2021年12月31日

最後に残った馬券術 2021年の結果と講評

どうも、サンペリドンです。
2021年。
今年もお世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

理想最終形と名付けた馬券術。
最後に残りました。

思うところは色々あるのですが、
まずは結果から。

2021年1月〜12月の間
対象レース数 518レース
的中レース数 41

1月対象50R的中数1 2960/5000
2月対象41R的中数2 3900/4100
3月対象43R的中数4 4180/4300
4月対象33R的中数7 7800/3300
5月対象52R的中数7 7700/5200
6月対象44R的中数3 2810/4400
7月対象42R的中数5 11750/4200
8月対象41R的中数1 2150/4100
9月対象37R的中数1 3100/3700
10月対象58R的中5 5260/5800
11月対象33R的中3 4200/3300
12月対象44R的中2 1500/4400
的中率7% 回収率57310/51800
右矢印1110%

正直、回収率は足りないです。不満です。
理想的な馬券術にしあがっているというのは、
前日予想ができて予想時間は1レース1分程度
という部分だけになってしまった感があります。

それでもホッとしているのは、年間回収率で
マイナスになっていないという部分。
年間単位で考えれば、「競馬の勝ち方」証明には
繋がるという感覚は残りました。

問題点としては、
回収率に特化した割には、たいした回収率ではない
という部分です。
的中率は7%しかありません。
これは、レースを見て楽しむには苦痛となるでしょうね。
私は、ほぼレースを見ないようになりましたので、
大丈夫ですが、よほど割り切っていないと、
この的中率で年間単位の継続をするのは難しいと
思われます。

対象レースは多いほうが安定するので、
もっと望みたい所ですが、私の今までの馬券術の中では
年間500レース確保は上出来です。

2022年、同じく継続していきます。
【理想最終形】これ1本でいきます。
単勝1点買い。年間を通して同一金額を賭ける。

レジまぐでの有料予想配信、ウマニティでの記録。
自身が賭けての証明。

で、勝ち方の証明をするのが目的ですので、
やはり自身の賭けは最低単位の100円でいきます。

目的を見失っちゃ、いかん。
ギャンブル依存症、克服したつもりになっていますが、
そんな甘いもんではありません。

まあ、今の所、精神状態は落ち着いています。
穏やかな日々といった感じです。

競馬を楽しめているかと言えば微妙ですが、
年間を通して勝ち切るのがとても難しいゲームで
結果を残すことができれば、そのこと自体は、
楽しいと思えますので、私にとって、
意義のあること。

自分が求め続けた答えは、すでにわかったので、
後は続けることだけですね。

競馬で勝ち切ることの難しさを知っている人は
おのずと着目してくれると思っています。

年間を通して回収率100%を超えている
競馬ファンって、本当に少ないですから。
では、2022年も穏やかに生きるぞ。

一応レジまぐの有料配信に興味があれば
ご覧下さい。年間通せば自信はあります。

posted by サンペリドン at 08:55| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク