2014年09月27日

押忍!サラリーマン番長を1日中やってみた。

どうも、サンペリドンでございます。

今回は、競馬の話ではありません。

先日、嫁様の許可を得て1日中
スロットをやってきました。

私の中で、パチンコ・スロットってのは、
もうやる意義はないし、勝ち方も知って
いるけれども、その為の労力を使う程、
価値は無いと思っています。

ただ、やりたくなる事はあります。
まあ、こういっちゃ何ですが、
無駄と感じれるような事でも、時には
大事なのではないか?って思うのです。

私は、酒・煙草・ギャンブルにおいて、
セットで考えている部分がありますし、
やめようと、心から思ってはおらず、
自制出来るようになりたいと思っている
のです。最近は、我慢出来ずにという
感じではなく、楽しんでという感覚です。
私にとって、これが重要なのです。

心からやめようと思っていないのに
我慢するというより、受け入れて楽しもう
というのが私の結論であり、私なりの
克服の形なのです。そして、その為には、
自制心が大事なのです。

まあ、やめようにもやめれないってのが
本当の所なのでしょうが、ならば
受け入れて楽しんでしまえ・・・
そして楽しむ為には、お金が必要
って訳ですね、だからあまりに無謀な
勝負ってのも、出来ない訳です。

前置きが長くなってしまいました。
まあ、早い話が、番長の新しい奴を
やってみたいって思っただけです。
「押忍!サラリーマン番長」
う〜ん・・・微妙ですね、、、
結局、サラリーマンになっちまったの?
まあ、いっか(笑)

地元で、朝から1日中やると決めた。
前日のチェックはしていませんが、
昔から通い続けた店なので、設定の
入り方は、手に取るように・・・
いや、少なくとも出さないポイントは
分かる店なのです。

そもそも、設定6なんて入ってると思う
だけ無駄だと思っています。
それでも分かり易い店で、カド、トイレ前
自販機前は、わりあい出す店なのです。

私は、入口のカド台を狙ってみました。
ちなみに、設定1か2が確定的と判断
する以外は、続行でゾーンも天井も
意識せず、1日番長をやるってのが、
目的ですから、勝ち方とかやり方なんて
のは何の参考にもなりませんからね。
そもそも、データさえ取ってませんから。

という事で、久々のスロットに少々興奮
しつつ、焦りを抑える為にわざとゆっくりと
行動してみました。

座って早々、こんな感じ。

DSC_1115.JPG

これって前兆ですね・・・
まあ、研修モードに入る前触れってやつ、
もうすぐ研修かと思いきや・・・

数ゲーム後、斜めにベルが揃って、ピキ〜ン
って音がなりました。そして・・・

DSC_1122.JPG

10ゲーム以内にレア役を引けばいいの?
ベルしか揃わないけど、何だか熱そうな

DSC_1142.JPG

あっさり頂ラッシュゲット!

おお〜こりゃ、気持ちええ!

しかしながら、全然伸びません。
で、50ゲーム駆け抜けたと思ったら
また、仁王門ゾーンになって、
また引き戻しってのを、ひたすら繰り返し
ます。高設定なのか?

とにかく頂ラッシュにすぐ入ります。
しかし、伸びない。。。

1日打って、最高がこれ。。。

DSC_1161.JPG

いや〜しんどいです。
それでも、なんだかんだで、やたら
引き戻す・・・そして、だらだらと
3000枚程出ました。
細かい収支は、秘密って事で・・・
嫁に怒られそうだ。。。

あっ、こんなのも当たりました。
DSC_1154.JPG

DSC_1155.JPG

DSC_1167.JPG

7777回転させて、終了させましたが、
1日中、打ちきれて大満足です。

赤7・・・16回
青7・・・1回
超番長ボーナス1回
頂ラッシュ・・・19回

●印象というか感想
ボーナス準備中の昇格抽選が
行われ、ベルの押し順正解に
よって期待度がUPしていくよう
だが、超番長になった時は、
2連続でチェリーを引いた後に
チャンス目を引いた結果で、
結局レア役をタイミング良く引けるか?
それだけのゲームですね。

疑似ボーナスは7しかないので、
BARによるストレスは軽減されますが、
ほぼ赤7という印象・・・
それでも頂ラッシュへの道は軽く、
19回も引く事が出来ました。
仁王門からの引き戻しと、通常からの
入賞も回数に含めています。
頂ラッシュには入れど入れど、伸びず
といった展開で疲れましたが、
それだけ、特化ゾーン時の破壊力が
あるのかも知れません。
青頂ラッシュになっても、それから
レア役が全く引けず、あっさり終わりや、
超番長を引けども、ボーナス中に
7を揃えられずに、やきもき・・・
まあ、最近のスロってのは、こんな感じ
なのでしょう。

噛み合った時の期待が大きいだけに、
つっこんでしまうのでしょうね。

結局設定はどうだったのか?
設定4かな?
とにかくラッシュが軽かったので、
もしかしたら、5かも知れません。

まあ目標達成って感じです。
しばらくやる事はないと思いますが、
こんな感じで、いずれまた息抜きで
行く事は、あるのでしょう。

純粋に楽しかった・・・
いや、凄いね・・・楽しいと思わせる
作成側の技術、私なんぞは、冷めた目で
黙々と打っているし表情も変わらない
けどね・・・

それでも、遊戯として満足出来たの
だからたいしたもんだ。

やっぱり、スロットにはまっちゃいかん、
と思った、今日このごろです。

私は、競馬の方があってる、うんわーい(嬉しい顔)

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】















posted by サンペリドン at 11:14| Comment(2) | ギャンブル

2014年08月22日

自制心を保つという事

どうもサンペリドンです。
私は根っからのギャンブル人間であり、
ギャンブルそのものが好きなのだと
思います。小さい頃から、何かって
いうと、賭けの対象にしていました。

そこに何を求めているのか・・・
まあ遊ぶのが大好きなのでしょうが、
真剣勝負って実はなかなか出来ない
ものなのです。ところがお金や物が
賭かってくると、なんていうかとてつも
ない能力や、力を発揮したり、色んな
知恵を絞り出すんですよ。
それが、欲ってもんなのでしょうね。

真剣に勝負して勝つってのが醍醐味なの
ですね・・・だから、瀬戸際というか
ギリギリの勝負を制する程、充実する
って感じなのです。
ブッチギリの勝利を目指していて、
それが達成されれば気分は良いので
すけど、やっぱりそればかりだと、
つまらなくなってしまうのが
ギャンブルというか欲の怖さでもあり
難しい部分では、あるのですけどね。

簡単には勝てないからこそ、面白いとは
一見矛盾した感覚、もう無理だろうと
思わせてからの大逆転・・・このような
経験をしてしまえば、もうギャンブル
の虜になってしまうってもんです。

まあ、20年余りもギャンブルを
やっていれば、色んな事がありますよ、
おおよそ確率では説明のつかんと
思えるような経験もしてきました。
万馬券を1点買いで的中させた事が
過去に2回あります。
弟は、私の目の前で3連単の1点買いを
的中させました。私の意見を参考に
した結果らしいのです。
パチンコでは、剛掌で42連させ
次にG1ドリ−ムで47連しかも、
それぞれ別の店で連勝しました。
いずれも初期投資は1000円です。
確率という意味では、おかしいでしょ?
5万発出した後に6万発出しました。
これ一応記念に残しておいたやつです。

F1000206.jpg

ギャンブルってか、勝負ってのは
何が起こるか分からない魅力が
あります。

でもやっぱり長年ギャンブルをやって
きて思うのは、ギャンブルで得たお金
って残らないし、いずれ≪破滅する≫
って事です。

但し、ここでいう所のギャンブルと
今私が目指している馬券術というのは
別物だという事です。

私がいう所のギャンブルとは、
戦略と根拠がなく、おおむねを運に頼る
勝負であり、長い目で見れば、
負けが目に見えている勝負です。

言うなれば、自制心の入り込む余地
の無い賭けという事になります。

そして、私は、ギャンブルによる破滅
を既に、経験しております。
心臓が、ドクン、ドクンと響くのが
分かる位の緊張、胸が張り裂けそうな
焦燥感にも、高揚感にも似た何とも
表現し難い感覚・・・
一世一代の大勝負。。。
こんな事をする人間は、いずれまず
間違いなく破滅します。

でもね、一度経験してみるのも悪くない
のかも知れません。
目眩がする程の賭けってのを経験し
成功した私は、結局また同じ事を
したのです。結果的に失敗する迄ね。

私が今、恐れているのは心に隙が
出来た時に、乾坤一擲をまたやって
しまうのではないか?って事です。

私は現在、自己流馬券術において
主観による選択をしない為に
ル−ル化し、それを貫くメンタル
トレ−ニングをしている状況なのです。

なぜなら、私の主観による予想では、
競馬に勝つ事など、到底できないの
ですから・・・長年の実績が物語って
います。それでも、やっぱり習慣の怖さ
ってやつで、感覚的にどの馬がくるかな?
って予想をしてしまっています。

賭けとは別の楽しみな部分なのかも
知れませんが、時に大きな揺らぎ
ざわつき感、要するに賭けたくて
仕方がなくなる瞬間ってのが、
やってくるのです。これが、私でいう
所のギャンブルなのです。

これを、やってしまうと私は完全に
崩れてしまうでしょう。私が競馬に
おける負けを学んだ中で最たるものが
主観による賭けなのですからね。

そういう意味で、わたしはもう
ギャンブルという感覚で、競馬に
取り組もうとは思っていませんし、
レ−ス単位での大勝負はしないと
決めています。

本日、何故このようなテ−マで長々と
だらだらと述べているのかというと、
札幌記念のゴ−ルドシップの単勝に
ぶち込みて〜という感情が一瞬湧き
起こった為なのです。
ハ−プスタ−が人気すればする程、
おいしい馬券だと思ってしまいます。
私の中で、ゴ−ルドシップというのは
とてもスタミナ能力が高い半面、
ベストの距離は2000mだと思い、
対してハ−プスタ−は1600mが
ベストで、2000mでは長い、
人気薄で前残りしそうな馬は・・・
こんな事を考えていると
ゴ−ルドシップから賭けたくて
たまらんようになっちまいます。
いかん、いかん、、、
以前なら間違いなく、ドカン勝負して
いたと思いますが今は大丈夫ですよ。

私の馬券術が選ぶのはどの馬なんだろ?
見送りレ−スには、なって欲しくない。
こんな事、思う地点でまだまだ甘いね。

ともかく、自制心をしっかりと保とう
と思った今日この頃ってやつでした。

明日、8月23日(土)の自己馬券術
による事前公表しますからね。

では、おやすみなさい(@^^)/~~~

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】




posted by サンペリドン at 22:55| Comment(0) | ギャンブル

2014年02月26日

予想の精度

a1180_008697.jpg

どうも、サンペリドンです。
今回は、馬券種についてのお話。
的中率大事、回収率大事、もちろん
両方を上げるのが最善な訳ですが、
なかなかそううまくは、いかないですね。

的中率だけを考慮すれば、複勝という馬券
が、1番です。3着以内に入れば良いのです
からね。しかしながら、オッズも一番低い
馬券です。長い目で見て、一番勝ち難い馬券
といえるかもしれません。なぜなら、大数の
法則に飲み込まれる可能性が高いからです。

競馬ってのは、的中率に対して、賭ける人が
少ない事でしか、期待値を上げる事ができ
ません。要するに、勝てる要素が大きい割に
人気のない馬を抽出できるかにかかっている
のです。おいしいと思える馬をどうやって
導きだせるのか?それが、私のいう所の
馬券術になる訳です。私は、その手法を
見つけ出したのです。
(まだ、結果はでていませんけど、これから
の収支で証明します。。。)

オッズの歪みが、大きい程、期待値って
高くなるのですが、複勝という選択肢は、
その歪みが他馬券種に比べ、最も小さいの
です。言うなれば、最も還元率に近づき
やすく安定し易いという事ですね。
回収率80%になり易いって訳です。

そういう意味で、最も勝ち難い馬券種と
言えてしまうのです。

対して3連単という馬券、期待値という意味
では、最も期待できるでしょう。
逆に的中率は、最も低いのは言うまでも
ありません。

では、単純にどちらが、収支をプラスにしやすい
のかと言えば、ずばり、3連単という事に
なってしまいます。

単純に期待値が高い馬券を買いやすいといえるからです。
但し、期待値が高いという馬券的理論をしっかりと
持っているというのが条件です。
オッズの歪みが発生しすいのですが、それを
探す指針がなければ、収支をプラスにするのは
長期的に厳しいでしょう。

このように的中率の低い馬券こそ、資金管理が
重要となります。賭け続ける事が出来なければ、
理論上収支がプラスになるものでも、継続でき
ませんからね。後は、メンタルの問題です。

私は、3連単が一番、期待値の高い馬券を
探し易いので、収支をプラスに出来る
可能性が高いと思っています。

期待値の高い、馬券を買い続ける事が、
収支をプラスにする為に必要不可欠だと
感じているのですよ。3連単が期待値を
追いやすいと言っておきながら、私は
3連単という馬券は、よ〜買いません。

なぜなら、資金マネジメントも出来ないし、
不的中の連続に心が折れてメンタルが持たなく
なるからですよ。
なんせ、単勝の一点買いでさえ、心が折れてしまう
有様ですからね。

単勝だけを買い続けるって事も、出来ないのに
3連単なんて、買えないですよ。

自己流馬券術において、確信を持てる迄は、
そんな馬券は買えないですが・・・
いつか、100万馬券ってのを、取ってみたい
です。まあ、これから先、確率は、ゼロじゃ
なかろう。

いつか、3連単を普通に買える日が
来たらいいなぁ〜

いや、そんな日は、近いはず・・・
ムフフフフひらめき


ありがとうございます、
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村









posted by サンペリドン at 12:32| Comment(0) | ギャンブル

2014年02月21日

勝ちの定義

a0830_000090.jpg

まいど!
サンペリドンでございます。

ギャンブルにおいて、勝つとは
どういう事なのか考えた事はありますか?

あなたは、ギャンブラーですか?
勝っているのですか?
だとしたら、勝つために1番重要な
要素は、何だと思いますか?

はっきりと申します。ギャンブルを
やっている以上、勝ちも負けも途中経過
でしかないのです。勝っている状況で
もう2度と勝負をしない・・・それ以外は
どれだけ勝っていようが、負けていようが、
途中経過です。どうなるか分かりません。
可能性はゼロではありません。

これは、あくまでも考え方ですけどね。
ギャンブルに勝つ為の要素として、
諦めないってのは、重要な部分なのですが、
負けを認めないというのとは、違う問題です。

ギャンブル依存症において、これは、なかなか
やっかいなのですよ。なにしろ、いずれ逆転
出来るかもしれないってのが、続く訳です。
ギャンブルを・勝負を降りない限り、途中経過
でしかないってのは、真理ですからね。

私が、ギャンブルにおいて一番重要と
感じているのは、自制心です。とにかく
これにつきると感じているのです。
これが、守れない人を私は、依存症と
呼んでいます。

依存症といっても、色々ありますし、
複雑です。何をもって依存症と呼ぶのかは
解釈の仕方で、多様だと思われるからです。
私にとって、依存症の線引きってのがあって、
この部分を守れない人は、依存症者なのです。

それは、何か?・・・・・・
ずばり、借金です。余剰資金でギャンブルを
やる分には、たとえ、依存症であろうが、
たいして問題ではないというのが、私の考えです。
いや、ここで自制できるなら、依存症とは
呼べないレベルだといっても過言ではないです。

借金をしてまで、ギャンブルをやってしまう人は、
まず、依存症者だと思って間違いないです。
そして、私は依存症者なのです。

どういう事かわかりますよね?
ギャンブルを楽しみたいので
あれば、この借金という部分だけは、どうか
自制する意識を強く持つ事です。経験して
みなければ、わからない部分もあるのです。

借金をしてまでギャンブルをしてはいけない。
私は、胸に深く刻んでいるのです。
借金に陥る前で、一度負けを認めるべきですよ。

借金の事を、くどくど述べるのは、ここでは
真意ではありません。。。

今回は、ギャンブルで勝つという事において
重要な事は何かという事です・・・

私は、今、凄いって思っているギャンブラーの方に
質問してみました。お会いした事はありません。
あくまでもネットの世界です。そもそも、
私は、他人には、あまり興味がありませんし、
それこそネットの世界など、信憑性がないに
等しいのですが、彼が本物ってのは、長らく
ブログを見ていれば分かるもんです。
私も、ギャンブラーだから分かるのです。
何が、凄いってのは、形容し難いのです。
間違いなくこの方は、ギャンブル依存症です。
そして、程なく破滅すると思っていました。

ところが、ところが、現在、毎週のように、
競馬の3連単を的中させているのです。
50点程度で、ですよ。負けない事を
決めたらしいのです。

私から見たら、神の領域です。どんな手法に
しろ、そこに辿りつくというのが凄い。
ほとんどの負け方は、マスターしたから、
もう負けようがないという、感覚の
持ち主、私とは、ギャンブラーとしての
資質が違うのでしょうが、ただ凄い。

そんなお方に、質問したのです。
「ギャンブルに勝つという意味で、最も重要な要素
は、何だと考えておられますか?」と・・・
私は、自制心だと感じているという意見を述べてです。

その答えは、大変興味深いものでした。
一言で言ってしまえば、自制心

これは、私に共感して頂けました。
ただ・・・自制心を保つってのは、絶対条件であり、
それだけでは、足りないという事なのです。
要するに、それが、私に足りないものなのでしょう。

その答えとは・・・「行動になるくらいまでの勝ちたいという
執着が重要。」という事でした。

いや〜、深いのですよ・・・勝ちたいなんてのは、
ギャンブルをやっている以上、あたりまえです。
結果、方法論や、手法うんぬんでは無く、
最も重要な要素は、メンタル
だっていうのですから。

このお方は、自分なりの競馬の勝ち方を
確立されている、そこまで辿りつくには、
並々ならぬ、勝ちたいという気持ちが
あったに違いない。私も、負けてられないな。

私の気持ちを奮い立たせてくれる、
会った事もない存在、
いつか、お酒を酌み交わして、
ギャンブルについて、語り合えたらいいなって
思っています。

ありがとうございます、
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村






posted by サンペリドン at 01:22| Comment(0) | ギャンブル

2014年02月19日

確率と運

a0002_001493.jpg

おはようございます。
サンペリドンです。

今日は、確率と運についての
私の見解を、申したいと思う。

ギャンブルにおいて、確率と運を
無視して、勝ちきる事など、できる
はずがないと私は思うのだ。

そもそも、確率とか、運ってのは、
不確定な要素が大きすぎて、
そのもの自体を取り扱うなんて事は、
できるものではない。
そんな考えは、たんなる傲慢でしかない。

まず、確率って何?って話。
ギャンブルにおいて確率ってのは、
重要な要素ではあるが、確率と
いうものをつきつめるのは、実は、
現代の科学でも、はっきりとしない事
だからである。

確率・・・ある現象が起こる度合い、
ある事象が現れる割合のことをいう。
偶然性を含まないひとつに定まった
数値であり、発生の度合いを示す
指標として使われる。(Wikipedia参照)

何だか良くわからないな?
私が確率について考えるのは、せいぜい
6分の1と18分の1なら6分の1の
方が、確率が高い・・・
その程度な訳だ。

例えると、競馬において、1着になる
馬を予想した場合(単勝)、
6頭立てと18頭立てのレースで
あれば、6頭のレースの方が当てやすい。
これは、間違いないと思う。

何が言いたいのかというと、ギャンブル
というのは、確率のゲームという事である。
ここでいう確率というのは、客観確率であり、
主観によるものではないという事だ。

主観確率というものは、あまりにも、
信念や、信頼が発生してしまうものであり、
確率という概念が通用しないと思うのである。

例えば、あなたが、この記事を読む確率は?
どう考えるであろう?
これは、主観確率にあたるのだが、
確率と呼ぶには、数値を出せる
部類では、ないのであろう。しかしながら、
確率という表現をすれば、ゼロではないと、
表現するレベルな訳なのだ。

どの地点から見たら良いのか?
偶然なのか必然なのか?という事態にまで
遡ってしまうのだ。

私が思うに、主観確率を考えた時に、
確率では、表現しきれない、いや
ありえない確率が、頻繁に発生してしまう
からこそ、神という概念が生まれてしまった
のではないか?とさえ、思えてくるのである。
ここでいう神とは、人知を超えているっていう意味。
(神とは、何という定義付けをしようというのではない。)

明日、人類が滅亡する確率は?
ゼロでは、ないという表現しかできないのです。
同時に、ゼロという表現も出来てしまう。
これが、主観確率の正体ではないか?

なぜなら、あなたがこの記事を読む確率という
のは、天文学的数値になってしまうから・・・。
そもそも、自分が世に存在する確率を
上回らないといけないのだからね。

これを確率という表現をしてしまうと、
ありえない事象となってしまう訳だ。
競馬的観測でいうと、あなたがこの世に
存在する確率は、18頭立ての単勝を
1点買いで、100レース連続で的中させる・・・
それよりも、低い確率と言えてしまうのである。

まあ、確率がゼロでは、ない。いやゼロに
限りなく近いって訳だね。

いやいや、話がそれてしまった。。。
すみません、ここでいうギャンブルにおける
確率ってのは、客観確率として取り扱うと
いうのが前提となるのだ。

数学的な確率論は、そもそも、客観確率を
元にしたものでなければ、成り立たない、
確率論の公理をはずれた信念の度合いを
持つと、「必ず負ける賭け」を組み立て
ることができてしまうという、
「ダッチブック論証」なるものが
存在するらしい。
いやねえ、これをどう解釈するのかは、
難しいけどね、、、

私的には、客観確率を無視した、
賭けは、負ける賭けを組み立てるだけと
解釈している。まあ、この論証が
正しいと結論づければの話とはなるが・・・

確率論、ここに割り込んでくる
得体の知れないもの・・・運という概念、

運というのを結論づけるってのも、
これまた難解な話である、
そもそも運というものは、人によって
捉え方が違う訳だから、運について語るのは
定義付けが必要な訳である。

「運が良い事象とは何か?」これを
結論づける事は出来ない・・・
それは、人それぞれだからね。

ギャンブルにおいて、収支がプラスになる事
及び、客観確率を超える事象が起こることを
運が良いと結論づけての話になるが、
ギャンブルに本気で取り組んでいると、
確率では、説明がし難い事象というのが、
起こってしまう事実があるのだ。
少なくとも私は、数々経験をしている。

これは、ただの確率の隔たりでは片づけられない、
経験したものにしか分からない部分もあるだろう。
運という表現でしか、納得のしようがないのだから。

ギャンブルにおいて、確率論だけで勝利する事も、
運だけで勝利する事も、難しいと私は考えている。
確率も大事だし、運も大事・・・

私は、ギャンブルにおいて・・・少なくとも
パチンコ・スロットにおいては、確率という
概念そして、確率は収束に向かうという考えで
立ち向かい、大幅な勝利を収めて来た。

客観確率は、ある事象が起きる頻度の
観測結果に基づいて、無限回繰り返した
際の極限値として、定義されるもの・・・
とあるが、無限回数という定義と、
確率は収束するというのは、はたして
同じなのだろうか?そもそも、無限回数って
表現は捉えきれない。長い目で見れば収束
するという事なのだろうが、何回という
表現は出来ないのである。

何を言いたいのか?私は、パチンコ・スロットに
おいて、運が良かったと、素直に謙虚に思うべきだと
いう事なのだ。愚直に期待値を追うと言う、
確率だけに目を向けて取り組んだ結果、
勝利を収める事が出来た。

確率が収束したかどうか・・・それは
分からないが、勝ちと言う事実がある。
少なくとも、確率以下にはならなかった
可能性が高い。運が良かったのである。

運をつかむ方法?ギャンブルにおいて、
運だけを前提に勝負したのでは、負ける
可能性が限りなく高い・・・同時に確率
だけの勝負では、運に見放された場合に
どうしようもなくなる。

私は、運をつかむ方法を知っているなどと
おこがましい事を言うつもりはない。
ただ、言えるのは、私は、「運が良い。」
「ついている」と、思いこんでいる事だ。

笑う門には福来る(わらうかどにはふくきたる)
という言葉があるが、福が来るから笑うのでは
なく、笑っているから福がくるのであろう。
これは、地球の自然の法則なのかも知れない。

私は、そう信じている。運が良いと思えば
自分にとって運が良い事がやってきてくれる。
そして、大事なのは、謙虚な気持ち・・・
ギャンブルにおいて、確率を無視しては
いけない、そして運も味方につけなければ・・・

なんだか、ややこしい事を長々と申し訳ない。。。
ここまで読んで下さって感謝致します。

まずは、笑顔だな(笑)
あなたは、とってもついている!

ありがとうございます、
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ








a

2014年02月18日

壮絶な企み

a0960_003490.jpg

これはもはや妄想の世界晴れ
いや〜楽しいなぁ〜・・・

なんだこいつ?気持ち悪い、、、
けっこう、けっこう、で、
どんな妄想なんですか?

いやねえ、またまた馬券術の話なんだよ。
現状は、オッズによる回収率重視な手法、
今思いついているのは的中率重視な手法、

この2つの馬券術を別々に運用するのさ!
どちらの方法も単勝の1点買いなんだけどね・・・

1万円を元金にして、複利で増やして
いこうというのは、以前と同じです。
どこまで続けるのか?
どこまでも続けるのは、いずれ破滅するだけです。

そして、目標は1万円を1千万円にする事に
決めました。それぞれの馬券術においてです。
要するに、それぞれの馬券術の元金を1万円。

2つの馬券術が成功を収めれば、2千万円になると
いう事です。馬鹿げていますよね・・・
スタートが、2万円なので、どれだけ失っても
2万円です。

破滅する可能性が非常に高いですね。
元金2万円で、壮絶な企み、いやいや、
これこそが、私の辿りついた競馬で楽しむ
道なのです。少ない元金を増やしていく。
だから、破滅したとしても、それはそれで良い。

まあ、1万円が1千万になるまで、
どんだけ時間が、かかるんだよって話ですが、
目標は、会社を定年退職する迄にって事で。
20年以内に達成できればいいかな?

どんだけ、ぶっとんだ話なんだよって思う
反面、確率は、ゼロじゃないんだよって思う。
とにかく、一瞬で、資金が尽きてしまうような
方法ではありませんし、競馬と長く楽しく付き合って
いく為の私の精一杯の方法だと、
現時点では、最高の方法だと思います。

なにせ、サンペリドンは、
ギャンブル依存症ですからね。

しかも、やめようとか、やめたいという
選択肢は、ありませんからね。

だから、勝つしかないんですよ。
勝つんです、もう決めましたから。
いや、違うかな?

こういう楽しみ方をできるようになった
以上、もうギャンブル依存症という感覚は
やめにします。私の中で、依存症を受け入れた
という形ですね。

依存症上等!これで、けっこう。
うん、やめられないし、やめるつもりもない。

まあ、それにしても、しばらくは、お金を
賭けずに、ただただ検証してみます。
なんせ、もう負けたくないんですよ。

的中率バージョンと回収率バージョンの
検証・・・何か、良いネーミングないかな?
まあ、これでいいか?

ありがとうございます、
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ






スポンサーリンク