2017年12月01日

競馬資金の扱い方

私が、まだ競馬を始めた頃は、ほぼ
毎週のように京都競馬場に通っていました。

面倒だと思いながらも、そこに
行くまでの過程も楽しかったんで
しょうね。

興奮を抑え、内なる闘志を秘め、
軍資金を握りしめ、といった
感じですね。

今や、馬券売り場に行かずとも、
ネット環境さえ整えば、
簡単に馬券を買えてしまう時代。

今から20年前・・・まだ誰もが、
自由に馬券を買える時代ではなく、
電話投票システムが当たった時は
感動しました。

銀行にお金をいれておけば、
家からでも、馬券を買えるのは、
画期的であり、もう余計な
交通費と時間が節約できると
感じたものです。

さて、2018年は馬単の1点買い、
そして、全レース参加、前日予想可能、

そういう訳で、新たに即パット
なるものに加入してみました。

私は、グーグルアドセンスの専用口座
としてジャパンネット銀行の口座を
保持していたのですが、JRAが指定
する口座を持っていさえすれば、
すぐに手続きが終了し、賭けれてしまう
という事だそうです。

ジャパンネット銀行の口座は、
使用できるという事でしたので
登録してみました。

10分もかからずに、登録終了。

そして12月2日の中央競馬
全レースの馬単予想をして、
既に、実際に賭けてみました。

競馬の軍資金は生活費とは、
別に考えています。

私の場合は1年で競馬資金と
して用意しています。

そして、ある金額に達したら
それ以上分は引き出して、
自由に使っても良い事にしています。

例えば100万円用意した場合。
120万円になったとしたら、
20万円だけおろすんです。

そして年間のレートはずっと
一定にする。

さもなくば、いつまでたっても
競馬の軍資金でしかありませんからね。

それにしても、前日予想できて
前日に投票を終了できるので、
私のような変則的な時間形態で
働く人間でも、余裕を持って
全レース参加できるというのは、
ありがたいです。

新馬券術である馬単の手法では、
レース単位で一喜一憂できるほど、
的中率はありませんので、
競馬そのものを観戦する機会は
減ってしまうとは思いますが、
そもそも私は、予想に時間を
掛けるのも、せっかくの休日に
競馬だけに時間を取られるのも
勘弁して欲しいと思っています。

だからむしろ割り切れて、
競馬と付き合えるので、
これで良いのです。

回収率を叩き出す為に、
競馬を楽しむ要素は、今迄
以上に減ってしまいました。

100レースに一度程度の
回収率が跳ね上がる瞬間だけを
楽しみとして、競馬と向き合って
行こうと思います。

とりあえず、明日の36レース分の
投票は終了しました。
サクサクと10分程度で終わり、
とってもいい感じです。

結果は、都度、このブログで
報告していきます。

まずは早めに、最初の一つを、
的中させたい所です。

posted by サンペリドン at 21:41| Comment(2) | 資金管理

馬単一点買いテスト

競馬必勝法を求めて20年余り、
2017年も、またまた失敗に
終わってしまった訳ですが、

私の中では、競馬というギャンブルに
対して、どう向き合えば気持ちよく、
長期的、そして競馬に勝つに繋がるのかを
はっきりと体験できたつもりです。

私の中では、まだまだ検証中では
ありますが、根拠なき勝負はしません。

そして自制心という意味でも、
かなり鍛えられたと感じています。

やはり経験するというのは、
とても大事な事だと思います。

2018年、私は馬単の1点買いで
競馬と向き合い、そして勝ち切る予定です。
中央競馬全レースに参加した上で、
年間回収率150%以上を目指します。

これは、そのまま有料予想としても
配信します。
2017年のワイド予想を停止し、
2018年は馬単予想です。

ただ、馬券種を変更したというだけでは
ありません。

ワイド馬券術のロジックは通用しない
と結論付け、より有効なロジックを
仮説を立て検証し、私としては
統計的に勝ち切れると判断しました。
このロジックは現在高期待値馬として
無料予想している、優位な要素と
感じている部分を特化する事で、
全レースに対応できます。

複勝で利益を出せる馬券術こそ、最強
という観点から取り組んだ、無料予想の
高期待値馬のロジックは回収率想定
110%です。

このロジックの優位な部分を、
馬単に活かせると信じています。

高期待値馬のロジックは、
対象レースが少ないので私にとって、
実践向きではありませんが、この先も
検証の価値はある結果を現状は
出せていますので、2018年も
継続します。

私はいずれ競馬の勝ち組になると
決めています。

本格的な賭けは、まだ先の話では
ありますが、2018年は、
年間で100万円以上は勝てる程度の
賭けをする予定です。

有料予想としての実績は
まだ全くありません。今まで
失敗の繰り返しばかりです。

ですので、2018年は自信があるとか、
負けようのないなんて事は申しません。

全レース、馬単の1点買いで、
前日予想可能です。
月1万円で提供します。

私の買い目、そのままです。
レジまぐの媒体にて販売した上で、

こちらのブログで結果報告もします。
レジまぐの方でも、情報公開されます
ので、嘘偽りはありません。

有料予想は、売れれば喜びますが、
的中率の想定は1%程度だと思って下さい。

ですので、的中しないが常という
感覚です。賭けているという立場からの
レース観戦はストレスがたまる
だけです。

それでも、年間終わってみれば、
回収率150%あれば大満足できます。

私は、それを目指しています。

なかなかついて来れる方はいないと
思いますが、大衆心理行動は、
控除率に近づくだけだと認識して
います。

私を信じてついていこうってお方は、
着いてきて下さい。

決して安くない予想料金、そして
何の実績もない上に的中率は1%
だと謳っているのだから、
面白くはないと思います。
覚悟も必要です。

だからこそ、私は2018年に、
予想を売ると言うよりも、
回収率という実績だけを残したい。

競馬で勝つと言うのは、結局
他者と差をつける事。

その差は最終的に回収率が全て
だと思うのです。

負け続けてきたからこその
発想ではありますが、私は、
2018年こそ、競馬で勝つ。

本気です。


ちなみに2017年12月2日(土)の
馬単予想は、全レース、すんなりと
予想が出来ました。

今の所、何の問題もないと思います。

まあ、結果が出てナンボですけどね。

これは、来年の有料予想であって、
事前の公開はしません。

あくまでも、実際に私自身が
賭ける事によって感覚的に
どのように感じるかを知りたい
だけなのです。

今の所、軸馬の単勝率は
10%程度で、そのうちの
10回に1回位は、
馬単として的中できるだろう
という算段を立てています。

そしてその的中平均オッズが150倍ならば
回収率150%を達成出来るのです。

なんとなく出来そうな気は
しませんか?

これを複勝で行おうとすれば、
100レース中、仮に的中平均
オッズが2倍としたら、
75%の的中率が必要です。

これって、到底無理な話
だって私なら思うのです。

試行回数が100レース
ぴったりしかないのであれば、
方法論も考える必要があるとは
思いますが、私は、全レース
が対象ですので、その中で
1%以上の的中率を出せれば
充分勝てると考えます。

実は、馬単的中率1%を出すのは
容易ではないのですけどね。

だから馬単1点買いさえすれば、
勝てるって訳でもない。

ただ、期待値的な事を言うと、
複勝よりも、単勝よりも、
ずっと、高いのです。

このあたりも実際に賭けなければ
体感しなければ不安になるだけ
だと思いますので、検証と実績が
重要になってきます。

記念すべき新馬券術の
最初の買い目だけ、残しておきます。

2017、12月2日(土)
馬単1点買い
中山1R13→9

まあ、流石にいきなり的中とは
いかないでしょうけどね。

気になるお方は、このブログと
レジまぐで結果の報告は都度しますので、
ご覧ください。

2018年、サンペリドンに
ついて行くと決めた方は、
年初からの有料予想を継続して
購読していただきたく存じます。


posted by サンペリドン at 14:54| Comment(0) | 競馬必勝法

本日の高期待値馬(12月2日)

どうも、サンペリドンです。

12月2日の高期待値馬は
2頭です。

今年も、あと1ヶ月、
有料予想の方は、失敗に
終わりましたが、こちらの方は、
どうにか格好はついている状況です。

無料予想の高期待値馬は、
来年も継続します。

****************************************

2017年12月2日(土)
馬券術予想 複勝

****************************************

※ルール
複勝の1点買い
複勝で的中率40%回収率110%
以上を期待できるロジックとして
活用しています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

阪神12R
9番 メイショウノボサン

中京12R
10番 トーホウスペンサー

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

現在、有料予想の購入は
おすすめしておりません。

有料予想対象レースは
13レースあります。

有料予想のエントリーレース(対象レース)
は、こちらで確認できます。

購入する!
posted by サンペリドン at 13:26| Comment(0) | 本日の高期待値馬

スポンサーリンク