2017年01月04日

今年も宜しくお願い致します。

サンペリドンです!
本年も、宜しくお願い申し上げます。
心新たに競馬と向き合って参ります。

まずは今年の目標として軸になる馬券術の最構築を第一に上げます。

即ち、昨年回収率100%を達成出来なかった馬券術にフィルターをかける事で的中率と回収率両方の改善を目指すのです。

通常、的中率と回収率は相反の関係にあります。両方共に上げるというのは無理があるのです。ただ、競馬において回収率100%を越えるという事は、この無理がある行為を克服せねば成り立たないのです。

そりゃ、負け続けて当然な訳ですね。だってそれが大半なのですから。

さて、今年は単勝1本です。
一応目安として的中率15%回収率120%を想定値としておきます。
想定値というよりは希望値ですね。実践として的中率と回収率が年間を通してこの値を越えてこなければ、メンタル的に継続が困難だと感じています。特に的中率は高い程、馬券術としては優秀だと思いますよ。

項目としてオッズ確認が増えました。朝7時のオッズを確認し投票判定という事にします。

今年は、自信があるとか確固たるとか、そんな事は申しません。
ですが、馬券術として私の中では完成していますし、期待はしています。毎年の事ながら、最新のものはいつも最大のものだと思って取り組んでいるのです。

ブログに前日予想として掲載するのは、この馬券術によるものです。
問題として、フィルターをかける事によるレース数の減少があります。まずは年間回収率100%を越えなければ意味がないので、そんな事は言ってられませんが。

そして、次に検証するのは・・・

レース数を補うという意味で、単勝1番人気と2番人気で馬券術の要素の中から優位と考えるパターンについてオッズとも照らし合わせて検証します。要するに1番人気馬が負の要素、2番人気馬が正の要素の場合のみに賭けるという方法論なのですが、こちらの方は馬券術として固まっていません。

前項の馬券術は他馬との比較要素に乏しいですが、こちらは1番人気と2番人気の比較要素があるので、より有効かも知れないです。

そして、上位人気馬の比較の為、要素の検証特定をしやすいという利点もあります。

常に2番人気の単勝ですので的中率にも期待が持てます。将来的にこちらの方が主流になるかも知れないですね。
問題として、オッズを扱う為に出来るだけ締め切り間近のものが欲しいという点。
この点は一定時間のオッズで検証してどうなるかといった所です。今の所、朝7時の地点のオッズで検証の予定です。

まあ、色々と試してみますが、まずは目標に掲げました通り昨年失敗に終わった馬券術が単勝のみ、そして、フィルターをかける事でどこまで改善出来るのかというのに焦点を当てたいと思います。

それよりも、まずは年間貫く事の方が大事なのでしょうね。

前日予想→当日7時のオッズ確認→オッズ範囲であれば対象レース

このような流れとなります。

仕事の都合上、必ずしも前日に予想出きるとは限りませんが、馬柱さえあれば予想は可能な方法論です。出来るだけ前日に掲載出来るように頑張ります。

では、1月5日から、スタートです。

いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう。


posted by サンペリドン at 02:59| Comment(0) | 競馬への思い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク