2020年03月04日

ギャンブル依存症を克服した私が今感じていること

ギャンブルの全てを否定はしません。

お遊びの賭けってのは、わくわくしますから。

楽しむという要素の賭けまで排除する必要はないでしょう。

ただね、パチンコ、スロット、競馬・・・
私はさんざんやってきましたよ。

これも娯楽で済む範囲であれば、いいでしょう。
自制できるのであればね。

私は本気で勝ちにいきました。
その結果、時間とお金を失いました。
まあ、一時的に大金を手にいれたり豪遊できた
部分はありますが、結局ギャンブルの芽を摘まなければ
いつかは全てを失ってしまう可能性を秘めています。

予想だにしなかったですよ。
これってとっても虚しいと思いませんか。

ギャンブルを経験すること、その中で掴んだもの。
自分の弱さを知った。

私は、脳を侵されていただけ。
然に覚醒剤やマリファナをやるのと変わらない。

【くだらない】

一言で表すなら、まさにそんな感じです。

酒、煙草も同じ部類なんだろうね。

脳が欲するのだから、いかしかたない部分もあるし、
だからと言って人生に必要かと言えばそんなこともない。

だけど、人生なんてのは人それぞれで何が正しくて、
間違っていて良い悪いなんてのは、個人に委ねる。

ギャンブルを心底楽しいと思える時期ってのは、
確かにあったんです。

勝ち負けじゃないんです。ただ純粋にすぐに目に見える形で
はっきりとした結果を知れる快感があったから。

勝ちに拘った結果、ギャンブルが楽しくなくなった。
その上、競馬で勝てないのだからなんとも虚しいでしょう。

【ブログの存在意義】
最近は、ただただ有料予想の結果を報告しているだけです。

競馬に関しては見ることさえなくなりました。

興味もありません。

ですので、このブログは競馬必勝法を求め続けたおっさんが、
ギャンブルを、くだらないと感じるまでに至った様子を
綴れればいいのかなって感じです。

ブログとしての収入も多少なりともあるし、維持費を
上回れば、それはそれで一つの資産となりうるのですから、
無理にやめる必要はありませんな。

リスクに対してのリターンは、競馬よりもよっぽどいいですね。

なんだろうね、最近はギラギラした自分が消えました。
心穏やかに生きている時間がホッとするのです。

何かにがむしゃらに頑張るつもりはありません。

只今、6歳の娘と3歳の息子が部屋中を走り回り、
時おり私の膝につかまってきます。これが幸せ。

子供たちと遊べる時間が貴重です。
ギャンブルなんてやってる場合じゃないんです。

ギャンブル依存症だった自分と現在の自分を比べると、
現在のほうが圧倒的に幸せなのです。

私は誰かを変えたいとまでは思っていないにしろ、
ギャンブルなんて【くだらない】と言いたい。

全てが同じだとは言わないけれど、競馬にはまって
私のようになってしまう人が圧倒的に多いというのは
事実です。

それは、そのようにできているから。

小さな枠を多くで取り合えば、苦しいんです。

もっとゆるい世界で生きたっていいんですよ。

私は、そうやって最近は生きています。
だから気持ちが楽になって笑顔も増えました。

欲張らない人生だっていいんですよ。
【ギャンブル依存症克服の最新記事】
posted by サンペリドン at 16:36| Comment(0) | ギャンブル依存症克服
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク