2016年12月09日

騙すつもりは無くても

どうも、サンペリドンです。
私は、決して真面目な人間だとは言いません。
勤勉な人間ではないし、コツコツ努力する事も出来ないです、ってかしないです。

ただ良心ってのはありますよ。そこを失ってしまったら人間として私は終わりだと思う。

人を騙してお金を取るなんてもっての他!

オレオレ詐欺ってありますよね?
私には存在自体考えられないし騙されるわけがないって思いますよ。だけどね、実際あるんだなってのは共感できるんです。

というのは、今回のクラブの話で即座に乗った・・・そして、銀行口座を教えただけで、すぐに振り込んだ方が2名おられたからです。ブログ発信後、1時間足らずの出来事ですよ。にわかには、信じられませんでした。私がどんな人物かよく分からないはずですし、逆に私がどう対応するかとまどう位です。

うまい例えじゃないですが、(笑)・・・ナンパしたら即座についてくるってなもんです。逆にビビってしまうではないか。。。

私は、別に詐欺をしようってんじゃありませんよ。信頼してもらえるのは嬉しいです。だけど、やはり何というか、もう少し慎重になるべきだと思いますよ。いや、冷静さを欠いて舞い上がっていたのは確かに私ですし、偉そうな事は言えませんが・・・

もし私が本気で詐欺をするつもりならお金を集める事って出来るんだって感じた迄です。

いや、私は本気で元金保証して馬券術たるものを公開すべく、現状会社辞めたら退職金いくらもらえるかって所迄調べて頭おかしくなったと言われても仕方がない行動を取りました。

そしてその行動は焦りから来たものです。どこまで行っても辿り着けない・・・もどかしい・・・もういいや・・・待てなくなってしまったのです。

ギャンブルで負ける要素のひとつが、この焦り、待てないという部分なのです。わかっていたつもりなのに、いつしか自制心は崩壊していたみたいです。危険な状況。

いやねえ、こんなにタラタラしてたらあっちゅう間に月日は流れて待ってるだけで人生終わっちまうんじゃねえかって感覚がどこかにあったんです。だからむしろ破滅してもいいから今の自分を崩壊してみようじゃないかってね・・・

このままじゃ、何も変わらない。
おんなじことやってたって、おんなじ結果が待ってるだけってね。

だけど駄目だった。
根本的にギャンブルに負ける思考になっていた。

う〜ん、やっぱり方向性がづれてしまっていたんです。ギャンブルに対して脳がやられている状態。

いやあ、つらいですよ。自分がここまでになってしまっていたなんて。

手遅れになる前に、どうにか気づけて良かったです。ここまでの状況になっても私は、ギャンブルをやめようと心の底では思っていないのです。

だから私は、細々と競馬を続けていく選択をします。

あらま、話が、ずれてしまって申し訳ない。

私が今日、本当に言いたかった事、それは迷っていたからです。クラブに対する問い合わせで私が募集を辞めた事を伝えると皆様、快く承諾して頂けたのですが、お一人だけ、私を信頼しているからやって欲しいと言ってなかなか引き下がってもらえない方がいたのです。

期待だけさせて胸が痛いのです。
私は、なんにも考えちゃいなかったです。

そもそも元金を保証して他人から資金を集めるというのは法的に駄目なのだそうです。じゃあ競馬で儲けたお金だって法的に正しく税金として納めてる奴なんていないやんって思いますけどね。

まあ、それを言い出したら本質的に競馬で勝つという事が皆無になってしまいますが。

とにかくそんな事も知らずに行動した訳で、色んな事、想定しきれないくせに何やっとんじゃいって事です。

だからやっぱりきっぱりと私が有料で何かをするには足りなすぎるって自覚出来ました。

私は、何が正しいとか間違っているとか言うつもりはありません。

言いたかった事は結局何をするにしても責任は自分にあるって事です。

だから自分が納得して行動すれば、それでいいんじゃないでしょうか?
posted by サンペリドン at 20:10| Comment(0) | 自己紹介

スポンサーリンク