2019年03月09日

オジュウチョウサンの圧倒的1番人気から見る大衆心理を利用した競馬の勝ち方

どうも、サンペリドンです。

最近は、あまり競馬を観ていません。
まあ、私の馬券術では滅多に的中
しないので、ストレスが溜まるだけなので(笑)

けれども、単純に競馬を観戦して楽しむ
というパターンも、たまにはありますよ。

今回は、オジュウチョウサンに注目していました。
障害レースで圧倒的な力を見せ続け、
2018年、ファン投票3位という
異例の結果に。

まさか本当に出走するとは思っていなかったです。
陣営さんサービスの賜物でしょう。

有馬記念で、どんな走りをするのか・・・
楽しみではありました。けれども、
私の中では、真っ先にいらない馬になります。

これは期待値という意味でですよ。
要するに賭けてはいけないと、
一番最初に浮上した馬でした。

1000万下で勝ったのは、評価できますが、
平凡なタイムで展開に恵まれた。
流石に有馬記念で好走するとは思えません。

ましてや、ファン投票で選ばれた訳ですから、
過剰人気してしまうのが眼に見えています。

全くいらないですね。
まず、掲示板にのる事はないでしょう。
というか、ぶっちぎりのシンガリ負けさえ、
ありえると思っていました。

だけどね、オジュウチョウサンは凄かった。
内から一瞬見せ場を作ったんですよ。
勝ち馬から1秒以内ですよ。
こんなに走るなんて思わなかったです。
御見それいたしました。。。

なんせ、マカヒキに先着してるんだからね。
なんてったって相手はダービー馬なんですよ。

そして久々の本日に、また障害戦に出走と
なりゃ多くの人が注目しますわな。

私も、その中の一人です。競馬ファンって
奴ですな。

阪神スプリングJで、どのような走りを
するのか見ものでしたが、完勝でしたね。

まあ、普通に走れば楽勝でしょう。

だけどね、単勝1.1倍って。。。
これぞ過剰人気って奴ですね。

普通に走れば勝てるにしたって、
普通にいかないのが競馬ってものです。

出遅れあり〜の、接触アリ〜の、
落馬あり〜の、ましてや障害戦。

そんな中で、単勝1.1倍というのは、
大衆心理ってやつです。

「間違いなく勝つ」という、心理が
大衆に働くと結局こうなるんですよ。

だから、これを逆手に取れば、
美味しいオッズを頂けるんですよ。

どうせ賭けても、ほとんど儲からない
オジュウチョウサンの単勝が、
アホみたいに売れるんですね。

「期待値が低いから手を出すべきではない」
とは、ならないんです。

このような大衆心理が競馬で働く限り、
私は期待値を追い続ける事ができるでしょう。

さて、ここで私の馬券術から、
オジュウチョウサンを考察すれば、
オジュウチョウサンに不安要素が3つ
あって、積極的に参加したいレースと
なるのです。

ここで馬券術の中身を暴露するつもり
はありませんが、せっかくみていただいたの
ですから、少しだけ・・・

まず、馬齢8歳という地点で、しんどいやろ。
そして前走からの大幅な距離延長。
あと一つは内緒です。ゴメンね。

オジュウチョウサンに逆らっていいというのが、
馬券術的な見解です。

問題は、今回オジュウチョウサンに
対抗できそうな馬が馬券術的に
浮かび上がってこなかったって訳です。

ですので、見送りレースとなってしまいました。

だから、過剰人気馬がいたからといって、
闇雲に参戦すればいいってもんじゃありません。

ただね、やっぱり大衆心理でここまで
人気してしまうというのは、期待値を
追い続けるものにとっては、優位なんですよ。

私の馬券術の思想はここにあるのです。

要するに人気する馬に不安要素があって、
人気しない馬に優位な要素がある。

それを統計上ルールづけして
レース選定をしているという訳です。

ですので、人気しそうな馬に、
優位な要素があったら、見送りレースです。

人気馬ってのは、常に過剰になりやすいんです。
それが、大衆心理ってやつなんですよ。

人気馬に期待値があると私は思っていません。

的中率で勝てる人ってのは、ずば抜けた
馬を観る眼があるって事なんです。

私は、そんなもの持ち合わせていませんので、
大衆心理の裏をついて、回収率をあげているのです。

競馬って最終的に的中率を競うんじゃありません。

トータルで、回収率100%以上あれば勝ちです。

後は、資金とメンタルに相談して、
とにかく継続できるようにする事。

その上で最終的に回収率で他者と差をつけるというのが
私の競馬の勝ち方です。

それにしても、勝って当たり前の状況で
当たり前に勝ったオジュウチョウサン、
そして、プレッシャーも重かったであろう、
石神騎手、本当にお疲れ様でした。
posted by サンペリドン at 20:03| Comment(0) | 日記

スポンサーリンク