2018年03月27日

人生を変えるには覚悟が必要

【ギャンブルをやめる為の思考】

どうも、サンペリドンです。

私は20年余り、ギャンブルにどっぷり
と浸かってきました。

ギャンブルの儚さ、勝ち切れない
苦しさ上、何度もやめようと決意
しました。

ところが、やめようと思った次の日には
真逆の思考となってしまうのです。

パチンコで勝てるのだから、
競馬でも、いつか必ず勝てるように
なるはずだ。

諦めきれない想いをどうしても
手放す事が出来ないのです。

やめたいのにやめられないのは、
本気でやめたいのではないという
結論に至り、何度も何度も、
失敗を繰り返してきたのです。

自分では、いつでもやめようと
思えばやめれると思っていました。

いざやめようとしてもやめられないのは
何故かと考えれば、ギャンブルに
脳を犯されているとしか思えない。

いわゆるギャンブル依存症
いう状態ですね。

私は自覚はしていませんでした。

ですが、20年余りもしがみついて
きた事実から、完全に依存症だと、
今なら、はっきりと言えます。

それが、何故、本気でやめる決意を
したのか。

もし私と同じようにギャンブル依存症
で苦しんでいる方がおられたら、
こんな考え方もあるんだよ・・・

という視点で気楽にご覧ください。

ギャンブルへの依存度も、
やる目的も目標も価値観も、
ひとそれぞれですので、
これがギャンブルをやめる方法
の全てだとは言いませんが、
私はギャンブルに対して、
興味を失ってしまった位ですから、
効果のある人もおられると思います。

そう思って、ギャンブルをやめる
為の思考を私なりに述べます。

まずは、ギャンブルをやめると、
決意し覚悟する。

【ギャンブルをやめた3つの理由】
@
ギャンブルで負けると全てを失う可能性がある

ギャンブルにおいて、必ず勝てるという、
方法はありません。そして圧倒的に
負け越している人が多いです。

どれだけ勝ち方を学んでも、
常に破滅のリスクは付きまといます。

ギャンブルの精神は、どんどん
お金をつぎ込み、賭金も大きく
なる傾向があるのです。

自制心を保ち、余剰資金で
勝負できるなんてのは稀。
しっかりと資金管理できる
のであれば問題ありません。

ですが・・・

結果、どんどん賭けは大きく
なってしまうでしょう。

私は競馬で結果を残せません
でしたが、もし安易に勝てて
しまっていれば、賭金を
どんどん上げていたでしょうし、
他の儲け話にも簡単にのって
しまい何れ、とんでもない目に
あっていたでしょうね。

ギャンブルで勝てる保証が
ない以上、どこかで、
とんでもない確率のいたずらに
遭遇するかも知れません。

そうなった時には、
お金、時間、心、友人、恋人、
家族、さらには自らの命さえ、
失う可能性もあるのですよ。

そこまでのリスクを背負って、
ギャンブルにしがみつく
メリットなどありませんね。

A
ギャンブルをやっていても成長を感じられない


ギャンブルにはまってしまうと、
ギャンブル以外の興味を失くしがちです。

特に、私はこれが酷かった。

ギャンブルで稼げれば、仕事なんて
やらなくたっていい位に思っていました。

成長できるチャンスは多々あったのに、
人は成長しなければならないなんて、
誰が決めたんだと感じていたのです。

数年前の自分と今の自分を比べても、
何も学んでいないし、勉強とか努力を
できない体質になっていました。

ギャンブルをやっていた時間を、
読書や、身体を鍛える事に
使用していれば、随分と人生は
変わっていたはずです。

B
ギャンブルでは本質的に幸せになれない

私がギャンブルに興味を失くした
一番の理由は、自分にとって
【幸せとは何か】と考えたから。

ギャンブルの勝ち組は、ごく僅か、
大部分の人は負けています。

そして、その勝ち組は負け組が
いないと成り立ちません。

全員が勝つというのは
ありえないのです。

競馬は、控除率が発生します。

JRAとの闘いではないのです。

どうやったってJRAには、
勝てっこありません。

最初に、JRAがお金を
一定量、取ってしまうのですから。

そして残ったお金を参加者全員で、
奪っているだけに他ならない。

あくまでも、ギャンブルの場を
提供しているに過ぎないのです。

ギャンブルで勝って喜んでいる
一方で、負けて悔しがっている人が
存在するのです。

他人の不幸の元で幸せが成り立つので
あれば、それは本質的な幸せだと、
私には思えないのです。

ギャンブルは、潜在的に
【自分さえよければいい】
という世界なのです。

以上が、私がギャンブルを
引退した理由です。

正直に言いますと20年余りも、
ギャンブルが人生の全てと
思い込み、競馬の勝ち方を
研究してきた一人のおっさんの
結末として、ダサいとは思う。

努力が足りなかったと言われれば
その通りだと思います。

だけど、自分なりにやれる事は
やってきたつもりですし、
ここまでやって駄目だったら、
ギャンブルそのものが、
自分には合っていないと判断します。

それがかっこ悪くてもかまいません。

そして、ギャンブルをやめるという
決断が私にとって今後の人生を
より良くするのであれば、
勝ち方に辿り着けなかった事を
悲観する必要もないのです。

実際に、ギャンブルを手放した事で
今、とても幸せな
気分で満たされています。

ギャンブル以外の事に、
目を向けると、私は
たいして努力していないのに、
大企業に勤め(仕事大嫌いだけどな)
可愛い嫁様と、娘、息子に恵まれ、
(よく結婚できたな)
庭付き一戸建てに住んでいます。
(大借金だよ)

そういう意味では、運が
良かったと感じます。

これからは、私と同じように
ギャンブル依存症で苦しんで
いる人に少しでも、
勇気を与えられるような、
ブログを目指して、記事を
更新していきます。

今迄とは全く相反する
ブログにはなりますが、
ご了承下さい。

ギャンブルを手放した事に
よる、新たな目標ができ、
これからの人生は少しでも
誰かの役に立てるよう、
努力する所存です。

その為には、まず私自身が、
幸せな日々をおくらなければ。

ギャンブルをやめた事による
幸せを今は、噛みしめていますが、
仕事に関しての苦悩はあります。

ギャンブルに、仕事をやめるという
希望を感じていましたので、
それを失うのは辛いのですが、
ギャンブルで生活は出来ません。

少なくともサンペリドンにはね。

まあ、会社以外でお金を稼げる
ようになるというのが、
新たな目標の一つです。

このブログだって、その一つ。

だから、希望を失った訳では
ありません。

結局私が、ギャンブルに求めて
いたのはお金だけなんですね。

そしてギャンブル以外で、
お金を稼げるなんて、
できるはずがないと
決めつけていた訳ですね。

それなのにギャンブルでは
負けるはずがないと
思ってしまうなんて滑稽です。

今日の記事が誰かの少しの
勇気となれば幸いです。

では、では。

2018.10.17追記
ギャンブルをやめて、本当に人生が変わりました。

※参考

ギャンブルをやめて取り組んでいる事とは


posted by サンペリドン at 01:30| Comment(6) | ギャンブル

2018年03月16日

ギャンブル引退、そして競馬必勝法を求めて20年終了のお知らせ

【ギャンブルはもう必要なくなった】
突然ですが、競馬は元より、
ギャンブルと称されるものに対して、
一切やめるという結論に至りました。

つきましては、競馬必勝法を求め
続けた20年余りに、
終止符を打ちます。

負け続けたサンペリドンを
ずっと応援していただいた方、
本当にありがとうございました。

感謝しかありません。

結果的に競馬必勝法には
辿り着けませんでしたが、
とことんやった結果です。

もう悔いはありません。

以前に競馬の舞台から
降りたものの、どうしても
諦めきれないという想いが
あった為、どうにか一つの
形にこだわってしがみついて
きた所存です。

ここまで一筋にギャンブル
ばかりの人生を歩んできたのに、
いきなりやめるという経緯。

いったいサンペリドンと名乗る
おっさんに何があったのか。

一言で申しますと、私の人生に
おいてもう、ギャンブルをする
意義は無いという事なのです。

【勝ち方】

私はパチンコ・スロットにおいて
20年余りにおいて勝ち越して
いますし、始めて数ヶ月で、
勝ち方というものを完全に
掴む事が出来ました。

それは期待値を積み重ねるという
シンプルながら、理にかなった
方法論です。

私が甘かったのは、競馬においても
期待値という考え方で容易に
勝ち切れると判断してしまった事。

パチンコ・スロットにおいて、
確率という概念は、はっきりと
していて確信を持って貫く事が
出来たので、結果を残せたと
感じています。

実際に勝ち方を知っていても、
それを愚直に継続するというのは、
なかなか難しいものです。

そういう意味では、私は
パチンコ・スロットにおいては、
素質があったのかも知れません。
メンタルもぶれなかったのです。

ところが、競馬に対しては
最後まで確信を持って『勝てる』
という方法論を掴む事は出来ませんでした。

但し、主観的な予想では、
一向に勝ちが見えてこないので、
確固たる自信を持てる方法論を
見つけるまでは、本格的な賭けは
やめようと決意し、その点においては
貫く事が出来ました。

そして、それは、ギャンブルから
退く事は出来ないというのは、
自分の思い込みに過ぎないのかも
という気付きにも繋がっていった
ような気がします。

毎月、給料のほとんどを
つぎ込み続けた上で、打ちのめされ
てきた敗北感に対して、
私なりの抵抗であったのでしょう。

【競馬の統計】
競馬というものは、様々な要因が
複雑に絡み合っており、期待値を
出すというのは、困難です。

統計を取り、期待値を取れると
いうのは幻想でしかなかった。

競馬で統計と呼ばれるものを
探そうにも、統計の曖昧さを
痛感するばかり。

そして、統計が取れていると
確信できる事項においては、
他者の多くも知っているので、
大きな差なんてつきません。

あくまでも自分だけが知りうる
上で、統計的な根拠があり、
それが正しい必要があるのです。

自分では正しい統計を
取れたつもりになっていました。

そして、どれだけ考えようにも、
結局、競馬において
という要素はとても大きいのでは
ないかと、考えるように
なっていったのです。

世にある勝ち方の類は、
結局、運が良かっただけなのでは
ないのか・・・

それならば、もう運を良くする
方法を試すしかない。

まともでは、ないでしょう。

期待値を積み重ねる事こそが、
ギャンブルで勝ち切る唯一の
方法だと自負しているのに、
その他の要因に勝機を
求めているのですからね。

だけど、私の中でもう手を
尽くした感があり、どうしようも
ない感覚が強くなるばかり。

そして競馬とは関係ない
(自分では競馬で勝つ為ですが)
運を良くする系の本を
読み漁る始末・・・

実は、完全にギャンブルを
断つという結論は、
運を良くして競馬に
勝とうという所から、
辿り着いたとも言えるのです。

【ギャンブルで本質的に幸せにはなれない】
私は、人生において、
幸せに生きたいと思います。

もちろん、幸せの形なんて
人それぞれですし、色んな形が
あって当然です。

ですが、宇宙の法則とか、
エネルギーの観点から見ると、
ギャンブルというものは、
幸せとは逆の方向という
事が分かりました。

まあ、私は宗教的な観点は、
あまり好きではないです。

ですが、色んな本を読み漁った上で、
自分が納得できるものを
信じ、試してみた上で、
どう感じるのかという事を
実践してみようと思いました。

ギャンブルというもの、
少なくとも競馬においては、
参加者全員が勝つなんて
ありえません。

ギャンブルで勝つを、
幸せ、負けるを不幸と
するのであれば、勝っている
ものは、負けているものに
不幸を与えているとも言えます。

ギャンブルで勝つ方法を
考えるという事は、誰かを
不幸にする事を考えていると
も言えるのですよ。

全員が勝てない以上、
誰かは必ず悔しい思いをする。

誰かを不幸にして自分が
幸せになるというのは、
幸せの本質ではないと
私は、納得したのです。

そしてもう一つ、
お金に関してです。

累計納税額日本一の斎藤一人氏が、
全面的にお手本にしてきたと
いう人物のお話。

本当のお金持ちというのは、
どのように使えば、まわりの人に喜ばれるかを
いつも考えています。

その結果として、まわりの人はその人に
ずっと富を蓄えてもらいたいと思うのです。

そこに妬みや嫉妬は起きないでしょう。


そして、お金自身が一番嫌がる使われ方。
それが、ギャンブル。

お金というものは意思を持っていて、
喜ばれる使い方をしてくれる人の
ところに行きたがるらしいです。

ですので、ギャンブルで得たお金は、
お金の視点から見ると、とても
嫌なのだそうです。

お金は、どうにかして逃げようと
するらしいのです。

私が得た情報の中で、さらに言えば
波動の法則
というものがあって、
・自ら発した波動は自分に返ってくる。
・同じ波動を持つものは引き寄せあい、
 違うものは反発する。
・より優位な波動が劣位な波動を
 包み込み、コントロールする。

これは、宇宙の法則らしい。

まあ、引き寄せとか、意識レベル
のような表現をされている場合も
ありますが、基本は同じです。

その中で、ギャンブルの波動は、
ネガティブだという事です。

要するに、ギャンブルに
携わる程、その人の波動は
下がるのです。

波動がポジティブかネガティブ
というのが人体にどう影響
するかと言えば、生命の
サポートに繋がるかどうか。

身体的なエネルギーが、
上がる方向か下がるかと
いう訳ですね。

真偽は分かりません。

例えば、クラシック音楽を
聴けば波動は上がると表現されて
いるのです。

デヴィット・R・ホーキング
博士という方が、科学的に
測定し、波動の数値化を
行ったとされています。

具体的には、よく分からない。

だけど、試してみる価値は
あると感じましたし、

これから、実生活で波動が
上がるというものや事項を
どんどん取り入れていこうと
考えています。

【ギャンブルで得たもの】
私は、競馬でトータル500万円程度の、
マイナスです。
パチンコ・スロットでは1500万円の
プラス、その他のギャンブルは収支としては
少し勝っている程度。

ギャンブルトータルで見れば、
1000万円程度はプラスに
なっていますが、所詮は
大した事ありません。

20年余りの月日に対しての、
対価と考えれば、ただただ
虚しくなるばかり。

それでもギャンブルに対しての
後悔はありません。

人生を変える為の何か・・・
希望としての位置づけは、
大袈裟かも知れませんが、
生きていこうという
希望になっていたのも
事実ですので。

【私のこれから】

このブログの、存在意義は
なくなってしまった訳ですが、
これから先、少しでも
誰かの幸せに繋がる何かが
出来ればと思っています。

まずは、身の周りの家族を
大切に、そして自分自身の
幸せの為に、ギャンブル以外の
何かを実践していきます。

【私にとっての本当の幸せ】
それは、少なくとも、ギャンブルに
のめり込む人生だとは思えません。

ですので、この決断もまた、
後悔はないのです。

ギャンブル依存症者としての、
自覚はずっとありますし、
決めたから、やめれるなんて
ものではないという理解も
しているつもりです。

ギャンブル漬けの日々は
楽しんだ。これからは、
ギャンブルに縁のない人生を
楽しんでみよう。

今は、こんな感じです。

ギャンブルなんてものは、
例え勝ち方を掴んだとしても、
将来的にどうなるか分かりません。

いつ破滅の道を歩むか、
その恐怖とずっと戦い続けることが、
私にとっての幸せとは到底思えません。

さっきも言ったけど、
幸せに形なんてないし、
人によっていろいろだと思う。

それは認めるよ。

だけど結局、安らげる場所が
あるって事が大事。

家族と、温かい笑いの
絶えない家庭を築く。

人というか生物としての
・・・
まあ、私にとってと
言っといた方が無難ですが、

結局、穏やかな気持ちで
温かい家庭を築く事こそが、
一番の幸せの形だと思うのです。

ずっと大金を手に入れるには
ギャンブルしかないって
思い込んできたし、
お金が無かったら幸せではない
位に思っていたけれど、

そんな事ではない。

満足のいく会社に就職できなかった。
毎日逃げ出したい気持ち。

これまた、そんな事は、
たいした問題ではないんだ。

自分の子供が将来、私と同じように
ギャンブルにはまったとして、
それは幸せな事だと喜べるだろうか。

ギャンブルの事ばっかり考えている
旦那を見て、嫁様は心から
嬉しいと思うのだろうか。

冷静に考えれば考える程、
ギャンブルを続ける意義なんて
ないって理解できるのに、
そういう意味では、
病気なのかなって思います。

長々とここまで見ていただいた方、
今迄、ご覧くださった、あなた。

本当にありがとうございました。

そしてこれからもギャンブルに
しがみついていかれるのでしょう。

それはそれで、また人生。

私の事を負け犬だと思って
いただいて、いっこうに
かまいません。

競馬の勝ち方を探ろうと、
ご覧になった方には、
大変申し訳なく思います。

このブログは、もう
競馬の勝ち方を求めると
いう形では更新しませんが、
逆にギャンブル依存症を
どう克服していくかという
観点から、たまに更新して
いこうと考えています。

ですので、サヨナラは
言いません。

後、もう一つの
ブログ、

ギャンブル幸福論
では、これから様々な
運が良くなる方法を
実践で試して私がどう感じるか
報告していこうかな。

そんな事を考えたりしています。

ギャンブルばっかりの人生でした
ので、これから色んな事を
楽しんでやろう。

では、また。
posted by サンペリドン at 02:20| Comment(4) | ギャンブル

2018年02月13日

ギャンブル熱と楽しさと勝利と敗北

一年の中で一番寒い時期。
2月の夜。

流れる水が凍ってしまうかのような、
強風の中、建屋の屋上で、
機器の洗浄をしている私。

寒空の下、身体を震わせながら、
なぜ深夜にこんな事をしなければ
ならないのか・・・

と自らが選択した仕事にうんざり
しながらも、生きていく為に
仕方がないものとして、受け入れて
しまっている自分がいる。

受け入れというよりは、どこか
諦めに近いものを感じる。
こうやって人生は過ぎ去っていく。

贅沢な悩みとも言える。

そしてそれはきっと
幸せな出来事なんだろう・・・

そう思わなければ、生きていくのが
辛いだけになってしまう。

10年前、そこには希望があった。

いや、今だって希望を捨てた訳じゃない。

だけど、結末は大きくは変わらない。

10年前の俺、今の俺、10年後の俺、

特に何かをしたい訳じゃない。
だけど、いつもギャンブルは
共にいた。

しがみついていれば、いつか
きっと人生は変わってくれるって
信じていたから。

いや、わかっているんだ。

10年前の私は、10年後の
私に何かを求めていたはず。

そして、こうなることだって、
わかっていたはずなんだ。

そしてこの先もわかっている。
何も変わらないってね。

だけど、それでもいい。
ギャンブルにしがみつくしか、
生きていく方法を知らないから。

【ギャンブル】
ギャンブルとは何かと考えた時、それは熱狂で
あり、お金である。
私が求めているのは、感情なのか、金銭
なのかわからなくなってしまうのだ。

それは、後で落ち着いて冷静に考えて
はじめて、理解できる事であるのだ。

ギャンブルの最中に感じるのであれば、
それはもうギャンブルという言葉では
片づけられない。

私はずっとギャンブルで勝つ方法を
求めてきたのだと思う。

そしてそんな方法は存在しない。

パチンコとスロットにおいて、
私は20年余りにおいて圧倒的な
勝利を収めてきたというのは、
何度も言ってきた。

だけど、ギャンブルという
感覚とは明らかに違うのだ。

そこには、熱が存在しない。

期待値を追い、同じ事を
継続するだけである。

感情を持つと苦しくなる。
ただただ心を持たず、
繰り返す。

確かに、
エンターテイメントとしての
パチンコ・スロットの存在は、
年々凄さを増している。

ここまで達観している
私でさえも少なからず面白さを
感じてしまう位である。

それでも、射幸心と依存心を
煽る為に開発されたに
過ぎないと捉えれば、冷めてしまうのだ。

期待値を追うというのは、
私の言う所のギャンブルとは、
違うのだと感じる。

ギャンブルの醍醐味というのは、
心臓が張り裂けそうな、緊張感と
身を焦がすような熱、要するに
刺激であって、だからこそ
楽しいと思うのだ。

そしてそれを求めるという事は、
破滅に近づくだけの行為なのさ。

ギャンブルは熱があるからこそ
面白い、冷静ではいられない
から、狂気の先を経験できるのだ。

そう、これぞギャンブル。


私の言う所のギャンブルは、
競馬だったのであろう。

パチンコ・スロットでは経験できない、
狂気が、そこにはあった。

【単勝1点勝負じゃ】

ゴール前、2頭の競り合い、
頭の上げ下げ、鼻差・・・

どうなった?
よっしゃ!取ったど!!!

戦いに勝った感覚。
生き残れたという悦び。

単勝10万円勝負、
馬連20万円勝負、

最終レースに有金全勝負。

はい、狂気です。

最後の最後まで、わからない。
だけど、必ずはっきりとした
形で、結果は残る。

このスッキリ感はたまらない。

仮に負けたとしても潔ささえ
感じてしまう。

はい、これが、
ギャンブルの恐ろしさなのさ。

もしギャンブルに求めているものが
熱という狂気【熱狂】であるなら、

遅かれ早かれ、破滅が待っている。

私は、パチンコ・スロットよりも、
競馬をギャンブルとして
捉えていたのだ。

だから、競馬で勝てるには到っていない。

まあ、負ける原因はそれだけじゃないよ。

競馬というものは、相当に
難易度が高いのは間違いない。

【ギャンブルに求めたもの】
ギャンブルを楽しく感じたり、
好きだと思う事に理由を
つけたとしても、大した意味はない。

ただ脳がやられているだけかも
知れない。

問題は、ギャンブルに何を
求めているのかという事。

私の場合は、仕事が嫌いで、
いつか競馬で勝てるように
なって、働かなくても
生活できるようになる事を
夢見ていたのだ。

果たして本当にそうなのか?

ギャンブルでは勝てないと
いう事は理解している。

もし長期的な視点で確実に
勝てるのであれば、それは
ギャンブルとは言えないのである。

ならば、ギャンブルで勝つ方法
を掴んだ途端にそれは、労働と
たいして変わらないのではなかろうか。

労働が嫌いだからギャンブルをする
のに、ギャンブルで勝つという行為は
労働に近づく行為とさえ言える。

そういう意味では、冷静に考えて
脳がやられてしまっているんだろうな。
麻薬と変わりゃしない。

最近・・・
ギャンブル熱が、すっかり冷めている。

ギャンブルが好きだ、楽しい、面白い
と夢中になっている時、脳はただただ
快楽を求めている。

そしてそれは破滅に近づく行為。

ギャンブル好きなだけでは、
ギャンブルには勝てない。

ギャンブルを運だけで捉えて
いては、勝てない。

もちろん運の要素は重要だが、
それよりも実力の要素は絶対だ。

運は変動する。
実力は積み重ねる。

そこに感情はいらない。
機械のように、期待値を
積み重ねる。

それこそが、ギャンブルに
勝つ方法論だと私は思う。

ギャンブルの世界で生きていく
為には、【負けないこと】

継続できなくなってしまった
地点でTHE END


だが、勝ちに徹した瞬間、
ギャンブル熱は奪われてしまう。

そこに、ギャンブルという
概念、楽しさはあるのか?

そこまでしたって勝てる
保障なんてないし、論理的に
勝ちの証明さえできやしない。

結果が全ての世界だから。

そして、そこまでやった
結末に対して、どんな結果
であろうと受けとめる。

ギャンブルは自分で
責任を取る覚悟がなきゃ、
やる資格さえないと私は
考えているのだ。

ただ単純にギャンブルに
脳をやられている反面、

このような事を考えていたりする。

ギャンブルなんて、やろうと
する精神こそが、クズだなんて
思う反面、

サンペリドンの精神である、
ギャンブル幸福論においての、
精神的な思想は、カッコいい
と、どこかで感じている。

ギャンブルなんて、
他人にすすめられるもんじゃない。

ギャンブルなんてのは、
きっと狂気でしかない。

だけど、狂気の先を経験
するってのは、人生のうちで
そうそうあるもんじゃない
と思う。

ギャンブル熱は冷めるいっぽう。

だけどそれは同時に勝ち方に
近づいている証なのだ。

ギャンブルとともに生きるには、
犠牲にしなけりゃならないものが
いっぱいあるって訳だ。

楽して儲けたいという精神で
ギャンブルをするのであれば、
むしろ逆っていう話だ。

ギャンブルに何を求めるか。

そりゃ、楽しんで勝てるのが
理想的だけどね。

そんなに甘くはないんだよな。

ギャンブルの世界って。
posted by サンペリドン at 11:59| Comment(0) | ギャンブル

2017年12月31日

運と実力の判断基準

人生において、運の善し悪しなんて、
基準はないと思います。

ある事項において、例えば宝くじに
当選するという事は、運がいいという
捉え方は、当選そのものに対してで
あって、宝くじで2億円を当てた
結果、労働意欲を失い、酒と女に
溺れて、挙句の果てに騙され、
人間不信に陥って覚醒剤に手を出し
人生崩壊・・・

となれば、宝くじに当選して運が
悪かったって本人は結果的に
思ってしまうでしょう。

本日はそういう話ではありません。
ギャンブルにおいて、運の要素と
いうのは絶対的に存在する訳で、
それと実力をどう捉えるかという
お話しでございます。

これって、はっきりとした
判断基準がありません。だからこそ、
難しい問題ではあります。

そもそも【運】って何なのでしょう。

まずは、私生活。

メシマズと思われた方は、
申し訳ありません。。。

サンペリドンは、家族を
ないがしろにして、ギャンブル
ばっかりやっている・・・
そういうイメージがあるとしたら、
とんでもございません。

嫁様とは、とっても仲良しです。
私には、子供が2人、
もうすぐ4歳になる娘、
そして1歳になったばかりの息子、
それぞれ、1ヶ月の育児休暇を
取って全力で子供と接しました。

うちの職場で育児休暇を全開で
取得した第一人者です。
それ位、家族は大事です。
(仕事嫌いなだけだな。)

プライベートは、
とっても充実しているのです。

私の、12月の収入は200万円
ちょっとありました。

仕事がハードだったというのも
ありますが、色々と重なって。
あまり詳しくは言えませんが、
一般のサラリーマンの平均収入
から見れば多いとは思います。

さて、私は運がいいのでしょうか。

それとも、この収入は実力
なのでしょうか。

はい、これをどう判断するかは、
人によって違うでしょうね。

うちの嫁様は、サンペリドンが
凄いと思っていますし、
いつでも尊敬していると
言ってくれます。

私自身は、たいした能力なんて、
あるとは思っちゃいないし、
【運】が90%位だよね。
って感じています。

プライベートは幸せいっぱい。
私が高身長でイケメンなのも(笑)
お洒落な一戸建てで、お庭で
バーベキュー出来るのも、
綺麗な嫁様と可愛い娘、息子と
お風呂に入っている時も、
私は、とても運がいいって
感じています。

一方、会社の事を考えた途端、
吐き気がする。
いやねえ、会社自体は立派
なんですよ。なんせ、
家を購入する時に、7000万円
迄、ローンが可能って言われたし。

いや、会社が立派であろうが、
私のように自由に文句言って
いようが、結局会社に属して
いる以上、嫌なことは数知れず、
我慢してやらなければならない
って事もある訳ですね。

勝手だとは思うし、それなら
辞めろって言われても仕方
ありませんが、自分が生きて
いくには今の所、やっぱり
社畜であるしかないんですわ。

会社を辞めたいが為に、
ずっと競馬で勝てる方法を
模索し続けているんです。

だから私は今の会社で
働いている事に関しては、
感謝しているものの、
運がいいとは思っていません。

ただね、【運をよくする】
って方法が存在するかと
言えば、ありません。

これは【運】をどう定義
するかによって変わってきます
けどね。

運というものは、自分が全く
関与していない出来事と行動に
よるものだと定義します。

だって運と実力というものが
あって、実力以外のものを
運と呼んでいる訳ですからね。

実力というのは自力、
そして運を良くする方法なんて
ものがあるのだとすれば、
良くするという自力です。

自分で良くしようとしている
地点で、それは自力となる。

だから、実力以外のものを
運と呼び、それを強くすることは
できないという事になるのです。

だって、良くすると言った地点で、
それは自力であり運と呼べないから。

だから運を良くする方法なんて
存在しないのです。

運も実力のうちというのは、
間違っていません。

そうなんですよ。
結局、どう捉えるかって
事になってしまうんですよ。

【競馬の運と実力】


さて、前置きが長く、そして結局
何を言いたいのかよくわからない。

全部運(笑)

仮に自力で良くできるのなら
それは運とは呼べない。

はい、このような視点ならば、
競馬を攻略的に捉えるのは
難しいですね。

とにかく、競馬を運任せの
ギャンブルと捉えた地点で
私のやる意義は無くなって
しまう。

私はギャンブル好きですが、
あくまでも自分で何らかの、
攻略性を持っていると
判断できるものに限ります。

それはギャンブルと表現するのと
違うのかも知れません。

言うなれば、自分の実力と
資金の範囲を超えた勝負は、
私にとってのギャンブルで
あって、それは私が望むもの
ではないのだと感じます。

そういう意味で、
ギャンブルは負けるモノで
あって、私は勝てないと感じて
いるギャンブルを攻略しようと
思ってはいないのです。

期待値がないと判断したら、
勝負すべきではない。

一か八かの大勝負・・・
のるかそるか、全てを
この一発に懸ける。というのは
ギャンブルです。

そしてそのようなギャンブルは
必敗します。

私はこのようなギャンブルに
勝とうとしているのでは
ありません。

だってそんなもん、
勝ちようがないのだから。

その部分を自覚せずに、
ギャンブルに勝とうとしている
人が多すぎるんです。

まあ、偉そうには言えません。

だって私は何年も競馬の
勝ち方をかん違いしていたのですからね。

そして、このかん違いは、
競馬で勝つ事は、
【勝ち馬を正しく選択する】
事だと思っているんですね。

当然ながら私もそうでした。

この視点を持っている人は、
ほとんど当てはまる訳ですね。

だから、ほとんどの人は
競馬で勝てないんですよ。

「はあ?このおっさんは、
何を言っているか理解できない。」

と思ったあなたは、ここに
来ていただいた価値があります。

理解できるのであれば、
そこに新たな発見はありません。

だって、既に理解できているんだもの。

人は理解できる事を正しいと
思うし、理解出来なければ
間違っていると思うでしょう。

勝っている人は、負けている人の
理解を超えているという事です。

【ギャンブルで勝つには】
これは、あくまでも
長期的な視点ですが、
@期待値を追えているか、
A自分の分を超えない範囲で、
賭けを継続できるか。

私が20年余りで辿り着いた
結論はそれだけです。

問題は、競馬において、
期待値とは何かというのが、
わからないという事ですね。

どうすれば明確な期待値を
出せるのか・・・

私は、期待値が出せていると
思い込んで、失敗を繰り返しました。

いつかその方法さえ掴めれば、
競馬で勝てると思いました。

期待値を明確に出せれば、
長期的に勝てると言うのは、
否定しませんし、ギャンブルに
対して策を練るには、
絶対的に必要です。

ただね、競馬において、
勝ち馬を予想する行為そのものに
おいて、期待値なんて出せない。

そして馬を選択するにおいて、
他者と差をつけれると考えるのが、
そもそもかん違い野郎なんです。

安定を求めれば、控除率に
近づく、勝ち馬を探る予想という
行為は、大衆心理と同じ。

じゃあ、競馬で勝つには
どうしたらええんじゃい!

まだわからないですよ。
とにかく、大衆心理に
勝つには、他者と同じような
視点ではお話しにならないと
いう事はわかっただけ。

さあ、あらためて難しい
問題ですね。

そりゃ、競馬で簡単には、
勝てない訳です。

さて、ここで、私が
勝ち馬を予想する行為そのものを、
諦めるに至った経緯、そして
2017年の馬券術視点では、
どこまで行っても競馬で
勝てるには辿り着けないと
悟った事象について
ご紹介したいと思います。

有料予想の媒体として、
私がお世話になっている
レジまぐですが、その中で
累計売上1億円以上を
突破している、鬼すぎる
某メルマガが存在するのです。

1レース一万文字以上の分析、
自信に溢れた、物言い。

そのメルマガの2017年の
回収率をご存知でしょうか?

・・・・・
・・・・・
・・・・・

なんと、58%です。

この結果に対して、惜しいだとか、
流れが悪いだとか、
タラレバを繰り返しているのですが、
結局、主観による予想なんてこんなもん。

攻め続ける気持ちが全く変わらないのは、
自分の分析術に自信があるからに他ならない。


という訳のわからない事を言っています。
自信があろうが結果が伴わなければ意味がない。

まず、自分自身を客観的に分析できていないんだもの。
呆れますが、これが一般的に陥る思考です。

因みに2016年の回収率は、59%
2015年は62%です。

はい、一万文字の馬を選択する
根拠を述べた所で、たいして
結果に繋がったとは言えません。

なんせ、累計1億円以上の
売り上げがあった訳で、結果を
残してきたという事実もあります。

だけど、そんなもん、たまたまやん。

そう、あれもこれもたまたまやん。

自分では自信もあって、統計も
取ったし、結果も出た。

だけど、それが実力かどうかの
結果判断なんてわかりません。

私は、ほとんどの予想家は、
たまたま結果が良かっただけだと
思っています。そのたまたまを、
実力とかん違いしているだけ。

だからいずれ、大きなボロがでる。

圧倒的な予想力なんて、他者と
大きな差をつけれる何かなんて、
まともに予想している地点で、
ありえないんですよ。

少しの差ならありえますよ。

でもね、少しの期待値なら、
簡単に確率のブレに飲み込まれて
しまいます。そして、それが、
確率の隔たりかどうかの判断さえ、
出来やしない。

だから、ちょっと予想力に
自信があったとしても、
これだけ多くの情報がはびこる中で
他者と差をつけれていると思うのは、
その地点で、甘いと言えるのですよ。

だから、運と実力をどう判断するか、
安易に競馬で勝てるようになったなんて
思わないで欲しい。

まあ、そういう事ですな。

少なくとも私は2017年の
馬券術に対して冷静に判断し、
来年に向かって対処をしている
つもりです。

確率的な思考と判断。

これは、ポジティブとか
ネガティブではなく、統計、
確率を見て自分の結果を常に
観れるかどうか。

実力で勝てたのか、運がよかった
のか、視点を一定に保てるか。

検証の段階でしっかりと
見極める眼を養っておこう。

年末にこんなことをふと、
考えるサンペリドンであった。

それにしても、メルマガ予想で
累計1億円って、えぐいですね。

しかも、負けているというのは。






posted by サンペリドン at 13:30| Comment(0) | ギャンブル

2017年12月03日

新たな挑戦

いや〜、全く的中しませんね。
12月2日の馬単デビューは、
全敗でした。

まあ、想定通りな訳です。
1着2着逆パターンはありました。

そのうち的中するやろ・・・

資金マネジメントはかなり余裕を
持たせていますので、メンタル的には、
なんて事はありません。

的中率は1%を想定しているので
レース単位では楽しめないと
思っていましたが、馬単の頭が
1着になれるかどうかという見方を
すれば全レース楽しめますね。

意外と面白かったです。

頭と紐のうちのどっちかが、
1着になるってけっこうありました。

結局タイミング良く噛み合うか
どうかというのを、じっと待つ
って感じです。

それならば・・・と、
閃いたんです。

ついに手を出してやろうと。

そいつの名は、

WIN5

馬券術として優位性があるのならば、
難しい馬券種程、他者と差をつけ
易い。ならば、WIN5の期待値は
とっても高いではないか。

ちょっとやそっとじゃ的中しない。
だから私はWIN5たるものに、
興味さえ湧きませんでした。

単勝1つ的中するだけでも、
至難の業なのに、5レースも
的中できるはずがない。

だけど、今となっては、
これはチャンスだと思いました。

回収率だけを求めて、ずっと待って
いるスタイルでやってみよう。

少なくとも、宝くじを買うのとは
違います。

期待値を追えているはずと、
自分では思います。

馬単の頭と紐の2頭を、
WIN5でずっと買い続ければ、
いつか的中するのではないか?

的中しないが常でもいい。

但し、的中した時に
一気に回収できる体制を整え、
ずっと貫く。

これを私のスタイルにすればいい。

幸い、ずっと追い続けられる
環境は整っている。

ならば、的中する迄、待つのみ。

馬単の1点買いと、WIN5。

いやあ、ぞくぞくしますね。
やっぱり、ギャンブルは
こうでなくっちゃね。
posted by サンペリドン at 09:00| Comment(2) | ギャンブル

2017年06月22日

競馬で負けない方法を考え方を変えて実現する

本日は、かなりの長文となります。
私に興味のないお方は、
この地点でページを閉じる事を
おすすめいたします。

競馬の勝ち方というよりも、
考え方を変えるという内容です。

競馬で勝ちたいと思っている方が
読んだ所で勝てるようになる訳では
ありません。期待にそえない内容です。

いや、ただのおっさんの戯言です。

今まで、朧気には取り組んできた、
ブログという媒体。

私は、うだつが上がらない、アラフォーの
サラリーマンです。そもそも
ギャンブルで楽にお金儲けする事ばかりを
考えているような、そんな人間です。

このブログではサンペリドンと名乗る
おっさん、人生においてギャンブルばかり
にとことん、のめり込んで来ました。

その期間、20年余り・・・
ひとつの事に、ここまで
打ち込める何か・・・

真剣に20年もひとつの事に
取り組む事が出来るならば、
大抵の事は、達人レベルに到達するはず。

それなのに私は、競馬でいまだに、
勝ち組の領域に辿り着けていません。

ギャンブルの儚さから、何度となく
降りようと決意するも、
このままでは終われないという感情、
いつか必ず、自分が勝てる事の
証明をしてやりたいという気持ち、

複雑な思いが重なりながらも、ただひたすら、
散財を繰り返すだけ・・・
競馬との接し方にしっくりと
きていませんでした。

いや、ただのギャンブル依存症者なの
でしょう。

いずれにせよ、競馬に関しては、
やめるという選択自体を諦めました。

ですから、私が競馬とつきあい続けて
いくには、勝つしかないのです。

本当にそうなのか?

いや、違いますね。実際に、私は
負け続けていても、競馬とつきあい
続けている訳ですし、これから先も
競馬をやるでしょう。

競馬に関しては、どれだけ負けようとも
決してやめるという選択を取らないでしょう。

取らないというよりは、取れない。

やめようと、心からは思わない。

今迄、数々の勝つ為の方法論を、
ギャンブラーとしては学んできました。

それは数々の本であったり、ネットでの
情報であったり・・・

実際に勝ち越している人物からの、
情報であったり・・・

自分が試行錯誤し手にした情報は、
どれも間違っている事を言っていない
と感じるのです。

実際に20年余りにわたり、パチンコ・
スロットでは期待値という考え方で
勝ち越しています。

パチンコ・スロットの世界で運の
要素だけで20年余り勝ち続けた
とは思っていません。
そんな甘いものではない!

なのに競馬においては、何故、
勝ち切る事が出来ないのでしょうか?

そのひとつに、競馬というものは、
あまりにも要素という情報が複雑に
絡み合い、何を信じ、何を分析し、
何をすればいいのか、掴めない
という事が私の意見です。

競馬と言うものは、JRAとの
闘いでは、ありません。
他者との奪い合いですから、
ただ勝つ馬を的中すればよいと
いう訳ではないのが、難しい所です。

そんな中でも、自分なりに統計を
取り、期待値を取れていると判断した
方法論で、競馬に取り組んできました。

私は、掴んだつもりになった
全ての方法論は、ただただ、
間違っていたという訳ですね。

常識的な勝ちの法則は、
勝つと想定した馬のオッズと
確率を見て、そのオッズが
適していないと判断した場合には
購入し、それ以外は購入しない。

要するに、オッズが高い馬を
購入しようというもの。

的中確率が同じであればオッズが
高い方が期待値が上がるというのは
当然です。

実力伯仲と判断した3頭の
単勝オッズが、例えば、
5倍、8倍、15倍であり、
そのうちの1頭しか購入できないと
いう条件であるならば、

15倍を購入するべきです。

そりゃ、そうでしょうよ。
そこに対しては反論のしようが
ありません。

ただ、3頭の勝つ確率を適正に
判断が出来ているかどうかを、
証明するには、どうすればいいの?
っていう話なんですよ。

それを証明する行為が馬券術という
形な訳です。

そして、それが期待値が取れている
ならば、長期的には収支がプラスに
なるはずです。

【はず】だというのは、仮に期待値が
取れていたとしても、結果がその通りに
なるとは限らないからです。

運的要素は考慮していないからです。
というよりも考慮のしようがありません。

運が良かったか悪かったかは判断の
しようがないからです。結果論でしか
ないのです。運が良いから勝つのでは
なく、勝ったから運が良かったという
ことになるのです。

騎手の感情や体調を考慮するというの
は難しいですし、馬の気分なんて
わかりようがありません。

勝ち方を構築するのに運の要素迄
取り入れるとなると、それはそれで、
馬券術という意味では成り立ちません。

勝つ方法論を述べるのであれば、
別の次元になってしまうのです。

攻略できる要素があるものとして、
自分自身が何らかの手を加える事で
結果に影響を与えるものであると
認識しているからこそ、
競馬で勝つことに取り組んできたのです。

ですので私は宝くじはやりません。

なぜなら、こればっかりは全くの
運の要素しかないと思っているから。

逆に麻雀なんてのは、相手の癖や
表情、流れとか、場所、
雰囲気、空気まで読んだり・・・
記憶力と洞察力とメンタル・・・
運の要素まで考慮しているのですから、
そういう意味では卓越した面白さが
あると感じますね。それが勝ちに
直結するかと言えばまた別ですが、
少なくとも麻雀では、私は余裕で勝ち越して
います。

その理由は簡単で、相手を選ぶ事が
できるから。麻雀は他者との騙しあい。
ですので、私はそもそも麻雀のルール
もあやふやで、勝ったとしても、
たまたまというのを装っているのです。

まあ、相手を選べない状況の場合も
ありますが、そんな時は、一番強いと
思う相手しか見ていません。

その相手だけを徹底マークし、
その相手には出来る限り上がらせない
ような打ち方をするのです。

まあ、明らかに自分より実力が
上の相手しかいないと感じれば、潔く
逃げるに限ります。

大抵の場合、私には勝てると思う
から勝負を挑むのでしょうから、
決して、相手から強いとマーク
されるような立場になっては
駄目だと思います。

まあ、麻雀は私にとってお遊びで、
楽しめ自制できるものですので、
何の問題もありませんけどね。

昔はよくパチンコ屋にメンツが足りないから
という理由で探しにこられたもんです。
スロット設定6を捨ててまで、麻雀ばっかり
やってた時期さえありますからね。

パチンコ・スロットは楽しむという
概念は捨てていましたが、
麻雀は楽しいと今でも感じます。
ただ相手の醜悪な部分も見えてしまうので、
親友とやるべきもんじゃないと思う。

ちょっと脱線してしまいました。。。

ギャンブルにおいて、運の要素という
ものは、まったくもって否定しません。
これは、競馬に限らず、あらゆる場面に
おいて重要な事項です。

実際に馬名判断とか騎手の四柱推命とか、
そういう事を取り入れて予想をしている
方もおられるとは思います。

そして、結果が全てのギャンブルの
世界では、それさえも間違っているとは
言いきれません。もし結果が出ているので
あれば、それはそれで立派な方法論として
取り扱うのがギャンブルの世界なのです。

例えばパドックで黄金のオーラを
放っている馬が見え、その馬を
買い続けた結果、5年連続で収支が
プラスになったと言われれば、
それはその人にとって立派な
方法論です。

実際問題理論ではなく、結果が全て。

理論が正しかろうが結果が悪ければ、
それは間違っていると判断されるし、
理論が滅茶苦茶であろうが、結果が
出ていれば、それは正しいという
判断をされてしまうのも事実。

それが、たまたまか、はたまた
実力か・・・まさしく、運も
実力のうちという・・・

そして、結局、自分にとっての
優先順位で理想形を決断し、
年間単位でそれを実行し、収支が
プラスになれば納得し、収支がマイナス
になる、あるいは、メンタル的に
年間さえも継続できない場合には、
また次の方法を探す。

私の場合は・・・
これをずっと繰り返してきました。

いずれ、確固たる方法論に
辿り着くと信じ、このブログでも、
失敗を繰り返しつつ、今度こそは、
今度こそはの想いで、私に欠落
しているメンタル、自制心を鍛え、
やっと、自分の理想の形に
到達したのです。

そして、毎週競馬が楽しみという
状況までに至った訳ですよ。

それなのに、6月の有料予想。
ここまでの仕打ちにあうとは、、、

私は、自分の構築したものは、
期待値を取れていると判断し、
提供しています。

こんな状況になるとは想定していま
せんでした。今でも、年間収支は
プラスになる方法論だと思っています。

どんな理論であれ、的中率100%の
上で勝てるという方法でなければ、
連敗の可能性がゼロになる事はない。

どこまでいってもハズレ続ける
可能性を秘めているというのを
身を持って経験しました。

ただ、どんな状況になったと
しても私は勝てると判断し、
有料予想をスタートした以上、
少なくとも、年間は貫くべきだと
考えていますし、この先の結果が
上向くと信じ継続するだけです。

諦めて、有料予想配信終了という訳
にはいかないのです。
今後の結果はまだ分かりません。

ただ、言えるのは、既に
ワイドという馬券種で安定した結果を
得られる事は出来ていないという事。

結果が全てである以上、受け入れるしか
ありません。

安定した結果が得られないと分かった
以上、私は競馬に対する付き合い方を
変えようと、根本的に決意しました。

これは、私の人生さえも変わってしまう、
大きな事項です。

競馬の勝ち方を追求するのは、もう
やめます。

前日に予想が出来る、最終的に
辿り着いた私の馬券術は、
もうここが最終形です。

ワイド馬券術は、私が競馬に
おいて自分なりに統計を取り、
導き出した方法論です。

それが、安定した結果をもたらす事が
できないと分かった以上、
考え方を変えるのです。

【一勝九十九敗でも、勝てる張り方】
これが、私の結論です。

阿佐田哲也氏の
『十回勝負すると素人は六勝四敗を狙う。
玄人は極端に言えば一勝九敗でも勝つように
張る。』
格言を、さらに
極端に私の中で置き換えました。

もう私の人生において、競馬というものは、
離して考える訳にはいかない所まで
来てしまいました。

【競馬必勝法を求めて20年】
ワイド馬券術が最終的に
方法論としての答えです。

これは、もう自分で構築した
最たるものであると結論を
出した以上、もはや、馬券術と
しては、次を探しても無駄です。

受け入れ、貫き通す!

そして、問題となるのが、
メンタル的に継続するのが困難と
いう部分です。

安定を求めた結果が得られず、
どちらにしろ、メンタル的に
無理があるという状況となるので
あれば、期待値としての最大値を
望めるという点で馬券種としては
三連単を選択するのが、
期待値を追い続けるという行為と
しては、正解だと思うのです。

現状、いくらメンタルを鍛えた所
で継続できないでしょう。
その為の資金だって無限ではありません。

では、私が競馬で今後、負ける事は
ないという考え方、表題の件につきまして、
お話しします。ここまでが前置きです。
ここからが、やっと私が本日
言いたい本当の所となります。

ギャンブルをやり続けてきた事を、
運が良かったと捉えられる、ひとつの
側面として、このブログの存在が
あります。

私は、朧気ながら、ブログを
続けてきたと冒頭で申しました。

そして、ただブログを書くという
だけでも収入が発生するという事を
経験しました。

ここで、その収入がどれ程のものか
というものを公開しようというのでは
ありません。

そもそもは、競馬、そしてギャンブルに
対しての自分なりの勝ち方となりを、
色んな角度から検証し、発信する事で
共感した人に遊びにきてもらえれば
面白いなという感じでした。

現在は、ただ予想を配信し、結果を
報告するだけの場となっています。

有料配信においても、正直に
本音を言えば、ただお金が欲しいだけ。

自分なりに試行錯誤し構築した馬券術が
通用すると思っているのは事実ですし、
そこに嘘偽りは、ありません。

これからも、有料予想として配信を
継続します。

ただ、せっかくブログという媒体だけで、
収入を得る事ができているのですから、
もっともっと、人を集められる位、
興味深いものにしようと考えています。

その為には、私にもっともっと興味を
持ってもらうような何かをすればいい。

ブログでの集客という部分に思い切り
力を注いでやればいい!

そして、毎月ブログによる収入の
すべてを馬券購入代金として、
一切的中しなくてもチャラ、
的中した分は、全てプラスと思えば、
メンタル的に苦しいという状況は
回避できますし、ブログに対しての
モチベーションもあがります。

ひいては、更なるブログで収入を
得るという、会社からの
サラリー以外で、収入を確保し、
自分自身の人生にとって
幸福感も増すと思うのです。

そんな事は、前々から理解している
つもりでした。
ですが、特に何かを意識する訳でも
なく、たまに自分の思った事を、
このように記事にするだけです。

それでも、収入が発生するのだから、
本気でブログで集客するという事を
勉強し、日々実践すれば、
もしかしたら、会社からの収入を
超えてしまう時がくるのかも知れない。

そんな事さえ、思ってしまうのです。

私は、頭の中では色んな事を考えて
いましたし、ダイエットブログや、
禁酒、禁煙、人生観について、
ゲームセンターのメダル攻略ブログ、
スロットでの勝ちをただただ報告
するだけの自慢ブログ・・・

それなりに色んな事に手を出して
きましたが、どれも中途半端でした。

ブログで収入を得るという事だけに
注力するのは、また違うと思います。

だけど、競馬でもう負けるがない
状況を作り出せるものという視点で
あれば、これもありだと思うのです。

今は、まだ全然駄目です。

だけど私はもう、競馬で負ける事は
ない状況を作り出せる環境にいるのです。

これはこれで、競馬必勝法に
辿り着いたと言ってもいいのでは
ないか?

こんな、へっぽこな状況、
そしてこんなおっさんの戯言でさえ、
見てくれる方がいる。コメントを
くれる人がいる。その上、収益に
もなるんだから、こんな美味しい
話は、そうそうありませんよ。

好き勝手な事を書いてるだけです。

別に、それが正しいとか間違っている
なんかどうだっていいし、こちらの
発信をどう受け取るかなんて、
人それぞれですし、なんだかこいつ
面白いなって思われればこっちのもん。

有料配信だって継続しますよ。
ここまで酷い状況ですが、
購読者様が途切れた事もございません。

ありがたい事です。

ブログって凄いと思います。

これからは、競馬の研究よりも
ブログでの集客方法に尽力します。

このブログ自体の主旨が変わる訳では
ありませんからね。

私は、ずっと競馬をやり続けますよ。

私の中で、もう負ける事が無くなった。
私は、そう感じて競馬と付き合っていくので
最高についているという表現を
しているのです。

この境地に辿り着いた事に感謝です!
posted by サンペリドン at 14:18| Comment(0) | ギャンブル

2017年04月24日

結果から探るロジックに意味はあるのか?

ワイド馬券術の結果は今の所、散々です。
ところが、結果から逆算すれば、
こうやって賭けていれば勝てていた
という事は、分かります。

統計を取った上でのロジックと思いがちですが
これは再現性という意味で、統計を取れた
とは言えません。

前回述べましたが、馬連4頭
BOX、3連複の他に、
軸馬を2着付けし紐馬を頭にした場合も、
回収率は100%を超えています。

買い方として優位な可能性もありますが、
恐らく長期的に再現はしないでしょう。

何れも、一時的に回収率を跳ね上げる
ポイントのある買い方なので、
安定感にかけるはずです。

優位かどうかの判断も難しいのです。

仮に優位なものであったとしても、
信じて貫くには無理があります。

この判断って本当に難しいです。
やはり、仮説を立てて実践検証を
続けていくしかありません。

馬連、馬単、3連複よりも
安定するはずのワイドでさえ、
この有様なのですから。

まあ、とにかく継続できた上で
結果が出せるかどうかですね。

苦しい展開ではありますが、
今迄のように、貫けないという事は
今度こそありませんので、その点は
ご安心下さい。

結果はおのずとついてくると私自身は
思っていますが、現状がこれでは強気な
事は言えません。

気持ちは強く持っていますからね。
決して折れずに、継続します!
posted by サンペリドン at 01:03| Comment(8) | ギャンブル

2016年10月01日

ギャンブル依存克服への道

どうも、サンペリドンです。

最近・・・
まともに記事を書いていませんね。
以前にも申しました通り、
現在、ギャンブルから手を引いています。

というのも、ちまちまやっていても、
20年余りで負けた500万円という
大きな負けを取り返すには程遠く、
それならば、しかるべき金額をはって
やろうではないか!という訳で、

競馬資金1000万円を貯めるべく、
私が出来る精一杯の事をやってやろうと、
色々と取り組んでいる訳ですが・・・

ギャンブル依存症を自負しているサンペリドン。。。

何故かギャンブルをやろうという気が薄れてきて
いるのですよ。。。

なんだかね、やめれているではないか・・・
って思ってしまうのです。

私の求めた馬券術の集大成。
今年こそ、絶対的な自信を持って、
無料予想に踏み切りました。

もしこれで駄目なら、このブログは
閉鎖する覚悟だと、年初に申しました。

年間収支で負けるはずがないという
自信に満ち溢れていたのですが、
やはり簡単ではありませんね。。。

変わらず苦しい状況が続いています。

もし、競馬資金1000万円なんて
投入しようものなら、とてもメンタルを
保てるとは思えません。

でもね・・・

競馬の勝ち方・・・
これは負け惜しみではありませんよ。

私なりに掴んだつもりでいます。

私は現在単勝馬券においてオッズは
考慮しておりません。

だけど、オッズを適正化して
購入すれば、今年の単勝回収率は
120%に落ち着いています。

要するに○〜○倍のオッズに入っている
場合のみ購入するというスタイルです。

締め切り10分前程度で良いです。

それと、オッズを限定する事で、対象レースは
減ってしまいます。

私は出来るだけ早い段階で予想をした上で
収支をプラスにするのが目標でしたし、
競馬中継にへばりつくというのは、
性に合わないのです。効率的に稼ぎたいと
考えた結果、今の形となったのです。

将来、有料予想を復活させたい・・・

その為にも前日予想できるレベルのもの
が欲しい・・・

そう思っていましたが、やはり期待値を追う
という行為にオッズは欠かせないと、
そう結論づけるをえない結果となっています。

そして、有料予想復活という方向は、
もう諦めようと思います。

この先は、馬券術とオッズの融合による
結果の検証を継続し、年間レベルの
回収率がどうなるのか?

それを追い求めていこうと考えています。

そしてその先、十分な結果が得られれば、
予想ではなく、馬券術そのものを、
信頼できる数名の方に伝えられればと思います。

この先は、単勝のみの勝負。
まあ、来年のお話しです。

どちらにしろ、無料予想は年初の
信念に基づき貫きますし、単勝・
3連複共に、収支がプラスにならなければ、

このブログは閉鎖です。


残り3ヶ月・・・
現在、単勝・3連複共に微妙な所、

私はもう馬券術の研究は終わりにします。

正直、オッズを考慮さえすれば、
勝てると思っています。

それを今頃になって思い知るとは、
なんとも情けないですが。。。

とにかく、ブログを閉鎖する訳には
いかんのですよ!

どうか、あと3ヶ月、応援して
見守っていただければ幸いです。

いつも、ありがとうございます。
お互い頑張りましょう!
posted by サンペリドン at 20:30| Comment(0) | ギャンブル

2016年06月22日

成功者から学ぶギャンブル論

どうもサンペリドンです。

私は基本的にあまり他人に
興味を示す事はありません。

そもそも、世の中が公平だとは
思っていないのです。

才能だとか努力だとかを考えた場合、
自分と他人を比べても意味がない。

皆それぞれの個性が違う訳ですからね。
私と、あなたとは違う・・・
ただそれだけの話なのですよ。

自分では、そう思っています。
それなのに、私の本棚には
成功する為の法則だとか運に関するもの
とかお金持ちになる方法だとか、
自己啓発系の本で溢れているのです。

でもね・・・私は別に何か特別に
やってみたいなんて事はありません。
まあ、競馬収支をプラスにしたいという
のは、人生を楽しむ糧にもモチベーション
にもなっては、いますけども。

少年の頃の夢はプロ野球の選手に
なって王貞治を超える世界のホームラン王
になる事でした。

自分なりには相当努力はしました。
おかげで小・中学生までは、かけっこだって
腕力だって誰にも負けなかったし、
体格も、恵まれていたと思います。
自分はプロ野球の選手になると思っていました。

だけどね・・・肝心の野球のセンスがなかったの
ですよ。それに気づいたのは高校生になってから。。。

私が高校2年の時に甲子園出場を果たしました。
私は、ベンチに入ることは出来ませんでしたけどね。
スタンドで応援しました。。。

才能ってのは、まったくもってフェアでは、ない。

努力しても追いつけないものがあるってのを、
身をもって経験したのです。

それについて、とやかく言っても
仕方がありませんよね。

いくら子供の頃から、トレーニングを
重ねた所で私は100m走で、
ボルトに勝つことは出来ないし、
将棋で、羽生善治氏に勝つことも出来ない。

極論かも知れませんが、才能ってのは
努力で埋めきれないという事ですよ。

私は努力する事は尊い事だとは思います。
但し、それを成功に結び付けるのは、
ちょっと違うと思うのです。

そもそも成功というのは何を表すのか?
それこそ個人の価値によって違うのです。

私にとってはプロ野球選手になって、
王貞治選手のホームラン数を超えるという事が
成功なのであって、それ以下は全て失敗で
しかなかったのです。

だからね、何をもって成功っていうのさ?
成功者ってなんなのさ?っていう感覚は
どこかにあります。

だからね、成功っていうのは自分が
目標を掲げて、それを達成できれば良い訳で、
他人が判断すべきもんではないのですよ。
私から言わせればね・・・

こんな感じの書籍が数多く
投資コーナーに並んでいますよね。
株で億万長者になる方法とか・・・
株で成功する方法なんてのを・・・

バフェット氏が見た所で、
著者を成功者だと認識出来ますか?

私が少年の頃に描いた夢は、
あまりにとてつもないものであった。
頑張って頑張って努力を重ねたが、
夢のスタート地点にさえ立てなかった。
生きている意味を考え続けた。

夢破れた少年は、それから努力を
する事を嫌うようになったとさ・・・

でね、どうしたら楽に何かを
手に入れる事が出来るのかってね・・・
方法を探し続けたのさ・・・

でもね、結局そんな方法は無いのさ・・・

そして、夢なんて必要ないなって。

そんな事を思いつつ現在に至っているのです。

それでも尚、成功法則系の本を買い続ける
自分がいるんですよ。
何を求めてんだかよくわかりません。
でも、私は今一番求めているのは、競馬で
勝つという事なのです。

あっ、そういえば私の家に遊びに来た
あるお方が、こんな事を言ってました。

「これが、成功者の家か!、凄いな。」

私は「・・・?」ってなもんです。

確かに私は70坪の庭付き一戸建ての家に
住み、(ローンやばいですが。。。)
お前には勿体ないと言われる、
可愛い嫁様と娘がいますし、大手と
言われる会社に所属しています。

給料も悪くありませんし、人間関係に
恵まれ、私は自由行動が許されています。

嫁様は、毎日幸せだと言ってくれるのです。

きっと恵まれているんだと思います。

それでもね、私は病んでいるのです。

1日も早く、会社を辞めたいのです。
では、なんのために働いているかといえば
お金以外に何もないのです。

私は、今の仕事にやりがいがありませんし、
そもそもそれさえも求めていないのです。

誰かに、とやかく言われたくない。
上から言われたくないし、そもそも何を
もってして上司なの?って思うのです。

尊敬できる人など皆無です。

面白くもなんともないけど、
家族の幸せの為に頑張るしかない・・・

割り切っていましたし、定年まで
とにかくなんとかのりきってやる・・・

そう思っていたのですが、この生活に
本気で嫌気がさしてきたのです。
びっくりする位、会社に向かう
足取りが重いのです。
嫌で嫌で仕方がないのです。

これを鬱と言うのでしょう。

このままでは、やばいな・・・

苦痛を感じながら生きていくのはしんどい。
世の中って本当につらい・・・

でね、けっこう精神的に滅入っていたのです。
いたのですが、今は大丈夫!

なぜならば、会社を辞めるというのを
視野に入れて生きていてもいいじゃないか?

と思えるようになったからです。
一生、社畜でいるしかないと決めつけて
いた自分がいました。

でもね、今の会社をやめてもいいよ・・・
選択肢はあるんだよ・・・

そう思っただけで、すっと気が楽になり
人生が、ぱっと明るくなったのです。

まあ、現在の仕事を辞めるには
現実的に、稼ぎが必要な訳で、このままでは、
どうしようもありません。

生活していく為に、自分の可能性に挑戦する。

別に会社を辞めれる所迄の事が出来ないなら
それはそれで良いのですよ。

そんなに大それた事を出来るような人間では
ないってのは分かっているつもりです。

ただ、夢のなかった私に、ちょっとした
夢が出来ました。

その夢とは・・・!?

今は内緒ですが、プロ野球選手になるよりは、
何百倍も確率は上でしょう(笑)

それが、達成されれば私も成功者です。

他の人は関係ありません。

私が成功者だと思うのは、
好きな事をずっと続けた上で、
結果を出して、そして本人が幸せを
感じているというのが条件です。

そのような方から、私は今学んでいます。

おかげ様で、私のモチベーションと
幸福感は増していってます。

会社嫌いが、ここまでとは。。。

逆に、感謝できるレベルです。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 01:27| Comment(2) | ギャンブル

2016年05月06日

ギャンブルで勝つ為に

覚悟を決めたサンペリドンです。

年末に私の競馬収支をPATで
皆さんに公開する予定でした。

申し訳ありませんが、撤回させて
いただきます。

ちなみに、今年の収支はプラスです。
そして、現馬券術の回収率が
単勝・3連複共に100%を
超えなければ、このブログを
閉鎖するという意思は変わっていません。

どちらにしろ、競馬の勝ち方を追究し続ける
事になるでしょう。私の目標は、
ずっと先にあるような気がします。

現在の収支はプラスですし、楽しい
状況ではありますが・・・

しばらくギャンブルから
身を引きたいのです。

以前もギャンブルは、もうやめると言って
おきながら、全くやめれませんでした。

自制心を保てない人間は、そもそも
メンタルが弱くトータルでギャンブルに
勝つとは、到底思えません。

今の私がまさにそうなのです。

今まで競馬で負けてきた金額は、
500万円にも、のぼります。

私は最終的に競馬収支をプラスに
しようと思っています。

その為には、今のままでは無理なのです。

ギャンブルは、レートの高い部分で
いかに勝ち越すか・・・というのが、
重要だと私は思っています。

ちんたら賭けている場合じゃない。

お遊びなら、それで結構・・・

だけどギャンブルで勝つってのは、
そんなに甘いもんじゃないというのは、
痛いほど経験しています。

今は、ただ研究だけでいい・・・
そして、馬券術に絶対的確信を
持てる状況で、レートを上げて、
勝負しようと考えています。

現在の馬券術に自信があるというのは
嘘では、ありません。

ただ、実績がまだまだ足りない・・・

実績を重ね、理論と結果が一致した時に
また、競馬に参加する所存です。

そして競馬資金として1000万円を
用意します。

目標は、ズバリ1000日!
本日から1000日で、
1000万円を貯金してやります。

ギャンブルから一旦離れ、私が
出来る事を、とことんやれば、
1000日で1000万円は
可能だと、自信があります。

心身共に鍛えあげます。

私が、急にこんな事を言い出したのは
何故か?

とてつもなく、やってやろう!って
出来事があったからです。

私事で恐縮ですが、その出来事に
とても感謝しています。

もちろん、馬券術の検証も兼ねて、
このブログは、ずっと続ける予定です。

今年で、閉鎖なんてのは全く、
ごめんだ!!!

という訳で、大それた事を言っている
サンペリドンですが、今後ともよろしくお願いいたします。

('◇')ゞ

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 23:43| Comment(6) | ギャンブル

スポンサーリンク