。
・買った馬が負けたら、敗因をよく考える。
・自信のないレースは見送る。

そして晩年言っていたのは、信念にもある
≪馬は格だ≫という言葉。

ピッツバーグ・フィルの方法論が
現代の日本の競馬に対して、
そのまま通用するかどうかは
わかりません。ですが、
ここまで圧倒的な勝利を残した人物の
一部を吸収してもいいではないか?

私が、馬券術の引き合いに出すなんてのは
おこがましいですが、馬の格というのを
自己流馬券術のルールに取り入れています。

ざっと流れを説明するとこんな感じです。

・単勝1番人気馬が負けそうなレース選ぶ。
 (選定馬が1番人気なら見送りレース)
・ルール選定馬の単勝オッズを確認。
 ○倍〜○倍の範囲かどうか?
 (何頭か候補があがります。)
・その中から1番格の高い馬を選択

たったこれだけなのです。
単勝1番人気馬が勝ちそうなレースには
参加せず、負けそうなレースに参加。
問題は、どうやってその基準をルール化
するのか?何を持って格を見極めるのか?

基準となるルールが本当に有効なのか?
過去の統計は、どの程度再現性があるか?

基本となる考え方は、期待値なのです。

その為に必要不可欠なのがオッズです。
勝つと思った馬に賭け続けても、オッズ
を気にしないって方は、競馬をトータルで
勝つのは難しいでしょう。

そもそも、勝つ確率が固定されていない
競馬において期待値という考え方は、
ナンセンスなのかも知れません。

ですが、競馬で勝つためには他人と
差をつける必要性があるのです。

誰もが勝つと思っている馬を的中させるの
ではなく、いかに他人が選びきれない
盲点をつく事が重要だと思うのです。

競馬は、的中率を争うものではありません。
的中率を全く無視する訳にはいきませんが、
最終的には、回収率がものをいうのです。

儲けてナンボってやつですね。
その為、オッズの概念は必要不可欠です。

一定のルールに従った方法論で、
自分の馬券術の的中率はどの程度なのか?
そしてそれならば何倍以上のオッズが
必要なのか?

例えば、私の馬券術であれば想定している
単勝の的中率は10%です。
ならば、おのずと賭けてはいけない
オッズというのが浮かんできますよね。

それを守り続ける事ができれば、
おのずと回収率は上がってくるはずです。

期待値を追い続けるというのは、こういう事
なのです。

私の場合、的中率に特化した方法論は
どうしても期待値をうみ出す事が
出来ませんでした。安定性という意味では、
的中率が高いに越した事は、ありません。

馬券術のロジックとして、回収率に特化
するのであれば、馬単、3連単の方が
優るでしょう。

いずれ、3連単に挑戦してみたいという
思いが、実はあったりするのですが、
今は、そういう段階ではありませんね。

現在の自己流馬券術・・・まずは、
単勝・複勝において成功といえる結果
をきちんと出せるかどうかに
かかっています。

偉そうに馬券術の中身は秘密だし、
理論ばっかりで、結果も出していない。
過去において失敗しかしていない。

今の段階じゃ、ただのおっさんの戯言に
過ぎんでは、ないか。。。

長々と、お付き合いしていただき
ありがとうございます。

ギャンブルなんてもん、結果が全てです。
早く、勝ち組みの一員となって、
実績を持った上で、お話をすれば・・・

一気に、説得力のあるものになりますね。
それ迄は、何を言おうとも、負け犬の
遠吠えってやつですものね。

ウウォ〜オオオ!!!
負けるもんかexclamation×2 

最後は、おっさんの遠吠えと
言う事で。。。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】









posted by サンペリドン at 01:11| Comment(0) | 競馬必勝法

2014年07月28日

馬券術の信頼性

どうも、サンペリドンです。

本日は馬券術の信頼性について
お話しようと思います。

先日7月27日(日)のメルマガ配信
レース結果は、9レース提供中、
的中がありませんでした。

こりゃヒドイな・・・と思われた方が
大半でしょうね。。。

メルマガ予想に対しての結果報告は
7月28日中にまとめ、配信しますので
ご了承下さい。なんともまあ、
ひどい結果なので、お恥ずかしいですが。

不満だらけだとは思いますが、
まあ、こんなものですよ・・・
とだけ言っておきます。

自己流馬券術において、300レースレベル
の単位で見れば、安定して収支を出せる。

単勝回収率140% 複勝回収率120%
の想定値、これをどう考えるかは、
個人によって違うのでしょうが、私は
立派な数字だと思っています。

確信があるからこそ、ブログとメルマガで
予想配信をする運びとなりました。

私は、過去の統計による予測と結果から
有効だと思われる数値を選びだして、
馬券術として反映させました。核になる
部分はお話できませんが、考え方や
捉え方、手法の一部、及びヒントは
このブログ内で公開しているつもりです。

馬券術においては理論上、収支が
プラスになるのですが、あくまでも
過去においてであって、先の事は保障
できません・・・

となると、問題なのは、馬券術をどれだけ
信じれるかに、かかってくるのです。
的中率が100%でない以上、
いつ的中するかわかりません。
私の自己流馬券術の単勝的中率の
想定値は10%なのです。

90%は、ハズレる馬券術を信じ切って
賭け続けるには、実は、相当なメンタルが
必要です。このメンタルってのは、
ギャンブルに勝つ為には、必要不可欠です。

私が競馬で負け続けてきた理由として、
メンタルは、大きな要素なのです。

私が無料で、ここまで公開しているのは、
馬券術を信頼してもらえるだけの土台が、
足りないからというのが主な理由です。

私の予想に安易に乗るって考えの方は、
実は危険です。

勝っている間に逃げるってのは、作戦と
して有効ですが、馬券術を信頼出来なく
なって投げ出してしまうってのが、
目に見えています。ましてや他人の
予想、負け続けてメンタルが持つとは
思えません。

ですので、まずは、無料期間中、私の
自己流馬券術がどの程度の実力か?
信頼できるのか?ってのをじっくり
観察するべきなのです。

私の予想に乗った地点で、どんな結果に
なろうとも、それは私の範疇ではなく、
自己責任だという事を言いたいのです。

馬券術を信じ切った上で納得し、
結果を全て受け入れる、レース
単位で駒の上げ下げはせずに、黙々と
一定額を賭け続け、長い目で見て
収支を想定値に近づける。

それを守ってはじめて馬券術として
機能するのです。

ブログ内の予想とメルマガ内の予想は
別々に報告していきますが、各300
レース消化時の的中率と回収率は、
同じ程度になると想定しているのです。

いずれ、まとめて報告しようと思います。

両方とも、プラス収支を達成できた時
こそ、私が求め続けてきた必勝法が
完成したと胸を張って言えます。

メルマガ読者様、がっかりさせて
申し訳ありませんが、まだ始まったばかり、
今後の、予想結果に期待してもらいたいと
思います。

どうか長い目で見守っていただければ
ありがたいです。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】



posted by サンペリドン at 01:28| Comment(2) | 競馬必勝法

2014年07月21日

確固たる馬券術の考察

どうも、サンペリドンです。
追い上げの失敗、甘さ、挫折感、メンタル、
一日中、色々と考えておりました。

昨日は、正直、冷静な考察が出来ていたとは
言い難いのです。

考えが、あらぬ方向に行きかけていました。
競馬で負け続け、失敗を繰り返しています。

ですが、今までとは違う部分もあったの
ではないか?

競馬・・・トータルで勝っている人は、
全体の5%程度だといわれています。

私個人の意見としては、毎週競馬を
やった上で、年間収支がプラスな人は
1%もいないって、思っていますけどね。

私の馬券術、短期間とはいえ、単勝・
複勝においては、プラス収支を計上でき
たのです。

今迄の事を思えば、これは驚愕に値します。

短期間であれ、5%の勝ち組に入れた。
さらに検証を続け、それでも収支を
プラス計上できるのであれば、確固たる
自信を持って、自己馬券術の完成。

→求め続けた必勝法と呼べるものに
辿り着いたと言っても、良いのでは
ないか?

これを貫き通せるのではないか?
ゴールは近いと思うのです。

前回、自己馬券術の考察として、
単勝に対して、的中率・回収率ともに
想定値に近く、これからも問題なく
自己馬券術における単勝は使えると
いう結論に達したという事を
述べたつもりです。

対して、複勝に関しては出来すぎ
の感覚があり、以降は使えないと
いう決断を下してしまった訳です。

的中率が下がろうが、もっと回収率を
上げる必要性があると迄、述べました。

的中率30% 回収率129%の結果
を無視しようとしたのです。

単勝よりも、安定するであろう複勝で
これだけの結果・・・むしろ、
単勝よりも、評価すべきなのにです。

当初の想定値として複勝の
的中率30%程度 回収率98%程度
というのは、過去の検証によって
私が導き出した数値であります。

複勝で回収率100%を超すのは、
至難の業であると言えます。

だからこそ、的中率30%到達時の
回収率129%というのは、オッズ
の歪みだけでは、納得がいかない
レベルなのです。この差がどこから
くるのか?ほどなく結論がでました。

この差において、考えられる理由と
いうのが、はっきりと浮かんできたのです。

検証段階では、レース確定後の
オッズに基づき、全てのレースに
参加したとして計算していた為、
見送りレースの概念がなかったのです。

それに対し、現在の自己馬券術に
おいて、単勝1番人気馬自体が、
馬券術によって選出されてしまった
場合は、おいしくないレース、
期待値の低いレースとして、
見送りレースとしているのです。

