2017年11月13日

有料予想について

どうも、サンペリドンです。

有料予想に関しましては、検証段階で
あり、実績を確認した上での、
ご購入を薦めてまいりました。

もちろん、自信があったからこその
有料予想な訳で、私を信頼して下さった
方には、大変申し訳ありません。

ワイド馬券術の結果が満足のいくもの
であれば、大々的に宣伝も考えていました。

ですが今は、おすすめできる状況では
ありません。もちろん買っていただければ
喜びます。あくまでも商売な訳ですからね。

私の実績をみた上でのご購入者様は、
ワイドではなく、3連複や、馬連で
買われているみたいです。

タラレバを申しますと、今も尚、
軸馬からの馬連と3連複は、
回収率100%を超えております。

まあ、あくまでもこちらはワイド馬券術と
して提供している訳ですので、全く
無意味ですけどね。

さて、2017年のワイド馬券術に
よる有料予想ですが、今すぐにでも
辞めたい所ですが、年初に貫くと決めた
以上は、どんな結果になろうとも
けじめとして継続します。

そして今年でワイド馬券術は終了します。

有料予想に関しては、懲りずにまた
違う形で継続させます。

有料予想なんてやめちまえ、詐欺だ・・・
色々な意見はあるでしょうし、
気を悪くされる方もいるでしょう。

ですが私は、今後も本気で勝つつもり
で馬券術による予想を継続しますし、
今後も、実績を見た上でのご購入をおすすめ
します。

どういう形であれ、需要があるならば、
供給する訳で、それを否定されるので
あれば、その分のギャランティを
私に下さいなという話です。

別に騙しているつもりはありません。
勝てる保証だってしていません。

買ってくれる人がいるのならば、
喜んで売ります。

ただそれだけ、シンプルです。

後、私がレジマグを媒体として、
有料予想の提供をするのは、
嘘偽りのない結果が表示される為で、
そこで結果を残し、私の馬券術が
勝てるという証明をしてやりたいという
思いがあるからでもあるのです。

2018年、今度こそという思いで、
新たな馬券術による有料配信を
行います。

無料予想に関しては、今後とも
同じロジックで継続します。

対象レースは少ないながらも、
こちらに関しては、複勝回収率110%
以上を期待するロジックとしての
結果を残せていますし、要素の
優位性を探る上でも貴重な位置づけなのです。

高期待値馬のロジックが有効であるならば、
2018年の新たな馬券術による
予想提供は、まず問題ないと確信しています。

ただ、過去に失敗の実績がハンパねえので、
そう簡単に行くとは思っちゃいません。

だから、2018年に有料予想は
販売すると言うよりも、実績を残す為の、
布石だと思っていただきたいのです。

本当は、今年に実績を残す予定だったん
ですけどね。

まあ、実績という意味では、
無料予想の高期待値馬は、それなりに
残したと言っていいでしょう。

複勝で回収率をプラスにする事の
難しさは、競馬で勝つ事を本気で
研究されたお方であれば、わかって
いただけると思います。

2018年、圧倒的な期待値と
優位な買い方で勝負する予定です。

今迄とは根本的に違います。
とにかく回収率に特化します。
的中率が低いとメンタル的に厳しい
というのが私の意見でした。

ですが、今回、私は全然大丈夫。
メンタルが持たないというのとは、
また別の方向になります。
むしろ、ほぼメンタルに影響しません。

つべこべ言った所で、結果を出して
ナンボの世界。

2017年、完敗です。
だけど、今迄とは違う、気づきがあった。

ですので悲観的ではありません。
むしろ、清々しい気分なのです。

今は、只々、楽しみです。

という訳で、これからも
よろしくお願いいたします。

            サンペリドン
posted by サンペリドン at 15:29| Comment(0) | お知らせ

競馬で勝つ為の優位な要素を検証しようと思う

2017年、有料予想は散々な結果となりました。

今度こそは負けようがない・・・
それ位に思っていました。

まあ、毎回、渾身の最高の馬券術が
完成したと思っては結果が伴わず、
悔しい思いをしていますので、
またか・・・という感じではあります。

そんな中で、無料予想である
高期待値馬の単・複の回収率は
100%以上を達成する事ができています。
対象レースが少ないので今年の勝ちは
ほぼ大丈夫です。
(現地点で確定ではありません。)

検証という意味ではまだまだ
絶対数が不足しています。

ですが、前回のブログで申し上げた通り、
複勝で回収率100%を超えるのは至難の業
なのです。

そんな中、100Rを超えて回収率
100%以上を達成しているのですから、
それなりに注目する点があると
考えて良いと思うのです。

無料予想で高期待値馬として掲載している
のは、有料予想の軸馬の中から、さらに
ある要素を含んだものを対象としています。

そもそも、有料予想の軸馬は、自分ルールで
優位な要素を持った上で、不安な要素を
持っていないというのが条件なのですが、
現地点で単勝・複勝共に回収率は90%程度です。

ですので、優位な要素だとか不安要素なんてのは
馬券術と呼ぶに値しません。少なくとも、
私が導き出したルールが機能しているとは
言い難い。

そうなれば、要素として無料予想の高期待値馬
における要素を一番にピックアップして、
馬券術の構築をしてみてはどうかと思いました。

たまたまかもしれないと言う恐ろしさは
ありますが、有料予想の軸馬と無料予想の
高期待値馬において、ルールの要素をひとつ追加
しているだけで、顕著な違いがあるのだから、
この要素は競馬で勝つにおいて、優位な
要素として大きいのかも知れないと仮説は
立てられます。

だったら、他の要素は極力排除し、
この要素を強調してやろうではありませんか。

さて、この要素って何なんだろうね。

そりゃ秘密ですよ。ただ、もし本当にこの
要素が競馬で勝つにおいて大きな要素と
なりうるとすれば、はっきりと結果で
証明される訳ですので、今からとても
楽しみにしています。

来年は、この要素に特化した馬券術が
どの程度、通用するかの検証をしつつ、
高期待値馬の行く末も見たいので、

現状と同じ方法論で無料予想は
継続する予定です。

現在有料予想で使用しているワイド馬券術の
ロジックは、通用しないものと判断し、
没にします。

高期待値馬のロジックのみ確保した上で、
さらに買い方を工夫して来年の馬券術の
検証をする所存です。

競馬の勝ち方ってのは、ひとつじゃないと
思います。

その中で、私が競馬で勝つには、
これしかない

という悟りの境地に達しました。

そこには、残念ながら競馬そのものを
楽しむという感覚は、もはやありません。

私にとって競馬はあくまでも観戦して
楽しむものであって、ギャンブルとしての
楽しみは排除するしかないのです。

ただルールに従い黙々と続けるだけ。

今回の馬券術がゴールになるかどうかは、
まだわかりませんが、今迄とは全く
違う視点から構築されています。

そして私自身は期待値150%以上と言う
判断をして継続します。

年間を通して目標を達成すれば、
それは私の中で確固たる馬券術完成の
瞬間ですし、駄目ならばそれはそれで
また、他の方法を考えるだけです。

ただ、私にとって競馬で勝つというのは、
こういう事なんだというのは、
はっきりとしているのです。

この境地に辿り着く迄、時間が
かかりすぎました。だけど、これは
これで一つのゴールだと思いますし、
私は生涯を通して競馬と向き合い
継続する為の最善策だと感じています。

私は、パチンコ・スロットに続き、
競馬でも勝ち組になると決めています。

まだスタートにさえ、立ててはいないものの、
ゴールは、すぐそこに迫っているという
不思議な感覚なのですよ。

感覚って大事でしょう。
大丈夫、今度の今度こそは、
きっと掴んでいるはずだ。

まあ、これこそが私の醍醐味であり、
楽しみなんだと思う今日この頃です。
posted by サンペリドン at 14:25| Comment(0) | 競馬必勝法

2018年に向けての馬券術再構築

ワイド馬券術の終焉

2017年、まだ終わった訳ではありません。
だけど、有料予想のワイド馬券術による、
回収率は、目途がつきました。

というのも、もう大幅に上がる事も、
下がる事もない状態に辿り着いてしまった
からです。

もう、噛み合うとか噛み合わないとか
いう段階を超えてしまったと考えます。

年間回収率80%程度、これが私の
ワイド馬券術の実力です。

有料予想という状況下なので、本来は
まだまだこんなもんじゃないよ・・・

と言いたい所は、やまやまですが、
ここは素直に負けを認めます。

有料予想購読者様、大変申し訳ありません。
けじめとして年内は同じ方法論で予想を
継続しますが、勝負付けは済んでいる、
消化試合状態という事です。

毎年、今年こそはと奮起するも結局このように
同じような結果となってしまいます。

今年は、メンタル面を軽減する為に、
的中率を上げる試みとしてワイドを採用しました。

結局、メンタル的に楽になったかと言えば、
全然そのような事はありませんでした。

むしろ想定外の的中率で、改めて競馬で的中させる
事の難しさを痛感しただけです。

私としましては、もう手を尽くしたと
いう段階まできていたつもりでの、この結果。

こうなってしまった以上、少しずつ改良なんて
言っても仕方がありません。

圧倒的な期待値を追う
私は期待値を追い続けていれば、年間を通して
勝つことは可能だと考えています。

適正な賭け金、継続できるだけのレートを
一定に、そして感情に流されずにルールに
従って、賭け続ければ結果として収支は、
プラスになるはずなのです。

それでも、年間レベルで収支がプラスにならないので
あれば、それはもう方法論に問題があると
判断するしかないのです。

私は、競走馬における優位性と不安の要素の
組み合わせで、勝てると結論付けましたが、
期待値を取れているかといえば、
まだまだ取れていないのです。

私の掲げている優位性は、控除率に
対してほんの少しの上乗せはあるものの、

大衆心理に勝るレベルのものではない
という事なのでしょう。

私は色々な方法を試してきましたし、
勝てる理論を、実際に勝っているという
方々から、吸収してきたつもりです。

それは、メンタルであったり、賭け方で
あったり、馬の要素やギャンブル論等、
様々なものです。

だけどね、全部違った。嘘っぱち
だったんだよ・・・。

いや、本当な部分もあるんだけど、
あくまでもそれは一部でしかない。

長期的な視点で期待値を追い続ける
これは、絶対的に合っている。
というか、これ以外はギャンブルを
攻略的に勝つという意味では違う。

期待値を追い続けるメンタルは
ギャンブルで勝つにおいて絶対的。

だけどそれは、期待値が本当に存在して
いる事項においてのみ有効なのです。

さもなくば、ただただ負を追い続けている
行為になるんですからね。

私は今はもう引退してしまったけど、
20年余り・・・
パチンコ・スロットにおいて圧倒的な
勝利を収める事ができたのは、

単に期待値の明確な出し方を知っていて
愚直に実行した結果だと思っています。

競馬において、結果を出せないのは、
期待値の出し方を間違えている、
ただそれだけ。

でね、競馬において期待値を出して、
それを追いかけるのは、とっても
難しいんだよ。

こうすれば期待値を出せる・・・
なんて理論は全て証明できるレベルの
ものなんてなかったんです。

そういう意味で嘘っぱちなんです。

競馬において・・・

期待値を本当に追えているかどうかを
判断するのはとてつもなく難しい。

それは統計学が、いかに曖昧なもの
かを証明しているかのように。

それだけは分かったし、中途半端な
事をしたって勝てやしないってのは
身に染みてわかった。

競馬で単純に予想して勝つには、圧倒的な馬を
診る眼が必要です。

そりゃ短期間で一時的に勝つのは、
運だけありゃどうにかなるでしょう。

だけど長期的に何年もという訳にはいかない。

圧倒的な視点、あるいは神業レベルの何か。
複勝で勝てる人は、これに値します。

私の視点から見れば、予想力だけで、
年間100レース以上こなした上で
複勝の年間回収率120%とかいう
のであれば、圧倒的な予想力なので、
予想力の優位性だけで、
競馬において勝つことが可能でしょう。

私は、複勝で勝てる馬券術こそが、
最強だと思っています。なぜなら、
複勝なんてのは、まんべんなく売れて
しまう訳で、他人と差をつけるのが
難しいですし、オッズの歪み・・・
要するに期待値を追うなんてのは、
難しすぎるからです。

少なくとも私の視点では、まともに
予想をした所で、長期的に競馬では
勝てない。

安定して勝とうとすれば結局、
控除率に近づいていくだけ。

他者と同じ視点では、勝ち切るなんて
不可能です。だって競馬はJRAとの
戦いではなく、他者との奪い合いな
訳ですからね。どうあがいたって
最初からJRAの勝ちは決まっている
のですからね。

だから、安定して複勝で勝ちたいと
考えている地点で、競馬で長期的に勝つ
という視点では間違っているのでしょう。

私は真逆の方向に行きます。
もはや、的中率は求めない。
安定だってどうでもいい。
だけど・・・
年間回収率150%以上を目指します。

圧倒的な回収率を叩き出せる部分を
追い続けた上で、2018年は、
検証しようと考えています。

問題は、どのような方法論で、
行うのかという事なのですが、
新しい馬券術という事で、
ほぼほぼ頭の中では固まっています。

長くなりましたので、次回で
方針を述べようと思います。

但し、馬券術の中身は相変わらず
秘密ですので、その点は
ご了承ください。

例年のごとく、今度こそは
もう負けようがないと思っています。
posted by サンペリドン at 11:33| Comment(0) | 競馬への思い

スポンサーリンク