2017年03月11日

対象レース数の増加と理想の馬券術への試み

確固たる馬券術があれば多くの方法論は必要ありません。
メンタル的にブレの元になってしまうからです。

なかなかひとつの方法論を貫き通すのは難しいものです。
私は何度となく、目移りしてしまうのです。

これは、いたしかたありません。
なぜなら私は負け続けているんですからね。

メンタルは確かに弱いですよ。それでも、以前のように
闇雲に賭けるような事はなくなったし、
確固たる馬券術を完成させる迄は、ひたすら検証しつつ
競馬資金を貯金する所存で取り組んでいます。

相変わらず、しっくりとは来ていません。

もっと簡単に、的中率と回収率をあげれないか?
もっと良い方法はないのか?

年間を通じて回収率110%以上が現在の
目標ではありますが、現状の馬券術では、

対象レースの少なさが不満です。そして、
オッズフィルターをかける事によりさらに、
対象レースが減ってしまうというジレンマ。。。

あくまでも自分の納得いく形にしたい。
そうでなければ自己流の馬券術の意味がない。

もちろん勝つのが絶対的な前提ではありますが、
やっぱり、やっててわくわくしないのは、

私としましては意義がないと改めて感じています。

そういう訳で、馬券術のルールとして、
対象レースを増やす事と、オッズによるフィルターを
かけずとも、年間回収率110%以上を叩き出せる
というコンセプトで、馬券術の構築に取り組む事に
しました。

その可能性は、新たな手法で取り組んでいる
ワイドに感じているのです。

単勝・複勝だけで利益を出すに比べ、可能性として
回収率を上げれるのではないか?と思う節が
あるのです。

まだ、私自身が本腰入れて賭ける状況ではないですし、
有料予想という訳でもありません。
現段階で手法にそこまでこだわる必要もないでしょう。

ですので、少しルールの改正をして
ワイドでの回収率に重点を置きつつ、軸馬の
ポテンシャルを探ると言う意味で
単勝・複勝の検証も重ねるという形を取りたいと
思います。

またか・・・と思われるかも知れませんが、
納得して、理想を追求する事は忘れたくありません。

これでいいんです!
posted by サンペリドン at 17:46| Comment(0) | 理想の形
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク