2021年10月23日

シンプルに考える 結果が全てである

どうも、サンペリドンです。
最近はめっきり穏やかな日々を過ごしています。

ギャンブルは全くやっていません。

刺激はないのですが、幸福度はあがってるし気分上々なので、
まあいい感じですね。

今年は、進退を懸けて有料予想2つやってきました。

一つは馬券術完成形と称して単勝、馬単併用買い。
もう一つは複勝ロジックを用いた賭金変動法。

年間回収率120%いかなかったら、もう
金輪際有料予想の類はやめようと決めていました。

で、結果は2021年10月23日現在、
芳しくありません。結果はまだわかりませんが、
この先続けていって良いとは思えません。

うん、やっぱりあかんのか、虚しいですが、
結果を残せそうな状況ではありません。

きれいさっぱり諦めよう・・・
いや、何度も思いましたし、実際にギャンブルとしては
手放していますからね。

ただ、とにかく自分の中で競馬の勝ち方を確立させ、
実際に勝てるとこ証明した上で身を引くってのが、
理想なんですよ。

そこ、そんなにこだわるとこじゃないよな。
ギャンブル依存症克服できたのだから、充分なんですよ。

本当は。

でもやっぱここまで20年余りも勝ち方の
研究をしてきたのだから、自分の中で最終形は
残しておきたい。

で、今一度おさらいをやってみました。

そしたらね、一番シンプルなロジックが残りました。

単勝1点買いです。

いやあ、やっちまった。
何をやっちまったかというと、有料予想は、これだけで
良かったってこと。

ごちゃごちゃ複勝ロジックにもっていったり1日単位の
賭金を変動させたりなんて必要なかったんですよね。

2021年1月〜10月22日迄の結果。
ルール 単勝1点買い 全レース同じ金額を賭ける。

対象レース数411
的中レース数35
的中率8%(小数点以下切り捨て)
回収率125%
(51,590/41,100)

ひゃあ、やっぱりやっちまってるな。
堂々たる結果やないかい。

まあ、気づいただけましです。

このまま年内終わっても回収率120%超え
だったら、私の最終的なロジックは、
これだけでいいです。

遠回りしたけど、最後はシンプルだった。

これってきっと本質なんですよ。

もう理論とかごたごた言いません。
結果が全てですからね。

このままいけば、年間対象レース数は500程度には
なるでしょう。

もう1年検証して1000レース超えた上で、
回収率120%を超えていれば合格にします。

まあ、年間回収率を見て通用すると判断できれば
継続しますし、もう揺るぎないロジックという所まで
昇華できればと考えています。

いやあ、それにしても気づくの遅かったよな。
有料予想購入者様に対して大変申し訳ありません。
今一度単勝1点買いだけの買い目を見ていただければ、
理解してもらえると思います。

馬単引きずりすぎてました。
理論上は馬単で結果出せるはずなんですが、
結果がともなわない以上、どこか期待値の出し方を
間違えているんでしょう。そう結論づけます。

というわけで、改めてロジックの完成形が決定しました。

諦めずにすんだ結果となり良かったです。
楽しみが増えました。

この先の保証はできませんが、継続する理由はできました。
posted by サンペリドン at 01:19| Comment(0) | 理想の形

スポンサーリンク