2017年08月01日

貫ける馬券術を目指して

どうも、サンペリドンです。

実際にワイド馬券術を使用して、
少額ながら賭け実践検証してきましたが、

資金を複利で増やそうだとか、追い上げで、
的中したら一気に取り戻そうという考えは、
一切、消え失せてしまいました。

なんなら、資金マネジメントという考えさえも
消え失せてしまっています。

ギャンブルで勝つには確率を制する必要が
あると認識していますが、時に確率というも
のは、とてつもなき偏りを見せるものです。

連敗はどこまでいっても上限なんて
ありません。確率がゼロにならない事項は、
確率がゼロにならない対処をするしか
ないのです。

メンタルがどうのこうのいうレベルでは
ありません。いえ、実際にはメンタルに
よってそれを凌駕する必要があるのですが、
私は資金管理という観点では辿り着けないと
悟りました。

ですのでこれから先、レートは一定を
ずっと継続します。

そしてその資金の収入源は、このブログで
あり、有料予想なのです。

入ってくる収入から一定のレートを
賭けるというのを、ずっと継続するので
あれば、メンタルに厳しいという感覚は
無くなると考えています。

私はもう、会社以外からの収入によって
しか競馬の賭けをしないと決めました。
次の月の資金を決定し、それが無くなったら
その月の競馬の賭けは諦めるというスタイルです。

さて、実践でワイドに賭け続ける事によって、
確信できた部分があります。

それは・・・

『なんて競馬って難しいんだろ、要素が複雑すぎ、
的中率を追う事では、他人と差をつけるなんて
不可能だ!』

そしてワイドという馬券種が、私の性格には
向いていないというのも、よくわかったのです。
やっと的中したと思ったら、こんだけしか
配当がないんかい。。。トホホ、、、

この先、私自身が本気で相応なる資金で賭けを
継続するのは、なんだか違うなと・・・

そして、ふと頭の中によぎったのです。

【読者様の意見が】
サイド様のコメントを引用させていただきます。

私も長い間ブログを見ておりますが
実績があった三連複配信にされなかったのは
何故なんでしょうか


私は、最終的に自分自身が継続して使用
する為の馬券術であり、私自身が無理なく
継続できないようなものを、配信するのは
気が引けると返答しておりました。

今思えば、この時に気づくべきでした。
メンタルがどうこう言う前に、
ギャンブルは結果が全てだとほざいて
いたんですからね。

サイド様の、御質問は客観的な意見であり、
的確であり、さらには私の為を思っての
アドバイスでもあります。

私がブログ内で唯一、実績を残したのは
2015年の3連複でした。

回収率159%という数字。

本来なら、この手法をどう活用
させるかに着目し注力するべき
だったのだと思うのです。

私はメンタル的な部分で逃げて
しまいました。

結果が全てと言っておきながら・・・

私が競馬で勝つには、
むしろ回収率ではなく、
圧倒的に回収率に特化する
べきだった。

どちらにしろメンタルに優しい
馬券術なんて作れっこないんだから。

サイド様、また引用させてもらいます。
メンタルとご自分の資金管理
との事ですが、配信のメンタル的なものは
崩れにくいと思うんですよね。
なんせ公平公正に買い目をアップして
年間プラスだった馬券種ですから


もう、メンタルの視点からは判断しません。

サイド様から、いただいたコメントは、
ずっと頭の片隅に残っていました。

いずれ、三連複・三連単においての挑戦を
したい・・・

それが思った以上に早く来ました。

当時は傲慢な返答申し訳ありませんでした。

サイド様、本当にありがとうございます。
引用させてもらって、どうもすみません。

【ワイド馬券術購読者様の意見】
こちらも、日頃からお世話になっており、
貴重なアドバイスをいただいております。

これまた引用させていただきます。

印象的には、軸はしっかりしてるのに
紐が外しにいってるかのような予想でした。


紐馬の選定方法は改良すべきですね。

h様、いつもありがとうございます。

【高期待値馬の考察】
現在無料予想の高期待値馬は有料予想の
軸馬の中にルールを一つ付け加える事に
よって、的中率と回収率のアップを
狙っています。

たったルールをひとつ付け加える
事で対象レースが大きく減りますが、

現在、単複回収率は上々です。
まだ機能しているかの判断をするには
データが少ないですが、今後に
期待しています。

対象レースが少なくなってしまうのが
難点ですが、もしルールを一つ付け加える
のが優位に働いているのであれば、
その要素をもっとピックアップする
事で、全体の回収率をあげられると
考えています。

三連複、3連単の馬券術に向かって
戦略を練っています。

私自身が、生涯継続できるレベルの
ものを目指して。
posted by サンペリドン at 20:12| Comment(4) | 理想の形
この記事へのコメント
競馬の本質から考えるべきです。頭の中で答えを出してから、実践すべきです。
Posted by シブヤ at 2017年08月02日 20:11
シブヤさん、なかなか深いですね。
競馬の本質、勝ち馬を探すのが前提ですがゼロサムゲーム、即ち他者との奪いあい・・・そういう事じゃないんですか?
私が実際に本格的に競馬に参戦するのは、まだまだ先になりそうですが、馬券術としてのゴールはもう見えています。
Posted by サンペリドン at 2017年08月02日 22:41
タラレバの話は気持ちはわかります。自分も外れるたびに、前に捨てたあの方法なら当たってたな、とかね。サンペリドンさんの性格を鑑みるに、全部の馬券種買ったらどうですか?冗談じゃなくて。それで今年は馬連と3連複が良かったなあとか、ある年は3連単に救われたなあとか、もしかすると来年はワイドが爆発したり。失礼を承知で言うとそれくらいの精度のように感じます。それと月ごとに購入金額の上限を決めて、オーバーしたら諦めるというのは完全なギャンブルですね。やめたほうがいいです。購入していない(本来対象)レースで超高配当が当たっていた、なんてのは普通にあり得ますよ。ていうかよく起きます、競馬は(笑)。だって過去のレースの検証は、全ての対象レースを購入した場合にプラスになっているんですよね?お休みしたその週に年間収支を左右する配当、3連単なら100万クラスが当たってたら・・?回収率を追うならなおさらです。仮に馬券術が有効でも、そういう隙を容赦なくついてきますよ。お気を付けて。
Posted by 過去にコメントしたもの at 2017年08月03日 00:23
過去にもコメントしていただいたという事、ありがとうございます。
馬券種においては複勝で利益を出せるのが最強だと思います。
そもそも馬券種がどうこう言っている地点で精度としてたいした事はないですね。
どんな馬券種でも収支をプラスにできるレベルでありたいものです。


精度を求めると結局、上位人気に近づいてしまいます。そして回収率は安定してマイナスになってしまいます。私は精度を求めた上で回収率もあげようというのは諦めました。

馬券術として対象レース全てに賭けるべきなのは、まさにその通りですね。往々にして、賭けれなかった時に限って的中したり、諦めたとたんに爆発したり、メンタル崩壊な出来事って競馬に限らずギャンブルにはつきものですものね。

私の場合は苦肉の策という事です。資金マネジメントをしない事で逆にメンタルに影響しない状況を作ろうとしています。

会社以外からの収入でしか勝負しない事で的中した分は全てプラスで外れたものは最初からなかったものとして考えています。

よって私には勝ちしかない。メンタルが持たないので、考え方を変えて競馬と付き合う事にしたのです。
Posted by サンペリドン at 2017年08月03日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク