2017年12月31日

運と実力の判断基準

人生において、運の善し悪しなんて、
基準はないと思います。

ある事項において、例えば宝くじに
当選するという事は、運がいいという
捉え方は、当選そのものに対してで
あって、宝くじで2億円を当てた
結果、労働意欲を失い、酒と女に
溺れて、挙句の果てに騙され、
人間不信に陥って覚醒剤に手を出し
人生崩壊・・・

となれば、宝くじに当選して運が
悪かったって本人は結果的に
思ってしまうでしょう。

本日はそういう話ではありません。
ギャンブルにおいて、運の要素と
いうのは絶対的に存在する訳で、
それと実力をどう捉えるかという
お話しでございます。

これって、はっきりとした
判断基準がありません。だからこそ、
難しい問題ではあります。

そもそも【運】って何なのでしょう。

まずは、私生活。

メシマズと思われた方は、
申し訳ありません。。。

サンペリドンは、家族を
ないがしろにして、ギャンブル
ばっかりやっている・・・
そういうイメージがあるとしたら、
とんでもございません。

嫁様とは、とっても仲良しです。
私には、子供が2人、
もうすぐ4歳になる娘、
そして1歳になったばかりの息子、
それぞれ、1ヶ月の育児休暇を
取って全力で子供と接しました。

うちの職場で育児休暇を全開で
取得した第一人者です。
それ位、家族は大事です。
(仕事嫌いなだけだな。)

プライベートは、
とっても充実しているのです。

私の、12月の収入は200万円
ちょっとありました。

仕事がハードだったというのも
ありますが、色々と重なって。
あまり詳しくは言えませんが、
一般のサラリーマンの平均収入
から見れば多いとは思います。

さて、私は運がいいのでしょうか。

それとも、この収入は実力
なのでしょうか。

はい、これをどう判断するかは、
人によって違うでしょうね。

うちの嫁様は、サンペリドンが
凄いと思っていますし、
いつでも尊敬していると
言ってくれます。

私自身は、たいした能力なんて、
あるとは思っちゃいないし、
【運】が90%位だよね。
って感じています。

プライベートは幸せいっぱい。
私が高身長でイケメンなのも(笑)
お洒落な一戸建てで、お庭で
バーベキュー出来るのも、
綺麗な嫁様と可愛い娘、息子と
お風呂に入っている時も、
私は、とても運がいいって
感じています。

一方、会社の事を考えた途端、
吐き気がする。
いやねえ、会社自体は立派
なんですよ。なんせ、
家を購入する時に、7000万円
迄、ローンが可能って言われたし。

いや、会社が立派であろうが、
私のように自由に文句言って
いようが、結局会社に属して
いる以上、嫌なことは数知れず、
我慢してやらなければならない
って事もある訳ですね。

勝手だとは思うし、それなら
辞めろって言われても仕方
ありませんが、自分が生きて
いくには今の所、やっぱり
社畜であるしかないんですわ。

会社を辞めたいが為に、
ずっと競馬で勝てる方法を
模索し続けているんです。

だから私は今の会社で
働いている事に関しては、
感謝しているものの、
運がいいとは思っていません。

ただね、【運をよくする】
って方法が存在するかと
言えば、ありません。

これは【運】をどう定義
するかによって変わってきます
けどね。

運というものは、自分が全く
関与していない出来事と行動に
よるものだと定義します。

だって運と実力というものが
あって、実力以外のものを
運と呼んでいる訳ですからね。

実力というのは自力、
そして運を良くする方法なんて
ものがあるのだとすれば、
良くするという自力です。

自分で良くしようとしている
地点で、それは自力となる。

だから、実力以外のものを
運と呼び、それを強くすることは
できないという事になるのです。

だって、良くすると言った地点で、
それは自力であり運と呼べないから。

だから運を良くする方法なんて
存在しないのです。

運も実力のうちというのは、
間違っていません。

そうなんですよ。
結局、どう捉えるかって
事になってしまうんですよ。

【競馬の運と実力】


さて、前置きが長く、そして結局
何を言いたいのかよくわからない。

全部運(笑)

仮に自力で良くできるのなら
それは運とは呼べない。

はい、このような視点ならば、
競馬を攻略的に捉えるのは
難しいですね。

とにかく、競馬を運任せの
ギャンブルと捉えた地点で
私のやる意義は無くなって
しまう。

私はギャンブル好きですが、
あくまでも自分で何らかの、
攻略性を持っていると
判断できるものに限ります。

それはギャンブルと表現するのと
違うのかも知れません。

言うなれば、自分の実力と
資金の範囲を超えた勝負は、
私にとってのギャンブルで
あって、それは私が望むもの
ではないのだと感じます。

そういう意味で、
ギャンブルは負けるモノで
あって、私は勝てないと感じて
いるギャンブルを攻略しようと
思ってはいないのです。

期待値がないと判断したら、
勝負すべきではない。

一か八かの大勝負・・・
のるかそるか、全てを
この一発に懸ける。というのは
ギャンブルです。

そしてそのようなギャンブルは
必敗します。

私はこのようなギャンブルに
勝とうとしているのでは
ありません。

だってそんなもん、
勝ちようがないのだから。

その部分を自覚せずに、
ギャンブルに勝とうとしている
人が多すぎるんです。

まあ、偉そうには言えません。

だって私は何年も競馬の
勝ち方をかん違いしていたのですからね。

そして、このかん違いは、
競馬で勝つ事は、
【勝ち馬を正しく選択する】
事だと思っているんですね。

当然ながら私もそうでした。

この視点を持っている人は、
ほとんど当てはまる訳ですね。

だから、ほとんどの人は
競馬で勝てないんですよ。

「はあ?このおっさんは、
何を言っているか理解できない。」

と思ったあなたは、ここに
来ていただいた価値があります。

理解できるのであれば、
そこに新たな発見はありません。

だって、既に理解できているんだもの。

人は理解できる事を正しいと
思うし、理解出来なければ
間違っていると思うでしょう。

勝っている人は、負けている人の
理解を超えているという事です。

【ギャンブルで勝つには】
これは、あくまでも
長期的な視点ですが、
@期待値を追えているか、
A自分の分を超えない範囲で、
賭けを継続できるか。

私が20年余りで辿り着いた
結論はそれだけです。

問題は、競馬において、
期待値とは何かというのが、
わからないという事ですね。

どうすれば明確な期待値を
出せるのか・・・

私は、期待値が出せていると
思い込んで、失敗を繰り返しました。

いつかその方法さえ掴めれば、
競馬で勝てると思いました。

期待値を明確に出せれば、
長期的に勝てると言うのは、
否定しませんし、ギャンブルに
対して策を練るには、
絶対的に必要です。

ただね、競馬において、
勝ち馬を予想する行為そのものに
おいて、期待値なんて出せない。

そして馬を選択するにおいて、
他者と差をつけれると考えるのが、
そもそもかん違い野郎なんです。

安定を求めれば、控除率に
近づく、勝ち馬を探る予想という
行為は、大衆心理と同じ。

じゃあ、競馬で勝つには
どうしたらええんじゃい!

まだわからないですよ。
とにかく、大衆心理に
勝つには、他者と同じような
視点ではお話しにならないと
いう事はわかっただけ。

さあ、あらためて難しい
問題ですね。

そりゃ、競馬で簡単には、
勝てない訳です。

さて、ここで、私が
勝ち馬を予想する行為そのものを、
諦めるに至った経緯、そして
2017年の馬券術視点では、
どこまで行っても競馬で
勝てるには辿り着けないと
悟った事象について
ご紹介したいと思います。

有料予想の媒体として、
私がお世話になっている
レジまぐですが、その中で
累計売上1億円以上を
突破している、鬼すぎる
某メルマガが存在するのです。

1レース一万文字以上の分析、
自信に溢れた、物言い。

そのメルマガの2017年の
回収率をご存知でしょうか?

・・・・・
・・・・・
・・・・・

なんと、58%です。

この結果に対して、惜しいだとか、
流れが悪いだとか、
タラレバを繰り返しているのですが、
結局、主観による予想なんてこんなもん。

攻め続ける気持ちが全く変わらないのは、
自分の分析術に自信があるからに他ならない。


という訳のわからない事を言っています。
自信があろうが結果が伴わなければ意味がない。

まず、自分自身を客観的に分析できていないんだもの。
呆れますが、これが一般的に陥る思考です。

因みに2016年の回収率は、59%
2015年は62%です。

はい、一万文字の馬を選択する
根拠を述べた所で、たいして
結果に繋がったとは言えません。

なんせ、累計1億円以上の
売り上げがあった訳で、結果を
残してきたという事実もあります。

だけど、そんなもん、たまたまやん。

そう、あれもこれもたまたまやん。

自分では自信もあって、統計も
取ったし、結果も出た。

だけど、それが実力かどうかの
結果判断なんてわかりません。

私は、ほとんどの予想家は、
たまたま結果が良かっただけだと
思っています。そのたまたまを、
実力とかん違いしているだけ。

だからいずれ、大きなボロがでる。

圧倒的な予想力なんて、他者と
大きな差をつけれる何かなんて、
まともに予想している地点で、
ありえないんですよ。

少しの差ならありえますよ。

でもね、少しの期待値なら、
簡単に確率のブレに飲み込まれて
しまいます。そして、それが、
確率の隔たりかどうかの判断さえ、
出来やしない。

だから、ちょっと予想力に
自信があったとしても、
これだけ多くの情報がはびこる中で
他者と差をつけれていると思うのは、
その地点で、甘いと言えるのですよ。

だから、運と実力をどう判断するか、
安易に競馬で勝てるようになったなんて
思わないで欲しい。

まあ、そういう事ですな。

少なくとも私は2017年の
馬券術に対して冷静に判断し、
来年に向かって対処をしている
つもりです。

確率的な思考と判断。

これは、ポジティブとか
ネガティブではなく、統計、
確率を見て自分の結果を常に
観れるかどうか。

実力で勝てたのか、運がよかった
のか、視点を一定に保てるか。

検証の段階でしっかりと
見極める眼を養っておこう。

年末にこんなことをふと、
考えるサンペリドンであった。

それにしても、メルマガ予想で
累計1億円って、えぐいですね。

しかも、負けているというのは。






posted by サンペリドン at 13:30| Comment(0) | ギャンブル

2017年12月03日

新たな挑戦

いや〜、全く的中しませんね。
12月2日の馬単デビューは、
全敗でした。

まあ、想定通りな訳です。
1着2着逆パターンはありました。

そのうち的中するやろ・・・

資金マネジメントはかなり余裕を
持たせていますので、メンタル的には、
なんて事はありません。

的中率は1%を想定しているので
レース単位では楽しめないと
思っていましたが、馬単の頭が
1着になれるかどうかという見方を
すれば全レース楽しめますね。

意外と面白かったです。

頭と紐のうちのどっちかが、
1着になるってけっこうありました。

結局タイミング良く噛み合うか
どうかというのを、じっと待つ
って感じです。

それならば・・・と、
閃いたんです。

ついに手を出してやろうと。

そいつの名は、

WIN5

馬券術として優位性があるのならば、
難しい馬券種程、他者と差をつけ
易い。ならば、WIN5の期待値は
とっても高いではないか。

ちょっとやそっとじゃ的中しない。
だから私はWIN5たるものに、
興味さえ湧きませんでした。

単勝1つ的中するだけでも、
至難の業なのに、5レースも
的中できるはずがない。

だけど、今となっては、
これはチャンスだと思いました。

回収率だけを求めて、ずっと待って
いるスタイルでやってみよう。

少なくとも、宝くじを買うのとは
違います。

期待値を追えているはずと、
自分では思います。

馬単の頭と紐の2頭を、
WIN5でずっと買い続ければ、
いつか的中するのではないか?

的中しないが常でもいい。

但し、的中した時に
一気に回収できる体制を整え、
ずっと貫く。

これを私のスタイルにすればいい。

幸い、ずっと追い続けられる
環境は整っている。

ならば、的中する迄、待つのみ。

馬単の1点買いと、WIN5。

いやあ、ぞくぞくしますね。
やっぱり、ギャンブルは
こうでなくっちゃね。
posted by サンペリドン at 09:00| Comment(2) | ギャンブル

2017年06月22日

競馬で負けない方法を考え方を変えて実現する

本日は、かなりの長文となります。
私に興味のないお方は、
この地点でページを閉じる事を
おすすめいたします。

競馬の勝ち方というよりも、
考え方を変えるという内容です。

競馬で勝ちたいと思っている方が
読んだ所で勝てるようになる訳では
ありません。期待にそえない内容です。

いや、ただのおっさんの戯言です。

今まで、朧気には取り組んできた、
ブログという媒体。

私は、うだつが上がらない、アラフォーの
サラリーマンです。そもそも
ギャンブルで楽にお金儲けする事ばかりを
考えているような、そんな人間です。

このブログではサンペリドンと名乗る
おっさん、人生においてギャンブルばかり
にとことん、のめり込んで来ました。

その期間、20年余り・・・
ひとつの事に、ここまで
打ち込める何か・・・

真剣に20年もひとつの事に
取り組む事が出来るならば、
大抵の事は、達人レベルに到達するはず。

それなのに私は、競馬でいまだに、
勝ち組の領域に辿り着けていません。

ギャンブルの儚さから、何度となく
降りようと決意するも、
このままでは終われないという感情、
いつか必ず、自分が勝てる事の
証明をしてやりたいという気持ち、

複雑な思いが重なりながらも、ただひたすら、
散財を繰り返すだけ・・・
競馬との接し方にしっくりと
きていませんでした。

いや、ただのギャンブル依存症者なの
でしょう。

いずれにせよ、競馬に関しては、
やめるという選択自体を諦めました。

ですから、私が競馬とつきあい続けて
いくには、勝つしかないのです。

本当にそうなのか?

いや、違いますね。実際に、私は
負け続けていても、競馬とつきあい
続けている訳ですし、これから先も
競馬をやるでしょう。

競馬に関しては、どれだけ負けようとも
決してやめるという選択を取らないでしょう。

取らないというよりは、取れない。

やめようと、心からは思わない。

今迄、数々の勝つ為の方法論を、
ギャンブラーとしては学んできました。

それは数々の本であったり、ネットでの
情報であったり・・・

実際に勝ち越している人物からの、
情報であったり・・・

自分が試行錯誤し手にした情報は、
どれも間違っている事を言っていない
と感じるのです。

実際に20年余りにわたり、パチンコ・
スロットでは期待値という考え方で
勝ち越しています。

パチンコ・スロットの世界で運の
要素だけで20年余り勝ち続けた
とは思っていません。
そんな甘いものではない!

なのに競馬においては、何故、
勝ち切る事が出来ないのでしょうか?

そのひとつに、競馬というものは、
あまりにも要素という情報が複雑に
絡み合い、何を信じ、何を分析し、
何をすればいいのか、掴めない
という事が私の意見です。

競馬と言うものは、JRAとの
闘いでは、ありません。
他者との奪い合いですから、
ただ勝つ馬を的中すればよいと
いう訳ではないのが、難しい所です。

そんな中でも、自分なりに統計を
取り、期待値を取れていると判断した
方法論で、競馬に取り組んできました。

私は、掴んだつもりになった
全ての方法論は、ただただ、
間違っていたという訳ですね。

常識的な勝ちの法則は、
勝つと想定した馬のオッズと
確率を見て、そのオッズが
適していないと判断した場合には
購入し、それ以外は購入しない。

要するに、オッズが高い馬を
購入しようというもの。

的中確率が同じであればオッズが
高い方が期待値が上がるというのは
当然です。

実力伯仲と判断した3頭の
単勝オッズが、例えば、
5倍、8倍、15倍であり、
そのうちの1頭しか購入できないと
いう条件であるならば、

15倍を購入するべきです。

そりゃ、そうでしょうよ。
そこに対しては反論のしようが
ありません。

ただ、3頭の勝つ確率を適正に
判断が出来ているかどうかを、
証明するには、どうすればいいの?
っていう話なんですよ。

それを証明する行為が馬券術という
形な訳です。

そして、それが期待値が取れている
ならば、長期的には収支がプラスに
なるはずです。

【はず】だというのは、仮に期待値が
取れていたとしても、結果がその通りに
なるとは限らないからです。

運的要素は考慮していないからです。
というよりも考慮のしようがありません。

運が良かったか悪かったかは判断の
しようがないからです。結果論でしか
ないのです。運が良いから勝つのでは
なく、勝ったから運が良かったという
ことになるのです。

騎手の感情や体調を考慮するというの
は難しいですし、馬の気分なんて
わかりようがありません。

勝ち方を構築するのに運の要素迄
取り入れるとなると、それはそれで、
馬券術という意味では成り立ちません。

勝つ方法論を述べるのであれば、
別の次元になってしまうのです。

攻略できる要素があるものとして、
自分自身が何らかの手を加える事で
結果に影響を与えるものであると
認識しているからこそ、
競馬で勝つことに取り組んできたのです。

ですので私は宝くじはやりません。

なぜなら、こればっかりは全くの
運の要素しかないと思っているから。

逆に麻雀なんてのは、相手の癖や
表情、流れとか、場所、
雰囲気、空気まで読んだり・・・
記憶力と洞察力とメンタル・・・
運の要素まで考慮しているのですから、
そういう意味では卓越した面白さが
あると感じますね。それが勝ちに
直結するかと言えばまた別ですが、
少なくとも麻雀では、私は余裕で勝ち越して
います。

その理由は簡単で、相手を選ぶ事が
できるから。麻雀は他者との騙しあい。
ですので、私はそもそも麻雀のルール
もあやふやで、勝ったとしても、
たまたまというのを装っているのです。

まあ、相手を選べない状況の場合も
ありますが、そんな時は、一番強いと
思う相手しか見ていません。

その相手だけを徹底マークし、
その相手には出来る限り上がらせない
ような打ち方をするのです。

まあ、明らかに自分より実力が
上の相手しかいないと感じれば、潔く
逃げるに限ります。

大抵の場合、私には勝てると思う
から勝負を挑むのでしょうから、
決して、相手から強いとマーク
されるような立場になっては
駄目だと思います。

まあ、麻雀は私にとってお遊びで、
楽しめ自制できるものですので、
何の問題もありませんけどね。

昔はよくパチンコ屋にメンツが足りないから
という理由で探しにこられたもんです。
スロット設定6を捨ててまで、麻雀ばっかり
やってた時期さえありますからね。

パチンコ・スロットは楽しむという
概念は捨てていましたが、
麻雀は楽しいと今でも感じます。
ただ相手の醜悪な部分も見えてしまうので、
親友とやるべきもんじゃないと思う。

ちょっと脱線してしまいました。。。

ギャンブルにおいて、運の要素という
ものは、まったくもって否定しません。
これは、競馬に限らず、あらゆる場面に
おいて重要な事項です。

実際に馬名判断とか騎手の四柱推命とか、
そういう事を取り入れて予想をしている
方もおられるとは思います。

そして、結果が全てのギャンブルの
世界では、それさえも間違っているとは
言いきれません。もし結果が出ているので
あれば、それはそれで立派な方法論として
取り扱うのがギャンブルの世界なのです。

例えばパドックで黄金のオーラを
放っている馬が見え、その馬を
買い続けた結果、5年連続で収支が
プラスになったと言われれば、
それはその人にとって立派な
方法論です。

実際問題理論ではなく、結果が全て。

理論が正しかろうが結果が悪ければ、
それは間違っていると判断されるし、
理論が滅茶苦茶であろうが、結果が
出ていれば、それは正しいという
判断をされてしまうのも事実。

それが、たまたまか、はたまた
実力か・・・まさしく、運も
実力のうちという・・・

そして、結局、自分にとっての
優先順位で理想形を決断し、
年間単位でそれを実行し、収支が
プラスになれば納得し、収支がマイナス
になる、あるいは、メンタル的に
年間さえも継続できない場合には、
また次の方法を探す。

私の場合は・・・
これをずっと繰り返してきました。

いずれ、確固たる方法論に
辿り着くと信じ、このブログでも、
失敗を繰り返しつつ、今度こそは、
今度こそはの想いで、私に欠落
しているメンタル、自制心を鍛え、
やっと、自分の理想の形に
到達したのです。

そして、毎週競馬が楽しみという
状況までに至った訳ですよ。

それなのに、6月の有料予想。
ここまでの仕打ちにあうとは、、、

私は、自分の構築したものは、
期待値を取れていると判断し、
提供しています。

こんな状況になるとは想定していま
せんでした。今でも、年間収支は
プラスになる方法論だと思っています。

どんな理論であれ、的中率100%の
上で勝てるという方法でなければ、
連敗の可能性がゼロになる事はない。

どこまでいってもハズレ続ける
可能性を秘めているというのを
身を持って経験しました。

ただ、どんな状況になったと
しても私は勝てると判断し、
有料予想をスタートした以上、
少なくとも、年間は貫くべきだと
考えていますし、この先の結果が
上向くと信じ継続するだけです。

諦めて、有料予想配信終了という訳
にはいかないのです。
今後の結果はまだ分かりません。

ただ、言えるのは、既に
ワイドという馬券種で安定した結果を
得られる事は出来ていないという事。

結果が全てである以上、受け入れるしか
ありません。

安定した結果が得られないと分かった
以上、私は競馬に対する付き合い方を
変えようと、根本的に決意しました。

これは、私の人生さえも変わってしまう、
大きな事項です。

競馬の勝ち方を追求するのは、もう
やめます。

前日に予想が出来る、最終的に
辿り着いた私の馬券術は、
もうここが最終形です。

ワイド馬券術は、私が競馬に
おいて自分なりに統計を取り、
導き出した方法論です。

それが、安定した結果をもたらす事が
できないと分かった以上、
考え方を変えるのです。

【一勝九十九敗でも、勝てる張り方】
これが、私の結論です。

阿佐田哲也氏の
『十回勝負すると素人は六勝四敗を狙う。
玄人は極端に言えば一勝九敗でも勝つように
張る。』
格言を、さらに
極端に私の中で置き換えました。

もう私の人生において、競馬というものは、
離して考える訳にはいかない所まで
来てしまいました。

【競馬必勝法を求めて20年】
ワイド馬券術が最終的に
方法論としての答えです。

これは、もう自分で構築した
最たるものであると結論を
出した以上、もはや、馬券術と
しては、次を探しても無駄です。

受け入れ、貫き通す!