複勝の配当金というのは、本命に
偏る程下がり、穴になる程上がります。
3着以内に入った人気の割合で
配当が決定されるのです。

その為、単勝1番人気馬が3着に
も、はいらないようなレースを
狙う事が出来た上で、複勝を的中
させる事で、よりよい配当を得られる
のです。

1番人気が危ういと思われるレースに
参戦し、逆に1番人気がくるであろう
レースには参戦しない。

自己馬券術において、賭けるレースと
見送るレースの選定方法が、うまく
機能した為、的中率30%における
回収率が98%ではなく129%と
大幅な上昇となったのだと考えられる
のです。

ですので、レースの選定により、
さらなる回収率のアップが望める訳です。

自己馬券術における、選定馬の抽出は
今まで通りに行い、レース選定において、
さらなる改善ができれば、その時こそ
確固たる馬券術が完成される予感が
するのです。

この度、レース選定において、
条件ルールの付け足しを行いました。
これにより、的中率に対する回収率の
向上に繋がると期待しています。

うまく機能するかどうかは、実践で
検証すれば、見えてくると思いますし、
悪い方向に行くとは考えていません。

次回から、検証を続け、確固たる
レベルに到達したかどうかの判断をします。

単勝だけというのは、ストレスがたまる
ものなのです。メンタルにも影響します。

複勝で、ちょこちょこ的中しつつ、
単勝でボーナスって感覚が、
私としても楽しめるのではないか?

バランスが取れていますし、
やはりこれが、1番私にとって、
適切な気がします。

さて、今度こそ必勝法は完成したのか?

今辿り着いている方法こそが、私に
とって最良のものであると、
常に感じ、そして常に失敗してきました。

先週迄の自己馬券術は、失敗と呼べるか
というとそうではありません。

今迄に比べると、圧倒的な結果を
残したと言って良いでしょう。

さらに、改良を加えた自己馬券術。
さあ、どうなるのでしょう?
毎回楽しみなのですけどねわーい(嬉しい顔)

今度こそ、今度こそ、今度こそ、
確固たる自己馬券術の完成で
ありますようにぴかぴか(新しい)

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】



posted by サンペリドン at 20:44| Comment(0) | 競馬必勝法

2014年07月17日

的中率と回収率のバランス

どうもサンペリドンです。

この、競馬必勝法を求め続け
失敗ばかりを繰り返しているおっさんの
ブログですが、たくさんのお方に、見て頂ける
ようになり、ほんとうに有難いです。

いつも、ありがとうございます。ぴかぴか(新しい)

今回は、直接メールに、ご質問やアドバイス
をしてくれているお方の、ちょっと気に
なった点がありましたので、私なりの
考えを述べたいと思います。

このお方も、私と同様に勝てる方法論を
ご自分で、研究されており、勝ちたい
気持ちが、ひしひしと伝わってきます。

私の馬券術に対して考えさせられますし、
刺激、アイデアにもなり感謝しています。

その中で、ワイド→馬単にしてみたら
どうかと、アドバイスを頂きました。

先日の七夕賞の結果を見ての事だと
思います。確かに結果から見ますと、
馬単を的中できていたという結論です。

配当を確認すると、馬単2−4
33560円 的中

たったの2点買いで、このような
配当を手にできるというのは、
確かに、優れた方法のような
気がしますね。新たな可能性を
感じてしまうのは確かです。

累計したとしても、
回収率・・・33560/5000→671%
と、とんでもない事になります。

問題は的中率って事になってきます。
理論上は、回収率100%を超える
方法論であれ、継続できるかどうか?
それに尽きると思うのです。

他人との、差が1番つきやすい馬券が
3連単なのは間違いないです。
要するに、方法論さえしっかりして
いれば、3連単が一番回収率を高めれる
可能性が高いでしょう。

同時に確率的には、もっとも厳しいのも
間違いない・・・

メンタルと資金管理が一番難しいのです。
私の現在の自己馬券術では、ワイドの
的中率が8%程度になると想定されます。

馬単となると、どうなのでしょう?
検証してみないと、はっきりした数値は
出ませんが、予想値で仮に1%とします。

そして的中時の配当は、七夕賞を考慮、
少し厳しめに300倍としてみます。

馬単2点買いを継続し、もし理論通りに
的中するのであれば・・・回収率
150%

ほ〜なるほどexclamation×2
長い目でみれば、回収率100%を超える
のが、たやすいとさえ思えてしまう数値
ですね。

さあ、理論値上勝てますが、実践はどうか?
実践でも回収率が100%を超える可能性
は高いと思われます。
ただ、一般的にメンタルが持たないねふらふら
私は、続けていく自信はありません。

やはり的中率は10%を切ると厳しい。
今ワイドを継続するのが、いっぱい
いっぱいですからね。

それでも、貴重なご意見・・・
馬券術のさらなる改善に向けての
ヒントとなりそうです。

ご意見、ご質問、アドバイス、
いつでもお待ちしています。揺れるハート
ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




posted by サンペリドン at 18:52| Comment(0) | 競馬必勝法

スポンサーリンク