2017年07月21日

本日の高期待値馬(7月22日)

どうも、サンペリドンです。

7月22日の高期待値馬は1頭です。

****************************************

2017年7月22日(土)
馬券術予想 複勝

****************************************

※ルール
複勝の1点買い
複勝で的中率40%回収率110%
以上を期待できるロジックとして
活用しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

中京10R
9番 ブリクスト

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

有料予想対象レースは
18レースあります。

有料予想のエントリーレース(対象レース)
は、こちらで確認できます。

購入する!
posted by サンペリドン at 16:10| Comment(0) | 競馬必勝法

2017年06月27日

宝塚記念の結果を競馬の勝ち方の教訓とする

2017年、宝塚記念。

キタサンブラック、圧倒的1番人気。

単勝オッズは1倍台。

常に知っておくべきは、競馬でおこる
様々な要素を加味した上で単勝1倍台に
期待値があると考えてはいけない事。

馬というのは、繊細な生き物です。
出遅れ、躓き、骨折、鼻出血、
他馬との接触・・・様々な場面迄、
ふまえた上で、単勝1倍台というのは、
ありえないと心得ておくべきです。

こんな事を言っていますが、私は、
キタサンブラックに死角は無し、
まず普通に走りゃ勝つと思っていました。

多くの方が、そう思っていたのでは?

それでも、期待値の観点から賭けに参加
してはいけないと判断し、観戦して
楽しみました。

これもしキタサンブラックに賭けていたら、
競馬を辞めたくなる位、やりきれない気持ちに
なるだろうって感じました。

これが、競馬ってもん。
絶対はないというのは、何度も経験し、
学んでいるはずです。

主観的には、キタサンブラックを
外した馬券なんて賭けた所で、的中するとは
思えない。だからと言ってキタサンブラック
から賭けたら、期待値があるとは思えない。

こういう場合は、キタサンブラックが
飛ぶという、何か根拠的なものが
欲しい所です。

私の馬券術では、キタサンブラックが
軸になってしまいました。

結果的に、紐馬の2頭が1,2着でしたので
せめてキタサンブラックが3着以内にはいって
くれたら、的中しとったのに・・・

とタラレバが言いたくなる状況ではありました。

馬連に目をやれば、なんと5250円も
ついているでは、ありませんか。
紐BOXタラレバ馬連的中!

私がワイドとして構築したはずの馬券術は、
ワイドでは、現状、てんで結果を残せては、
いませんが、タラレバの馬連と3連系では
回収率100%を超えているというのは、
こういう美味しい配当を、サラリと的中
しているからなのでしょうか?

まあ、馬券術としては、軸馬がキタサンブラック
という地点でアウトな訳ですが、オッズから
見れば、キタサンブラックが軸の地点で、
見送りレースとするのが正解でしょうね。

馬券術として、キタサンブラックに不安
要素ありと判断した上で、勝負するという
のが、理想的な形だと思います。

だからといって・・・

キタサンブラックが飛ぶ可能性が高いと
判断出来る根拠を探すというのは、
それはそれで無理があるというものです。

敗因が騎手にさえよく分からない。
見えない疲れがあったのかも・・・
馬の気持ち迄は想定できません。

ですので、こういうパターンで、
私が肝に銘じておくことは、

このようなレースを見るたびに、
競馬と言うのは、何とも不確定要素が
多いものだという事を認識する事。

2017年、宝塚記念を心に刻み
忘れてはいけないのです。

絶対を確信したレースであっても、

決して、レートをあげるような事を
せず、あくまでも数あるレースの
一つと捉え、淡々と賭けるという
姿勢が大事だと思うのです。

長期的に競馬と付き合い勝ち切る為に
必要な要素であるのです。

以前の私であれば、宝塚記念という
ブランドに熱くなって、参戦しない
という選択はありませんでした。

それどころか、有金全部勝負なんて
ことを平気でやってしまっていたのです。

私が、絶対を感じ主観的に競馬をやりそうに
なった時、レートを変えて大勝負を
したい感情が芽生えた時には、いつも、

【2017年宝塚記念キタサンブラック】

を、思い出すと決めました。

『競馬に絶対はない』

教訓レースとして、重宝します。
posted by サンペリドン at 15:08| Comment(0) | 競馬必勝法

2017年03月31日

感覚と仮説と実績で戦略を立てています

統計学というのは、物事の目安には
なると思いますが、本質的には
何も掴めないのかも知れません。

少なくとも、私が競馬において
統計を使って攻略しようにも結果に
結び付いていないのがその答えだと
思っているのです。

統計から因果関係を結び付けるのに
限られた要素だけを使用しなければ、
原因が分からないのです。

私の統計的手法が間違っていると
言われればそれまでですが、
競馬の勝ちに繋がる要素というのは
複雑に絡み合っていて、正しい
傾向を掴むのは困難です。

例えば、全くの同メンバーで、
同じ枠順、同じ騎手で100回
競馬を行ったとして、全く
同じ結果になるかと言えば、
そんな事はないというのは、
わかると思います。

そりゃやってみなけりゃわから
ないですけど、少なくとも
タイムが全く同じになんて
なりようがないですからね。

ほんの少しの事、ふと馬が横を
向いた瞬間にゲートが開いたり、
他馬と接触したり、出遅れ、
実は脚部を痛めていた・・・
騎手にしたって人間ですから、
気分が乗らない事だって
あるでしょう。

そんなもん、統計でどう掴むん
でしょうか?

まあ、それをふまえた上で、
仮に同メンバーで100回
競馬したとしてその結果から、
勝ち方を探るというのが、
競馬の勝ち方に繋がるという
統計の姿なのではないか?

その100回が1000回、
10000回試しても、
期待値が取れる手法が、
馬券術という考え方です。

でも、そんなもん証明のしよう
がないじゃありませんか・・・

だから結局は実績を残すのが
手っ取り早いんですね。

そして、さらに言えば結果を
残せたところで、この先は分からない。

傾向と言うものは不変ではあり
ませんからね、時代と共に
変化していくものでしょう。

ですので、私は過去の統計を
取ったなどと安易には言いません。

結果的に統計による、誤った
傾向を証明しているという、
何とも不甲斐なさ・・・

それが私が今まで行ってきた、
競馬に対する統計を使用した
馬券術なのですからね。

ギャンブルにおいては収支が
全てですからね。

それでいて、収支がプラスに
なった所で、統計を証明した
事にもならないというのは
前述した通りです。

例えば、サイコロをふって
その出目で年間回収率100%を
超える可能性は十分にあります。
長期的にはありえないとしても、
確率がある以上、否定はできません。

むしろ、とんでもない馬券を
取れる可能性から、普通に
予想するよりも、良い結果を
生む可能性さえ秘めている。

普通の予想という定義は
出来ませんけど、例えば
単勝1番人気馬に賭け続ける
よりは、サイコロふった方が、
勝てる可能性があがると私は
思いますよ。

単勝1番人気に賭け続ければ、
安定して控除率に近づきますので。

まあ、サイコロふる場合は、
逆に全く的中しないなんて事も
あるでしょうけどね。

だから私は予想せずに、
サイコロをふるんだ・・・
とはなりませんよね。

統計によってサイコロを
ふる方が勝てる・・・

とはなりませんよね。

ここまで書いてしまうと極論に
なってしまいますけど、統計
なんて使用する人の視点で
どうにでもなると言いたかった
だけです。

統計による傾向と言うのは
探る事はできますけど、その
根拠が説明できなければ、それは
たまたまそうなったに過ぎません。

ただね、やはり何も無い所から、
仮説って立てにくいですから、
統計を探るのは至極当然な事なんで
しょうね。

人が失敗から学ぶ姿勢に似ています。
何が失敗だったのかわかる必要が
ありますけどね。そうじゃないと
正す事が出来ませんからね。

「間違いに気づく」
これって、なかなか簡単では
ありませんよ。

もちろんわたしだってそうです。

私はパチンコ・スロットにおいて
期待値を追う事で結果を残して
きましたので、その考えに基づけば
競馬で勝てると思っていました。

過去の統計を探ることで、
期待値を導きだせば、おのずと
結果はついてくると思います。

もし、その考え方が、
【間違い】だとしたら・・・

いつまでたっても競馬で
勝つなんてできやしない。

今回のワイド馬券術の手法は、
今迄の視点とは違います。

だからと言ってそれが正解かどうかは
分かりません。

だけど、今迄と同じような取り組み方で
は、同じ結果が待っているだけ・・・

即ち、勝てないと思うのです。

感覚を大事にし、実践を繰り返し、
【勝てる予感】を大事にしたい。

今回は今までとちょっと違うぞ!

後は、実績を重ね自信を深めるしかない。
posted by サンペリドン at 10:10| Comment(0) | 競馬必勝法

2017年03月11日

馬券術のルール変更点について

基本的な要素の変更はありません。
レース数のさらなる確保と、オッズを気にせず
さらには完全に前日予想が可能で、
年間回収率110%以上を目指すという

かなり強欲なものですが、理想を追求する形を
忘れたくはありません。ただお金を儲けるというだけなら、
何も競馬だけに固執する必要もありませんからね。

逆に、理想の馬券術に自分が辿り着くまでは、
決して本腰入れての資金では行いません。

ずっと辿り着けないかも知れませんが、
それならそれでもかまわないのです。
今は、ひたすら資金を貯めます。

いつかくるその時の為に・・・
それまでは、ひたすら実践の検証をします。

一応ワイドで実際に1点100円だけ賭け、
馬券術としてどんな感じなのか、ある程度
まとまれば、公開していくつもりです。

単勝・複勝においては実際に賭ける事はしません。
安定して回収率100%を超えるのは難しいと
今の所、判断しているからです。

ルールの変更点として、対象馬が2頭以上の
場合は、性別、枠、馬体重の要素から、
一番優位な馬を対象とします。
今迄は、2頭以上の場合は見送りレースでした。

次に、過去4戦内で、3,4角共、4番手以内を
走った事があるという項目を、5番手迄OKと
しました。

前走、1着馬の着差0.4秒以内という条件から
0.5秒以内としました。

ですので、一旦予想結果はリセットします。
そして、ワイドの馬券術の予想をUPします。
その軸馬の単勝・複勝の状況もお伝えします。

いつまでも予想公開するとは限りません。
年間貫くかどうかもわかりません。

現段階で、おすすめできるようなものでも
ございません。

ただ、私としましては自由な感覚で、
こうやってブログ発信する事に喜びを
感じているのです。
posted by サンペリドン at 18:05| Comment(0) | 競馬必勝法

2017年03月10日

ワイド馬券術のルール構築

ワイドの予想提供は基本的にしませんが、
もしええ感じになれば、こんな感じだよって
位は公表してもええかな?って思ってます。

今までと違って、仮説を立てただけです。
そして検証するだけです。統計的要素は
低いかも知れませんが、私の経験上の優位要素は
ルールづけとして、
ふんだんにちりばめられています。

そもそも、失敗し続けてきた以上、
統計と結果の導き方が、私には間違っているか
曖昧なものなのでしょう。

要素としては、馬体重、枠、性別、過去4走の
脚質、馬齢、距離が主となっております。

優位な要素として、特に強いものはどれだけ
統計を取ろうとも私には導き出せていません。

ですので圧倒的な回収率を叩き出すのは
到底無理な話でしょう。

目標としては年間回収率で110%以上出せれば
本望です。

今回は最初のルールの取り決め地点で
実際に予想をしてみたら、思ったよりも
対処レースが少なかったです。

それでも、前日予想可能という部分で
気に入っています。

もちろん問題は回収率ですので、結果を
出せなければ意義はありません。

まずはメンタル的に貫けるレベルのもので
あるか?勝ちを予感できるポイントがあるか?

というのに焦点をあてたいと思います。

100レース位こなせば、だいたいの感じは
掴めるでしょう。

レース数をある程度確保する為に、選定馬の
対象は緩めに設定しました。

軸馬については2頭以上いた場合、
見送りレースとせず、ルール付けでより
優位な方を軸にします。

軸馬は5歳以下ですが、紐馬は6歳迄、
前走からの距離延長もありです。

但し、許容範囲を広げ過ぎるとなんでもあり
になってしまいますので、その線はしっかりと
定め、ルールはしっかりと守らなければいけません。

軸馬が決まって、紐馬がいない場合は未練がましく
なるのですが、そこは見送りレースとして
潔く切ります。

公開するつもりはなかったのですが、
最初ですので、こんな感じになったと
報告しておきます。

乗るのは自由ですが、自己責任でお願いします。
私としましては、のってもらいたいという思いで、
予想公開をするのではありませんからね。

3月11日のワイド予想はこんな感じになりました。
全て同レートで賭けます。検証なので全て1点
100円です。あくまでも実際に賭けたら、
どんな感じか?自分にとっての不具合は?等を
感覚的に掴むという位置づけでしかありません。

無理だと感じたらすぐにやめるかも知れませんし、
ルールも完全に固まった訳ではありませんので、
その点はご了承下さい。

中山6R
2軸→6・10・16

中山7R
4軸→2・10・11

阪神12R
7軸→2・4・8

中京4R
10軸→7・8・12

中京11R
6軸→2・7・12

今回は36レース中、対象レースは5Rだけですが、
この程度は確保できるならば、
まあ、よしとしましょうか・・・

軸馬は40%程度の3着以内を想定しています。

そしてそのうちの半分程度は的中するはずです。

的中率20%程度になるのではないか?と
現段階で、想定しています。

回収率だけを考えれば軸から流す3連複に軍配が
あがるでしょうが、メンタル的に継続困難に
なるでしょうね。将来的には考えるにしても、

現地点では、やるべきではないと考えています。

私がワイドに求めるのは、安定感です。
毎月勝てるとまでは思いませんが3ヶ月のトータルで
プラスになる位のポテンシャルは欲しいですね。

さて、どうなることやら?

ただ、わくわくしているのは事実です。

どうか、このわくわくがずっと続きますように・・・。
posted by サンペリドン at 18:49| Comment(0) | 競馬必勝法

2017年03月07日

ワイド軸流し3点という買い方について

複勝で回収率100%以上というのが理想的ですが、
過去の統計からみるに、達成困難と言うのは理解しています。
承知の上で今回は複勝についても検証をしているのです。

そして今の所、複系の軸として使えるかも知れないという
のは前回示した通りです。

的中率と回収率のバランスを考えると、
ワイドが検証して面白いのではないか?と
思うのです。

軸の決め方は、はっきりとしました。
問題は、紐の決め方です。

前日予想が出来て、紐には穴馬を持ってくるのが
回収率を高める上で重要です。
なかなか難しい所・・・

ワイドの買い方は一般的にBOX買いと
いうのが主流ではないでしょうか?

なぜならBOX買いには3点的中の可能性が
あるからです。

私がやろうとしているのは軸を決めて、
穴系の3点に流すという方法です。

ですので、3点的中はありえません。
最高2点的中なのです。一見効率が悪そう
ですが、そもそも1点的中すれば十分な
オッズ帯で勝負しますし、BOX買いする
位なら、三連複を買った方が、オッズ的に
有利です。

的中率と回収率のバランス、そして大連敗という
メンタル的不安要素を取り除き、なおかつ
回収率100%以上を安定して叩き出す。

ワイドという馬券種にその可能性を感じているのです。

そして軸を決めて流すというワイドでは効率が悪そうに
感じる部分こそ逆に優位性があるのではないか?

そう考えているのです。統計というより仮説の部分が
大きいですがやってみなけりゃ分かりません。

やってみる事で、色々と見えてくるはず・・・。
わくわくが増えたので私としては満足なのです。
posted by サンペリドン at 09:58| Comment(0) | 競馬必勝法

2017年01月10日

2017年の馬券術への期待

どうもサンペリドンです。

今年は、オッズフィルターという項目
そして、複勝、さらには、
資金200万円を運用したとして、
年間を通してどうなうかという検証を
やってみようという事になりました。

もうひとつの馬券術は、いきなり挫折したの
ですけれど、こちらの方は、年間貫きたいと
思います。

的中率と回収率だけわかればいいんですが、
200万円の資金を運用したとして、
馬券術でどの程度稼げるものなのか?
実際に金額を示すことでより実践に
近く、メンタルにどう影響するかを、
よりリアルに感じたい為に、この項目を
増やしてみたのです。

昨年からの改善としてオッズフィルター
をかける事で、的中率と回収率両方の上昇を
目論んでいます。

前日予想のままの結果と比較します。
統計上はオッズフィルターをかける事で、
改善するはずなのですが、私としては、
前日予想のみが楽ですし、可能性を
含めて期待しているのです。複勝の項目も
同様です。

正直に申しますと、
前日予想及び、複勝での回収率100%
以上になるとは思えません。
昨年の馬券術がベースですので、
同じような結果となる可能性は高いでしょう。

前日予想でもどうにかなって欲しいという
期待が大きいです。少なくとも昨年よりは
改善できると思っていますので!
フィルターかけるのってちょっと面倒
ですから・・・できればしたくないのです。

さて、今年こそこそこそはだな・・・
といいつつ・・・

いきなりつまずいた感は否めないですな。
単勝まだ的中してないもんなぁ。

この馬券術・・・予想もシンプルですし、
適度に対象レースもあるし、わかりやすく
気にいっているのです。

簡単には、投げたくありません。
いや、今年は年間貫いて予想します!

幸先良いスタートとは言えませんが、
どうか地力ある馬券術でありますように。

検証を続けます!

posted by サンペリドン at 07:39| Comment(0) | 競馬必勝法

2016年12月21日

2016年馬券術考察

どうも、サンペリドンです。
2016年こそ、今年こそ、今度こそ、

ところが、年間貫く事さえ出来ませんでした。

とりあえずの結果は、こんな感じ

−−−−−−−−−−−−

単勝

自己流馬券術 2016年1月5日〜
12月4日迄
無料予想結果トータル(小数点切り捨て)

単勝的中率・・・78/1022→7% 
回収率・・・94370/102200→92%

−−−−−−−−−−−−

3連複

自己流馬券術 2016年3月12日〜
12月4日迄
無料予想結果トータル(小数点切り捨て)

的中率・・・47/561→8% 
回収率・・・672280/769620→87%

−−−−−−−−−−−−

仮に最後まで貫いて収支がプラスになったとしても、
馬券術としての評価は出来ません。

結局今年も、間違っていたという判断しか出来ません。
何が間違っていたのか?・・・
それは、期待値の出し方です。

私の馬券術の考えの元は期待値に基づいています。

結局、自分が出来る事を考えた場合、確率を考えて
より効率的な賭け方をするしか長期的に見て、
勝つ方法はないと考えているからです。

ところが、この長期的というのが、難しい所です。
長期的というのは、どれくらいなのか曖昧です。
さらに言えば、確率というものは偏ります。

ほんっと、いい加減なものなのですよ。
いやになるくらい、目の当たりにしているはず。

ギャンブラーなら、嫌というほど、経験しているはず。

そんなわけあるかいな!ってのをね。
確率を大きく超える何かってのを、
目を背けたくなる程、見てしまう訳です。

だからね、結局、引きだとか運という言葉で
片づけたくなってしまうんですよ。

でもね、勝ち方ってのを突き詰めた時、
確率ってのは、絶対的に無視出来ません。

はっきり言いますけど、個人の人生で
確率なんて収束するなんて、思っちゃ
いませんよ!そもそも、人間が平等だなんて
私は思っちゃいないんだからね。

それでもギャンブルに勝つ方法を
考えた場合・・・

確率を無視した賭けってのは、
勝ち方を追究した場合には、
ありえないのです。

確率に変数オッズを賭けると、それは
期待値となります。

競馬で言えば確率50%でオッズが2倍で
あれば期待値1=チャラ線って事ですね。

2.1倍以上のオッズであれば、
期待値という観点で見れば、
勝てるという事になるのです。
それこそ、長期的に考えればね。

なかなか目に見え難いので、極端な話をします。
競馬を確率でとらえるのは、なかなか難しいのですが、
期待値を考えた場合、確率を出さなければ、
答えを求めることが出来ませんので、これは
あくまでも仮のお話です。

期待値とは何なのか?
期待値をどう扱うか?

そして、ギャンブルを期待値から捉えた場合、
あなたなら、どうするのでしょうか?

2つの質問をさせていただきます。

3頭立てで、いずれかの単勝しか賭ける事が
できないレースがあったとします。

@ディープインパクト 勝率85% オッズ1.2倍
Aハーツクライ 勝率10% オッズ 12倍
Bステイゴールド 勝率5% オッズ 40倍

第一の質問?
・このレースの賭けに参加しますか?

第二の質問?
・どの馬に賭けますか?

さて、どこに賭けるべきなんでしょうか?
あなたなら、どの馬に賭けますか?

さあ、どうすべきでしょうか?
もちろんこんなレースは存在しません。

何故ならどの馬に賭けようが期待値は1を
超えてしまうからです。

そういう訳で第一の質問の答えは、
レースに参加すべき。というのが答えとなります。

では2番目の質問は?

さあ、どの馬に賭けようかしらねえ?

さて、正解は・・・?

・・・
・・・
・・・

実は・・・
明確な答えなど存在しません。
時と場合によるというのが答えです。

私、サンペリドンの期待値による考えで行けば、
Bのステイゴールドを選択する事になります。何故なら、
期待値が一番高いからです。
期待値をもとにして考えるならば、Bを
選択する人が多いのでは、ないのでしょうか?

但し、これが正解かと言えば、明確に正解と
いう事は出来ません。

これは、試行回数と資金において、どれを
選択した方が有効かは、違ってしまうからです。

たった一度しか勝負が出来ないのであれば、
ほとんどの方は@を選ぶでしょう?

そして私も多分選んでしまうと思います。
@が正解だと思ってしまうでしょうね。

本当にそうなのでしょうか?

いや、期待値という考え方だけならば、
それもまた正解とは言い難い。

では、10回なら?100回なら?
1000回なら、どうなの?

期待値という考え方をした時に、
確率として、どの範囲ならば、
自分は大丈夫なのか?

そもそも、期待値を取れているのか?
本当にそれを信じて継続するのは可能か?