そして、問題となるのが、
メンタル的に継続するのが困難と
いう部分です。

安定を求めた結果が得られず、
どちらにしろ、メンタル的に
無理があるという状況となるので
あれば、期待値としての最大値を
望めるという点で馬券種としては
三連単を選択するのが、
期待値を追い続けるという行為と
しては、正解だと思うのです。

現状、いくらメンタルを鍛えた所
で継続できないでしょう。
その為の資金だって無限ではありません。

では、私が競馬で今後、負ける事は
ないという考え方、表題の件につきまして、
お話しします。ここまでが前置きです。
ここからが、やっと私が本日
言いたい本当の所となります。

ギャンブルをやり続けてきた事を、
運が良かったと捉えられる、ひとつの
側面として、このブログの存在が
あります。

私は、朧気ながら、ブログを
続けてきたと冒頭で申しました。

そして、ただブログを書くという
だけでも収入が発生するという事を
経験しました。

ここで、その収入がどれ程のものか
というものを公開しようというのでは
ありません。

そもそもは、競馬、そしてギャンブルに
対しての自分なりの勝ち方となりを、
色んな角度から検証し、発信する事で
共感した人に遊びにきてもらえれば
面白いなという感じでした。

現在は、ただ予想を配信し、結果を
報告するだけの場となっています。

有料配信においても、正直に
本音を言えば、ただお金が欲しいだけ。

自分なりに試行錯誤し構築した馬券術が
通用すると思っているのは事実ですし、
そこに嘘偽りは、ありません。

これからも、有料予想として配信を
継続します。

ただ、せっかくブログという媒体だけで、
収入を得る事ができているのですから、
もっともっと、人を集められる位、
興味深いものにしようと考えています。

その為には、私にもっともっと興味を
持ってもらうような何かをすればいい。

ブログでの集客という部分に思い切り
力を注いでやればいい!

そして、毎月ブログによる収入の
すべてを馬券購入代金として、
一切的中しなくてもチャラ、
的中した分は、全てプラスと思えば、
メンタル的に苦しいという状況は
回避できますし、ブログに対しての
モチベーションもあがります。

ひいては、更なるブログで収入を
得るという、会社からの
サラリー以外で、収入を確保し、
自分自身の人生にとって
幸福感も増すと思うのです。

そんな事は、前々から理解している
つもりでした。
ですが、特に何かを意識する訳でも
なく、たまに自分の思った事を、
このように記事にするだけです。

それでも、収入が発生するのだから、
本気でブログで集客するという事を
勉強し、日々実践すれば、
もしかしたら、会社からの収入を
超えてしまう時がくるのかも知れない。

そんな事さえ、思ってしまうのです。

私は、頭の中では色んな事を考えて
いましたし、ダイエットブログや、
禁酒、禁煙、人生観について、
ゲームセンターのメダル攻略ブログ、
スロットでの勝ちをただただ報告
するだけの自慢ブログ・・・

それなりに色んな事に手を出して
きましたが、どれも中途半端でした。

ブログで収入を得るという事だけに
注力するのは、また違うと思います。

だけど、競馬でもう負けるがない
状況を作り出せるものという視点で
あれば、これもありだと思うのです。

今は、まだ全然駄目です。

だけど私はもう、競馬で負ける事は
ない状況を作り出せる環境にいるのです。

これはこれで、競馬必勝法に
辿り着いたと言ってもいいのでは
ないか?

こんな、へっぽこな状況、
そしてこんなおっさんの戯言でさえ、
見てくれる方がいる。コメントを
くれる人がいる。その上、収益に
もなるんだから、こんな美味しい
話は、そうそうありませんよ。

好き勝手な事を書いてるだけです。

別に、それが正しいとか間違っている
なんかどうだっていいし、こちらの
発信をどう受け取るかなんて、
人それぞれですし、なんだかこいつ
面白いなって思われればこっちのもん。

有料配信だって継続しますよ。
ここまで酷い状況ですが、
購読者様が途切れた事もございません。

ありがたい事です。

ブログって凄いと思います。

これからは、競馬の研究よりも
ブログでの集客方法に尽力します。

このブログ自体の主旨が変わる訳では
ありませんからね。

私は、ずっと競馬をやり続けますよ。

私の中で、もう負ける事が無くなった。
私は、そう感じて競馬と付き合っていくので
最高についているという表現を
しているのです。

この境地に辿り着いた事に感謝です!
posted by サンペリドン at 14:18| Comment(0) | ギャンブル

2017年04月24日

結果から探るロジックに意味はあるのか?

ワイド馬券術の結果は今の所、散々です。
ところが、結果から逆算すれば、
こうやって賭けていれば勝てていた
という事は、分かります。

統計を取った上でのロジックと思いがちですが
これは再現性という意味で、統計を取れた
とは言えません。

前回述べましたが、馬連4頭
BOX、3連複の他に、
軸馬を2着付けし紐馬を頭にした場合も、
回収率は100%を超えています。

買い方として優位な可能性もありますが、
恐らく長期的に再現はしないでしょう。

何れも、一時的に回収率を跳ね上げる
ポイントのある買い方なので、
安定感にかけるはずです。

優位かどうかの判断も難しいのです。

仮に優位なものであったとしても、
信じて貫くには無理があります。

この判断って本当に難しいです。
やはり、仮説を立てて実践検証を
続けていくしかありません。

馬連、馬単、3連複よりも
安定するはずのワイドでさえ、
この有様なのですから。

まあ、とにかく継続できた上で
結果が出せるかどうかですね。

苦しい展開ではありますが、
今迄のように、貫けないという事は
今度こそありませんので、その点は
ご安心下さい。

結果はおのずとついてくると私自身は
思っていますが、現状がこれでは強気な
事は言えません。

気持ちは強く持っていますからね。
決して折れずに、継続します!
posted by サンペリドン at 01:03| Comment(8) | ギャンブル

2016年10月01日

ギャンブル依存克服への道

どうも、サンペリドンです。

最近・・・
まともに記事を書いていませんね。
以前にも申しました通り、
現在、ギャンブルから手を引いています。

というのも、ちまちまやっていても、
20年余りで負けた500万円という
大きな負けを取り返すには程遠く、
それならば、しかるべき金額をはって
やろうではないか!という訳で、

競馬資金1000万円を貯めるべく、
私が出来る精一杯の事をやってやろうと、
色々と取り組んでいる訳ですが・・・

ギャンブル依存症を自負しているサンペリドン。。。

何故かギャンブルをやろうという気が薄れてきて
いるのですよ。。。

なんだかね、やめれているではないか・・・
って思ってしまうのです。

私の求めた馬券術の集大成。
今年こそ、絶対的な自信を持って、
無料予想に踏み切りました。

もしこれで駄目なら、このブログは
閉鎖する覚悟だと、年初に申しました。

年間収支で負けるはずがないという
自信に満ち溢れていたのですが、
やはり簡単ではありませんね。。。

変わらず苦しい状況が続いています。

もし、競馬資金1000万円なんて
投入しようものなら、とてもメンタルを
保てるとは思えません。

でもね・・・

競馬の勝ち方・・・
これは負け惜しみではありませんよ。

私なりに掴んだつもりでいます。

私は現在単勝馬券においてオッズは
考慮しておりません。

だけど、オッズを適正化して
購入すれば、今年の単勝回収率は
120%に落ち着いています。

要するに○〜○倍のオッズに入っている
場合のみ購入するというスタイルです。

締め切り10分前程度で良いです。

それと、オッズを限定する事で、対象レースは
減ってしまいます。

私は出来るだけ早い段階で予想をした上で
収支をプラスにするのが目標でしたし、
競馬中継にへばりつくというのは、
性に合わないのです。効率的に稼ぎたいと
考えた結果、今の形となったのです。

将来、有料予想を復活させたい・・・

その為にも前日予想できるレベルのもの
が欲しい・・・

そう思っていましたが、やはり期待値を追う
という行為にオッズは欠かせないと、
そう結論づけるをえない結果となっています。

そして、有料予想復活という方向は、
もう諦めようと思います。

この先は、馬券術とオッズの融合による
結果の検証を継続し、年間レベルの
回収率がどうなるのか?

それを追い求めていこうと考えています。

そしてその先、十分な結果が得られれば、
予想ではなく、馬券術そのものを、
信頼できる数名の方に伝えられればと思います。

この先は、単勝のみの勝負。
まあ、来年のお話しです。

どちらにしろ、無料予想は年初の
信念に基づき貫きますし、単勝・
3連複共に、収支がプラスにならなければ、

このブログは閉鎖です。


残り3ヶ月・・・
現在、単勝・3連複共に微妙な所、

私はもう馬券術の研究は終わりにします。

正直、オッズを考慮さえすれば、
勝てると思っています。

それを今頃になって思い知るとは、
なんとも情けないですが。。。

とにかく、ブログを閉鎖する訳には
いかんのですよ!

どうか、あと3ヶ月、応援して
見守っていただければ幸いです。

いつも、ありがとうございます。
お互い頑張りましょう!
posted by サンペリドン at 20:30| Comment(0) | ギャンブル

2016年06月22日

成功者から学ぶギャンブル論

どうもサンペリドンです。

私は基本的にあまり他人に
興味を示す事はありません。

そもそも、世の中が公平だとは
思っていないのです。

才能だとか努力だとかを考えた場合、
自分と他人を比べても意味がない。

皆それぞれの個性が違う訳ですからね。
私と、あなたとは違う・・・
ただそれだけの話なのですよ。

自分では、そう思っています。
それなのに、私の本棚には
成功する為の法則だとか運に関するもの
とかお金持ちになる方法だとか、
自己啓発系の本で溢れているのです。

でもね・・・私は別に何か特別に
やってみたいなんて事はありません。
まあ、競馬収支をプラスにしたいという
のは、人生を楽しむ糧にもモチベーション
にもなっては、いますけども。

少年の頃の夢はプロ野球の選手に
なって王貞治を超える世界のホームラン王
になる事でした。

自分なりには相当努力はしました。
おかげで小・中学生までは、かけっこだって
腕力だって誰にも負けなかったし、
体格も、恵まれていたと思います。
自分はプロ野球の選手になると思っていました。

だけどね・・・肝心の野球のセンスがなかったの
ですよ。それに気づいたのは高校生になってから。。。

私が高校2年の時に甲子園出場を果たしました。
私は、ベンチに入ることは出来ませんでしたけどね。
スタンドで応援しました。。。

才能ってのは、まったくもってフェアでは、ない。

努力しても追いつけないものがあるってのを、
身をもって経験したのです。

それについて、とやかく言っても
仕方がありませんよね。

いくら子供の頃から、トレーニングを
重ねた所で私は100m走で、
ボルトに勝つことは出来ないし、
将棋で、羽生善治氏に勝つことも出来ない。

極論かも知れませんが、才能ってのは
努力で埋めきれないという事ですよ。

私は努力する事は尊い事だとは思います。
但し、それを成功に結び付けるのは、
ちょっと違うと思うのです。

そもそも成功というのは何を表すのか?
それこそ個人の価値によって違うのです。

私にとってはプロ野球選手になって、
王貞治選手のホームラン数を超えるという事が
成功なのであって、それ以下は全て失敗で
しかなかったのです。

だからね、何をもって成功っていうのさ?
成功者ってなんなのさ?っていう感覚は
どこかにあります。

だからね、成功っていうのは自分が
目標を掲げて、それを達成できれば良い訳で、
他人が判断すべきもんではないのですよ。
私から言わせればね・・・

こんな感じの書籍が数多く
投資コーナーに並んでいますよね。
株で億万長者になる方法とか・・・
株で成功する方法なんてのを・・・

バフェット氏が見た所で、
著者を成功者だと認識出来ますか?

私が少年の頃に描いた夢は、
あまりにとてつもないものであった。
頑張って頑張って努力を重ねたが、
夢のスタート地点にさえ立てなかった。
生きている意味を考え続けた。

夢破れた少年は、それから努力を
する事を嫌うようになったとさ・・・

でね、どうしたら楽に何かを
手に入れる事が出来るのかってね・・・
方法を探し続けたのさ・・・

でもね、結局そんな方法は無いのさ・・・

そして、夢なんて必要ないなって。

そんな事を思いつつ現在に至っているのです。

それでも尚、成功法則系の本を買い続ける
自分がいるんですよ。
何を求めてんだかよくわかりません。
でも、私は今一番求めているのは、競馬で
勝つという事なのです。

あっ、そういえば私の家に遊びに来た
あるお方が、こんな事を言ってました。

「これが、成功者の家か!、凄いな。」

私は「・・・?」ってなもんです。

確かに私は70坪の庭付き一戸建ての家に
住み、(ローンやばいですが。。。)
お前には勿体ないと言われる、
可愛い嫁様と娘がいますし、大手と
言われる会社に所属しています。

給料も悪くありませんし、人間関係に
恵まれ、私は自由行動が許されています。

嫁様は、毎日幸せだと言ってくれるのです。

きっと恵まれているんだと思います。

それでもね、私は病んでいるのです。

1日も早く、会社を辞めたいのです。
では、なんのために働いているかといえば
お金以外に何もないのです。

私は、今の仕事にやりがいがありませんし、
そもそもそれさえも求めていないのです。

誰かに、とやかく言われたくない。
上から言われたくないし、そもそも何を
もってして上司なの?って思うのです。

尊敬できる人など皆無です。

面白くもなんともないけど、
家族の幸せの為に頑張るしかない・・・

割り切っていましたし、定年まで
とにかくなんとかのりきってやる・・・

そう思っていたのですが、この生活に
本気で嫌気がさしてきたのです。
びっくりする位、会社に向かう
足取りが重いのです。
嫌で嫌で仕方がないのです。

これを鬱と言うのでしょう。

このままでは、やばいな・・・

苦痛を感じながら生きていくのはしんどい。
世の中って本当につらい・・・

でね、けっこう精神的に滅入っていたのです。
いたのですが、今は大丈夫!

なぜならば、会社を辞めるというのを
視野に入れて生きていてもいいじゃないか?

と思えるようになったからです。
一生、社畜でいるしかないと決めつけて
いた自分がいました。

でもね、今の会社をやめてもいいよ・・・
選択肢はあるんだよ・・・

そう思っただけで、すっと気が楽になり
人生が、ぱっと明るくなったのです。

まあ、現在の仕事を辞めるには
現実的に、稼ぎが必要な訳で、このままでは、
どうしようもありません。

生活していく為に、自分の可能性に挑戦する。

別に会社を辞めれる所迄の事が出来ないなら
それはそれで良いのですよ。

そんなに大それた事を出来るような人間では
ないってのは分かっているつもりです。

ただ、夢のなかった私に、ちょっとした
夢が出来ました。

その夢とは・・・!?

今は内緒ですが、プロ野球選手になるよりは、
何百倍も確率は上でしょう(笑)

それが、達成されれば私も成功者です。

他の人は関係ありません。

私が成功者だと思うのは、
好きな事をずっと続けた上で、
結果を出して、そして本人が幸せを
感じているというのが条件です。

そのような方から、私は今学んでいます。

おかげ様で、私のモチベーションと
幸福感は増していってます。

会社嫌いが、ここまでとは。。。

逆に、感謝できるレベルです。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 01:27| Comment(2) | ギャンブル

2016年05月06日

ギャンブルで勝つ為に

覚悟を決めたサンペリドンです。

年末に私の競馬収支をPATで
皆さんに公開する予定でした。

申し訳ありませんが、撤回させて
いただきます。

ちなみに、今年の収支はプラスです。
そして、現馬券術の回収率が
単勝・3連複共に100%を
超えなければ、このブログを
閉鎖するという意思は変わっていません。

どちらにしろ、競馬の勝ち方を追究し続ける
事になるでしょう。私の目標は、
ずっと先にあるような気がします。

現在の収支はプラスですし、楽しい
状況ではありますが・・・

しばらくギャンブルから
身を引きたいのです。

以前もギャンブルは、もうやめると言って
おきながら、全くやめれませんでした。

自制心を保てない人間は、そもそも
メンタルが弱くトータルでギャンブルに
勝つとは、到底思えません。

今の私がまさにそうなのです。

今まで競馬で負けてきた金額は、
500万円にも、のぼります。

私は最終的に競馬収支をプラスに
しようと思っています。

その為には、今のままでは無理なのです。

ギャンブルは、レートの高い部分で
いかに勝ち越すか・・・というのが、
重要だと私は思っています。

ちんたら賭けている場合じゃない。

お遊びなら、それで結構・・・

だけどギャンブルで勝つってのは、
そんなに甘いもんじゃないというのは、
痛いほど経験しています。

今は、ただ研究だけでいい・・・
そして、馬券術に絶対的確信を
持てる状況で、レートを上げて、
勝負しようと考えています。

現在の馬券術に自信があるというのは
嘘では、ありません。

ただ、実績がまだまだ足りない・・・

実績を重ね、理論と結果が一致した時に
また、競馬に参加する所存です。

そして競馬資金として1000万円を
用意します。

目標は、ズバリ1000日!
本日から1000日で、
1000万円を貯金してやります。

ギャンブルから一旦離れ、私が
出来る事を、とことんやれば、
1000日で1000万円は
可能だと、自信があります。

心身共に鍛えあげます。

私が、急にこんな事を言い出したのは
何故か?

とてつもなく、やってやろう!って
出来事があったからです。

私事で恐縮ですが、その出来事に
とても感謝しています。

もちろん、馬券術の検証も兼ねて、
このブログは、ずっと続ける予定です。

今年で、閉鎖なんてのは全く、
ごめんだ!!!

という訳で、大それた事を言っている
サンペリドンですが、今後ともよろしくお願いいたします。

('◇')ゞ

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 23:43| Comment(6) | ギャンブル

2016年03月15日

ギャンブル依存症

どうも、どうも、
サンペリドンでございます。

ギャンブルについて、
くどくど述べた矢先に、
こんな事を言うのは、
何とも、説得力に欠けますが。。。

私はギャンブル依存症であるのを
自覚していると言いました。

ギャンブルに対する考えは、
今でも変わっておりません。

ですが、私はギャンブルから
降りたと、高々と宣言してしまった
事は、反省しております。

というのも、今回3連複の
検証にあたり、賭けに参加して
しまったからです。

昨年の3連複単独の回収率は
151%です。それについて、
評価していただいた方も、
おられましたが、私は
途中でメンタルが折れ、
有料予想を打ち切りました。

私自身が継続できない事を
他人に薦める訳にはいかない。

だからこそ・・・

今年こそは・・・
無料予想の単勝で、
馬券術の優位性を
示してやる!そして、
来年は有料予想を復活
させてやる!と意気込み
今に至っている訳ですね。

ところが、相反する事に、
私がギャンブルから得られる
ものは、もう無いと思ったので、
ギャンブルの舞台から降りたのです。

まあ、色々あって苦しかったん
ですよ。ギャンブル大好き人間
なはずなのにね。。。

まあ、そんなこんなで、
ギャンブルから降り続けて
いたのに・・・

やっちまった。。。

まあ、ウズウズして仕方の
ないという、以前の症状とは
全く違いますけどね・・・

いやねえ、競馬ブログって、
やっぱりギャンブル好きが
集まってくる訳で、ブログ
管理人がギャンブルから降りてるのに
ギャンブルについて、とやかく言うな
って話になりますよね。

だからやったって言うんじゃないよ、
だけどやっぱり面白みに欠ける。

それでね・・・

実は3連複の検証を
やった上で賭けてましたって、
後出しする方法もあったんですけどね、
それじゃなんとも後味悪いですし、

そもそも情報発信しようって
人間が、ズルしちゃいかん。

かっこ悪いですけど・・・
今回から賭けに
参加したってのは、
示しておかないといかん!
って思った訳です。

ですので、正直に申しておきます。

3連複の検証と称して実際に
私は、賭ける事にし、すでに
スタートしています。

賭け方としては、3連複無料予想
そのまま、そして3連単の1着軸
の2頭流しです。

3連単はあくまでもおまけです。
年間を通して的中しないかも
知れませんが、的中した時の
自慢用という位置づけですね(笑)

今回は、あくまでも検証で
あって本質的なギャンブルでは
ないと、自分に言い聞かせていますが、
そんなものは言い訳に過ぎず、
ここからまた、自制心が崩壊する
可能性だってありますもの・・・

ギャンブルってのは、恐ろしい
魔力を持っていますからね・・・

ギャンブルというよりも、
人間の欲というものが
恐ろしいんですけどね・・・

どこで線を引けるか・・・
さもなくば、待っているのは

破滅



ギャンブルから完全に降りるって
事は、ギャンブルにおける全ての
チャンスを失ってしまう事です。

ギャンブルから降りる為には、
ギャンブルという要素がつくもの
から全て降りなければ達成出来ないと、
私は考えていました。

ちょっとゲームで賭けるのもそう、
ジャンケンで、ジュースを賭けるの
もそう、でもこれって、純粋に
私は楽しいと感じるんですよ。

宝くじは、買わない限り
当たりませんからね。

私は、楽しむつもりです。
苦しかったギャンブルとは、
おさらばします。

それはもう大丈夫だと
思っています。

ギャンブルの定義って
そもそも難しいですが、
生活を脅かす恐れがある
レベルでは参加しません。

だから私がこれからやる事は
ギャンブラーから見れば、
ギャンブルではなくお遊びです。

まあ、なんだかんだ言って
全ては言い訳にしかならない・・・

私はギャンブルから降り続ける事が
出来なかっただけ。

楽しみながら勝てるギャンブルを
目指す・・・

そういう事ですよ。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫





posted by サンペリドン at 14:56| Comment(0) | ギャンブル

2016年03月13日

ギャンブルの本質

どうも・・・
サンペリドンでございます。

今回は、かなり長いです。
ギャンブルに対して
20年余り携わってきた人間が、
ギャンブルの本質というテーマで
述べようとすれば、まあ
仕方がありませんね。。。

ギャンブルに対して肯定的な
意見とは言えませんので、
現在の私がやっていることと、
相反する部分ではありますが、
ご了承下さい。

私は、ギャンブル大好き人間です。
いや、今は「でした。」という
表現が適切ですね。

ギャンブル好きとギャンブルに
興味のない人では、根本的に
違います。何が違うとなると、
脳の働きが違うというのが
私の考えです。

ギャンブルに携わる事でしか、
生きていると実感できないの
かも知れない・・・

私は、ギャンブル依存症で
ある事を否定しません。

誰しもギャンブルに、はまる
要素を持っていると思うのですよ。

人生は、そもそもギャンブルの
要素に溢れていますからね。

私の会社の後輩でギャンブルに
全く興味のない人間がいます。

一度スロットで儲けれるって話を
して、半ば無理やりスロットを
打たせた事があるのですが・・・

そいつは、ビッグボーナスに
興奮するどころか、ボーナス消化中に
寝てしまったんですよ。。。

ここまで来ると、あまりの価値観の
違いにびっくりすると共に、
私の価値観を他人に押し付けるのは、
絶対にやってはならんって思いました。

その後輩と私は、価値観も趣味もかけ離れて
いるのですが、何故か不思議と馬があう。
会社では、高校生のカップルみたいという
表現をされてしまっています。
まさに、キャッキャッ言いながら、
一緒に仕事をする訳で・・・仕事は嫌いでも、
人は嫌いではなく、恵まれているのが、
どうにか継続出来ている理由でしょう。

それでも・・・

まあ、私は会社から解放されたいというのと、
競馬なら、それが可能な舞台である・・・
というのが、馬券術構築に向けての
野心となった訳で、複利で資金を増やした
上で、年間で安定した収入を得る事により、
生活できるようになる思想をしていました。

・・・その思いは届かなかった訳ですが・・・

でね、私の描いていた事を、実際に
達成してしまった人がいます。

その名も・・・
卍氏!

