2017年03月20日

ワイド馬券術の強みと可能性そして弱み

どうも、サンペリドンです。

2017年、今年こそはと思いながら、
単勝・複勝という基本に戻り、
馬券術の検証を年間を通して行う予定でした。

単勝で回収率100%超えは可能かも知れない。

そして複勝においては100%を超すのは
過去の統計と今迄の検証結果を見ても厳しい
と感じてはいましたが、複勝で回収率100%を超す
馬券術こそ最強だという思いで、どこまでいけるか
見てみようって事で、複勝の回収率においても、
検証をしていたのです。

2016年よりも、私なりに優位な要素を厳選し、
年間回収率110%以上達成を目論んでいましたが、
オッズフィルターをかける事で、対象レース数が
激減してしまったのを危惧していました。

そして短期間ではありましたが、感じていたのは
今回の馬券術による選定馬は、単勝向きではなく、
複勝向きなのではないか?という点です。

1着に突き抜けるのではなく安定して着を取りに
行くタイプなのかも知れない。

これは、読者様の
「予想は、三連複の軸としては申し分ない。」
という言葉で、確信に変わりました。

客観的な意見は大変ありがたいです。
いつも感謝しています。

これは感覚的なものですが、100レース以上
の複勝を購入して回収率90%を超えてくるので
あれば、連系の軸としては、有力だと思います。

ですが複勝単独で110%は厳しいと
感じていたので、何らかの手を打ちたい・・・

三連複の軸として・・・というのは、
的中率からして大連敗がありえるのです。
経験上、メンタルが持たないと思うのです。

的中率と回収率のバランスを考えると、
ワイドはどうか?という所に落ち着きました。

自分なりに、優位な要素を取り入れ色んな形で
軸馬と紐馬とのバランス、BOX買いや、
1点買い、さらには6点買い等、
仮説検証していたのですが、長期的な検証の
価値があると思えたのは、現在の軸馬から
紐馬への3点買いという形なのです。

資金マネジメントしやすく、私のメンタルにも
問題ないレベルで継続出来ると判断しました。

この先、私が競馬勝ち組に入る為の、
大きな武器になる事を期待しています。

単勝・複勝からワイドに切り替えてからも、
軸馬は単勝に比べ、複勝の回収率が良いと言う
傾向は継続しそうだと感じていますので、
私の仮説が正しければ、年間でワイド
回収率は110%以上を達成できるかも
とわくわくしております。

2017年、3月20日
現在、こうなっています。

相変わらず、単勝に比べ複勝はいい感じ。

****************************************

ワイド
(全レースから対象レースを選出)
自己流馬券術 2017年3月11日〜
予想結果トータル(小数点切り捨て)

的中率・・・6/24→25% 
回収率・・・10090/7200→140%
収支・・・+2890円

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

軸馬の単勝(参考値)
的中率・・・4/24→16%
回収率・・・1590/2400→66%

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

軸馬の複勝(参考値)
的中率・・・10/24→41%
回収率・・・2770/2400→115%

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

****************************************

はい、まだまだ検証数が少なすぎますよ。
たまたま、ワイドの回収率100%以上
ですよ。捕らぬ狸ですよ。

今だけかも知れないです。だから、
今の間だけ、わかったような事、言ってる
のかも知れません。

それでも、今だけでも言わせて(笑)

ただ、複勝って良くも悪くも安定する
ものなので、もしかしたら、もしか
するよ・・・

今度こそ、確固たる馬券術の完成で
あって欲しい!

検証を続けます。

【私のワイド馬券術の強み】
・想定的中率20%なので、私のような
メンタル激弱でも、継続しやすい。

・私でも資金マネジメント出来る。

・時に、ダブル的中で回収率上昇ポイント
があるので、勝ちを予感出来る。

・前日予想ができ、オッズの確認不要。

【私のワイド馬券術の弱み】
・対象レース数が少ない。

・紐馬の選定が少々複雑。

【問題は年間収支がプラスである事】
結局は、これに尽きます。レース数には不満ですが、
今の所、1日単位で対象レース数がないという場面
には遭遇していませんので、どうにか許容範囲
という事にしておきます。

紐馬の選定が少々複雑というのは、軸馬に比べ
紐馬の要素は、さらにゆるいのと、同要素が重なった
時に、どちらを選ぶという基準で間違えてしまう
場合があったからです。

この間違いにより、馬券術で金鯱賞は
取れていたのですが、3470円という
高配当を逃してしまいました。。。
間違いによる損って悔しいですね。

馬券術ルールは、使用しやすいように
パターン化し、紙面に収め照らし合わせて
いるのと、慣れてきたので、もう滅多に
間違わないとは思いますが、大事な
お金を賭けるのですから、注意します。

そういう点も踏まえて、買い目が多すぎたり
複雑なルールは出来る限り排除し、
シンプルにする必要を私は感じます。

とにかく検証を重ね、改善すべき点は、
常にあると意識し、取り組んで行きます。
posted by サンペリドン at 19:25| Comment(0) | 理想の形

2017年03月12日

ワイド馬券術の対象レース数

ワイド馬券術のルールは固まりました。
対象レース数として本日は10レース確保できました。この先はどうなるかわかりませんがひとまず満足です。

軸馬は、複勝率40%程度で安定すると目論んでいます。今回は統計を取った訳ではありません。ですので感覚的なものですが、この程度の複勝率がなければ軸馬としては厳しいと思っています。

軸馬の単勝、複勝の回収率はどの程度かと言えば年間で100%にギリギリ届かないのではないかと思います。これまた感覚的なものでしかありません。

回収率90%はこえてくるけど100%には一歩届かずといった所でしょう。

だからこそワイドへの期待が大きいのです。

もし軸馬の単勝、複勝共に回収率100%をこえるレベルならばワイドの回収率110%以上は余裕だと思います。

ワイド的中率20%回収率110%以上、この線がワイド馬券術としての分岐点だと考えています。

年間対象レースは500を超えると思いますので馬券術としての期待はかなり大きいです。

ワイドという性質上、良くも悪くも安定感はあるはずです。連敗数はどの程度でメンタルへの影響も気になります。

かなり資金マネジメントは余裕を持って設定しているので、そのあたりも検証したいです。

とんでもない連敗期というのは、いずれやってくるものと捉え資金マネジメントをする必要があると強く感じていますし、レース単位で一喜一憂せずに黙々とルールに従い賭け続ける姿勢が大事だと思うのです。

現地点では一点100円ですので軽い気持ちですしメンタルへの影響なんて微々たるものですが、これが1万円、10万円になってくると継続困難になってしまうものなのです。

それを凌駕するには信じて貫けるかどうかしかありません。その為には実践による圧倒的な結果を出すしかないのです。

実際に少額であれ継続して賭ける事で見えてくる部分は大きいです。自分なりには試行錯誤し重ねたルールでも、足りない部分や問題点は次々にあがってくるのです。

たどり着きそうで届かない、今回も簡単ではないでしょう。

ただ今回のルールは私にとって理想の形ですので、期待とわくわくが大きいです。

どうか、とどいていますように。
posted by サンペリドン at 10:05| Comment(0) | 理想の形

2017年03月11日

対象レース数の増加と理想の馬券術への試み

確固たる馬券術があれば多くの方法論は必要ありません。
メンタル的にブレの元になってしまうからです。

なかなかひとつの方法論を貫き通すのは難しいものです。
私は何度となく、目移りしてしまうのです。

これは、いたしかたありません。
なぜなら私は負け続けているんですからね。

メンタルは確かに弱いですよ。それでも、以前のように
闇雲に賭けるような事はなくなったし、
確固たる馬券術を完成させる迄は、ひたすら検証しつつ
競馬資金を貯金する所存で取り組んでいます。

相変わらず、しっくりとは来ていません。

もっと簡単に、的中率と回収率をあげれないか?
もっと良い方法はないのか?

年間を通じて回収率110%以上が現在の
目標ではありますが、現状の馬券術では、

対象レースの少なさが不満です。そして、
オッズフィルターをかける事によりさらに、
対象レースが減ってしまうというジレンマ。。。

あくまでも自分の納得いく形にしたい。
そうでなければ自己流の馬券術の意味がない。

もちろん勝つのが絶対的な前提ではありますが、
やっぱり、やっててわくわくしないのは、

私としましては意義がないと改めて感じています。

そういう訳で、馬券術のルールとして、
対象レースを増やす事と、オッズによるフィルターを
かけずとも、年間回収率110%以上を叩き出せる
というコンセプトで、馬券術の構築に取り組む事に
しました。

その可能性は、新たな手法で取り組んでいる
ワイドに感じているのです。

単勝・複勝だけで利益を出すに比べ、可能性として
回収率を上げれるのではないか?と思う節が
あるのです。

まだ、私自身が本腰入れて賭ける状況ではないですし、
有料予想という訳でもありません。
現段階で手法にそこまでこだわる必要もないでしょう。

ですので、少しルールの改正をして
ワイドでの回収率に重点を置きつつ、軸馬の
ポテンシャルを探ると言う意味で
単勝・複勝の検証も重ねるという形を取りたいと
思います。

またか・・・と思われるかも知れませんが、
納得して、理想を追求する事は忘れたくありません。

これでいいんです!
posted by サンペリドン at 17:46| Comment(0) | 理想の形

オッズを無視して勝てるのか?

期待値を出すにはオッズと確率は必須条件です。例えばルールによって導き出された馬が日本競馬史上最強の呼び声が高い伝説の名馬ディープインパクトだったとします。
勝つと予想した馬に賭けるというのが基本です。ですが・・・

単勝に賭けようとした所、オッズは1.2倍でした。このオッズでは厳しいから他の馬に賭ける事にしよう・・・

これは根本的に違うのです。これは闇雲に穴を狙うという手法でしかないので期待値を狙うという行為とは違います。

ディープインパクトの勝率を予測した上でどの程度のオッズが適正と判断してそれを上回るのであれば賭けるというのが期待値を追うという事なのです。

私の場合は単勝1倍台の地点で期待値があるという判断はしません。

ディープインパクトの単勝は2倍以上つかなければ賭けません。

落馬や接触、あらゆるアクシデントをふまえた上で1倍台に期待値があるとは思えない為です。もし自分が勝つと予想した馬が単勝1倍台であれば、そんなレースは見送ります。

要するに期待値とはオッズがあってはじめて成立するわけですね。

そんな事は分かりきっているのですが、今回はオッズを無視して競馬で勝ちきる事ができるのかというのがテーマです。

私は理想として前日に予想ができオッズを確認せず賭けた上で年間回収率110%以上を達成したいという思いがあるのです。

競馬中継に張り付いたり、決まった時間にオッズの確認をするのがわずらわしく感じるのです。

片手間でパッと賭けれて、そのまま競馬の事を忘れて他の事をやっているってのが理想なんです。

さくっとやって、さくっと儲かったぜって感じに憧れているんですよ。予想時間も取らず簡単で、楽に儲けるというのがギャンブルとしての醍醐味なんです。

朝一に、まとめ買いして後でレース結果を確認しお金が増えて、ニンマリしている。そういうイメージです。

その為には、ディープインパクトのような馬が対象になってしまっても期待値を出せるシステムが必要な条件です。

甘っちょろいのは承知の上で、その期待をワイドという馬券種に抱いているんですよ。

まあ、馬券術としては期待値が出るようなオッズ帯になるように想定した上でルールを組んでいますのでディープインパクトのようなお馬さんが軸馬に選定されるような事はありませんけどね。

単勝・複勝で思うような回収率が出せていないのにこんな理想ばかり追及してどうするんだ?って話ですよね。。。

いや、だからこそワイド馬券術にかなり期待しているのです。

もし年間回収率110%越えを達成してくれたら私の競馬に対する目標は理想像の上で達成される事になるのです。

どうか、理想の形が現実になりますように。
posted by サンペリドン at 00:43| Comment(0) | 理想の形

2017年01月06日

レース数確保へのアプローチ

どうもサンペリドンです。
昨年の馬券術にフィルターをかける事による対象レース数の激減はモチベーションを保つ点において問題がありそうです。

日によって対象レースがないというのは現状避けたいと感じています。

対象レースの多さは馬券術の優位性と安定に繋がると考えるからです。

さて、現状を打開すべく、何点かルールの改正をしてみます。

まずは前走よりも距離短縮馬を優位点としていましたが、距離短縮馬を優位とするのではなく距離延長馬を不安要素として取り上げたいと思います。

次に馬体重ですが、前走470キロ以上ではなく460キロ以上とします。
この馬体重の項目は短距離を走る程、馬格が必要と考えた為、距離短縮馬の馬体重は重い方が良いと考えたからです。

前走のタイム差を取り入れた事による距離適正判断として同距離でも通用すると考えています。よって馬体重10キロの幅を持たせました。

そして前走、3・4角共に→(過去4戦以内で4角のみ4番手以内でで走った事があるにします)4番手以内で走ったという項目を付けたし、ある程度前々で競馬が出来そうだと判断します。

私は以前、複勝で回収率100%を越える方法論こそ最強だと言いました。
オッズの歪みが生じ難くよほど優位でなければ長期的に回収率100%越えは達成出来ません。馬券術の優位性を検証するには複勝の結果は優位性を示す判断材料として大きいです。

この馬券術でどの程度の回収率となるのか?もし100%を越えるような事があればメンタル的に大きな武器となります。

検証の価値あり。
単勝だけでなく複勝の結果も同時に示そうと考えれいます。

私なりに思う所があった為です。

以上を修正し改めて2017年の検証をしてみます。

posted by サンペリドン at 20:27| Comment(0) | 理想の形

2016年06月11日

たられば、そして皮算用

どうもサンペリドンです。

私が何かを思考すると、
だいたい極端な方向に向かいます。

そもそも、大雑把で細かい事が嫌い、
そしてめんどくさがりなのです。

私には2つ下の、それはそれは、
仲の良い弟がいるんです。

でもね、弟が言うには、私は
完璧主義者なんだそうな。

完璧に出来る事・・・
どうせ出来ないなら、
どうでもよくなってしまう。

極端な発想は、その裏返し。

自己分析するとそんな感じかな(笑)

1000万円貯めて競馬資金にする。
私の競馬人生における収支は、
今の所−500万円程度ですが、

レートを上げて勝負すれば、この先
十分にプラスになるはずです。

例えば、今年の先週までの
単勝に対して、資金1000万円で

やっていたとすれば、パンク率を
1%未満に設定したとして、
こうなるのです。

あくまでも、たらればです。
メンタルが持たないだとか、
ルールを守れなかったというのでは
ありません。

実践では、同じように賭け続け
られる保証などありませんからね。

****************************************

自己流馬券術 2016年1月5日〜
無料予想結果トータル(小数点切り捨て)

単勝的中率・・・36/491→7% 
回収率・・・59260/49100→120%


****************************************

1点10万円として・・・
そして回収率は5%程度下がるとして、

49100000円使用の
回収56465000円となり、

+7365000円

少なく見積もっても+500万円は
年間レベルで十分可能な数値ですね。

私が20年余りで負けた金額は、
1年も経たずに取り返せます。

年間対象レース1000
回収率120%

これが、実現すれば、
自信を持って投資できます。

そして年収1000万円以上が
達成されるのです。

問題は、私の馬券術が
そこまでの期待値を出せている
シロモノなのか?

そして、資金を貯めれるか?

私は、今ワクワクしているから、
前向きに色んな事に取り組めています。

このブログも、その一つです。

まあ、あんまり歯を食いしばったって、
続かないからね・・・

希望があれば、人は頑張れるもんだ。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 23:07| Comment(7) | 理想の形

2016年03月31日

自覚できた事

どうも、サンペリドンです。

さんざん悩みましたが・・・
前回のお話し・・・
情報を受け取らないと
決意いたしました。

結局のところ、私が納得
できるかどうか?という問題。

私は、あくまでも自分自身で
馬券術の構築をしたいというのが、
はっきりと自覚できたのです。

とことん納得いくところ迄、
やらなければ、後悔すると思います。

そして、私は馬券術の構築に
あたり、この行為を楽しんでいる
という事なのでしょう。

楽しくなければ、やる意義などない
というのが根本にあるのです。

現在、馬券術の検証中・・・
楽しんでいます。

ウキウキしているのです。

この楽しみを放棄して迄、
競馬で勝つ事に執着するのは、
新たな苦しみを生み出す事に
なると判断しました。

中途半端に終わりたくない!

私の馬券術・・・
辿り着けているのか?

行く末を、楽しみにしています。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 00:57| Comment(2) | 理想の形

2016年03月13日

的中率と回収率と回転率

どうも、サンペリドンです。

あなたは、年間どれ位、
競馬にお金を使っていますか?

きちんと把握しているという
人は、意外と少ないと思います。

資金管理ってのは、長期的に勝つ
という意味で、大事な要素です。

で、年間いくら使用したら、
どれ位のリターンが望めるか?

的中率と回収率・・・
少なくとも、想定位は、
しておきたいものです。

なぜなら、総資金に対しての
レース単位での掛け金は、
どれ位にするべきか?

絶対的でないにしろ、
把握をしておくべきだからです。

さもなければ、あっちゅう間に
破滅が待っています。

乾坤一擲なんてのは、もっての
他・・・まあ、それはそれで、
心臓が飛び出そうな程の
賭けを人生で経験してみるのも、
ギャンブラーとして、ありかも
知れないですけどね・・・

的中率と回収率において、
両方を総じて上げる事は、
非常に困難であり、的中率を
上げる程、回収率は下がる・・・
いや、控除率に近づくというのが、
競馬ってものなのです。

私が馬券術として、優秀だと思うのは、
回収率よりも、的中率です。もちろん、
回収率100%を超えるというのが
条件ですけどね。

例えば私の掲げている馬券術における
単勝の目標は、年間を通して
的中率8%で回収率120%です。

それよりも、

的中率40%回収率110%の
馬券術があるとするならば、
仮に私の回収率が150%あるとしても
評価としては、私ならば的中率を
取ります。間違いありません。

ただ、私にはその術がないですし、
的中率40%で回収率110%よりも、
的中率8%で回収率120%の方が、
達成できる可能性が高いと判断した迄です。

そして、これまた優秀だという要素と
して、母数の多さが、あげられます。
年間で、どれだけ多くのレースに
参加できるのか?

年間100レースに参加と
1000レースに参加しての価値は、
同じ的中率と回収率があったとしても、
全く価値が違うのですよ。

私が、競馬において、やって
みたかった事・・・

資金を複利で増やし続け、
後は年間収支を確保できる位置で
毎年安定した利益を得る。

これが、出来れば私は、会社という
社会に属さずとも生きていける訳です。

ギャンブラーとして、
自由気ままにという図式が
成り立つ訳で、私が
ギャンブルを20年余も、
やり続けた意義は、そこに
あったと言っても過言ではありません。

まあ、それはそれで、大きな
リスクが、つきまとうものなの
ですけどね・・・

まあ、当たり前の話なんですが、
的中率と回収率と回転率・・・
いずれも高いに越した事は
ありません。

それが出来るなら苦労しないよ
って話ですね。

一番重要なのは、間違いなく
回収率な訳です。
それだけは、絶対的に間違い
ありません。

後は、資金とのかねあいで、
自分との折り合いをつけて、
どうバランスを取るのか?

それが、投資スタイルと
呼ばれるものですね。

とにかく、継続できる状況で
ある事、資金の管理は多少余裕
を持たせた方がいいでしょう。

確率の偏りを、完全に排除する
なんて無理です。いずれ、
やってくると思っておくべき。

自分がメンタル的に、継続できる
バランスは、とっても大事ですからね。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 09:37| Comment(0) | 理想の形

2015年05月21日

それぞれの考察

はふぁ〜最近特に仕事から
逃げ出したいサンペリドンです。

単勝コース・複勝コースの
回収率がマイナス・・・
馬連・3連複コースがジリ貧
状態・・・

ですが、このまま終わるとは
思っていませんよ!
悔しい、ここまで偏るとは思って
いませんでした。

有料予想をスタートしてから
早々と、単勝50倍台を的中させたり
馬連万馬券を1点買いで的中させたり、
スタートダッシュが決まり、楽勝感
さえ漂っていたのですが、この有様。

ですが、このような状況であるから
こそ、確信して見えた部分もあります。

とにかく的中しない・・・的中率を
上げたい、そんな思いで複勝コース
の馬券術構築にあたり、的中率という
意味では、改善されました。

的中率を上げた上で回収率をプラス
にできるギリギリの範囲ですが、
安定した回収率を確保できる私の
最善レベルの馬券術として自信を
持って複勝コースの提供を始めた
のです。

再三申しておりますが、
あらゆる馬券種の中で他者と
差をつけ難い、勝つのが1番難しい
のが複勝という馬券種である
という考えは、変わらないです。

ですので、年間を通して複勝コース
の回収率が100%を越える事こそ
が馬券術として、優位なもので
ある証明になると考えていました。

今の所は、馬券術として優位という
判断は、出来ない状況です。

年初に貫くと決めたからには、
ルールの変更は、ありえませんし、
まだまだ諦める状況でもなく
最終的な判断は年間で判断致します
が、正直に複勝コースは、厳しい
というのは申しておきたいです。

その点をふまえて、以前感じた
複勝コース馬が1着になる事が
多い気がした点について、
記事にした事がありました。

これが年間レベルで通用するなら
馬券術として優位という判断が
出来てしまうと思うのです。

で、複勝コースの単勝結果が
その後、どうなったのでしょうか?
3月21日〜5月17日迄

集計してみた所・・・
的中率16/112 14%
回収率10710/11200 95%

1月4日〜5月17日迄を
合算すると、
的中率43/228 18%
回収率27030/22800 118%

前回は回収率140%でしたので
期待したのですが、今回100%
を越えず、結局合算で118%です。

この先は、分かりませんが、
あまり過度な期待はやめておきます。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫



posted by サンペリドン at 14:58| Comment(0) | 理想の形

2015年04月04日

理論と現実

土日の仕事にうんざりの
サンペリドンでございます。

前回、3連単に対する思いと
いうか考えを述べました。

今一度振り返ってみますと、
理論上は間違っていないと
思うのです。

私の馬券術の今年の経緯を
見ても回収率の可能性としては、
複勝<単勝<馬連<3連複という

想定通りの結果であり、それを
上回るのは3連単なのでしょう。

長期的に競馬で勝つという点で
見れば、3連単を買うべき・・・

それは優位な予想方法と
いうのが条件です。

そして不可欠なのは
資金力とメンタルなのです。

私は、もう何も考えずに
3連単という馬券種に
手を出して的中したら自慢
したらいいやって思い
始めていたのです。

今一度冷静に考えてみました。

本当に手を出して良いのか?

まず言える事は相当の覚悟が
必要だという事です。

年間的中率は1%を切るでしょう。
ただでさえ的中率の低い私の
馬券術・・・メンタルがどうこう
というレベルではなく競馬観戦
という楽しみは捨てるしかない。

他の馬券種でも、レース単位で
一喜一憂できるような的中率は
ないと述べましたが、それでも
観戦という概念はまだ残っています。

流石に的中率が1%を切ると
なればレースを見た所でストレス
が溜まるだけで苦痛を感じると
思うのです・・・競馬そのもの
が楽しくなくなってしまえば、

私としては存在意義が無くなって
しまうのではないか?
確かに儲けるってのが前提です。
それでも、ただ儲かれば良いという
のとは、違うのです。

今は、まだ違う・・・
そう感じるのですよ。

そして私は忘れていたのです。

私自身のメンタルの弱さを。。。

3連単オンリーじゃ継続
できる訳がない・・・
かといって並行して
他の馬券種に手を出せる程の
余裕もありません。

なんというか中途半端に
手を出すとまず間違いなく
失敗するってのが目に見えて
いるのですよ・・・

3連単・・・
魅力的なのは間違いないの
ですが、競馬をゆったりと
楽しみたいという私の理想から
かけ離れてしまう恐れがある。

ビビって手を出せそうにないや。

よくよく考えたら、単勝でさえ
メンタル厳しって思う位なのに

まだ時期じゃないよな〜・・・
てか私はそこまで達観出来ないです。

いやねえ、もう3連単に気が
いってたんですよ(笑)

バリバリやったる!てなもん。
でもまあ、そんなに焦らんでも
って思ったのです。

私は、そこまでのメンタルを
持ち合わせちゃいないし、
それこそ、最大の目標である、
最大限に的中率を高めた上での
回収率100%以上の達成!
複勝コースの収支が
プラスになることの方が大事です。

仮に3連単的中したとして、
自慢してどうなの?って
話ですよね、、、

他人からみりゃ、
メシマズでしか、
あ〜りませんし(笑)

そんな訳で、私が3連単に
手を出すのは、まだまだ
先の話になりそうです。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫




posted by サンペリドン at 23:12| Comment(0) | 理想の形

スポンサーリンク