このあたりを明確にしておかなければ、
そもそも選択するという行為さえ、
ままならないでしょう。

自制心をしっかりと保てるならば、そんな
事はないでしょうけど・・・

私は、無理です。無理でした。
そして、これからも同じでしょう・・・

2016年・・・
かなりの自信を持って予想をスタートしました。

的中率はともかく、回収率は長期的に見て、
少なくとも1年あれば、100%以上、
叩き出せると・・・

結果は冒頭の通りです。
私は、最後まで予想さえ貫けない。

ましてや、実際に賭けたとして、
とてもじゃないが継続なんて出来ない。

期待値を本当に取れているのか?
それを、確認するのは結果でしかないのに、
確率の偏りってのは結局、試行回数を
重ねることでしか判断できないのです。

そして確率の偏りを、狭めるには、
的中率を上げる方法論でしか、
成り立たないと思うのです。

このバランスってのは大事ですが、
難しいですね。

そして、的中率と共に回収率を
上げるってのは至難の業です。

ただ結局、現状私が、競馬で勝つには、
的中率も回収率も求めるしかないのです。

絶対的に必要なのは回収率です。
これが長期的・・・少なくとも年間単位で
マイナスになるならば、そもそも、やる意義
など私にはございません。

現在、私は色んな要素が重なって、競馬は
もとより、ギャンブルそのものを断っている
状況です。

中途半端にやっても無駄という事だけでも、
私は自覚しているのでしょう。

もはやギャンブル依存症は、乗り越えたと
思っている位です。
いえ、やめたいとは思っていません。
ただ、負けたくないのです。

しかるべき資金を投入するその時迄、
野心を持って、実践検証を続けます。

今年の予想収支がマイナスなら辞めるつもりでいたのは事実。

でもまだ諦めません。

恐らく来年も私は実践の検証をするだけでしょう。
それでいいんです。

競馬ってのは、ギャンブルってのは、
そんな甘かねえんだよ!
楽して儲けようってなシロモノではない!

それを自分に叩き込み続けるだけでも、
私は、このブログをやる価値があるのさ。

ゴールなんて、ないのかも知れない。

自分が、どこに向かおうとしているのか?

もう軽々しく、自信があるとか、
勝てるだなんて言わない!

だけど、いつになるかわかんないけど、

シンプルに単勝だけしかやるつもりないけど、

いつか、いつの日か・・・
単勝10万円勝負をしてやろうと思う。
年間を通じてね。

あの、お方のように・・・

それを貫けるだけのメンタルと馬券術と資金力を
兼ね備え、負けても納得できる理論で、
堂々と立ち向かってやる!

いつか、いつの日か・・・
焦る必要はない。

今年の馬券術に対する方法論は間違っていた。
ただ、それだけ。

どこを間違っているか?どう修正すべきか?
何を足し何を引く?

さて、2017年が楽しみになってきましたよ。

私は、これでいいのだ!


いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
posted by サンペリドン at 16:08| Comment(0) | 競馬必勝法

2016年07月23日

馬券術考察と理想

どうも、サンペリドンです。
2015年のリベンジを誓い、
今年こそはの思いで挑んでいます。

2016年も半ばを過ぎました。

現在の思いを正直に申します。

単勝と3連複で今年は検証してきました。
今現在単勝の回収率は108%
3連複の回収率は106%です。

この数値は、私の目標には及んでいません。
目標というよりは、過去の統計から私なりに
導き出した馬券術的に優位な法則の元、
出せると期待していた数値より低いという事です。

私は期待値を出せる手法に間違いがなければ、
試行回数を重ねる程、安定すると考えています。

今の段階をどう捉えるか?下ブレだと思いたい。
だけど、客観的に冷静に判断してみます。

まずは、単勝
対象レース600レースに対して、
的中率7%というのは、低いと感じられる方が
多いと思います。私も、もっと欲しいです。

ただ、95%は負けると言われる世界。

回収率108%というのは
立派な数値だと感じているのです。

この先、年間を通して回収率100%以上で
ある可能性は高いと思います。
でもね、こんなもんで、さあ来年は
「有料予想やってやるぞ!」とは、
ならないからね・・・最低120%は必要だと
感じているのです。

対して3連複ですが、おそらく回収率で
年間を通せば単勝を上回ると想定しています。

だけどね、もういいかな?って思いもあるのです。
安定するという意味では、単勝が上、同時に
集中して資金投入できるのも単勝、
さらに言えば、単勝は前日予想できますが、
3連複に関して言えば、目安のオッズが必要なの
です。

単勝に比べて労力が大きいんです。
私から見れば、魅力が薄れている現状です。

単勝で回収率100%以上を達成できるなら、
もう3連複はやめようと思います。

≪で、この先どうしたいのか?≫


単勝1本にしたい。

そしてまた見えてきた、いや
このままでもいいんですよ。
年間回収率100%を超えるならね。

前日に予想出来て、まとめ買いが可能。

私にとっては、理想的そのもの。
だけど、回収率がもの足りない。
自分では、それを改善する要素は
掴んでいます。もう絶対的にこれだってのが、
あるんです。

それが・・・
お分かりですよね・・・?

そう・・・

オッズ


期待値が、どうのこうの言いながら、
そもそもオッズの要素を無視してるんだもん。

むしろ、この条件で回収率100%超えってのが
驚異的なんですよ、ほんまにそう思う!

で、これは後付けの最適化したものだから、
絶対的ではないのですけども、単勝オッズを
考慮する事により、的中率は11%に、
そして回収率は151%に跳ね上がったのです。

但し、対象レースは198レース迄下がります。
1/3になっちゃうんです。

同じ金額をかけ続けるのであれば、
600レース消化した方が儲かります。

あくまでも、オッズの最適化をした結果なので、
範囲はあまり、狭めるのは無理があるのかも。。。

表現が分り難いかも知れませんね。
要するに対象馬の単勝オッズが
○倍〜○倍の範囲に入っていれば買いで、
それ以外は見送るという事です。

同じルール条件で買い続ける以上、
オッズは高い方が、期待値も高いという
考えでした・・・ですが、その考えは、
必ずしも正しくないようです。

というのも、あるオッズを超えると著しく
回収率が下がってしまう結果になっていますので。

現在の馬券術で結果を残せるのが一番の理想形です。

ですが、手間はかかってしまうけれど、やはり
対象馬のオッズを確認して、見送るレースを
決めるのは回収率を上げる要素として大きいです。

現在の馬券術に優位性があるというのは、
冷静に客観的に判断しても、間違いないです。

でも、あともうひと押し。
壮大なプランに向かって、
夢は膨らみます。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 01:52| Comment(0) | 競馬必勝法

2016年05月30日

競馬の勝ち方へのメンタル

どうも、サンペリドンです。

現在が良い方に偏っているだけ
なのか、それはまだ分かりません。

単勝・3連複共に、回収率100%
超え・・・復活しました!

私が現状評価しているのは単勝です。
年初の的中率8%回収率120%という
想定の数値に対して、的中率7.5%
回収率124%と475レースを消化
した地点で、満足の結果です。

単勝においては、前日予想可能で、
オッズも考慮していない上での結果
なので、今の所、驚異的といっても
過言ではない数値なのです。

以前私が提唱した
回収率を上げる方法を使用すれば、
さらなる上昇が望めます。

競馬必勝法を求め続け20年余り、
負け続きの競馬人生であったが、
トータルで勝利してやる!

自己流の馬券術にこだわり続け、
やっと掴みかけそうな位置にいる。

私はパチンコで勝ち続けてきたの
で、期待値という考え方は、
そのまま競馬に通用すると思って
いました。いや、パチンコにおいては、
期待値の取り方は正解で、競馬に
おいては期待値の取り方が間違って
いたのでしょう。

期待値の高い部分で、試行回数を
出来る限りたくさんこなすというのが、
長期間でトータルでの勝率を上げる
最も重要な方法だと私は思っています。

競馬においては、さんざん負け方を
学びましたし、勝つ為の考え方は
間違っていないと考えています。

私は今、数々の失敗を経てその段階に
きていると感じているのです。

ギャンブルについての長期的な
勝ち方において、私が重要と
考えているいる要素は3つで、

自分自身を見つめ直す為に、
度々、同じような事を
述べている訳です。

それでも、この3つの
要素がギャンブルを勝つにおいて
重要だと分かっていても、貫けない
場面が出てしまうのも事実です。

それは、まず一番最初に掲げる
重要要素

1.メンタルを強く持つ

これにつきます。これが弱いと、
全てにうまくいかない。
ルールを守るのも、余計なレース
に手を出さないのも、一発勝負を
しないのも、全てはここから
始まるのですからね・・・

勝ちたいという強い気持ちを持つ
というのもメンタルの強さです。
とはいえ、気持ちだけで乗り切れる程、
ギャンブルで勝つというのは甘くないです。
ですので、その為の土台が必要になるのです。

私のようなメンタルの弱い凡人はなおさらです。

2.資金力・マネージメント
資金が尽きれば、そこでゲームオーバー
です。こればっかりは、どうしようも
ありません。まあ、当然の要素ですね。
乾坤一擲勝負をしないってのも、
この一部となります。的中率と回収率を
見据えた上での、レース単位の資金設定は
必要です。

最後に
3.方法論
私で言う所の馬券術です。ルールとか
決め事もこれに当たります。
これには、大きな落とし穴があって、
絶対的に勝ち続ける方法など、
いわゆる必勝法なんてもんは、
存在しないって事です。
競馬必勝法を20年余りも、求め続けた
結論がその答えです。

ブログタイトルと反してしまいますが。。。

ただ、勝率を上げる方法は存在しますよね。
実際に競馬で勝っている人もいます。
必勝法とは呼べずとも、期待値を出す理論
というものは、存在します。

後は、馬券術に対してどれだけ信じ切れるか、
ただそれだけです。そして信じ切る為には、
過去の統計と実践により、結果を出す以外に、
方法はないと私は思うのです。

どんな方法であれ保障なんてできない。
それがギャンブルの本質です。

ルールを守り切れるか?
信じ切れるか?たまたま負が続く事
だってある、そんな時に簡単に
他のルールに移ってしまうのが、
多くの人の行動でしょう・・・

即ち、勝てない人が多いというのは
そういう事なのでしょう。

私は未だ、準備段階にいます。

1.メンタルを強く持ち
2.資金を貯め(1000万円)
3.馬券術を信じ切れる土台を作る

まだ、この段階です。
年初に・・・
今年は自信があると言いました。
単勝においては、ルールをよりシンプルに
した結果、過去の統計による裏付けが今迄
以上にきちんと取れた自負があったからです。

3連複においては、まだまだ未知数ですが、
単勝収支がプラスになるならば、まず
大丈夫だとは思っています。安定しない
ので、偏りは大きいですが・・・

それにしても今年こそはと自信を
持って、ブログ閉鎖を賭けて、
無料予想に踏み切った訳ですが、

いきなり・・・

2016年1月〜
25レース連続で単勝不的中・・・

いくら私が今年は自信があると言えど、
たいていメンタルが持たないと思います。

これを凌駕するには年間での実績を
残していくしかないのです。

まだまだわかりませんよ。
年間を通して、そんなに酷い結果に
なるとは思っていませんし、競馬で
勝つという方法論も間違っていないと
思っています。

とにかく期待値の高い部分での
試行回数を出来るだけ多くこなす。

私の競馬人生収支をプラスに
する為に、その為の理論が
もしこれで駄目なら、仕方がないって
所迄、実績を積み上げ相応の資金で
挑戦するべく準備をしているのです。

実績を残せなければ、レートを上げる
意味などありませんからね。

今私は、1000日で1000万円を
貯金すべき、色んな行動を起こしています。

私に出来る事なんて限られていますが・・・

それでも・・・

とにかくやってみるのです。

可能性はゼロじゃないですよね。

先日のダービー・・・

例年なら、お小遣いのほとんどを
つぎ込んでいた事でしょう。
ちなみに私は、サトノダイヤモンドが
勝つとエア予想していました。

実際に賭けるのとエアでは、根本的に
違うのですけどね・・・

馬券術的には、ただの
見送りレースに過ぎません。

それでも・・・

競馬観戦そのものを楽しめましたよ!

川田騎手、おめでとう!
良い位置で競馬してた、そして、
マカヒキ強かった!

ゴールした瞬間勝ちを確信したと
思うのですよ・・・
それでも、写真判定にドキドキし、
確定した時の、川田騎手の天を
仰ぐ姿は、胸を熱くするものがありました。

誰もが
一番欲しい称号・・・

その多くがダービージョッキーだそうです。

川田騎手の大きな夢の一つだったんだろうな?
運の強い馬が勝つと言われるダービー

努力を重ねた結果である事に違いない。
夢を掴むためには運も必要だな・・・

あの姿を見てそう思いました。

競馬ファンとして、そしてギャンブラーとして、
メンタルを強くもって、
目標に向かって精進する所存です。

私は、ついているのです。
恵まれているのです。
運を掴むべく・・・

とにかく少しでも前に進むべく
行動する。今はただそれだけです。

馬券術に対しての期待は
日毎に高まっていきますが、
あくまでも冷静に客観的に、
来るべき勝負の日に備え、
メンタルを強く持ち続けよう!

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 13:50| Comment(2) | 競馬必勝法

スポンサーリンク