2018年03月16日

ギャンブル引退、そして競馬必勝法を求めて20年終了のお知らせ

【ギャンブルはもう必要なくなった】
突然ですが、競馬は元より、
ギャンブルと称されるものに対して、
一切やめるという結論に至りました。

つきましては、競馬必勝法を求め
続けた20年余りに、
終止符を打ちます。

負け続けたサンペリドンを
ずっと応援していただいた方、
本当にありがとうございました。

感謝しかありません。

結果的に競馬必勝法には
辿り着けませんでしたが、
とことんやった結果です。

もう悔いはありません。

以前に競馬の舞台から
降りたものの、どうしても
諦めきれないという想いが
あった為、どうにか一つの
形にこだわってしがみついて
きた所存です。

ここまで一筋にギャンブル
ばかりの人生を歩んできたのに、
いきなりやめるという経緯。

いったいサンペリドンと名乗る
おっさんに何があったのか。

一言で申しますと、私の人生に
おいてもう、ギャンブルをする
意義は無いという事なのです。

【勝ち方】

私はパチンコ・スロットにおいて
20年余りにおいて勝ち越して
いますし、始めて数ヶ月で、
勝ち方というものを完全に
掴む事が出来ました。

それは期待値を積み重ねるという
シンプルながら、理にかなった
方法論です。

私が甘かったのは、競馬においても
期待値という考え方で容易に
勝ち切れると判断してしまった事。

パチンコ・スロットにおいて、
確率という概念は、はっきりと
していて確信を持って貫く事が
出来たので、結果を残せたと
感じています。

実際に勝ち方を知っていても、
それを愚直に継続するというのは、
なかなか難しいものです。

そういう意味では、私は
パチンコ・スロットにおいては、
素質があったのかも知れません。
メンタルもぶれなかったのです。

ところが、競馬に対しては
最後まで確信を持って『勝てる』
という方法論を掴む事は出来ませんでした。

但し、主観的な予想では、
一向に勝ちが見えてこないので、
確固たる自信を持てる方法論を
見つけるまでは、本格的な賭けは
やめようと決意し、その点においては
貫く事が出来ました。

そして、それは、ギャンブルから
退く事は出来ないというのは、
自分の思い込みに過ぎないのかも
という気付きにも繋がっていった
ような気がします。

毎月、給料のほとんどを
つぎ込み続けた上で、打ちのめされ
てきた敗北感に対して、
私なりの抵抗であったのでしょう。

【競馬の統計】
競馬というものは、様々な要因が
複雑に絡み合っており、期待値を
出すというのは、困難です。

統計を取り、期待値を取れると
いうのは幻想でしかなかった。

競馬で統計と呼ばれるものを
探そうにも、統計の曖昧さを
痛感するばかり。

そして、統計が取れていると
確信できる事項においては、
他者の多くも知っているので、
大きな差なんてつきません。

あくまでも自分だけが知りうる
上で、統計的な根拠があり、
それが正しい必要があるのです。

自分では正しい統計を
取れたつもりになっていました。

そして、どれだけ考えようにも、
結局、競馬において
という要素はとても大きいのでは
ないかと、考えるように
なっていったのです。

世にある勝ち方の類は、
結局、運が良かっただけなのでは
ないのか・・・

それならば、もう運を良くする
方法を試すしかない。

まともでは、ないでしょう。

期待値を積み重ねる事こそが、
ギャンブルで勝ち切る唯一の
方法だと自負しているのに、
その他の要因に勝機を
求めているのですからね。

だけど、私の中でもう手を
尽くした感があり、どうしようも
ない感覚が強くなるばかり。

そして競馬とは関係ない
(自分では競馬で勝つ為ですが)
運を良くする系の本を
読み漁る始末・・・

実は、完全にギャンブルを
断つという結論は、
運を良くして競馬に
勝とうという所から、
辿り着いたとも言えるのです。

【ギャンブルで本質的に幸せにはなれない】
私は、人生において、
幸せに生きたいと思います。

もちろん、幸せの形なんて
人それぞれですし、色んな形が
あって当然です。

ですが、宇宙の法則とか、
エネルギーの観点から見ると、
ギャンブルというものは、
幸せとは逆の方向という
事が分かりました。

まあ、私は宗教的な観点は、
あまり好きではないです。

ですが、色んな本を読み漁った上で、
自分が納得できるものを
信じ、試してみた上で、
どう感じるのかという事を
実践してみようと思いました。

ギャンブルというもの、
少なくとも競馬においては、
参加者全員が勝つなんて
ありえません。

ギャンブルで勝つを、
幸せ、負けるを不幸と
するのであれば、勝っている
ものは、負けているものに
不幸を与えているとも言えます。

ギャンブルで勝つ方法を
考えるという事は、誰かを
不幸にする事を考えていると
も言えるのですよ。

全員が勝てない以上、
誰かは必ず悔しい思いをする。

誰かを不幸にして自分が
幸せになるというのは、
幸せの本質ではないと
私は、納得したのです。

そしてもう一つ、
お金に関してです。

累計納税額日本一の斎藤一人氏が、
全面的にお手本にしてきたと
いう人物のお話。

本当のお金持ちというのは、
どのように使えば、まわりの人に喜ばれるかを
いつも考えています。

その結果として、まわりの人はその人に
ずっと富を蓄えてもらいたいと思うのです。

そこに妬みや嫉妬は起きないでしょう。


そして、お金自身が一番嫌がる使われ方。
それが、ギャンブル。

お金というものは意思を持っていて、
喜ばれる使い方をしてくれる人の
ところに行きたがるらしいです。

ですので、ギャンブルで得たお金は、
お金の視点から見ると、とても
嫌なのだそうです。

お金は、どうにかして逃げようと
するらしいのです。

私が得た情報の中で、さらに言えば
波動の法則
というものがあって、
・自ら発した波動は自分に返ってくる。
・同じ波動を持つものは引き寄せあい、
 違うものは反発する。
・より優位な波動が劣位な波動を
 包み込み、コントロールする。

これは、宇宙の法則らしい。

まあ、引き寄せとか、意識レベル
のような表現をされている場合も
ありますが、基本は同じです。

その中で、ギャンブルの波動は、
ネガティブだという事です。

要するに、ギャンブルに
携わる程、その人の波動は
下がるのです。

波動がポジティブかネガティブ
というのが人体にどう影響
するかと言えば、生命の
サポートに繋がるかどうか。

身体的なエネルギーが、
上がる方向か下がるかと
いう訳ですね。

真偽は分かりません。

例えば、クラシック音楽を
聴けば波動は上がると表現されて
いるのです。

デヴィット・R・ホーキング
博士という方が、科学的に
測定し、波動の数値化を
行ったとされています。

具体的には、よく分からない。

だけど、試してみる価値は
あると感じましたし、

これから、実生活で波動が
上がるというものや事項を
どんどん取り入れていこうと
考えています。

【ギャンブルで得たもの】
私は、競馬でトータル500万円程度の、
マイナスです。
パチンコ・スロットでは1500万円の
プラス、その他のギャンブルは収支としては
少し勝っている程度。

ギャンブルトータルで見れば、
1000万円程度はプラスに
なっていますが、所詮は
大した事ありません。

20年余りの月日に対しての、
対価と考えれば、ただただ
虚しくなるばかり。

それでもギャンブルに対しての
後悔はありません。

人生を変える為の何か・・・
希望としての位置づけは、
大袈裟かも知れませんが、
生きていこうという
希望になっていたのも
事実ですので。

【私のこれから】

このブログの、存在意義は
なくなってしまった訳ですが、
これから先、少しでも
誰かの幸せに繋がる何かが
出来ればと思っています。

まずは、身の周りの家族を
大切に、そして自分自身の
幸せの為に、ギャンブル以外の
何かを実践していきます。

【私にとっての本当の幸せ】
それは、少なくとも、ギャンブルに
のめり込む人生だとは思えません。

ですので、この決断もまた、
後悔はないのです。

ギャンブル依存症者としての、
自覚はずっとありますし、
決めたから、やめれるなんて
ものではないという理解も
しているつもりです。

ギャンブル漬けの日々は
楽しんだ。これからは、
ギャンブルに縁のない人生を
楽しんでみよう。

今は、こんな感じです。

ギャンブルなんてものは、
例え勝ち方を掴んだとしても、
将来的にどうなるか分かりません。

いつ破滅の道を歩むか、
その恐怖とずっと戦い続けることが、
私にとっての幸せとは到底思えません。

さっきも言ったけど、
幸せに形なんてないし、
人によっていろいろだと思う。

それは認めるよ。

だけど結局、安らげる場所が
あるって事が大事。

家族と、温かい笑いの
絶えない家庭を築く。

人というか生物としての
・・・
まあ、私にとってと
言っといた方が無難ですが、

結局、穏やかな気持ちで
温かい家庭を築く事こそが、
一番の幸せの形だと思うのです。

ずっと大金を手に入れるには
ギャンブルしかないって
思い込んできたし、
お金が無かったら幸せではない
位に思っていたけれど、

そんな事ではない。

満足のいく会社に就職できなかった。
毎日逃げ出したい気持ち。

これまた、そんな事は、
たいした問題ではないんだ。

自分の子供が将来、私と同じように
ギャンブルにはまったとして、
それは幸せな事だと喜べるだろうか。

ギャンブルの事ばっかり考えている
旦那を見て、嫁様は心から
嬉しいと思うのだろうか。

冷静に考えれば考える程、
ギャンブルを続ける意義なんて
ないって理解できるのに、
そういう意味では、
病気なのかなって思います。

長々とここまで見ていただいた方、
今迄、ご覧くださった、あなた。

本当にありがとうございました。

そしてこれからもギャンブルに
しがみついていかれるのでしょう。

それはそれで、また人生。

私の事を負け犬だと思って
いただいて、いっこうに
かまいません。

競馬の勝ち方を探ろうと、
ご覧になった方には、
大変申し訳なく思います。

このブログは、もう
競馬の勝ち方を求めると
いう形では更新しませんが、
逆にギャンブル依存症を
どう克服していくかという
観点から、たまに更新して
いこうと考えています。

ですので、サヨナラは
言いません。

後、もう一つの
ブログ、

ギャンブル幸福論
では、これから様々な
運が良くなる方法を
実践で試して私がどう感じるか
報告していこうかな。

そんな事を考えたりしています。

ギャンブルばっかりの人生でした
ので、これから色んな事を
楽しんでやろう。

では、また。
posted by サンペリドン at 02:20| Comment(4) | ギャンブル

スポンサーリンク