2017年01月06日

運用方法見直しについて

どうも、サンペリドンです。

馬券術をルールに基づき検証という事で、
馬券術@とA

いざやってみると、既に問題点が発生。

まず、馬券術@は前走1着馬とのタイム差と
いう項目を足した事により対象レースが激減

馬券術Aに関しては、朝7時の地点のオッズでは
実際値とのブレが大きすぎて対象レースに
対して見送りレースが多く、手間がかかるという
感覚で、負担が大きく継続するのは厳しいと
感じました。

今の所、昨年の改善版の馬券術@のみで、
検証を継続しようと思います。

問題は、対象レースの激減です。

1月5日は、中山・京都をあわせ
対象レースが1レースしかありませんでした。
24分の1です。

フィルターをかけすぎてしまっているのが
原因でしょう。

こうなってしまうと、競馬を楽しむという
感覚からは離れてしまうと思います。

レース数を補う為に馬券術Aを構築しようと
考えた訳ですが、これは締め切りに近い
オッズが必要であり、私には厳しい。

馬券術@のフィルターを甘くすれば、
対象レース数は増えるが、結果昨年と
変わらぬ結果が待っているでしょうね・・・

これは悩ましいです。

でもやはり、年間で回収率100%以上で
無ければ馬券術としては意味がありません。
というか、そうでなければ馬券術とは
言えません。

多くを求めてはいけないのかも知れません。

また見失ってしまうかも知れないな。

まずは、馬券術として優位なものを
一つ、自分の軸に持っておくべきですね。

展開するのは、それから・・・

まだ、まだまだ早い。
例えレース数が少なくとも、
レートをあげれば対応は可能です。

問題は、それ程迄に、惚れ込んで
しまう程に貫けるかどうか?

そこまで確信できるか?

現地点では厳しいですね。

結局・・・

結果としての実績を作る事でしか、
到達できないでしょう。

厳しいよなぁ・・・

競馬を楽しみたいと思うなら、
きっと出来ない領域でしょう。

以前の私なら、無理です。

だけど、今の私なら大丈夫。

まだ2017年はスタートしたばかり、
いきなり馬券術Aを保留するのは、
違うんでしょうけど、やめるなら
早い段階が良い。

1番人気と2番人気を比較するというのは
着眼点として悪くないと思います。
要は、過剰人気馬を見つける術があれば、
その過剰人気馬が出走した時には、
他馬の期待値は上がっていると言えます。

その基準をどう捉えるかという事ですね。
それが回収率として現れなければ、期待値が
出せているかを疑うべきでしょう。

はぁ、仕方ありません。私には、
こうやって競馬と向き合うしかない。

開始早々ですが、馬券術@一本で、
次回からスタートします。

そもそも、馬券術Aについては、
まだ対象レース自体が発生しないのです。
レース数を補うどころか、手間ばかりが
増えたという結果となっています。

できるだけシンプルに・・・
私が求めている部分です。

めんどくさいという感覚が発生
しては、いけないのです。

まあ、いっか・・・

私にとって競馬とは・・・

何なのだろうか?

まあ、とにかく
馬券術@だけになりましたが、
こちらは継続できるはずです。

では、バぁイ!

いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう!
posted by サンペリドン at 15:09| Comment(0) | 予想方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク