2019年03月07日

有料予想購入者様にあえて厳しい事を言わせてもらいます

どうもサンペリドンです。

まあ、予想通り一気に有料予想購入者様が
増えましたね。

無料提供をやめて、高期待値馬もあわせて
お伝えするという部分に惹かれたのかな?

カラクリを最初に言ってしまうと、
馬単の1着馬の予想として
高期待値馬を使用しているので、
馬単の頭は高期待値馬ってだけです。

もし価値を感じて購入していただけたのなら、
もちろん私は嬉しいですよ。

だけど、これだけは言っておきたいのです。

私が現在馬単1点買いで有料予想を提供
していますが、そもそもは年間回収率150%以上
を出すのが目的です。

これは、難しい馬券種の方が回収率を稼ぎやすい
からです。もちろん方法論として優位性が
あってのものではありますけども。

何が言いたいのかというと、年間を通して
回収率150%以上を狙うのに確率が最も
高い方法を私は選択しているという事です。

その為には、的中率度外視なので、
メンタルが相当強くないともたないと
いうのは伝えておきたいのです。

予めお伝えしているのですが、数値だけで
安易な判断をしているのであれば、ついて
これませんし、ある程度の覚悟がなければ、
何をやっても結局うまくいきませんよと
だけは言っておきたいのです。

有料予想は年間回収率に特化したいので、
このように馬単1点買いという形ですが、
メンタルとのバランスを考えれば、
馬単の頭を単勝で買うのをオススメします。

先ほどお伝えしましたけども、
今まで無料で提供してきた高期待値馬は、
実は馬単の頭になっているのですよ。

有料購入者様なら、すぐに気づかれましたよね。

年間回収率では単勝よりも馬単の方に
軍配が上がると想定しての有料予想だった訳ですが、
やはりバランス的には単勝をおススメした方が
良いと今は思っています。

さらに前回の記事で紹介した通り、複勝でさえも、素晴らしい結果を
残していますので、これはこれで、今後
見守っていきたいと思います。

馬単だけにこだわらず、馬単の頭になる馬は高期待値馬
としての優位性はあると確信しておりますので、
うまくあなたの馬券に活用していただければ幸いです。

自分の中で確固たる馬券術が完成した以上は、
もう迷わず続けるだけです。

そして、予想を購入して下さる方の為に、
私ができるアドバイスはしたいです。

的中率度外視という競馬はどんなものかと
いうとレースを見てもハズレまくるので、
楽しいというよりはストレスがたまります。

それを乗り越えた上での競馬観戦であれば、
かまわないと思います。

多くの人は耐えれないでしょうね。

ちなみに私は、全く競馬を観ないように
なりました。

それ以上に、年間回収率にこだわりたいからです。

覚悟を決めたあなたなら、歓迎しますよ。

私が20年余りもかかって辿り着いた「競馬の勝ち方」
が、理解できるはずです。

気になる方は、有料予想のリンク貼り付けて
ますから、よろしければどうぞ・・・

有料予想対象レースは
馬単の1点買いです。

有料予想のエントリーレース(対象レース)
は、こちらで確認できます。

posted by サンペリドン at 20:41| Comment(0) | お知らせ

複勝馬券で長期的に勝つのは難しいからこそ価値が高い

どうも、サンペリドンです。

私は何度もこのブログで、
「競馬の勝ち方」を考察し、
様々な仮説を立て、検証を繰り返して
きました。

その中で、「複勝で勝つ」のは、
大変難しいというのは何度も
お伝えしたつもりです。

なぜなら、複勝という馬券種は、
まんべんなく売れてしまうという性質を
持っており、大衆心理から離れるのは、
至難の業だからです。

他者と差をつけるのが難しい
複勝の仕組み・・・

すなわち、長期的に最も控除率に
近づきやすい事から、続ければ
続ける程に、大きくも勝てず、
少しずつずるずると負けていくという
のが、競馬における複勝と言う
立ち位置なのですからね。

逆に言えば、複勝で長期的に
勝てる理論をもっているならば、
それは最強なんですよ。

だからこそ、複勝で勝てるレベルの
馬券術を構築すべく、失敗を繰り返して
きた過去があります。

そして、やっと自分の中で、
これならいけると感じたのが、
2017年に無料で報告した、
高期待値馬なんですよ。

けれど、結局複勝馬券の年間回収率は
100%ちょうどでした。

苦労して、やっとチャラという
もどかしさに、もう複勝で勝つ
方法を探るのはやめようと感じました。

但し、単勝の成績は119%と、
満足していい結果となったのです。

この時期に高期待値馬にプラスアルファ
した要素を足せば、さらに回収率が
上がると読んで試してみたのですが、
なかなかうまくいきませんでした。

この時は、希望的観測が入り統計の
取り方がズレてしまっていたというのを
今になって感じています。

ですので、次は馬券種に着目したんですよ。

圧倒的1番人気馬を2着付けにして、
高期待値馬を頭にすれば期待値があると
考えたのですよ。

なぜなら、圧倒的1番人気馬は頭で買うより、
2着付けにした方が期待値が上がる傾向が
統計上あると感じたからです。

そこから回収率に特化した、馬単1点買い
という方法に持っていったのですが、
そもそも私は前日予想できる形を
理想としているのに、単勝1倍台に
なるような圧倒的1番人気を予想なんて
できる術がなかったんですよ。

それでも何とかルールとしては
形にし、検証時には800倍の
オッズを的中させる事にも、
成功したのです。

よし、いけるという感覚は
ありました。

確かに、回収率に特化するという意味
では間違えてはいないんです。

だけどね、私自身がメンタル崩壊するような、
方向に行ってしまったんですね、、、

更には病んできて、運の要素まで気に
しだして(笑)こうなってくると期待値も
何もあったもんじゃありません。

挙句の果てにはスピリチュアルを学んで、
「ギャンブルで勝とうが幸せになれない」という
結論に至り、ギャンブルをやめた訳ですよ。

まあ、そのおかげで金銭的に恵まれる
事態となった上、結果的には、
「確固たる馬券術」が完成したのですから、
運が良かったって感じですね。

なんだかんだ言っても人生においてやっぱり
運は大事ですな。だけど、努力した上で、
ですからね。まずは、努力しないとね。

話が、どんどん逸れていきそうなので、
ここで一旦、本題に戻します(笑)

結論として馬券術の構築にあたり、
2017年の高期待値馬のロジックを
精査する事にしました。

ここで示した通りです。

そして何と

単勝回収率174%
複勝回収率111%

のロジックが完成したのです。
大衆心理の逆をいくルールです。
結果を元にしての考察では
ありますので、実践で再現性が
あるかどうかが、最大の難関ですが、
今度の今度こそは、大丈夫だと確信しております。

それは、ギャンブルをやめた事による
客観的な視点だと私は考えています。
希望的観測は完全に排除できているのです。

もう、高期待値馬の無料配信はしませんし、
私の言う事は結果を観て判断していただければ
結構ですし、信じてくれる方だけにお伝えしたい。

既にもうこれ以上の検証をする必要がないと
私は感じている位、素晴らしいロジックなのですから。

冒頭で、複勝で勝つのは難しいとお伝えしましたし、
私が今まで様々な研究をした上でもそう思います。

さて、1月5日〜3月3日までの無料で
お伝えしてきた高期待値馬の複勝回収率を
あなたに、見ていただきたいのです。

単勝回収率は驚愕の191%です。
だけど、たまたま単勝回収率が良かっただけ
という見方はできますよね。これだけでは、
馬券術としての優位さは見えてきません。
(まあ、充分凄いとは思いますが)

ですので複勝の回収率を見てみれば、
ロジックの優位性が増すのです。

例えば単勝回収率120%でも、
複勝回収率が80%しかなければ、
評価として私は下げたいのです。

2019年
1月5日〜3月3日迄の
高期待値馬複勝結果

複勝的中率27/91→29%
複勝回収率10850/9100→119%

これはもう、優位性を評価できるレベル
なんですよ。

さんざん失敗を繰り返してきた中で、
こんな素晴らしい状況は1度もありませんでした。

もちろん、嘘偽りはありませんし、
過去の記事を改ざんなんてのもありませんからね。

今まで、ずっと正直に失敗の報告をしていたのに、
いきなり嘘なんてつきませんよ。

高期待値馬をずっと注目されてきた方には、
ちゃんとわかってもらえるでしょう。

今回は、私が自己流馬券術に揺るぎない
感覚を持っているのを、
あなたに伝えたくて、こんな記事に
なってしまいました。
posted by サンペリドン at 19:14| Comment(0) | 理想の形

スポンサーリンク