2016年12月23日

有馬記念の予想

どうもサンペリドンです。
今日は馬券術度外視です。

久々に、主観による予想です。

競馬を純粋に楽しむという点では、
これが一番だと個人的には思います。

ただそれでは、私の場合日によって、
予想がガラッと変わってしまうのです。

なんというか不確定要素に頼りすぎてしまい、
結果なんでもありって感じで、長い目で見て
勝てるとは到底思えません。今まで負け続けて
きましたし、大半の方は年間レベルで
負けているものなのです。

だから、競馬ってそういうもんなのでしょう。

少なくとも、主観で安定して勝てるかといえば、
私には無理だと思います。

私だって、それなりに血統とか上がり3ハロンとか、
タイムだとか、パドックだとか、騎手だとか、
競馬で有効だと思う要素の研究はしてきましたし、
うんちく立ててそれなりの予想は出来ますよ。

まあ、結局勝てないですけどね。
テレビで偉そうに競馬解説してるお方だって、
大半は負けているのですからね。

と、いう訳で今更、なんで主観による
予想なんだっていうと、単純に競馬を
楽しむ心を忘れたくないからです。

自分で色々想定するって行為が、
きっと楽しいんだと思います。

まあ年に数回、こんな感じで楽しんでも
いいじゃあ〜りませんか(笑)

てな訳で、それなりの根拠に基づいて、
それらしい予想をしてみましょうかね?

2016年12月25日(日)中山10R
有馬記念
まず、ポイントとなるのは、中山の
馬場状態と、枠の有利不利だ。
暮れの中山はやはり力を必要とする馬場、
そしてどうしても逃げ先行有利に映る。

前を主張したい馬が内枠に入れば、その地点で
大きな武器となる。そういう点でまず、
1番キタサンブラック
2番ゴールドアクター
に注目したい。

次にペースであるが、恐らく7番マルターズアポジーが
逃げを主張するであろう。1番キタサンブラックは、
無理に追うとは思えず、ペースが速くなるとは思えない。

もう1頭注目の菊花賞圧勝し本格化を伺わせる、
11番サトノダイヤモンド
強さは認めても、今回軽視したいと考えている。
長くいい脚を使えスタミナ豊富な印象だが、
中山の馬場に対して適正が低い可能性があり、
外目の奇数枠というのも好条件とは思えない。
古馬との対決も不安であり、過剰人気の感がある。
という訳で、思い切って消す。

馬券的妙味と、コース実績をふまえて、
私が一番魅力を感じるのが、
2番ゴールドアクター。

1番キタサンブラックをしっかりとマーク
しやすい、そして今の馬場は、この馬にとって
ピッタリだと私は感じる。

結論としては、
ゆったりとしたスローペースで、
極端な競馬が出来る馬に、
軍配が上がると予想する。

という訳で、
単勝2番ゴールドアクター

馬連1−2 2−6 2−7 2−10 2−14 2−15

馬単2−1

ワイド1−2

3連複1・2軸→6・7・10・14・15

3連単1着2番2着1番固定→6・7・10・14・15

以上が、私の主観による2016年
有馬記念予想です。

要するにサトノダイヤモンドが3着以内に
来たら、ほぼ終わりって事ですな。。。

まあ、現実的には、サトノダイヤモンドに
ビビッて、ワイド1−2厚めにって
やってしまうんでしょうね(;'∀')

でもね、もしサトノダイヤモンドの単勝オッズが
3倍以下なら、私は賭ける価値がないと思います。
不安要素の方が大きいですからね。

いやあ、楽しみですね。

たまには、こんなんもええじゃろ。
では、では。

いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう!
posted by サンペリドン at 01:11| Comment(0) | 見て楽しむ競馬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク