2019年06月04日

レジまぐで集客するという事

現在私は、レジまぐという媒体で有料予想の
販売をしています。

高期待値馬に優位性があると確信した上で、
有料にしても需要があると判断したからです。

最終的な目的は予想を売るだけというのでは
ありません。今は、あくまでも検証的なものです。

有料予想購入者様には、
高期待値馬の単勝をオススメしており、
2019年の回収率には現在の所、
満足しています。

ですが、何故、馬単1点買いという名目で、
有料予想の販売をしているのか?

それは、少々ずるい目論見があるのです。

有料予想という媒体上、まずは見てもらう
必要性がある、その為には目立たなければ
いけないのですよ。

要はインパクトが大事なのです。

私は、まず回収率で目立とうと考えました。
そして馬単1点買いという手法は、
回収率だけに特化すれば、長期的な回収率を
確保できる可能性が高いのです。

例えば1000倍クラスを1点で的中できれば、
その年の勝ちが確定してしまう程の威力を
持っています。

それだけに、そう簡単に期待値通りに安定
するはずがありません。

ですが、早めにそのような展開が来れば、
大きく目立つ事が出来るのです。

馬単1点買いの方法論は有料予想に
向いているかと言えば、向いていないでしょう。
そもそも、ひたすらハズレ続ける予想を
我慢して買い続けるメンタルなんて、
持ち合わせている人は、ほぼいないでしょう。

ですので、注目だけしてもらって後は、
単勝なり、複勝なりをオススメすれば、
興味を持ってくれる人がいるのです。

Screenshot_48.png

こんな感じでレジまぐで取り上げられるので、
私の狙いとしては、目論見通りってもんです。

そして、こんな瞬間に有料予想購入者様は、一気に
増えるのです。

現在馬単1点買いの回収率は80%しかありません。
ですが、おそらく3ヶ月以内に万馬券が的中し、
一気に回収率150%程度に跳ね上がるとみています。

こんなカラクリを、ここで言ってしまって
どうかとは思うのですが、長期的に馬単1点買いを
継続されている方に申し訳なく感じたのです。

決して馬単1点買いを否定しているのではありません。
確率的に長期的に見れば、私の手法の中で1番回収率を
叩き出せるのは間違いないと考えています。

ですが、長期的に継続して欲しいと言いつつ、
突然有料予想配信を閉鎖する可能性も否めないので、
中途半端になってしまうと危惧しました。

ですので、今後長期割引というシステムは、
排除します。

すでに、長期で馬単1点買い予想の購入を
されておられる方が複数おられますので、
2019年、2020年は、しっかりと
配信を継続する所存です。

年初から年間単位の回収率を実績として
残していくのが現在の目的です。

今後ともよろしくお願いいたします。

別件で、高期待値馬の選出方法を
限定3名様にお伝えします。


定員にて終了しました。
ありがとうございました。
posted by サンペリドン at 10:02| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク