2020年10月19日

有料予想販売の終了に向けての試み

どうも、サンペリドンです。
ギャンブルをやめて、競馬を観る回数はめっきり
減ってしまいました。

でも、変わらずG1は楽しみですし、賭けずとも
わくわくできるものとして受け入れています。

私は賭けることはやめてしまいましたし、ギャンブル
そのものを人生から手放した方が楽に生きられますよと
謳ってはいるものの、ギャンブルの醍醐味は知っているつもり
ですし、人には人の人生がありますので、それはそれです。

押し付けるものではありませんからね。

私は長らく、自分の予想を有料販売という形で提供してきました。
こういった媒体でです。



最近は、全然宣伝はしていませんでした。
というのも結果が出ていないからです。
私の中では長年の研究の成果が、競馬必勝法ではなく、
必敗法というのを認めたくなく長々と続けてきた次第です。

いえ、いつか巻き返してくれるものだと信じていました。
確率的に収束の方向に向かえば勝てる理論だと自負して
いたのです。

ギャンブル、いえ全てにおいて結果が伴っていないものは、
嘘っぱちです。戯言にしかならないのです。

こんな状況であるにもかかわらず、有料予想を
購入し続けてくださる方もいます。

結構、売れている。
需要があるから供給している。

ただそれだけの状態になっていました。

それでもいいんですよ。買い手が納得しているならね。

すでに今の予想法での負けを認めていますし、
正直にお話していますし、嘘偽りなく回収率の
報告までしているのですからね。

売れてしまう。なぜかはよくわからない。
いや、もし、何らかの形で貢献できているなら、
ありだとは思いますよ。
私にはわからないですけれども。
いまいちスッキリとはしていませんでした。

でね、悩んだのですが、現在の形、ロジックでの
有料予想販売は終了させて下さい。

はっきりと、駄目という結果がでているのですから。

あくまでも私は勝ち方を構築したいのです。

私は競馬の勝ち方をちゃんと掴んだという形に持って
行きたいのですよ。

結局、競馬は的中率と回収率の両方共、疎かにはできない。
当たり前の結論です。

的中率と回収率の両方を上げるのは至難でしかありません。
でも、勝つにはそれしかないのです。

その方法論を確立する方向で、新しいロジックを試します。

現在のロジックは年内で終了。
そして、新ロジックでは、2020年10月24日(土)から
今年いっぱい、無料予想して回収率が110%を超えて
いれば来年から有料予想として提供します。

これが駄目なら、もう競馬の勝ち方を構築するのも、
予想を提供するのも終わりにします。

いつも、今度こそはいけると思い失敗し続けていますので、
過度な期待はしていません。

ただ言えるのは、今より的中率は上がるということです。
問題は回収率にちゃんと反映されるかどうかです。

では、スタートします。
どのような結果になるのか、久しぶりに楽しみです。

私は、きっとロジックを構築して検証するこの期間が
好きなのでしょうね。
posted by サンペリドン at 11:27| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク