2016年12月25日

馬券術と期待値

どうも、サンペリドンです。

馬券術において、2016年に
横着かました点・・・

それは、オッズの無視です。

まあ、前日に予想できるシステムが
欲しいというのが私の理想であったと
いう事が、主な理由です。

これだけ、期待値と言ってきて、
オッズの要素をないがしろにしたという
矛盾なんですが、それでも年間で回収率
100%を超えれれば問題なかろうって
いうのが私の考えでした。

統計的に優位な要素を集めてんだから、
大丈夫だと思っていたんです。

ところが、回収率100%以上を
達成できないとなると話は別です。

逆にオッズを見るという事は、
とても重要な要素なのでしょう。

そして競馬ファンの情報集大成が
オッズですし、年間を通せば
単勝人気順とオッズの関係は、
相関関係にあるというのも、
これって凄い事なのだと思います。

これは利用するべき項目ですね。

それで、オッズをどう利用するかですが、
オッズの範囲を出来るだけ細かく調べ、
どの範囲のオッズが的中率と回収率の
バランスがいいかってのを判断し、
そのゾーンだけを狙ってみようって
思ったのです。

例えば対象馬が単勝5倍から15倍の
範囲に入った時だけ購入するといった
やり方です。

問題はそのオッズがレース直前な程、
正確になる為、本気でオッズとにらめっこ
するとなると、どうしても時間を取られて
しまうという事です。

私、そこまでの事は出来ません。
そんな、毎週毎週レース直前のオッズなんて
見ていられません。
だけど、その部分は大丈夫なのです。

結局、私がオッズによって得たい情報は
極端なオッズになっていないかって事
なのです。

ですので朝7時の地点のオッズを
確認する事で、明らかに期待値の低い
条件なら回避すれば良いと
結論づけました。

朝7時の地点で単勝オッズ20倍の馬が
最終的に単勝1倍台になってしまうのは、
まず考えられませんし、ある程度、
大筋で、10倍位のオッズがつけば、
OKだなってのが分かればいいのです。

私の検証上、狙うのは
○倍以上〜○倍迄です。

(この数値は、まだ秘密です。)

このオッズゾーンですが、
だいたいという要素の上、根拠としては
微妙です。

馬券術で選択された対象馬の確定オッズから
後付けで、回収率が最も高くなったゾーンを
的中率と比較し最適化しただけです。
しかも、2016年分だけです。

馬券術という観点から見れば、オッズは
できるだけ高オッズの方が期待値は高いと
いう判断をするべきですからね。

ですが、馬券術で導かれた対象馬が、
オッズゾーン範囲外の場合
例えば単勝100倍を超えていれば、
対象馬としてみなしません。

なぜならば、単勝100倍を超えている
場合、馬券術としての回収率は0%だった
からです。要するに対象馬として賭ける
価値のないという事です。
馬券術としての要素だけでは、オッズの
要素に勝つ事が出来なかったのです。

願わくば・・・
オッズの要素に勝ち切るだけの馬券術
であって欲しかった。
オッズを無視しているからこそ、
到底取れないと思えるような
単勝万馬券にさえ、手が届く・・・
そんな馬券術であって欲しかった。

だけど、願いは、かないませんでした。

本来・・・
対象馬は、高オッズであればある程、
理論上の期待値は上のはずです。

そして期待値を追うというのは、
そういう事だと私は認識しています。

それなのに・・・
どういうことか・・・

オッズの要素には勝てない。
そして、オッズが低い程、期待値が低い
というのは、その通りの結果となっています。
なんだかなぁ・・・
がっかりなんですよ。

私の馬券術上ではね。

オッズは、低すぎても、高すぎても駄目。
これに関しては、理由付けが必要です。

今のとこ、うまく説明が出来ません。
だけど、あるオッズを超えたとたんに、
はっきりと回収率が下がるポイントが
発生しているのは確かです。

2017年、検証してみる価値は大いに
ある程、明確なポイントです。

私の期待を込めて、
新馬券術 単勝コース
2017年1月5日からの
1年間で
的中率15%
回収率120%
を目標とします。

出来る限り、
前日予想をします。
その結果がどうなったかの
報告をいたします。

すんなりいくかは分かりません。

でも、自分なりに良い方向に、
的中率と回収率両方の上昇を
目論んでルールを改正したつもりです。

もったいぶって、ルールの全て迄の
公開はしませんでしたが、
そこはちょっとしたプライドです。

まあ、ほぼほぼ公開したような
もんですけどね・・・

さて、どうなるのでしょうか?

楽しみにしています。

毎年、おんなじような事
言って、失敗してるだけですけど。。。

まあ、ええじゃないか!

いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう!
posted by サンペリドン at 19:47| Comment(0) | 予想方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク