2017年06月27日

宝塚記念の結果を競馬の勝ち方の教訓とする

2017年、宝塚記念。

キタサンブラック、圧倒的1番人気。

単勝オッズは1倍台。

常に知っておくべきは、競馬でおこる
様々な要素を加味した上で単勝1倍台に
期待値があると考えてはいけない事。

馬というのは、繊細な生き物です。
出遅れ、躓き、骨折、鼻出血、
他馬との接触・・・様々な場面迄、
ふまえた上で、単勝1倍台というのは、
ありえないと心得ておくべきです。

こんな事を言っていますが、私は、
キタサンブラックに死角は無し、
まず普通に走りゃ勝つと思っていました。

多くの方が、そう思っていたのでは?

それでも、期待値の観点から賭けに参加
してはいけないと判断し、観戦して
楽しみました。

これもしキタサンブラックに賭けていたら、
競馬を辞めたくなる位、やりきれない気持ちに
なるだろうって感じました。

これが、競馬ってもん。
絶対はないというのは、何度も経験し、
学んでいるはずです。

主観的には、キタサンブラックを
外した馬券なんて賭けた所で、的中するとは
思えない。だからと言ってキタサンブラック
から賭けたら、期待値があるとは思えない。

こういう場合は、キタサンブラックが
飛ぶという、何か根拠的なものが
欲しい所です。

私の馬券術では、キタサンブラックが
軸になってしまいました。

結果的に、紐馬の2頭が1,2着でしたので
せめてキタサンブラックが3着以内にはいって
くれたら、的中しとったのに・・・

とタラレバが言いたくなる状況ではありました。

馬連に目をやれば、なんと5250円も
ついているでは、ありませんか。
紐BOXタラレバ馬連的中!

私がワイドとして構築したはずの馬券術は、
ワイドでは、現状、てんで結果を残せては、
いませんが、タラレバの馬連と3連系では
回収率100%を超えているというのは、
こういう美味しい配当を、サラリと的中
しているからなのでしょうか?

まあ、馬券術としては、軸馬がキタサンブラック
という地点でアウトな訳ですが、オッズから
見れば、キタサンブラックが軸の地点で、
見送りレースとするのが正解でしょうね。

馬券術として、キタサンブラックに不安
要素ありと判断した上で、勝負するという
のが、理想的な形だと思います。

だからといって・・・

キタサンブラックが飛ぶ可能性が高いと
判断出来る根拠を探すというのは、
それはそれで無理があるというものです。

敗因が騎手にさえよく分からない。
見えない疲れがあったのかも・・・
馬の気持ち迄は想定できません。

ですので、こういうパターンで、
私が肝に銘じておくことは、

このようなレースを見るたびに、
競馬と言うのは、何とも不確定要素が
多いものだという事を認識する事。

2017年、宝塚記念を心に刻み
忘れてはいけないのです。

絶対を確信したレースであっても、

決して、レートをあげるような事を
せず、あくまでも数あるレースの
一つと捉え、淡々と賭けるという
姿勢が大事だと思うのです。

長期的に競馬と付き合い勝ち切る為に
必要な要素であるのです。

以前の私であれば、宝塚記念という
ブランドに熱くなって、参戦しない
という選択はありませんでした。

それどころか、有金全部勝負なんて
ことを平気でやってしまっていたのです。

私が、絶対を感じ主観的に競馬をやりそうに
なった時、レートを変えて大勝負を
したい感情が芽生えた時には、いつも、

【2017年宝塚記念キタサンブラック】

を、思い出すと決めました。

『競馬に絶対はない』

教訓レースとして、重宝します。
posted by サンペリドン at 15:08| Comment(0) | 競馬必勝法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク