2017年01月08日

N島さんから学ぶ事

どうもサンペリドンです。
今回はリンク先でお世話になっているN島さんについて思う所を述べたいと思います。

まず始めに断っておきます。厳しい物言いこそあるにせよ決してN島さんを批判しているという訳ではないという事を御理解下さい。

N島さんのブログを初めて見たのはもう8年位前に遡ります。当時は競馬で勝つ為のヒントとなるものはないかと様々なブログに訪問していました。

その中でたまたま辿り着いたのがN島さんの[ギャンブルで大破滅]です。第一印象として「こいつ、速攻破滅して終了だな」
そう思ったのを覚えております。なんだか当時は破滅を繰り返しておられたようでした。

確かそれだけで、もう訪問する事はなかったのですが、じゅめさんの[借金240万円]のブログにN島さんの名があがっているのを見たときに気になって再度訪問してみたのです。

すると、破滅どころか復活しているではありませんか・・・
競馬の勝ち方を確立されたのか?

それから私はN島さんの虜となったのです。私は基本的に他人に興味を示しません。人それぞれ価値観も考え方も違うし、他人の考えに自分が流されてしまうのを懸念してしまうのです。

その中でも私の数少ないリンク先の方は、興味をそそられる存在ですし、色んな意味で凄さを感じたのです。その中でも代表格な存在がN島さんな訳ですね。

近づきたいという気持ちと競馬の勝ち方を探りたい・・・この私のブログは多分にN島さんの影響を受けております。初めは軽い気持ちでした。ブログでお小遣いを稼げるかも知れないという淡い期待がブログをスタートしたきっかけである事を否定しませんが、まずはN島さんにリンクしてもらうというのが目標になっていたのです。

様々な質問に快くお答えいただき、さらにはリンク迄・・・

とてもありがたく感謝しています。私のブログを何度か取り上げてくれた事は飛び上がる程、嬉しく思いました。

私の馬券術はまだ未完のままですが、いつか辿り着いてやるという野心にも繋がっているのです。

N島さんの凄さは何と言ってもそのメンタルにあると思うのです。私に一番足りていなかったのはメンタルな部分。それはギャンブラーとして致命的であり痛感した事 、同時に大きな学びとなったのです。

かくして、それは紙一重とも言えます。強靭なメンタルは時に道を見失っている事に気付くのが遅れ致命的な問題になりうるからです。理論に間違いがあったとしても貫く姿勢は依存症者のそれと大差がないからです。

ギャンブルの恐ろしさ、私自身何度も経験していますし、降りる事を何度も試みましたがやめ続ける事なんて出来ませんでしたよ。

ならばギャンブルと共存していく生き方を選ぶしかありません。即ち勝ち続けるしかないのです。

N島さんは、全ての負け方を学べば、それは勝ち方しか残らないと何度も口にされていました。実際にその通りでしょう。しかしながらそれが本当に実行できるかとなると、そんな甘くはないと私は思うのです。
やってはいけないとわかっているのにやってしまうのがギャンブルという魔物です。いえ、本当の失敗は結果でしか判断できないというもどかしさがギャンブルなのです。いくら理論を並べても理論が正しくとも結果が全てのギャンブルの世界。失敗であるかの判断さえも容易ではないという事です。

以前・・・明確に覚えていませんが、N島さんが3連単をメインにしていた頃、私は危険だと感じて質問した事があります。阪神開催は荒れやすい為、条件にあてはまればダブルベットをするという部分・・・それならば阪神開催のみを投資対象レースとすればいいのではありませんか?と、質問しました。答えは、試行レースが減り安定しない、統計的に問題ないとの事。3連単はただでさえ安定せずどのような傾向を探ったのか分かりませんが統計を取るのはとても難しいはずです。

N島さんの解答は自信に溢れており私は注目していました。結果は・・・

2014年の年末だったと思いますがBETによる反省をしかと述べておられたのです。この部分は失敗であったと・・・

N島さんの学びとは何であったのか?
資金マネジメントとは?

ギャンブルにおいて失敗は繰り返してしまうというのが私なりの結論としか言い様がないのです。ここまで失敗を学べば勝ちしか残らないと言われているお方でさえ、繰り返してしまうというのがギャンブルなのでしょう。

私が突然、N島さんの話題を出したのは高転び八起きさんのブログの存在によるものです。このブログ・・・今はもう閉鎖されてしまっていますが、競馬に勝っていたのに600万円の借金を背負ってしまったというコンセプト。

真偽は定かではありませんが、ギャンブラーとして大変興味深いものであり、その臨場感は半端ありません。この先どうなるのか?
ハラハラが止まらないのです。続きが知りたくて仕方ない程です。

で、それとN島さんとどう関係があるの?って話なんですが、この高転び八起きさんはN島さんそのものって事なんですよ。

私がここまで言い切ってしまうのはギャンブラーとしてのN島さんを崇拝しているからに他ならないからです。

言葉じりが違うなれど、毎日N島さんのブログを楽しみに拝見しているんです。そりゃすぐに分かります。核心的にね。

なぜここまでN島さんを分かりやすく連想してしまう高転び八起きというハンドルネームで活動されたのかは、私にはわかりかねます。私がそうであったかのように血迷ってしまわれたのか?有料予想迄、視野にいれての行動だったのでしょうか?

もしそうならそれはそれで良いと思いますし、高転び八起きさんがN島さんと何の関係もないのなら、きっぱりと違うと言えばいいだけだと思うのですが・・・

私がN島さんを支持する想いは変わりません。むしろ公にしてあちらのブログでの成果を見てみたかった位です。

寂しい気持ちもありますが、N島さんを察したいという想いも強い。

もし本当に借金状態ならばかつてのような復活を切に願っています。

最後にじゅめさんがN島さんのブログに送ったコメントを引用して終わりたいと思います。

借金持ちの方がやられているギャンブルをみるに、そのやり方では負けて当然と分かるのですが自分も他の人から見たら同じだから負けているんですよね、、、借金ブログを自分も反面教師にして

タイトル通り、N島さんから学ぶ事に感謝し締めたいと思います。

これ以上は何も申しません。

これからも、リンク先としてそしてギャンブラーとしてのN島さんを楽しみに拝見させていただきます。

今後とも宜しくお願い致します!

posted by サンペリドン at 23:39| Comment(0) | 資金管理

2017年01月07日

複利による運用を諦めた訳の続き

確率0.001%を切る確率事項は安全なのか?
そんな訳ねー

前回、競馬における複利投資と確率において自分なりの考えを述べました。加えて別の視点って事で確率を捉えてみます。

まず競馬連敗数意外で0.001%を越える事象は生きている以上確実に、誰もが経験済みです。このブログを見ているあなたもそうです。

いや、俺は人生でそんな確率に遭遇した事なんてないとおっしゃるなら、それは違います。なぜならあなたが、このブログに遭遇する確率自体が0.001%にも満たないからです。

あなたがこのブログにたどり着く確率なんて数値では表せない位のもんですよ。

人生において0.001%を越える確率の遭遇なんて当たり前のように存在するのです。競馬においては遭遇しないなんてのは幻想に過ぎないのです。

ちょっと論点がズレてしまいました。確率という観点からすると厳密には違いますからね。ただどこまでを確率と考えるかによって見えるものも違うと言いたかっただけです。

まあ、こんな事言ってますが、私はパチンコ・パチスロにおいて期待値を元に20年余り勝負をした結果、大幅に勝利しております。

期待値を求めるにあたり確率は不変のものであり確率を導きだせなければ期待値なんてありません。

ですので結局、ギャンブルに勝つ方法論という思考においては確率を切り離す事はナンセンスなのです。

このパチンコ・パチスロにおいて20年余りの確率を捉えた場合に記憶(記憶というより記録)で0.001%を上回る事象は5回経験しています。

競馬とパチンコ・パチスロの確率を同様に捉えるというのもまた違うとは思いますし、競馬の参加回数とパチンコでは圧倒的にパチンコが多いので0.001%の確率を越える事象に遭遇する事はパチンコ・パチスロの方必然的に多くなるのは当然です。

結局何が言いたかったというと競馬の最大連敗数の上限なんてないって

複利ってのは投資として有効かも知れないけど時に破滅が待っているって事です。

コツコツ積み重ねたものを一気に失うかも知れない恐怖・・・私にはとてもじゃないがたえられませんよ。

そこまで受け入れた上で、複利投資はありだと思いますよ。ただ私はそんなメンタルを持ち合わせていないってだけです。

結果、競馬において複利投資は完全に諦めたというのが実情なんです。

今年の馬券術のルールでは単勝・複勝共に資金を100分割しています。資産運用として考えるのならば、ビビりすぎな割合でしょう。ですが、心の余裕というのはギャンブルにおいて重要だと感じていますし、メンタル的に無理なく継続出来る資金管理が私には必要なのです。

心臓に毛が生えている方ならば、利益率を追及した資金管理でも良いと思います。

結局継続困難となれば、そこで終了です。一番に避けるべきはその部分。

複利でも、増額でもなく自分のメンタルの許容範囲で一定のレートをこなす。

資金管理として私が最終的に決めたルールです。追い上げによる的中した地点で負けないという理論に共感し、とんでもない目にあった事もあります。元より、賭け金の増額によるメンタル崩壊で継続出来ませんでした。。。このブログでもリアルタイム追い上げなんてやった事もありました。懐かしい・・・痛い思い出です。

理想は大事ですし追い求める部分も必要、ですが届かない部分にいつまでもこだわっていては、それはそれで前に進めません。現実を見据えこれで納得しましたし、資金管理として出した結論には満足しています。

posted by サンペリドン at 11:34| Comment(0) | 資金管理

複利による運用を諦めた訳

複利によって資金を増やせれば、それは資産運用としては最強でしょう。
当初、この思いは絶えず私の中で理想の形として位置付けされていました。

理論上これに優るものはないでしょう。

複利運用の思想はアインシュタインが呈した最大値の発見である事に異論はありません。

競馬でこの複利運用を実現できないか?
理論上は可能なはずなのです。

ですが統計を取った結果、少なくとも私にはメンタル的に継続困難だと感じました。

過去3万レースに渡って的中率40%と25%の単勝オッズと複勝オッズによる連敗数の統計を取った事があります。
オッズと的中率の関係は不変的だと感じていた為です。競馬上のオッズで年間に渡り、単勝・複勝共に1番人気馬の的中率が2番人気の
的中率を下回った事はありません。

この傾向はこの先も変わる事はないでしょう。

ですが統計上、的中率40%と25%の単勝・複勝オッズ共に統計確率を大幅に上回る連敗数が発生しているのです。

これは、どう捉えればいいのか?
単に確率の隔たりだけと捉えるには、無理があります。それほど迄に、確率というものの偏りは大きく、時に大きくブレル性質があるという事なのです。
複利によりコツコツと資産を増やしたとしても確率の波にあっさりと飲み込まれれしまう。確率とは、そんなものって事になります。

確率上、連敗0.1%を切る連敗数であれば安全という錯覚に陥りそうです。
これは大きな間違いで競馬暦10年もあれば逆にほぼ確実にこのレベルの連敗に遭遇する事になるでしょう。机上的にはありえても空論でしかないのはマーチンゲールや倍々法しかり、レース単位のレート変動も同じ事です。

複利競馬を提唱するデータやブログ等、様々なものを見ていると連敗確率0.01%を切るならば、有効であると謳っているものが多いです。

私には、まだまだ甘いとしか思えません。確かにこれ以上の確率論で複利運用の話をすると、それはもう複利の概念を越えてしまうのでしょう。

即ち、このレベルの確率に遭遇した場合は運が悪かったと諦めざるをえないって事です。

確率を舐めたらいかんぜよ!

私が競馬において複利運用を諦めた理由の大半を述べたつもりですが、次は別の視点から述べたいと思います。

長くなりましたので、一旦休憩します。
posted by サンペリドン at 10:31| Comment(0) | 資金管理

2015年03月25日

資金管理とメンタルと馬券術と

どうもサンペリドンです。
馬券術で馬券を買っていく上で
厳しいと感じる事はあります。

主観的に、いくらなんでもこれは
ないだろって馬が選択される場合、
そして連敗が続く・・・

こうなってくると馬券術そのもの
の信用が無くなって結局馬券の
購入をやめてしまうのです。

以前の私がそうでした。
馬券術的に問題は、なかった・・・
問題があったのは私のメンタルです。

的中しない・儲からない時期ってのは
私の馬券術ではありえます。
的中率の低さ上に、ムラが大きい
のです。

継続さえ出来てたら儲かっていた
というシーンに多々遭遇するのです。

私は馬券術として回収率100%以上を
出す為にはどうすればいいか?
という観点で取り組んで来ました。

その結果、的中率を求めると、
回収率は下がって行きました。

回収率100%を越えているならば、
的中率が高い馬券術の方が
優秀です。なぜなら、資金を
回転させやすいし、メンタルにも
優しいからです。

的中率1%回収率300%と
的中率60%回収率110%なら
馬券術としては後者が優秀ですね。

ですが、私は後者のレベルに
到達するには限界を感じています。

私が最も的中率を高めた上で、
回収率を求めたのが複勝ですし、
期待も高いですが、結果的に
儲けるという意味で現状は
単勝・馬連・3連複コースに
及んでいません。

結局、メンタルには厳しいですが、
私が競馬で勝つという事は、
年間レベルで、的中率に踊らされず、
回収率をじっと待つというスタイル
になってしまうのです。

ですので、馬券術の的中率に応じた
資金管理をして、焦らずじっくりと
レース単位では心は微動だにしない
レベルで向き合うべきなのです。

レースを楽しむというのは
競馬観戦の本質ですが、年間を
通して儲けるという意味では、
レース単位で一喜一憂出来る
ような的中率ではありませんからね。

当初、3連単コースも用意しようかと
迷いました・・・というのも
統計を取って予測できる範疇では
ない馬券種だからです。
オッズのブレが大きいという事で、
優位な予想力があれば一番儲けやすい
と私は思っています。

実際、私の馬券術で3連単を買えば
年間を通してのプラスの可能性は
どの馬券種よりも高いと思います。

問題は資金力とメンタルですね、
年間を通しての的中率は1%に
満たないでしょう・・・
継続できるかとなると私自身は
かなり厳しいと思います。

例えば今年の今迄の状況・・・

自己流馬券術 2015年1月4日〜
有料予想結果トータル(小数点切り捨て)

単勝的中率・・・10/208→4% 
回収率・・・21850/20800→105%

複勝的中率・・・54/127→42%
回収率・・・12310/12700→96%

馬連的中率・・・6/130→4%
回収率・・・40370/21500
187%

3連複的中率・・・9/130→6%
回収率・・・368860/142700
258%

ここに、もし3連単コースを入れていたら
どのような結果になっているのでしょうか?


3連単的中率・・・1/130→0.7%
回収率・・・900290/142700
630%

圧倒的な回収率となります。今年に入って
たった1つしか的中していませんが、
年間を通して600レース位の想定で、
資金は70万円程なので、既に年間収支は
プラスですし、後3レース程度は
的中すると思われ、やはり年間レベルで
勝ちが、想定し易いです。

2014年であれば、
北九州記念の3連単、
3,953,810円を的中出来ます。

ただ競馬で儲けるという観点から
見れば的中率度外視の回収率狙いの
3連単で年に3回程度的中できれば
十分って事になりますね。

ただ、これで賭けを継続できるか?
それに尽きると思うのです。
年間回収率から見れば一番の
可能性を秘めている3連単ですが、
継続できるようになるには、
並ならぬメンタルが必要ですね、

資金力とメンタルさえ保てれば、
3連単という馬券種が1番勝てる
という結論になりますが・・・

私が手を出す日は、来るのか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫






posted by サンペリドン at 11:18| Comment(2) | 資金管理

2015年03月16日

見えてきた事

どうも、現実逃避の
深夜のサンペリドンです。

朝、起きるのしんどいだろな。。。

まあ、いっか・・・

今年は何をしようとしていたか?
そもそも私は予想屋になりたい
訳じゃないんです。

私自身が競馬で勝てるように
なりたいのです。

でね・・・現実問題、月の
お小遣いだけでは、厳しいんです。

私、飲み食いに、お金を
使いすぎてしまうのです。

だから、こうやって有料予想で
収入を得て、相応な資金が
出来る迄、私自身は本格的に
賭ける事は、やめておこう、
と思っていました・・・
というか出来ません。

で、資金40000円を
1年で、どれだけ増やせるか?
というのをコンセプトに、

単・複のみで勝負し、定期的に
PAT状況そのものを全公開する
つもりでいたのです。

単・複で1点100円で勝負、
31400円使用し、
33480円の回収、
収支は+2080円
回収率106%

これが、今年の私の成績です。
なんとも、しょぼいですね。
毎年負け続けの私にすれば、
快挙と言える結果なのですけどね。

ところが・・・状況が
変わってしまったのですよ。

まあ、色々あるって事です。
相応な資金・・・まあ、
いくらってのは伏せておきます。

とにかく賭けれる体制が、
いきなり整ってしまった。
さあ、どうしましょう?
ってな訳です。

私としては、PAT情報を
公開する事で、何かと問題が
発生する可能性を防ぎたい
というのと、単純に面倒。。。

そして、私の収支はどうであれ、
予想結果に嘘・偽りがないのは、
予想購入者様から見れば、
一目瞭然だという事です。

儲かったと言うだけで、
証拠の画像がないから信じないと
いうコメントを頂いた事が
あったので、今年はPATの
証拠画像を定期的に掲載の予定
でしたが、別に信じて貰える人
に信じて貰えればそれでいい・・・

そのスタイルで行きます。
そもそも、私自身が本格的に
賭ける段階になれば、他者に
予想公開なんぞ、いたしません。

自分自身が賭ける馬のオッズを
下げるようなまねをしないって事。

今は、まだその段階ではありません。

有料予想をし、全コースで
年間収支をプラスにできると
想定し、提供しているからには、
馬券術のルール変更は、ありえないし
徹底して貫き通す所存です。

その中で見えてきている事も
あります。

まあ、想定通りと言ってしまえば、
それまでなのですが、
単勝・複勝よりも
馬連・3連複の方が、
回収率を出しやすい。

要するに、オッズの歪みが
結果に反映され易いという
意味ですよ。

ですが、その分、的中率が
低いので、どれだけ継続
できるか、そしてメンタルが
持つか?

これは、なかなか難しいです。
一貫して貫くってのは、
どんな方法論であれ、
メンタルとの戦いなのです。

そして、どんな結果になろうとも
それを、受け入れる覚悟が必要。

私が客観的に見て、3連複の
回収率が高くなる可能性が
1番だと思います。

ですが、私自身が運用しやすい
のは、やはり単勝です。
ですが的中率10%は欲しい、
現状では10%には年間を
通して辿り着けないでしょうね。

まあ、私がいくら儲かったとか、
あんまり探らないで下さいね(笑)

年間回収率位は報告する予定です。
もちろん、マイナスでも
正直に、するからね。。。

てな訳で、次回からサンペリドンの
資金という欄は排除させてもらいます。

では、もう寝ないと、やばい。。。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 01:13| Comment(0) | 資金管理

2014年06月18日

追い上げによる馬券術

どうも、サンペリドンです。

私が競馬において過去に大きな失敗をした事。

追い上げによる投資競馬の失敗。

追い上げとは何ぞや?
馬券が外れれば、購入資金を増額し、
的中した地点で、収支がプラスになるという手法です。

マーチンゲールの法則が有名ですね。
但し、この方法は理論上は完璧なのですが、
破滅を待っている方法だと言いきれます。
負けが続けば、購入金額が増え続け、資金が
ショートしてしまうからです。

それこそ、競馬のオッズてのは、投票数が多い程
下がっていきますので、いつまでも購入金額を
増やし続ける事が出来ません。

まあ、そんだけの資金があるなら、わざわざ競馬で増やそうとは
思わないでしょうけどね。

この、追い上げという発想自体は、素晴らしいもの
なのです。的中した時に1番多い賭け金になっているというのは
戦略として、とても有効ですからね。

的中率が高い時だけ、通常より多い賭け金を賭けるのが
的中時の回収率が1番高い、但し、的中率が高いかどうかは、
賭けた結果に過ぎません。事前には、分かりません。

これを意図的に作り出す事が出来るのが追い上げという
手法な訳です。

しかしながら、いつ的中するかが分からない。
次のレースで的中する保証なんて、どこにもない。
結果、いずれ破滅するであろうってのが、この
追い上げ投資の結論になってしまうのです。

追い上げ投資には、手を出してはいけない。
私が数年前に学んだ、負ける方法です。

それでも、考え方として魅力があるのは確か。
資金管理ってのは、ギャンブルにおいてとても重要です。

それで、この追い上げによる手法においても、
自分なりに研究した時期があったのですよ。
ゆるやかな増額投資、なお且つ安定した的中率、
パンクを免れるには?

結果、労力の割に得られるものは少ない。
その上、完全に資金ショートのリスクは避けられない。
精神衛生上よろしくない。平常心を保てない。

そして追い上げ投資はやってはいけない。

このテーマは、私の中で終了したと思っていたのですが、、、

う〜ん、閃いてしまったんだよなぁ〜ちっ(怒った顔)

私の脳は、ず〜っと考えていたみたいです。(笑)

そして、私の中で完成してしまったのです。
試してみたい追い上げ投資法!

ですが、けっこうな問題がありまして、
的中する迄、一日中、競馬に携わる必要があり、
正直、今はしんどいかな〜って思います。

そもそも、私は土日が確実に休みって訳じゃありませんし、
一日張り付いてっていうのは、どうでしょうね。

定年したら、やってもいいかな?(笑)
2013年の検証では、収支がプラスに
なっている方法です。回収率なんと290%!

まあ、パンクしないってのが条件ですが・・・
パンクしてしまう年もあるでしょうね。

まだまだ改良の余地はあると思いますが、
自分では良くできているのではと思います。

秘密にしたい所ですが、私が今すぐに
どうこうしようとする方法論ではありませんので、
方法論を一部、公開します。

特別サービスですよ。なにが!?(笑)
書いてある意味が分かり難いかも知れませんが、
私が分かればとりあえずは、良いんです。
手法を忘れないように、纏めているという意味あいも
あるのですから・・・

ある法則に基づいて、1頭の馬の
複勝に投資するというのがルールです。
的中するまで、追い上げによる賭けをします。

最初に全資金を3分割します。
1:2:4に分けます。
初期資金として、最低17500円必要です。

仮に17500円が資金だとすれば、
第1クール2500、2クール5000、3クール10000円に分けます。

で、まず2500円を8分割します。
1−1−2−2−3−4−5−7
これは、追い上げ率になります。

要するに、この場合は、
100円からスタートし、ハズレれば右に
→また100円→ハズレれば200円→200円→300円
というふうに追い上げ率によって賭け金を増やすのです。

的中した地点で、また元に戻り、一番左からスタート。
17500円以上のお金は、儲かったお金という事です。
そしてまた、100円からスタートという事になります。

ルールによって選ばれた対象馬を、ただ黙々と的中するまで
追いかけるというメンタルが必要となります。

8レース連続で、ハズれるのは、私の馬券術から見て、
10%程度です。滅多にありませんが、まあ続けていれば、
普通に遭遇してしまいます。

8レース連続で不的中の場合は、第1クール分の2500円を失う事に
なります。この場合は、次の2クール分5000円が資金となるのです。

また同じように8分割し、的中する迄を繰り返します。
この場合、200円からスタートという事です。
但し、的中しても、今度はまた、200円からスタートします。

最初に2500円を失っていますので、元金の17500円に
戻る迄は、2クールの資金で投資を続けます。

全資金が17500円を超えれば、また最初に戻り、
第1クールの資金2500円からスタートします。

もし2クール目でも、8レース外れてしまえば、
3クール目の資金で、スタートします。
いずれも考え方は同じで、元金の17500円を確保
するまでは、同クールを続けるのです。一度増額すれば
元金を確保する迄は、元には戻しません。

これが、私が、実行しようとしている追い上げによる
馬券術の考え方となります。

もちろん、絶対的なものとは思っておりませんし、
24レース連続不的中で、資金は全てパンクします。

儲けたお金をプールしておき、パンクした時以上に
儲かっていれば、勝てる方法論なのですが・・・
いきなりパンクって事もありえるわけで、
やはりあまり、大きな資金を用意するのは危険です。

ですので、この馬券術において、
複利というのは、やめた方が良いと思います。
コツコツ築き上げたものが、全て一気に崩れ去る・・・

追い上げとは、そんな危険な手法なのです。

私は、パンクのリスクを自分としては最小限に
抑えれたレベルのものだとは思いますが、
さあ、どうなるのでしょうか?

1日中、競馬ができる状態で、気持ちも
充実している時にだけ、

実践で検証してみようかしら?

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村








posted by サンペリドン at 14:27| Comment(6) | 資金管理

2014年05月26日

お金と身体の管理

おはようございます。
サンペリドンです。

オークスのハープスター、
負けちゃいましたね・・・
まあ、既に土がついている状態でしたから
負けるシーンも想像出来ん事はなかったけど、
まず勝つと思っていました。

川田騎手、ハープスターを少し過信しすぎたかな?
フルゲートで、あんだけ外をぶん回すって、
かなりの距離ロスだよね。。。
包まれるのは嫌だし、しょうがない一面も
ありますけどね・・・

人気を背負うからこそ、こういう乗り方に
なってしまうし、追いこみ脚質だけに、
負ける時ってこんな感じでしょう。
強い馬ってのは間違いないけど、
簡単に勝てないってのが競馬ってもんですね。

単勝、ドカン勝負した人、いっぱいいるんでしょうな、
結局、期待値が低い馬に勝負しちゃいけませんね。
このレースは見送りレースでしたが、つくづくそう
思いました。やはり、レース単位の大勝負はしちゃいかん。

競馬って難しいもんだと、つくづく思います。。。

さて・・・さて・・・

最近、ギャンブル資金について考えています。
今の所、私が月に自由に使えるお金って3万円位
なのですが、ほぼ毎月すっからかんになっていました。
最近は、馬券術の検証が主で100円単位でしか
購入していませんので、状況が少し違います。
2万円の資金を複利で増やして2000万円迄
増やしてやろうというような、壮大な考えをしていましたが、
それってやはり、現実的ではないと思います。
理論上は可能な訳ですが、複利という性質上、
コツコツ増やしたお金を一気に失う可能性があり、
メンタルを維持するのが難しいのです。

いや〜色んな馬券術を考えれば考える程、難しい
と感じてしまいます。やはり一定の金額を賭け続け、
安定したメンタルで競馬と向き合うべきなのでしょう。

そして、ギャンブルをやる上で必要不可欠なのが
軍資金な訳ですが、これはあくまでも余剰金で
やるべきなのです。一番ひどいのが、借金をして迄
ギャンブルをやるって事ですね。
ギャンブルをやる人間がこの線だけは超えてはいけないと
感じています。そもそも自制出来ない人間がギャンブルで
トータルで勝つなんて事はありえないのだから・・・

私は、そもそも競馬でいくら儲けたいのか?
・・・う〜ん・・・
とりあえず勝てたらいいやってなもんじゃ
甘いんだろうな・・・
そして結論は、まず軍資金を貯めるって事です。
とにかくもう、競馬に負けたくはないのです。

よし!決めた!競馬資金200万円貯めてやろう!
それ迄に、メンタルを鍛え続け、馬券術を洗練させ、
それからだ!

現在、痛風な訳ですが、こういう事も含めて、
良いきっかけだと思いました。
なかなか決断ってできないものなのです。
ダイエット!本気でやってやる。

今まで、好き勝手に生きてきましたし、
我慢ってした事ないし、我儘だし、
ちょっと前の記事を見たらわかるでしょうけど、
すぐ断念してしまう訳ですよ。。。

やっぱ俺には無理だな・・・
しんどい事はやりたくないんだよ・・・


酒とギャンブルだな・・・私のお金の使い方、

そりゃ、勝てないよな・・・
こんなんじゃ勝てないよな・・・
私が考える、競馬で勝つ為に重要な要素、
資金管理と方法論とメンタル・・・

全てが、必要なのに、その全てが欠落しているのだから。。。
資金管理どころか、そもそも軍資金が圧倒的に
足りてないんだもんなぁ、、、

さあ、全てを改善するとするか、パンチ
やりきってやる!

まず資金・・・競馬資金200万円貯金
方法論・・・確固たる馬券術の完成
メンタル・・・現在体重90kg→65kg迄痩せる


この全てを達成するまでは、勝てるはずがないのだ。
そう結論づけます。ここまでしなければ、
私という人間がギャンブルで勝つなんて事などできないのだ。

心と身体と資金だなexclamation


それまでは、ひたすらに馬券術を考え、検証を
続けます。
本格的に賭ける事は、この掲げた3つの目標を
達成する迄は、自粛します。

競馬から離れるっていう意味ではありませんからね。
競馬は見て楽しみますからね。
そこまで我慢したら、おかしくなっちまうからな。。。

私の自己馬券術・・・詳細こそ載せていませんが、相変わらず
良い感じです。単勝1点買いの馬券術です。
検証を続けているというよりは、メンタルを鍛える
訓練を、現在やっているような状況なのです。

競馬ブログとして、方向が危ういというか、
何やってんだか、よくわからない状況ですが。。。

何年も競馬で負け続けたサンペリドンの最後の
あがきって奴なのですよ。
ここまでやって勝てないのなら、競馬をやる意義は
もう私から無くなってしまいます。

とにかく納得のいく事をとことんやってやるぞ!

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村




posted by サンペリドン at 14:12| Comment(0) | 資金管理

2014年02月27日

複利へのあがき

くっそ〜やっぱ複利ってのは
理想的なんだよな〜。

危険だとしても、その魅力を
捨て切れないな〜。

腹をくくってでも、やってみたい。
複利としての馬券術。でね・・・

これは、複利とさえ、呼べないレベル
なんだろうけど、一応複利に参加して
いるって処方を取りたくなった。

で、私の結論・・・単勝だけじゃ不安、
複利で連続不的中となれば、一瞬
にして、資金が底をつく・・・だから
といって、的中率を上げて収支をプラス
にする手法が思いつかない・・・

単勝と複勝を組み合わせて、連続
不的中を避けた上で、複利に臨む。
これならば、なんとかなるだろう。

単勝だけでも、複勝だけでも
不安な訳ですが、これを組み合わす事で
的中率と回収率のブレを、少しでも
少なくする事が出来れば、複利でも
どうにかなると、ふんだ訳です。

そして、安定するまでに要するレース数を
100レースと想定しました。
この範囲で安定して収支がプラスに
ならないようなら、馬券術としては、
成り立ちません。複利を成功させるには、
収支がプラスであるのが、絶対条件ですから。

さすがに、なんぼなんでも、100レース
複勝が不的中って事は、なかろうに・・・
もし、そんな事が起ころうものなら、
競馬を完全に引退出来ると言いきれますよ。

100レース単位でも、安定しきれない
可能性は、ありますが、さすがに回収率
0%って事は、ないでしょう。
まあ、複利で投資を続けていれば、おのずと
使えるものか否かってのは、見えてくるでしょう。

そういう訳で、次回から、試したいと思います。
相変わらず考えが、コロコロと変わるなぁ。。。
今は、失敗続きな訳で、やむをえないです。
それとも、考えがコロコロ変わるから失敗
するのでしょうか?

今度こそ、メンタルに問題なく継続できたら
良いのですが・・・
せめて、100レースに達してから、判断
しないといけませんね。
今度こそ、今度こそ、今度こそ、、、
負けるもんか!!!


ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村








posted by サンペリドン at 18:20| Comment(0) | 資金管理

単利と複利について

a1180_011063.jpg

どうも^^サンペリドンです。
今回は、資金マネジメントである
単利と複利について述べたいと思います。

まあ、単純に、
単利・・・元本が一定で利回りを計算
複利・・・元本に利回りで増えた金額を加えて計算

競馬に当てはめてみます。
こんな事は、ありえないけど、仮に、
確実に1ヵ月120%の利益を出せると
仮定します。

これを資金10万円で1年続けたとすると
単利なら・・・24万円の利益
複利なら・・・79万1610円の利益
となります。これは、月日が経てば経つ程
大きな差となります。

確実に収支がプラスになるのであれば、
圧倒的に、複利が有利って事ですね。

私は、競馬をやるにおいて、この
複利の力を利用しようと考えていました。
資産運用として、とても有意義ですからね。

但し、この方法は、競馬において
的中率がとても重要なのです。
複利運用が有効なのは、必ず
収支がプラスになる方法であり、的中率が
高い程、適しているとういう事です。
それだけ、多くの資金を回転させれますからね。

私は、どれだけつきつめても、的中率を上げた
上に回収率迄という所には辿りつけませんでした。
複利の怖さは、つみあげた資産を一気に失う
可能性がある事につきます。

複利というのは、投資として、とても有効
ですが、やはりどこまでもという訳には
いかず、私の馬券術では、まだまだ複利
で増やすには、危険すぎますね。。。

目標金額を低めに、例えば1万円の資金
が10万円になったら、また1万円から
再スタートって感じで、リスクを分散させて
複利させるってのが良い方法かも知れません。

あの、天才、アインシュタインが残した
「今世紀最大の発見は複利である。」
という言葉。

是非とも、それにあやかれるレベルの馬券術を
見つけだしたいものです。

ありがとうございます、
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村








posted by サンペリドン at 11:30| Comment(0) | 資金管理

2014年02月25日

継続するという事

a0002_008441.jpg

おはようございます。
サンペリドンで〜す。

ギャンブルにおいて、とても大事な事。
それは・・・資金管理です。
これは、一世一代の大博打の事を言っているのでは
ありません。1度の敗北も許さないような賭けは
まず間違いなく待っているのは、破滅のみです。

心臓が、飛び出そうな、脳が、ひりひりするような
大勝負ってのを、人生において経験するのも悪くない。
だけど、そんな勝負を、日常に求めようものなら、
待っているのは・・・ひゃあ、恐ろしい。。。

まあ、それでも、ギャンブルってのは、そういうもんだ
と、ヒリツキを求め続けれるメンタルをお持ちの方は、
それは、それで、良いでしょう。少なくとも私は、
もうそこまでの、ギャンブルは、求めていない。

ギャンブルって、ひとまとめにしたけど、でも、
違うね・・・現に、私は、パチンコ・スロットでは
勝ち組みですもの・・・何が違うんだろ?
やっぱ、メンタルなのだろうか?
何故、競馬となると、自制がきかなくなるんだ?

で、やっぱり、思うのは、資金管理の部分です。
競馬において、私は、資金に応じた相応の
賭けにしておかないと、厳しいと
思うのです。なにしろ、継続するのが困難だからです。

これは、私の感覚でしかありませんが、パチンコ・
スロットのが、圧倒的に勝ちやすいのです。
これについては、勝ち方を知っているという部分
も大きいですが、資金を管理するのが、容易だから
というのが私の意見です。

競馬において、賭け金の上限はありません。
だから、一発勝負をしたくなる衝動がやってくる。
自信のあるレースには、大金を投じたくなるし、
G1なんて、心が躍る場合には、ただただ参加
したくなるのです。

自信のあるレースと、自信のないレースとの
相関が取れる人は凄いと思いますよ。
でも、もし、本当に自信のあるレースというのが
存在するのであれば、そのレースだけをやるべきです。
勝つというのを優先させるなら、そうなのです。
自信のない勝負など、手を出すべきではない。

私は、自信があるレースとないレースの違い
なんてありません。いや、気持ち的には
ある場合もあるけど、結果が伴わない。
競馬なんて、不確定要素が多すぎて、1レースに
大金を投じるような事をしては、いけない。

資金に応じた、自己予想力に応じた、相応な
金額を一定に賭け続けるのが、継続して
楽しむには、重要な要素だと思います。

これを、資金管理と表現するのかは、違うの
かも知れません。ただ、むやみにレース単位
でのベッドの上限は、危険な要素がいっぱい
だと、私は、感じているのです。
総じて、このレースを外したら終わりって
勝負だけは、避けなければ・・・

ところで、私の予想力と資金に対しての相応な
賭け金っていくらなんだよぉ?

まあ、レース単位で資金の何パーセントって
いう方法が、やっぱりしっくりきます。
気楽に気長に継続できる範囲で、これからは、
ギャンブルに勤しみたいと思うさ(笑)

もしや、もうギャンブラーとは呼べない
域に達してしまったのか。。。?
私も、年をとったもんだ・・・。

だが、これで良い晴れ

ありがとうございます、
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村









posted by サンペリドン at 11:34| Comment(0) | 資金管理

スポンサーリンク