あの馬券税金裁判で有名に
なったお方です。

いや・・・
達成まじかで、落とし穴があった訳で、
つくずく、ギャンブルってのは
どこにリスクがあるのかわからない。

まあ、そもそも日本という国が、
ギャンブルというもので、
勝つという事を認めていないと
判断するしかないのですよ。

だからね、堂々と私は、
儲かっていますってのは、
本質では、ないんです。

競馬で言えば、そもそも
税金を納めなければいけないと
いうルールがある訳で、
堂々と勝てるなんて奴は、
じゃあ、あなたは競馬ルールに
基づいて、きちんと税金を
支払っているのですか?

この質問をした上で、
勝っているという人は、
皆無では、ないでしょうか?

年間100レース以上に
参加している場合は、
勝っている人は、いないと
言い切っていい程のレベルです。

競馬において、税金のルールは、
「配当金額から必要経費を
差し引いた所得を一時所得とし、
その所得が年20万円を超えれば
確定申告が必要になる」というもの。

しかも、これだけでも税法として
納得いかないのに、さらに外れ馬券は
必要経費として認められないという事。

ただでさえ、JRAから控除率を
引かれているのにですよ・・・

そうなると、競馬は絶対的に
勝つ事が出来ないという結論になります。

結果的に外れ馬券は裁判として、
認められた結果となりましたが、
「一般的には競馬は趣味娯楽で
あり、馬券購入費は楽しみ賃で経費に
含まれない」との位置づけです。

私のように、競馬で継続して勝とうと
している人間を侮辱したもの言いです。
それこそ、価値観なんてのは人様々なのに
競馬は、趣味娯楽で楽しまなければ
やってはいけないと、言っているよなもん!

結局今現在も、競馬の税金問題は、
何もクリアになっていないのですよ。

卍氏は、かなり凄いです!
しかしながら、2度と馬券を購入して
儲けたいとも儲けようともしないでしょうね。
だって、継続的・反復的に利益を得る為の
資産運用をしていたと認められたから、
経費としての外れ馬券とみなされた訳で、
もし年間単位で利益を得られなかった年が
発生したら、それは継続的な利益を
認められず、結局外れ馬券は、経費として
認められないという事になりますので。

で、この問題は実は年間を通して、
競馬に参加される人ならば、ほとんどの人に
当てはまる問題な訳ですよ。

すなわち、儲けりゃ儲ける程、
マルサに、ビクビクせないかん!

こんな理不尽な事って。。。

だからね、私は儲けてるなんて、
堂々と言うべきではない。
税金を払っていないのならね・・・

だって、ギャンブルに興味のない人
からみたら、それはただの脱税でしか
ない、立派な犯罪でしかないからです。

私は、銀行強盗に成功して
1億円稼ぎましたってのと、
同義な訳ですよ・・・

法を犯しているという意味で、
一緒な訳です。単なる、ルール違反
なんですよ。国から見ればね。

だから、日本という国はギャンブルで勝つという
行為を認めていないと言ったのです。

まあ、税金に対しては私は認めていない
ですし、こんなに負けてきた私でさえ
支払い義務がある訳で、たまたま税務署は
何にも言ってこないってだけです。

支払えって言われたら支払うしか
ないのですよ、認めようが認めまいが、
そのように決まっているのですから。

さらに言えば、パチンコだって納税義務が
ある訳ですよ。しかもね、一時所得って
位置づけならね、スロットならば、
払い出しに応じて、課税されるって考えに
なってしまうんですよ、かなり無理があるに
しても、競馬と同じ考えであれば、これまた
パチプロなんてもんは、存在のしようが、
ありません。

スロットであれば1回転単位で税金の
対象としなければ、合点があわない。
払い戻しがあった場合だけ、税金の
対象となるうえで、その為に使用した
メダルは必要経費としては認めない。
かなりむちゃくちゃですが、
競馬においては、それが適用されてる。

私は、パチンコ・スロットで勝っている
という話をしましたが、それによって、
税金を納めた事はありませんよ。

負けた金額を必要経費とせず、買った分で
税金を納めたとしたら、私はパチンコで、
とんでもなく負けているって事です。

それこそ、毎度勝った時に、枚数や
景品を記録に残して、わざわざ確定申告
なんてもんは、しませんよね。
そもそも、パチンコでお金を得るというのは
認められているかというと違います。
ギリギリのグレーゾーンです。

麻雀やゲームで金を賭けるなんてのも、
そもそも国は禁止しているんだからね。

私にとって納得いかない問題だし、
ギャンブルから全面的に降りたくなった
理由の一つでもある訳ですね。

ギャンブルにおいて、
それをふまえた上でって事になるけど、
そこまで意識してギャンブルしてる人
なんて、今までいなかったと思います。

まあ、ギャンブルするにしても、
そんな事言ってたら、もう出来ない。

だいぶ話が、ギャンブルの本質とは、
ズレてしまっていますが・・・

そんな問題に直面してしまった
卍氏


せざるを得ないほどの稼ぎを
出したというのは、本当に凄い事です。

理論もさることながら、相当な
メンタルで臨んだはずですし、
破滅を覚悟で臨まなければ、こんなに
結果を残す事もなかったでしょう。

皮肉にも、それが仇となった訳ですが、
これ程の結果を残せる人ならば、
かなりの才能があるのでしょうね。

で、卍氏の馬券術において、
何が優れているかというと、ほぼ全ての
レースに参加していたという部分です。

これによって圧倒的な回転率を
生み出せる・・・よって、複利の力を
利用した訳ですね。

競馬を的中させるだけというならば、
卍氏よりも、優れていると感じる方は、
身近にも、おられます。

友人がその一人です。
私は麻雀は今はやっていませんが、
ギャンブルとしての麻雀ならば、
圧倒的に勝ちこしています。
ですが、こいつにだけは勝てないという
友人がいるのです。そいつは、ギャンブル
に滅法強いのですが、勝率50%以上を
確信できる事項以外参加しないという
持論を持っているので、年間を通して
10レース程しか参加しません。

年間を通して、負けたのを聞いた事が
ありませんし、昨年は株で半年で
1600万円も儲けています。
私が20年余り賭けて掴んだお金を
半年で稼いでしまうような存在です。

ちなみにパチンコにおいては、
私の弟子にあたるのですけどね。
パチンコの勝ち方は私から学んだ
らしいのですが、競馬の勝ち方は、
私に教えてくれません(笑)

そいつの洞察力は半端ないので、
何かを知っているはずなのに。。。

そして、リンク先
N島さんのブログ
の、後輩さん。

馬を見る目は確かだと思います。
私がギャンブラーとして崇拝する、
N島さんが、予想の軸として取り上げ
ているのですから、当然だと思います。
但し、丸乗りでは、儲けられないよう。

とにかく、予想の精度という面で、
卍氏より、優れている方は、
たくさんと迄は言いませんが、
おられます。

ただね、卍氏のように100万円
の元金から1億4000万円
も儲けるなんてのは、到底無理でしょう。

複利をする為の、馬券術と
資金管理とのバランス、そして
強靭なメンタル。

その為の圧倒的なレース参加、
そして、回収率・・・

いくら予想の精度が高くても、
無条件に全てのレースに参加し
回収率100%を超えるなんて、
まず無理でしょう。

現在、卍さんは、卍指数なるものを
公開していますが、やはり丸乗りで、
儲けるというのは困難なのでしょうね。

オッズを確保できないというのが、
その理由です。

公開した地点で、それは
必勝法とは呼べません・・・
そもそも卍氏はもう競馬に
参加する気はないから、
公開したのだと思われますし、
同じことを出来たとして、同じように
税金問題になってしまえば、
何の意味もありませんからね。。。

ギャンブル・・・
本質がどうのというより、

そもそもギャンブルとは何か?

勝ち負けを、はっきりさせたい
人間の心理を的確に表したものだと
思うのですよ・・・

そもそも勝ち負けとか、比べる事に
意味を感じない人にとっては、
別にどうでもいいですよね。

だから、ギャンブルにはまる人って
のは、実は認めてもらいたいという
欲求が強いのではないかって思う
のですよ・・・

何か、大きな劣等感を抱えて
生きていたりするもんです。

私が、そうだったから皆も
そうと迄は言いませんがね。

私は勉強苦手でしたけど、京大に
受かった友人に、俺はパチンコで
勝てないけど、お前は勝てるから
凄いよなって・・・そう言われたのを、
もう20年以上も前の話なのに、
今だに誇らしげに思っている。

その友人からしたら、単なる
皮肉だったのかも知れないのにね。

そいつの年収・・・現在は、
とんでもないですよ・・・
私の3倍以上です。

ギャンブルにおいて、お金
が欲しいってのは絶対的な
条件なんですが、私は
ギャンブルでしかそのお金を
稼ぐ事が出来ないと決めつけて
いるんですよね。。。身近に
むっちゃ稼いでいる奴が
いるのにね。

私は、人として負けていないって思って
います。でもね、そいつにとっては、
そんな事、どうでもいいんでしょうね。

最後に・・・
結局は、脳が快感を求めているんだよ。

ただそれだけなのかも知れない・・・
生きるなんてのは、それだけの事なのかもな。

本当に長々とありがとうございました。

ここまで読んでくれたあなたは、きっと
ギャンブルで負けを認めない人でしょう。

それは、ギャンブルで負けないという本質に
おいて、最も重要な事・・・

すなわち、勝てる人って事です。
ただ問題は、それがあなたにとって
どういう位置づけなのかって事・・・

私が人生において、ずっと悩んで
きた事項なんですよ・・・

今は違うけどね。

そして人生が明るく見えてきたけどね。

ギャンブルの本質として、
勝つというのは確かに大事でしょうが、

ただ勝ちを求め続けるってのは、
苦しいもんなのですよ。

ギャンブルで勝つ事を真剣に考え続けた
人間にしかたどり着かない境地なの
かも知れません。

生きるということに関しては、
重荷になるんだよ。

そこに楽しむ要素を必ず残しておきましょう。

そもそも勝てなければ継続できないですし、
面白くは、ないでしょうけどね。
ギャンブルにゴールなんて見つかり
っこないんですからね。

長年、ギャンブルにしがみついてきた、
サンペリドンの、ギャンブルについて
考えてみたお話しでした。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫





posted by サンペリドン at 12:20| Comment(0) | ギャンブル

2016年03月03日

ギャンブル負け組と勝ち組の違い

どうも、サンペリドンです。

ギャンブルにおいて勝ち組って
そもそもどういう事を言うのか?

ギャンブルなんてものは、
勝っている地点でやめる、
もう2度とやらない、
出来ない以外に勝ちの確定は、
ありえないのです。

さらに言えば、死んだ地点で
勝っていた人間だけが、
ギャンブル勝ち組な訳です。

でもね、死んだ瞬間・・・
ギャンブルで勝っていようが
負けていようが、どうでも
いいよね?

話がそれていくなあ。。。
まあ、ギャンブルってのは、
ほとんどの人が負けるように
できているのですよ。

ことわっておきますが、
私はすでにギャンブルから
降りています。

そして競馬において、
いまだに確固たる勝ち方を
掴んでいません。

現に20年余りの競馬収支は
−500万円にものぼります。

一方で、パチンコ・スロットの
収支は+1600万円

で、もうギャンブルから
降りている訳なので、
ギャンブルのトータルでは、
勝ち組なのですよ!

ただね、勝ち組確定では、
ありません。なぜなら、
ギャンブルをやめ続けれる
保障なんてありませんからね。
現段階で20年余りの
ギャンブルトータルで
勝ち組というだけです。

そもそも、ギャンブルをやるように
なったのは、楽して遊んでお金が
手に入る可能性とドキドキ感・・・

楽しい上にお金が入るなんて
最高じゃないの!ってなもん・・・

でもね、楽しく儲けるなんてのは
甘い・甘い・甘すぎる!

長い間ギャンブルに携わってきて
しみじみ思います。

でね、20年余りギャンブルを
やってきて、負け組と勝ち組の
違いは何か?というと・・・

@ギャンブルを楽しむか?
A勝ちを求めるか?

この違いだと思うのです。

要するに、ギャンブルの刺激を取るか?
勝つことを楽しみにするか?
の違いだという事です。

私は、パチンコ・スロットの
勝ち組なので、こちらの方を
例えにしますね・・・

まずね、勝っている人の
勝ち方ってのは、これが正しい
ってのは言い切れません。
ですが、第一段階として、
知識を得る事・・・

ルールさえ知らないなんてのは
話になりませんからね。
とにかくまずは、勉強です。

次に情報を得る事。

情報って
のは、たくさん溢れていますよね。

今のご時世、ちょっと調べれば
たくさんの情報を得る事が出来ます。
情報を得ず勝負する・・・
特性も何もわからないけど・・・
面白そうだし・・・

これじゃ、勝てるはずありませんよ。
長期的に見てね・・・

まあ、そんな事さえせずに、
勝てるなんて思ってる人は、
ずっと負け組です。
不思議な事に、意外と多いの
ですよ、パチンコ・スロットの
中身さえ知らない人ってね。
大当たり確率とか天井とか、
ちょっと調べれば分かるのに、
そういう概念さえないのかも知れない。

それでね、その次の段階・・・
知識さえあれば、勝てるって
もんじゃないんですよね。

得た情報をどのように有効に
利用するか?・・・
得た情報は利用するだけの
価値があるのか?

これが最も重要な訳です。

はっきり言って、現在のパチンコ・
スロットは、

勝ち方ってのは、ある程度確立されて
いる訳で、私が勝ちまくっていた
20年前とは根本的に別物です。

その一番の違いは情報の早さと量なのです。
例えば、スロットの場合、私だけが、
ゾーンだとか天井という情報を知っていて
他の誰も知らなければ、私が圧倒的に
有利な立場となります。

20年前は、それが可能という場面が
多々ありましたし、そもそも甘い機種
というものが存在しました。
店長と私の関係もゆるく、朝から
設定6を打たせてくれるなんて事も、
度々ありましたし、その設定6の
機械割が150%を超えるという
今じゃ考えられない時代もあったのです。

時代と共に、ギャンブルにおける
勝ち方ってのは変化するって事ですね、
勝ち方ってのは、全てに順応する訳では
ないという事です。

今は、正直勝てるけど厳しい時代、
情報は同じように得れるし、
勝ち方の基本も分かる・・・
後は、それをきちんと実行できるか?
あなたは、スロットの天井狙いを
続ける事が出来ますか?
やめるタイミングがわかりますか?
そのタイミングでやめれますか?

でね、結局負け組と勝ち組の違い
ってのは、自制心の違い・・・

私がギャンブルに勝つために
最も重要なのは自制心・・・

このブログでの心得で述べた
結論と同じという事です。

まあ、負け組がいなくなれば
ギャンブルは成り立たない訳で、
そういう意味では、ただギャンブルを
楽しんでる人も必要ですね。

最後に、矛盾をひとつ・・・

「ギャンブルで勝てる人間とは、
ギャンブルをやめる事ができる人間である」。
byサンペリドン 語録

ギャンブルを欲する人間にとっての、
もっとも大きな自制こそ、
ギャンブルをしない事。

ギャンブルに勝つために最も重要な
要素が自制心ならば、ギャンブルを
やめる事ができる人間こそが
ギャンブルで勝てる才を持っている人間と
いうことになるのである。

だから私はギャンブルの勝ち組に
なれているのだと結論づける。

結局、ギャンブルに
負け組も勝ち組もあるのか?

途中経過にすぎない・・・

ただそれは、延々と軍資金にすぎない。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 11:39| Comment(0) | ギャンブル

スポンサーリンク