2014年10月30日

いかにレースを選べるか?

どうも、サンペリドンです。
今回はレースの選定について
私の意見を述べたいと思います。

全レース参加した上で収支をプラスに
できる・・・そんな方法があれば、
それはもう最強の馬券術ですね。

投資機会が多い方が資金を回せますし、
安定するというものです。
でも、私には無理です。。。

馬券術に優位性が無いのであれば、
レース数をこなせばこなす程、大数の法則
に近づくはず・・・即ち、控除率の壁を
超える事は、出来ません。

レース数をこなせばこなす程、安定
して収支がプラスになるのであれば、
それはもう馬券術としての優位性は
証明されたと言っていいでしょう。

何レース単位と明確な数を表すのは
難しいです。的中率によって求められる
レース数というのは違ってくるはずです。

私の中で年間を通して収支がプラス
なのであれば、それは立派な馬券術だ
と言って良いと思います。

但し馬券術として優秀な条件として、
的中率があげられます。
的中率が高い上に回収率が100%を
超えているというのが理想ですね。

正直、そこに辿り着くのは難しい
と感じています。ですので、

私の場合、現在の馬券術では、
単勝で10%程度、複勝で20%程度
の的中率になると想定されます。

いや、これは理想論で、厳し目に
見て、的中率は下がるでしょう。
そして、それでも回収率をプラスに
する為の条件として、いかに
単勝1番人気馬が飛ぶレースを
選択できるかというのが鍵なのです。

要するに私が買う馬券に1番人気馬は
ありえないという事です。

現在馬券術は、単・複の1点買いです。
複勝のオッズというのは、人気薄の
組み合わせの方が配当が上がります。

1番人気馬が3着にも入らなければ、
的中時の配当もよりよいものに・・・

ですので、1番人気が通常より着外に
なり易い条件の統計を色々、取って
見ました。

これがまた難しくて、結局1番人気馬
ってのは長い目で見ると、確率的に
1番勝つし、複勝率も、
1番な訳ですよ。

それでいて、結局、単勝率は35%程度
な訳です。そうなると、むやみに
レースを絞ると、投資機会が減ってしま
い、それはそれで、馬券術としては、
なんとも、もどかしいものに
なってしまうのです。

出来るだけ多くのレースに参加し、
なお且つ、1番人気馬が来そうに
ないレースを選択する・・・

レースを厳選するのは大事ですが、
あまりに厳しい条件では、成り
たたない・・・

それで、現在の馬券術として、
1番人気馬が1着になる可能性が
高いであろうというレースのみ、
見送りレースとしています。

詳しい選定法は秘密ですが、
その中でも基本となる条件を
紹介したいと思います。

まず、楽に先手を取れると判断した
1番人気馬が出走していた地点で
見送りレースです。
差し・追いこみ脚質ばかりの中で
先行できそうな1番人気馬が、
そう簡単に飛ぶとは思えません。

先行しそうな1番人気馬に競り合って
先手を奪いたいような馬が4番人気馬
以内にいるのであれば、逆に狙い目の
レースとなります。
狙い目は差し・追いこみ馬という事に
なるのです。
問題は展開をどのように想定するか?と
いう事になるのですが、これも主観が入ら
ないようにルール設定をしています。

展開だけで言えば、単勝1番人気馬が
差し・追いこみならば、狙い目の
レースとなります。
もちろん、人気薄の逃げ馬狙いです。

率先して参加したいレースとしては、
単勝1番人気馬が、
・牡牝混合で牝の2000m以上
・3ヶ月以上、休養の牝馬
・馬体重450s以下
・差し・追いこみ馬
・騎手乗り変わり
・前走 芝⇔ダートの変わり
・ハンデ戦
・前走より距離延長馬
・不良馬場
・最内、大外ゲート

他にも条件は色々ありますが、
こんな感じで、該当する1番人気馬が
出走していれば積極的にレースに
参戦しているのです。

このような条件をふまえてみても、
結局1番人気馬があっさり勝つと
いうのは多々あります。

それでも、このように統計的に
勝率が落ちる1番人気馬が出走する
レースだけを狙う方が、やみくもに
毎レース賭けるよりも、収支が
良い方向に向かうというのは
間違いないと思っています。

まだまだですけどね・・・
単勝1番人気馬が飛ぶレースを
的確に選出出来たとしたら、
そのレースは見送る。

それはもう、勝ちに等しいという
レベルなのではないか?

この精度を上げるのは、なかなか
難しいですけどね、、、

でね、逆に単勝1番人気馬が1着に
なる可能性が高い条件として、
私の理論から導き出された1番人気馬
(要するに見送りレース)
だけに単勝を賭けたとして検証して
みたら、的中率45%
回収率は91%でした。
(2013年、確定オッズから検証)

もし、これで回収率が100%を
超えているとしたら、これまた
優秀な馬券術となるのですが、、、

残念。。。
それでも、単勝1番人気馬が来そう
なレースを見送るという意味では、
それなりの結果だと思っています。

まあ、ルールとしては固まっています
ので、来年こそは貫き通す所存です。

今年の馬券術における、単勝収支の
プラス・・・実は確定してるんだよな。

問題は複勝、私の馬券術の優位性を
証明するには、とにかく年間を通して
複勝収支をプラスにする事!

新たな馬券術としての現在の複勝収支は
ちょうど100%、プラマイゼロ。

これが、確率の隔たりとして、上なのか
下なのか?この先の結果を冷静に判断
したいと思います。

複勝で収支をプラスにする難しさは
十分に学んでいます。ですので、
プラマイゼロの現状況は悲観的になる
必要はないと思っています。

それでも、結局収支がマイナスになる
ならば、馬券術として認める訳には
行きません。

馬の選定方法としては、満足している
部分が大きいです、問題は、レース
選定にあるのではないか?
というのが、現在私が感じる部分です。

実践検証を継続すれば、おのずと、
何が足りないか、見えてくるはず。

メンタル面も含めて、来年こそは、
最新の自己流馬券術を貫き通したい
という思いが、強いです。

迷うな・ブレルな・貫き通せパンチ
年間を通して、貫いて、その上で、
自己流馬券術について考察する。

そうじゃなきゃ、せっかくの馬券術
が、ないがしろではないか・・・

それじゃ、可愛そうだし、失礼だよな。
私の脳に・・・

てな訳で、新馬券術の今年の複勝収支
がプラスならば、有料予想提供迄、
考えているサンペリドンです。

複勝収支をプラスにできようもの
なら、馬券術の価値としては、
十分だと考えます。

さて、どうなるのでしょうか?

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村


posted by サンペリドン at 23:25| Comment(0) | 予想方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

スポンサーリンク