2021年11月27日

主観予想によるジレンマとギャンブル依存症

競馬の楽しみ方のひとつは、自分で
予想をすることだと私は思います。

競馬でただ勝ちたいだけなら他人の予想でも
いいし、実際に勝っている人にのっかるのも
一つの方法でしょう。

私は長年競馬をやってきたし、その中で
万馬券に1万円賭けて的中したこともあるし、
誕生日馬券なんて勝って100円が40万円に
なったことだってあるし、まあ楽しい想いでは
たくさんありますよ。

でもね、結局負けてんですよ。トータルで見ればね。
無茶苦茶、はちゃめちゃ負けてます。

でね、時に頭がおかしくなるような大勝負を
したくなるんですよ。いや、なってました。
やってました。

競馬に絶対なんてあるわけないんだけど、
まず間違いないって思うといてもたってもいられない。
せっかく儲かるのに賭けなきゃ損っていう感情。
私が競馬を始めて間もなく、メジロライアンという
馬の虜になりました。

宝塚記念でライアンの単勝に全財産つぎ込みました。
今思えば当時から、やばいギャンブル脳だったんです。

でね、それが的中しちゃったんですよね。
震えました。脳汁ぶしゃーのビシャーです。
普通にサラリーマンしてたらなかなか手にできない
レベルのお金。それが一瞬で。
そりゃ頭おかしくなるよな。

それからね、やっぱりその時の興奮とか緊張とか
忘れられなくて、度々、大勝負をしました。

もちろん、そんな簡単じゃなくて。
労働意欲を無くすような散財を何度もしました。

競馬は楽しいという感覚は次第になくなり、
そしてただ勝つ為にはどうしたらいいのか。

そしたら、主観を排除したルール作りになり
現在に至ります。

でも、やっぱりね。馬柱を見ると、自動的に
展開を読んだり、血統を確認したり、自分なりに
予想してしまうんですよ。
そして時にむちゃくちゃ賭けたくなってしまう。

トータルでみたら、主観的予想では勝てないし壊滅的な
賭けをする引き金になりかねないとわかって
いながらも、予想をしてしまうのです。

ある日、職場の後輩に聞かれました。
競馬新聞を見せられて、どれがくると思いますかってね。
安田記念です。
私は、ダノンキングリーが面白いと思うよ。
単勝1点で、と答えました。
1万賭けてみ。ええ金になるで。って答えました。

で、その後輩に最近マイルチャンピオンシップの
展望を聞かれたから、即座に答えたんです。
「グランアレグリア1着、2着はシュネルマイスター
3着はダノンザキッド」
3連単1点買いでドカンといっとけ。

でね、後輩は的中させました。
私は、賭けちゃいません。

ビールおごってもらっただけです。

ジレンマは、ある。
競馬は時に自分の予想がビタっとはまる
ことがあるのです。

でも、決して勘違いしてはいけないのです。

遊びで賭けれたら、お小遣いの範囲で
楽しめたら・・・そういう想いもあるんです。

でもね、私はそういう性分じゃありません。

きっと、タガが外れておかしなことに
なってしまうのがわかる。

だったら、主観なる予想なんてやらなければいい。
なのにやってしまうんだな、これが。

ちなみに、今これを書いている最中、
2021年11月27日(土)10時現在、
実は、気になっているレースがあります。

東京11Rキャピタルステークス
ヴェロックスの単勝が8.9倍もついてる。
仮にも菊花賞単勝1番人気馬ですよ。

最近不甲斐ないレースが続いているのは
わかるけど、
オープン、しかも手薄と感じるメンバーで
これほど人気を落とすってどういうこと。

何か不安になる情報が流れているのだろうか。
まあ、結局最終オッズは落ち着くのかな。

1番人気が妥当と感じるのだけれど。
競馬ファンは優秀だから、ちゃんと見抜いて
いるのかも知れない。

でも、私なら単勝5倍ついてれば、
ドカンといってしまうと思うのです。
以前の私ならばね。

どんなレースするのか気になって仕方がない。

実は、東京11R、私の理想最終形の
対象レースになっているからです。

まあ、何が言いたかったって、
レースはレースで楽しんで、
主観による大勝負なんて決してするもんじゃ
ないってこってす。

ちゃんと自制できて、楽しめる人は別よ。

まあ、なんだかんだ言って主観で予想して
賭けてなくても楽しめるようにはなってきたけどね。

馬券術検証とは言え実際に賭けて的中する気持ち良さを
思い出したときに、ちゃんと対応しなければという
怖さを今は感じています。
依存症再発したら、終わるからな。
来年にむけて気持ちを整えます。
実際に賭けるかは、かけ金も含め、まだ迷っている部分もあるので。
posted by サンペリドン at 10:29| Comment(0) | 競馬への思い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク