2021年10月27日

相応の責任と覚悟

【 競馬必勝法を求めて20年 】
ブログ管理人のサンペリドンです。

自分の中では競馬の勝ち方にこだわって、
色々試行錯誤してきました。
取り組みをこのブログ内で発信してきました。

まあ、競馬に限りませんがギャンブルってのは、
そう簡単には勝てないようにできています。

で、私の場合はギャンブルそのものを継続するのが
苦しくなってやめました。

やめました・・・言うのは簡単ですが、実際には
これまた難しいです。

長年の習慣を決意や意識だけで解決するのは、
まず無理だと思うのですよ。

私のようなあまちゃんは、なおさらです。
これはこれで大変でした。

今はギャンブルに対して執着はしていません。
楽しめるような賭け、例えば有馬記念だけ
参加しようかなとか思ったりしたこともあるのです。

だけどまた元の自分、やめられない自制できない状態に
なるのが怖くてやっていません。

自分では依存症を克服できたと思っています。
だけど、依存症の怖さは身に染みてわかっています。
きっとどこかで納得はしていない。

完全に芽を摘もうとはしていない自分がいるのです。

だってなんだかんだで、競馬の勝ち方は模索し続けて
いるのですからね。

こんな更新もろくにしていないブログでもこうやって
たまに気になってしまうし、閉鎖もしません。

まあ、一応こんなブログでも見に来てくれる方は一定数
おられるようですし、アドセンス広告はっつけてますんで、
維持費くらいは発生します。
有料競馬予想でも収入ありますから。ええ。
副業としては充分でしょうね。

そんなことはどうでもいいんです。

私は競馬で勝てる方法論を構築したかったんです。

最初は楽して稼ぎたいという感覚だけだった。
でも勝つのって全然楽じゃない、むしろ苦しい。

自分の中でちゃんと統計を取って、有利な要素だとか、
調べたり、仮説を立てて検証しまくる。
やっと勝ち方を構築できた。
いざ実践してみると再現しないんです。

理論上は勝てるはずだし、ちゃんと期待値あるはずなのに、
結果が出てなければ、そもそもの理論なんて間違いって事。

そう結論づけるしかないのですし、実際にそうなのでしょう。

そんなことを何度も何度も繰り返してきました。
失敗だらけです。それでもまた考える。
だいぶヤバい奴ですけど、やっぱりどこかスッキリとは
していないのです。

自分の中で、ひとつの確固たる馬券術を構築を
して終わりとしたいのです。

諦めて終わりじゃなく、自分なりにでもいいから、
競馬必勝法を20年余りも求め続けた形が欲しかった。

そんなことを思いながら、日々を過ごしていました。

もう終わりにしよう。私のやりたかったことって何だ。

競馬の勝ち方って一つじゃない。

そんな中で自分の理想の形をずっと模索してきた。

そして遂に完成したのです。
もう終わりだ。終わりにしよう。
やっとゴールだ。
後は、勝ちの証明をするだけだ。

本当に長かったですが、私の中でちゃんと終着点が見えたのです。

【 2022年 始動します 】

これで正真正銘最後です。
もう競馬必勝法を求めるのは終わりです。

「理想最終形」と称し、私の馬券術構築は完成。

その名の通り、シンプルに1レース1分以内で
予想は完結し、前日予想可能。
誰がやっても同じ買い目となります。
ですので方法論が多くの人に知れた地点で通用しなく
なる可能性が高いです。

ただ個人の予想に多くの人が集中して乗っかる、
しかも継続してというのはまずありえないので、
現地点では大丈夫だと考えています。

私は2022年、この「理想最終形」の優位性を
証明するために始動する予定です。

競馬の勝ち方を証明したい。

当初は年間100レース以上参加し
【年間回収率120%以上を3年間以上続ける】と
いうのを勝ちの証明にしようと考えていました。

けれど色んなコミュニティを覗いてもそんな人は
皆無だというのがわかったのです。

回収率100%以上を2年続けるだけで、
上位1%に入るらしいのです。

この現実をふまえ、私は
【年間回収率105%以上】を合格基準とします。

あの競馬税金裁判で有名な方のトータル回収率でさえ、
103%程度だったようなのです。

私は、勝てもしないのにそもそもの基準判断を
誤っていたのです。

★始動方法
●レジまぐにて「理想最終形」による買い目を発信
●ウマニティで予想
●実際に馬券を購入し結果を報告する

実際に競馬で勝つことの難しさを理解されている方は
これがいかに凄いのかわかってもらえるはずです。

【 報告の意義 】

いやねえ、別に誰かに報告しなくたって、
自分の中で完結していればいいじゃない。
自己満足の世界で充分だろうに。

わざわざ大々的にブログにする意義ってなんなのさ。
って思われるかも知れません。
私の考えを述べておきます。

●承認欲求
●共感される仲間
●お金の可能性

まずは、サンペリドンって凄いやつって思われたい。
素直に承認欲求なんだって感じます。
散々負けて失敗してたけど最後はちゃんと勝つ。
ギャンブル依存症の負け犬って思われたくはない。

ギャンブル依存症って経験しないときっと
わかってもらえませんし多くの人は共感してくれない。
わかってくれる優しい仲間が欲しい。

そして、あとは素直にお金に繋がる可能性を
秘めているからです。ここは、正直な所です。

【 サンペリドンの取るリスク 】
レジまぐの媒体で有料予想を行ってきました。
今までは需要があるから供給している
という感覚でした。

2022年からは違います。
ギャンブルはもうしないと決めていましたが、
自身でも「理想最終形」の買い目を購入し、
実際の年間回収率を報告します。

賭金は1レース1,000円とします。
単勝1点買いです。
月の対象レースは平均40R位なので、
サラリーマンのお小遣いとしては、
まあ妥当な所でしょうか。
親近感を持ってもらえると思います。

また依存症再発という怖さはありますが、
自分の中で克服できていると思っていますし、
実際に賭けて勝たなければ、それは
「勝ちの証明」とは言い難いからです。

責任と覚悟を持ってギャンブルに対しての
自制心を持って挑みます。

賭けるからこそ見える視点がなければ
面白みに欠けるという結論に至ったからです。

そして他にウマニティというコミュニティで、
予想します。これは結果だけがわかるように
しておきます。回収率がよければおのずと着目される
ようになるでしょう。

年間回収率105%以上なければ、このブログは
閉鎖します。

私の人生から競馬を完全に消します。

【 最終目的 】

●年間回収率105%以上達成させ【 理想最終形 】の
優位性を証明する。

●限定数、私を信じて共感してくれる方に方法論を伝授。

※これからは、ずっとこのスタイルで行きます。

年間回収率105%以上にならなかった場合と、
限定数に方法論を伝えた地点で、このブログは
閉鎖とします。

今まで失敗しかしてきませんでしたので、この先の
ことを言っても信ぴょう性にかけるのは承知しています。

ですので、実績を残せてから、もっと具体的なことを
お伝えする所存でございます。

というわけで、2022年に向けての報告でした。

興味がわけば、レジまぐとウマニティを見てもらえれば
嬉しいです。

では、また。
posted by サンペリドン at 14:07| Comment(3) | お知らせ
この記事へのコメント
サンペリドンさん、お久しぶりです。
ギャンブルから身を引いたみたいで静観してましたが、ご自分でも賭けるんですか?w
相変わらず言い訳が多い御仁だ。
利益追求の会員集めなら、全てを晒して買目を記載した、何年か前の三連複がベストでした。
ちかみに、あの買目を続けたら、その後は負けていたのですか?
それを非常に知りたい。
私は評価してたので。
Posted by サイド at 2021年11月20日 01:16
サンペリドンさん、連投恐縮です。
もし、年間通してのあの三連複の結果も出しての決断なら良いですが、それをやってなくて新しい最終馬券術っていうなら、独りよがりの極致。
ギャンブラーとしても商売人としても、二流ですね。
自慰行為と思われたくないなら、自分の気持ちとかではなく、あの三連複より上の馬券術だとデータで示すべきでしょう。
求めてるものでは無い商品を売ることは、駄目よ。
Posted by サイド at 2021年11月20日 01:26
サイドさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
三連複の手法において評価していただいたことは素直に嬉しく思います。
サイドさんのおっしゃる意見は客観的であり的を得ているのを重々承知しております。

三連複においてはブレが多きすぎて私自身が方法論に対して評価しきれないのと、買い目を出す手間がかかり単純に面倒になってしまったという側面があります。

その後の買い目ですが、今は継続していませんのでわかりません。

独りよがりの自慰行為と言われてしまっても仕方がありませんが、あくまでも私の理想と違うと感じた地点でもうやる意義が私にはない。ただそれだけのことです。

【自分の好きなようにやる】
その上で結果を残したいのです。

サイドさんのアドバイスは的確だとは思います。

自分でも賭けるというのは、実際に賭けた上でどう感じるかというのを知っておいた方がいいと考えたからです。

ですが、依存症者としての不安もありますので、一点100円で良いかと今は思っています。

私が、やりたいことは方法論の優位性を示すことであり自身が賭けて儲けることではありませんので。

Posted by サンペリドン at 2021年11月21日 20:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク