2018年03月27日

人生を変えるには覚悟が必要

【ギャンブルをやめる為の思考】

どうも、サンペリドンです。

私は20年余り、ギャンブルにどっぷり
と浸かってきました。

ギャンブルの儚さ、勝ち切れない
苦しさ上、何度もやめようと決意
しました。

ところが、やめようと思った次の日には
真逆の思考となってしまうのです。

パチンコで勝てるのだから、
競馬でも、いつか必ず勝てるように
なるはずだ。

諦めきれない想いをどうしても
手放す事が出来ないのです。

やめたいのにやめられないのは、
本気でやめたいのではないという
結論に至り、何度も何度も、
失敗を繰り返してきたのです。

自分では、いつでもやめようと
思えばやめれると思っていました。

いざやめようとしてもやめられないのは
何故かと考えれば、ギャンブルに
脳を犯されているとしか思えない。

いわゆるギャンブル依存症
いう状態ですね。

私は自覚はしていませんでした。

ですが、20年余りもしがみついて
きた事実から、完全に依存症だと、
今なら、はっきりと言えます。

それが、何故、本気でやめる決意を
したのか。

もし私と同じようにギャンブル依存症
で苦しんでいる方がおられたら、
こんな考え方もあるんだよ・・・

という視点で気楽にご覧ください。

ギャンブルへの依存度も、
やる目的も目標も価値観も、
ひとそれぞれですので、
これがギャンブルをやめる方法
の全てだとは言いませんが、
私はギャンブルに対して、
興味を失ってしまった位ですから、
効果のある人もおられると思います。

そう思って、ギャンブルをやめる
為の思考を私なりに述べます。

まずは、ギャンブルをやめると、
決意し覚悟する。

【ギャンブルをやめた3つの理由】
@
ギャンブルで負けると全てを失う可能性がある

ギャンブルにおいて、必ず勝てるという、
方法はありません。そして圧倒的に
負け越している人が多いです。

どれだけ勝ち方を学んでも、
常に破滅のリスクは付きまといます。

ギャンブルの精神は、どんどん
お金をつぎ込み、賭金も大きく
なる傾向があるのです。

自制心を保ち、余剰資金で
勝負できるなんてのは稀。
しっかりと資金管理できる
のであれば問題ありません。

ですが・・・

結果、どんどん賭けは大きく
なってしまうでしょう。

私は競馬で結果を残せません
でしたが、もし安易に勝てて
しまっていれば、賭金を
どんどん上げていたでしょうし、
他の儲け話にも簡単にのって
しまい何れ、とんでもない目に
あっていたでしょうね。

ギャンブルで勝てる保証が
ない以上、どこかで、
とんでもない確率のいたずらに
遭遇するかも知れません。

そうなった時には、
お金、時間、心、友人、恋人、
家族、さらには自らの命さえ、
失う可能性もあるのですよ。

そこまでのリスクを背負って、
ギャンブルにしがみつく
メリットなどありませんね。

A
ギャンブルをやっていても成長を感じられない


ギャンブルにはまってしまうと、
ギャンブル以外の興味を失くしがちです。

特に、私はこれが酷かった。

ギャンブルで稼げれば、仕事なんて
やらなくたっていい位に思っていました。

成長できるチャンスは多々あったのに、
人は成長しなければならないなんて、
誰が決めたんだと感じていたのです。

数年前の自分と今の自分を比べても、
何も学んでいないし、勉強とか努力を
できない体質になっていました。

ギャンブルをやっていた時間を、
読書や、身体を鍛える事に
使用していれば、随分と人生は
変わっていたはずです。

B
ギャンブルでは本質的に幸せになれない

私がギャンブルに興味を失くした
一番の理由は、自分にとって
【幸せとは何か】と考えたから。

ギャンブルの勝ち組は、ごく僅か、
大部分の人は負けています。

そして、その勝ち組は負け組が
いないと成り立ちません。

全員が勝つというのは
ありえないのです。

競馬は、控除率が発生します。

JRAとの闘いではないのです。

どうやったってJRAには、
勝てっこありません。

最初に、JRAがお金を
一定量、取ってしまうのですから。

そして残ったお金を参加者全員で、
奪っているだけに他ならない。

あくまでも、ギャンブルの場を
提供しているに過ぎないのです。

ギャンブルで勝って喜んでいる
一方で、負けて悔しがっている人が
存在するのです。

他人の不幸の元で幸せが成り立つので
あれば、それは本質的な幸せだと、
私には思えないのです。

ギャンブルは、潜在的に
【自分さえよければいい】
という世界なのです。

以上が、私がギャンブルを
引退した理由です。

正直に言いますと20年余りも、
ギャンブルが人生の全てと
思い込み、競馬の勝ち方を
研究してきた一人のおっさんの
結末として、ダサいとは思う。

努力が足りなかったと言われれば
その通りだと思います。

だけど、自分なりにやれる事は
やってきたつもりですし、
ここまでやって駄目だったら、
ギャンブルそのものが、
自分には合っていないと判断します。

それがかっこ悪くてもかまいません。

そして、ギャンブルをやめるという
決断が私にとって今後の人生を
より良くするのであれば、
勝ち方に辿り着けなかった事を
悲観する必要もないのです。

実際に、ギャンブルを手放した事で
今、とても幸せな
気分で満たされています。

ギャンブル以外の事に、
目を向けると、私は
たいして努力していないのに、
大企業に勤め(仕事大嫌いだけどな)
可愛い嫁様と、娘、息子に恵まれ、
(よく結婚できたな)
庭付き一戸建てに住んでいます。
(大借金だよ)

そういう意味では、運が
良かったと感じます。

これからは、私と同じように
ギャンブル依存症で苦しんで
いる人に少しでも、
勇気を与えられるような、
ブログを目指して、記事を
更新していきます。

今迄とは全く相反する
ブログにはなりますが、
ご了承下さい。

ギャンブルを手放した事に
よる、新たな目標ができ、
これからの人生は少しでも
誰かの役に立てるよう、
努力する所存です。

その為には、まず私自身が、
幸せな日々をおくらなければ。

ギャンブルをやめた事による
幸せを今は、噛みしめていますが、
仕事に関しての苦悩はあります。

ギャンブルに、仕事をやめるという
希望を感じていましたので、
それを失うのは辛いのですが、
ギャンブルで生活は出来ません。

少なくともサンペリドンにはね。

まあ、会社以外でお金を稼げる
ようになるというのが、
新たな目標の一つです。

このブログだって、その一つ。

だから、希望を失った訳では
ありません。

結局私が、ギャンブルに求めて
いたのはお金だけなんですね。

そしてギャンブル以外で、
お金を稼げるなんて、
できるはずがないと
決めつけていた訳ですね。

それなのにギャンブルでは
負けるはずがないと
思ってしまうなんて滑稽です。

今日の記事が誰かの少しの
勇気となれば幸いです。

では、では。



posted by サンペリドン at 01:30| Comment(6) | ギャンブル

2018年03月21日

人生の転機の前兆をどう判断し決断するか

【人生の転機とは】
人生が変わるきっかけです。
まあ、後になって考えてみれば、
あの時のこんな出来事が、
転機だったと気付くものなのでしょう。

人生の転機の前兆が分かれば、
決断も心構えもしっかりとして、
覚悟しやすいですね。

人生の転機は、いつやってくるか
わかりませんし、人は変化を
恐怖と捉えがちなので、よほどの
事がないと決断はできないものです。

私はギャンブル引退を人生の転機と
捉え、覚悟してこの先を歩みます。

そしてこれからは、ギャンブルなんて
やる意義がないという事を
このブログで伝えてゆく所存です。

ですので、今迄とは相反する内容と
なりますが、私はギャンブルを
手放して、今とても幸せを感じて
いますので、ギャンブルをやめたくても
やめられない人に、勇気を与えられる
ブログを目指そうと考えました。

実際の所、ギャンブルをやめたいと
心では思い、実行してきたものの、
降り切る事など出来なかったのです。

何度も何度も同じ事を繰り返し、
その度に、憔悴していたのです。

ところが、私は今度こそ完全に
ギャンブルを引退できると
言い切れるのです。

それは、ギャンブルをやめる事が
人生の転機になると確信できた
からなのです。

【人生の転機の前兆とは】
色々と調べてみました。
すると、共通点が見つかりました。

・努力しても、うまくいかない。
 もしくは、今迄うまくいっていたのに
 駄目になってしまった。
・興味がなくなる。
・眠くなる。

大体、こんな事が書かれていました。

これを競馬にあてはめてみると、
まさに、そのものではないか。

そして、それはそのまま
ギャンブルそのもの全てに
あてはまりました。

ギャンブルをやめる決断の後に、
人生の転機について、考えて
みた訳で、やめるきっかけは、
また別にあるのですが、
覚悟を決定づける大きな要因と
なりました。

自分の幸せに繋がらないと
判断した事に、いつまでも
しがみついた所で、結果は
見えているのです。

今では、もっともっと早くに
気付いて決断出来ていればと
思います。

ですが、ギャンブルに犯された
脳は、ちょっとやそっとじゃ、
ビクともしませんし、
考え方や価値というものは、
一度凝り固まってしまうと、
柔軟さを失うのです。

ましてや、20年余りも
ギャンブルで勝つ・・・
が人生の全てだったおっさんに、
誰が言い聞かせた所で、
聞く耳なんて、ありゃしません。

10年前の私を今の私が、
抑える事なんてできないでしょう。

ギャンブル以外に何もやりたい事
なんてなかった私が、
今新たにやりたい事に向かって、
幸せを感じているのです。

ギャンブルこそ希望の光、
ギャンブルへの想いがあった
からこそ、どうにか生きてこれた。

人生の希望を失ったと思った
瞬間に、新たな希望が溢れ
出しました。

やりたい事が見つかった悦び。

人生、何があるかわかりません。

人生、いつ変わるかも。

だからいつでも、前を向いて
いればいい。

やっと自分の本心に
気付く事ができたのだから。

そして、私を導いてくれたの
はギャンブルのおかげとさえ
思えれば、ギャンブルばかりの
人生だったけど、後悔は
ありません。

むしろ、感謝です。

新たな人生に向かって、
楽しもう。

すでに、心は、うきうき、
ワクワクの状態でーす。
posted by サンペリドン at 22:37| Comment(0) | ブログについて

2018年03月16日

ギャンブル引退、そして競馬必勝法を求めて20年終了のお知らせ

【ギャンブルはもう必要なくなった】
突然ですが、競馬は元より、
ギャンブルと称されるものに対して、
一切やめるという結論に至りました。

つきましては、競馬必勝法を求め
続けた20年余りに、
終止符を打ちます。

負け続けたサンペリドンを
ずっと応援していただいた方、
本当にありがとうございました。

感謝しかありません。

結果的に競馬必勝法には
辿り着けませんでしたが、
とことんやった結果です。

もう悔いはありません。

以前に競馬の舞台から
降りたものの、どうしても
諦めきれないという想いが
あった為、どうにか一つの
形にこだわってしがみついて
きた所存です。

ここまで一筋にギャンブル
ばかりの人生を歩んできたのに、
いきなりやめるという経緯。

いったいサンペリドンと名乗る
おっさんに何があったのか。

一言で申しますと、私の人生に
おいてもう、ギャンブルをする
意義は無いという事なのです。

【勝ち方】

私はパチンコ・スロットにおいて
20年余りにおいて勝ち越して
いますし、始めて数ヶ月で、
勝ち方というものを完全に
掴む事が出来ました。

それは期待値を積み重ねるという
シンプルながら、理にかなった
方法論です。

私が甘かったのは、競馬においても
期待値という考え方で容易に
勝ち切れると判断してしまった事。

パチンコ・スロットにおいて、
確率という概念は、はっきりと
していて確信を持って貫く事が
出来たので、結果を残せたと
感じています。

実際に勝ち方を知っていても、
それを愚直に継続するというのは、
なかなか難しいものです。

そういう意味では、私は
パチンコ・スロットにおいては、
素質があったのかも知れません。
メンタルもぶれなかったのです。

ところが、競馬に対しては
最後まで確信を持って『勝てる』
という方法論を掴む事は出来ませんでした。

但し、主観的な予想では、
一向に勝ちが見えてこないので、
確固たる自信を持てる方法論を
見つけるまでは、本格的な賭けは
やめようと決意し、その点においては
貫く事が出来ました。

そして、それは、ギャンブルから
退く事は出来ないというのは、
自分の思い込みに過ぎないのかも
という気付きにも繋がっていった
ような気がします。

毎月、給料のほとんどを
つぎ込み続けた上で、打ちのめされ
てきた敗北感に対して、
私なりの抵抗であったのでしょう。

【競馬の統計】
競馬というものは、様々な要因が
複雑に絡み合っており、期待値を
出すというのは、困難です。

統計を取り、期待値を取れると
いうのは幻想でしかなかった。

競馬で統計と呼ばれるものを
探そうにも、統計の曖昧さを
痛感するばかり。

そして、統計が取れていると
確信できる事項においては、
他者の多くも知っているので、
大きな差なんてつきません。

あくまでも自分だけが知りうる
上で、統計的な根拠があり、
それが正しい必要があるのです。

自分では正しい統計を
取れたつもりになっていました。

そして、どれだけ考えようにも、
結局、競馬において
という要素はとても大きいのでは
ないかと、考えるように
なっていったのです。

世にある勝ち方の類は、
結局、運が良かっただけなのでは
ないのか・・・

それならば、もう運を良くする
方法を試すしかない。

まともでは、ないでしょう。

期待値を積み重ねる事こそが、
ギャンブルで勝ち切る唯一の
方法だと自負しているのに、
その他の要因に勝機を
求めているのですからね。

だけど、私の中でもう手を
尽くした感があり、どうしようも
ない感覚が強くなるばかり。

そして競馬とは関係ない
(自分では競馬で勝つ為ですが)
運を良くする系の本を
読み漁る始末・・・

実は、完全にギャンブルを
断つという結論は、
運を良くして競馬に
勝とうという所から、
辿り着いたとも言えるのです。

【ギャンブルで本質的に幸せにはなれない】
私は、人生において、
幸せに生きたいと思います。

もちろん、幸せの形なんて
人それぞれですし、色んな形が
あって当然です。

ですが、宇宙の法則とか、
エネルギーの観点から見ると、
ギャンブルというものは、
幸せとは逆の方向という
事が分かりました。

まあ、私は宗教的な観点は、
あまり好きではないです。

ですが、色んな本を読み漁った上で、
自分が納得できるものを
信じ、試してみた上で、
どう感じるのかという事を
実践してみようと思いました。

ギャンブルというもの、
少なくとも競馬においては、
参加者全員が勝つなんて
ありえません。

ギャンブルで勝つを、
幸せ、負けるを不幸と
するのであれば、勝っている
ものは、負けているものに
不幸を与えているとも言えます。

ギャンブルで勝つ方法を
考えるという事は、誰かを
不幸にする事を考えていると
も言えるのですよ。

全員が勝てない以上、
誰かは必ず悔しい思いをする。

誰かを不幸にして自分が
幸せになるというのは、
幸せの本質ではないと
私は、納得したのです。

そしてもう一つ、
お金に関してです。

累計納税額日本一の斎藤一人氏が、
全面的にお手本にしてきたと
いう人物のお話。

本当のお金持ちというのは、
どのように使えば、まわりの人に喜ばれるかを
いつも考えています。

その結果として、まわりの人はその人に
ずっと富を蓄えてもらいたいと思うのです。

そこに妬みや嫉妬は起きないでしょう。


そして、お金自身が一番嫌がる使われ方。
それが、ギャンブル。

お金というものは意思を持っていて、
喜ばれる使い方をしてくれる人の
ところに行きたがるらしいです。

ですので、ギャンブルで得たお金は、
お金の視点から見ると、とても
嫌なのだそうです。

お金は、どうにかして逃げようと
するらしいのです。

私が得た情報の中で、さらに言えば
波動の法則
というものがあって、
・自ら発した波動は自分に返ってくる。
・同じ波動を持つものは引き寄せあい、
 違うものは反発する。
・より優位な波動が劣位な波動を
 包み込み、コントロールする。

これは、宇宙の法則らしい。

まあ、引き寄せとか、意識レベル
のような表現をされている場合も
ありますが、基本は同じです。

その中で、ギャンブルの波動は、
ネガティブだという事です。

要するに、ギャンブルに
携わる程、その人の波動は
下がるのです。

波動がポジティブかネガティブ
というのが人体にどう影響
するかと言えば、生命の
サポートに繋がるかどうか。

身体的なエネルギーが、
上がる方向か下がるかと
いう訳ですね。

真偽は分かりません。

例えば、クラシック音楽を
聴けば波動は上がると表現されて
いるのです。

デヴィット・R・ホーキング
博士という方が、科学的に
測定し、波動の数値化を
行ったとされています。

具体的には、よく分からない。

だけど、試してみる価値は
あると感じましたし、

これから、実生活で波動が
上がるというものや事項を
どんどん取り入れていこうと
考えています。

【ギャンブルで得たもの】
私は、競馬でトータル500万円程度の、
マイナスです。
パチンコ・スロットでは1500万円の
プラス、その他のギャンブルは収支としては
少し勝っている程度。

ギャンブルトータルで見れば、
1000万円程度はプラスに
なっていますが、所詮は
大した事ありません。

20年余りの月日に対しての、
対価と考えれば、ただただ
虚しくなるばかり。

それでもギャンブルに対しての
後悔はありません。

人生を変える為の何か・・・
希望としての位置づけは、
大袈裟かも知れませんが、
生きていこうという
希望になっていたのも
事実ですので。

【私のこれから】

このブログの、存在意義は
なくなってしまった訳ですが、
これから先、少しでも
誰かの幸せに繋がる何かが
出来ればと思っています。

まずは、身の周りの家族を
大切に、そして自分自身の
幸せの為に、ギャンブル以外の
何かを実践していきます。

【私にとっての本当の幸せ】
それは、少なくとも、ギャンブルに
のめり込む人生だとは思えません。

ですので、この決断もまた、
後悔はないのです。

ギャンブル依存症者としての、
自覚はずっとありますし、
決めたから、やめれるなんて
ものではないという理解も
しているつもりです。

ギャンブル漬けの日々は
楽しんだ。これからは、
ギャンブルに縁のない人生を
楽しんでみよう。

今は、こんな感じです。

ギャンブルなんてものは、
例え勝ち方を掴んだとしても、
将来的にどうなるか分かりません。

いつ破滅の道を歩むか、
その恐怖とずっと戦い続けることが、
私にとっての幸せとは到底思えません。

さっきも言ったけど、
幸せに形なんてないし、
人によっていろいろだと思う。

それは認めるよ。

だけど結局、安らげる場所が
あるって事が大事。

家族と、温かい笑いの
絶えない家庭を築く。

人というか生物としての
・・・
まあ、私にとってと
言っといた方が無難ですが、

結局、穏やかな気持ちで
温かい家庭を築く事こそが、
一番の幸せの形だと思うのです。

ずっと大金を手に入れるには
ギャンブルしかないって
思い込んできたし、
お金が無かったら幸せではない
位に思っていたけれど、

そんな事ではない。

満足のいく会社に就職できなかった。
毎日逃げ出したい気持ち。

これまた、そんな事は、
たいした問題ではないんだ。

自分の子供が将来、私と同じように
ギャンブルにはまったとして、
それは幸せな事だと喜べるだろうか。

ギャンブルの事ばっかり考えている
旦那を見て、嫁様は心から
嬉しいと思うのだろうか。

冷静に考えれば考える程、
ギャンブルを続ける意義なんて
ないって理解できるのに、
そういう意味では、
病気なのかなって思います。

長々とここまで見ていただいた方、
今迄、ご覧くださった、あなた。

本当にありがとうございました。

そしてこれからもギャンブルに
しがみついていかれるのでしょう。

それはそれで、また人生。

私の事を負け犬だと思って
いただいて、いっこうに
かまいません。

競馬の勝ち方を探ろうと、
ご覧になった方には、
大変申し訳なく思います。

このブログは、もう
競馬の勝ち方を求めると
いう形では更新しませんが、
逆にギャンブル依存症を
どう克服していくかという
観点から、たまに更新して
いこうと考えています。

ですので、サヨナラは
言いません。

後、もう一つの
ブログ、

ギャンブル幸福論
では、これから様々な
運が良くなる方法を
実践で試して私がどう感じるか
報告していこうかな。

そんな事を考えたりしています。

ギャンブルばっかりの人生でした
ので、これから色んな事を
楽しんでやろう。

では、また。
posted by サンペリドン at 02:20| Comment(4) | ギャンブル

スポンサーリンク