2017年04月24日

結果から探るロジックに意味はあるのか?

ワイド馬券術の結果は今の所、散々です。
ところが、結果から逆算すれば、
こうやって賭けていれば勝てていた
という事は、分かります。

統計を取った上でのロジックと思いがちですが
これは再現性という意味で、統計を取れた
とは言えません。

前回述べましたが、馬連4頭
BOX、3連複の他に、
軸馬を2着付けし紐馬を頭にした場合も、
回収率は100%を超えています。

買い方として優位な可能性もありますが、
恐らく長期的に再現はしないでしょう。

何れも、一時的に回収率を跳ね上げる
ポイントのある買い方なので、
安定感にかけるはずです。

優位かどうかの判断も難しいのです。

仮に優位なものであったとしても、
信じて貫くには無理があります。

この判断って本当に難しいです。
やはり、仮説を立てて実践検証を
続けていくしかありません。

馬連、馬単、3連複よりも
安定するはずのワイドでさえ、
この有様なのですから。

まあ、とにかく継続できた上で
結果が出せるかどうかですね。

苦しい展開ではありますが、
今迄のように、貫けないという事は
今度こそありませんので、その点は
ご安心下さい。

結果はおのずとついてくると私自身は
思っていますが、現状がこれでは強気な
事は言えません。

気持ちは強く持っていますからね。
決して折れずに、継続します!
posted by サンペリドン at 01:03| Comment(8) | ギャンブル

スポンサーリンク