2014年12月06日

馬券術考察

おはようございます。
サンペリドンです。

いや〜仕事がハードすぎて
全く何も、やる気がしなかったです。

私は、只でさえ、労働というものが
苦手なのですよ、他人に何か言われて
使わされるのが大嫌いだし、
そもそも上下関係というものが
しんどいと思ってしまうのです。

まあ、愚痴だけになっちまいそう
なので詳細は省きますが、私に
とって7連勤なんてのは、過酷
以外の何ものでもないのです。

そして今日やっと、休みなのです。
久々に、のんびり競馬観戦できる
って訳なのですよ。

ところがどっこい肝心の馬券術はと
いうと、停滞状態・・・

今回の馬券術について、冷静な
考察を述べようと思っていました。
まあ、結論は数日じっくり考えて
いましたので、もう出ています。

結論を出すには早いと思われるかも
知れませんが、私の馬券術の今まで
の傾向に、とても似通っているので
この先も同じような結果が
待っていると想定できます。

自己流馬券術 2014年10月4日〜
11月24日迄
事前予想結果トータル(小数点切り捨て)

単勝的中率・・・5/125→4% 
回収率・・・17880/12500→143%

複勝的中率・・・15/125→12%
回収率・・・8820/12500→70%

合算回収率・・・26700/25000→106%

例のごとく、単勝の回収率が高く、
複勝の回収率は低い・・・
今回は複勝の回収率を上げる為に、
オッズのゾーンを高めに設定し、
的中率は低くとも回収率と複勝率で
勝負してやろうではないかと、
胸を高鳴らせていたのですが、
無残な結果となりました。

但し、単勝の回収率に対しては
評価して良いと思います。

私の馬券術は、戦績の安定よりも
1着馬を導きだすのに有効なのか?
そんな考えも片隅にありました。

ですが違いますね・・・
単純に複勝で回収率100%を
越すというのは難しい・・・
ただそれだけなのでしょう。

単勝オッズの有効なゾーンと
複勝オッズの有効なゾーンは
又、違うのだと感じています。

ですので、今回の馬券術を
貫くのであれば単勝に限るべきです。
問題は、的中率の低さによる
メンタルの崩壊ですね。

今回も結果的にその部分が
大きくのしかかりました。
私自身が貫けないものを奨める訳には
行きません。
連敗しようがこれ位、余裕ですよ。
はっはっはー!てなもんじゃなきゃ、
お話になりませんね。。。

単勝1点勝負にするならば、回収率を
下げてでも的中率を上乗せさせる
必要を感じているのです。
もちろん回収率は年間を通して100%
を越えなければ意味はありませんが。

そしてこの点を考慮した馬券術は
完成したのです。それでもやはり、
単勝で収支をプラスにする為の
オッズというものは切れません。
一般的に中穴馬の単勝狙いと
いうスタイルになるでしょう。

回収率は120%程度あれば十分。
今まで馬券術が全く機能していなかった
とは思っていませんし、良い部分を
残し改良できたと感じています。
安定して貫けるものに今回こそ
仕上がっていると思います。

来年から実践で証明したいと思います。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

       ≪スポンサーリンク≫








posted by サンペリドン at 05:08| Comment(0) | 理想の形
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク