2020年12月17日

過去の複勝ロジックが実は優秀だったと今になって感じる

競馬の勝ち方を構築右矢印1結果を残して証明したい。

その為に色んなことをやってきました。
そして、もがき続け失敗してきました。
そんな中、ある程度いけるという感触を
掴んだケースもあります。

年間回収率2年連続で140%超えの
3連複パターンなんてのは、ずっと
データを残しておくなり検証を続ける
べきだったのかもしれないですし、
そのようなアドバイスをいただいたことも
あります。

ただ、自分の中でしっくりきておらず、
予想方法が面倒であったり、買い方が複雑だったり。
対象レース数の確保の面で安定しないとか、
何かとケチがつくんです。

かなり前になるんですけども、複勝の
追い上げなんてことをやったこともありました。

あれだって収支だけ見れば、余裕で勝ってました。
まあ、メンタル的に崩壊する方法論でしたし、
続けていたら結果的に終わっていた可能性が高いと
判断はしましたけどね。

でね、そのときの複勝ロジックなんてのは、
今思えばなかなか優秀だったのですよ。

追い上げなしの平買いで年間回収率105%ありましたからね。
ただ、当時は地味だと判断して終わりました。

これは、複勝大穴狙いであって安定はしません。
ただ複勝で年間単位の利益を出すってむちゃ難しいんです。

今思うのは、この複勝ロジックと投資ロジックを
組み合わせれば、いい感じになるのではということ。

投資ロジックってなんだよという話ですが、
常に一定金額を賭けるのではなくて、変動させる
ことによって回収率アップをはかれるロジックです。

そんなこと可能なのかって言えば、可能です。
リスクは確かにあがる方向です。
ただむやみに追い上げするのとは違いますよ。

超連敗すりゃ、かなり厳しい状況になるでしょう。
でもそれは、別に資金云々とか投資ロジック関係なしに、
どんなやり方であれ、普通に起こることです。

複勝という馬券種の利点を活かせば、良い結果が期待
できると確信しているのです。

まあ、単純に試してみたい気がしただけなんですけどね。

地味な複勝という馬券種のロジックではあるものの、
うまく活用できる方法はないものかと。

実は私が今までいろいろやってきた中で、
着目すべきなのは、ここなのかもしれない。

なんだか寝起きでいきなりそんなことを思ったのです。

これって、閃きって感覚。
ですので、これもまたやってみることにします。

問題点として、対象レース数の少なさ。
資金管理が面倒であるというのがあります。

そしてこれは買い方を記載してしまうと、
そのままロジックが分かってしまうという。
シンプルな方法。ここでは公開しません。

ですので、レジまぐにて有料予想販売はしますが、
あくまでも年間回収率を見せるためのもの。
勝ち方を証明したいという位置づけにします。

実績を残しさえすれば、おのずと興味を持つ方は
表れるはずですので、楽しみの一つとして
継続していこうと思います。

興味がわいたらご覧下さい。

posted by サンペリドン at 05:06| Comment(0) | 競馬必勝法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク