2016年12月23日

有馬記念の予想

どうもサンペリドンです。
今日は馬券術度外視です。

久々に、主観による予想です。

競馬を純粋に楽しむという点では、
これが一番だと個人的には思います。

ただそれでは、私の場合日によって、
予想がガラッと変わってしまうのです。

なんというか不確定要素に頼りすぎてしまい、
結果なんでもありって感じで、長い目で見て
勝てるとは到底思えません。今まで負け続けて
きましたし、大半の方は年間レベルで
負けているものなのです。

だから、競馬ってそういうもんなのでしょう。

少なくとも、主観で安定して勝てるかといえば、
私には無理だと思います。

私だって、それなりに血統とか上がり3ハロンとか、
タイムだとか、パドックだとか、騎手だとか、
競馬で有効だと思う要素の研究はしてきましたし、
うんちく立ててそれなりの予想は出来ますよ。

まあ、結局勝てないですけどね。
テレビで偉そうに競馬解説してるお方だって、
大半は負けているのですからね。

と、いう訳で今更、なんで主観による
予想なんだっていうと、単純に競馬を
楽しむ心を忘れたくないからです。

自分で色々想定するって行為が、
きっと楽しいんだと思います。

まあ年に数回、こんな感じで楽しんでも
いいじゃあ〜りませんか(笑)

てな訳で、それなりの根拠に基づいて、
それらしい予想をしてみましょうかね?

2016年12月25日(日)中山10R
有馬記念
まず、ポイントとなるのは、中山の
馬場状態と、枠の有利不利だ。
暮れの中山はやはり力を必要とする馬場、
そしてどうしても逃げ先行有利に映る。

前を主張したい馬が内枠に入れば、その地点で
大きな武器となる。そういう点でまず、
1番キタサンブラック
2番ゴールドアクター
に注目したい。

次にペースであるが、恐らく7番マルターズアポジーが
逃げを主張するであろう。1番キタサンブラックは、
無理に追うとは思えず、ペースが速くなるとは思えない。

もう1頭注目の菊花賞圧勝し本格化を伺わせる、
11番サトノダイヤモンド
強さは認めても、今回軽視したいと考えている。
長くいい脚を使えスタミナ豊富な印象だが、
中山の馬場に対して適正が低い可能性があり、
外目の奇数枠というのも好条件とは思えない。
古馬との対決も不安であり、過剰人気の感がある。
という訳で、思い切って消す。

馬券的妙味と、コース実績をふまえて、
私が一番魅力を感じるのが、
2番ゴールドアクター。

1番キタサンブラックをしっかりとマーク
しやすい、そして今の馬場は、この馬にとって
ピッタリだと私は感じる。

結論としては、
ゆったりとしたスローペースで、
極端な競馬が出来る馬に、
軍配が上がると予想する。

という訳で、
単勝2番ゴールドアクター

馬連1−2 2−6 2−7 2−10 2−14 2−15

馬単2−1

ワイド1−2

3連複1・2軸→6・7・10・14・15

3連単1着2番2着1番固定→6・7・10・14・15

以上が、私の主観による2016年
有馬記念予想です。

要するにサトノダイヤモンドが3着以内に
来たら、ほぼ終わりって事ですな。。。

まあ、現実的には、サトノダイヤモンドに
ビビッて、ワイド1−2厚めにって
やってしまうんでしょうね(;'∀')

でもね、もしサトノダイヤモンドの単勝オッズが
3倍以下なら、私は賭ける価値がないと思います。
不安要素の方が大きいですからね。

いやあ、楽しみですね。

たまには、こんなんもええじゃろ。
では、では。

いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう!
posted by サンペリドン at 01:11| Comment(0) | 見て楽しむ競馬

2016年12月21日

2017年の馬券術への取り組み

どうも、サンペリドンです。
2017年、新馬券術で私が
やろうとしていた事。

もう、あんまり引っ張りたくはないし、
スパッっと忘れるべきなのでしょうが、

やっぱり、焦りは禁物ってのを、
自己に言い聞かせる為、そして、
相応の方法ってのを確認し、
戒めなければ私は、またとんでもない
事をやろうとしかねない。

だから、あえて・・・

実際にやっていれば、どうなって
いたのか?

100万円が1年後に
どう化けるのか?ってのを、

検証してみようと思います。

実際には賭けませんよ、そして、1年後に
どうなろうが、もう有料で何かするとか、
軽はずみな行動とか発言もしません。

自信があるなんて言わないし、言えない。

ただ、本気で会社を辞めて迄、やろうとした事が
どの程度のものだったのかを、見てみたいのです。

結果によって私がどうなるってわけでも
ありません。

ただただ、私の先の目標である、
馬券術の検証に過ぎません。

まあ、要するに新しい馬券術は、
2017年どうなんのかな?ってだけです。

では、私がやろうとしていた事を
説明しますね。

まず、サンペリドンクラブと銘打って、
会員を限定10名集めようとしました。

その会員費は、なんと100万円。
1年間は返金出来ません。
そしてそれを年間利用し私が実際に賭け、
利益の半分を山分けします。
収支がプラスならば馬券術の
全容もお伝えします。

もし、収支がマイナスになった場合は、
私が保障します。
あなたの収支がマイナスになる事は
ありえません。

まあ、ざっとこんな感じです。

そして、こんな事を企てた焦りの感情、
何の確証もないのに、勝てると
判断してしまった、ギャンブル脳。

今年の馬券術単勝回収率92%から、ある
フィルターをかけてみたら、139%に迄、
跳ね上がったので、単純にそして強烈に
いけると思っちゃった訳です。

深い考えもありません。

ほらね、凄いでしょう・・・
やばいでしょう・・・
頭おかしいでしょう・・・

さて、実践では単勝の1点買い。
皮算用として、
100万を100分割し、1レース
1万円使用。

年間対象レース500レース
的中率15%回収率120%を想定。

500万円×120%=600万円
年間利益100万円

会員様の利益50万円
私の利益50万円

これは1人に対してですから、
10名だと10倍って事です。

いやあ、恐ろしいですね。

いけそうだからやってみようと思った。

今迄、年間でまともに勝った事が
ない人間がですよ。

ギャンブルってのは、いかに他人と
差をつけて、有利な条件で戦うってのが
重要ってわかってるつもりです。

どれだけ長く生き続けられるかってのが、
問題なのに、全て知っているはずなのに。
もう2度と変な考えを起こしませんように。

私は、ギャンブルの捉え方を
根本的に間違えていたようなのです。

ギャンブルに対して
甘い状況で育ってきたせいなのでしょう。

さあ、慎重に行きまっせ。

2017年 新馬券術のルール
・単勝の1点買い1万円
・前日に予想
・朝7時のオッズを確認
・オッズ範囲ならば購入

そして、年間でどうなるか
検証してみます。

これは、あくまでも検証であり、
自分の為のものです。

ですので、こうしなければならないとか、
自分を縛り付けるものは
一切やめようと思います。

そもそも、公約したところで、
それを守れるような人間じゃねーし。。。

こんなスタイルで、少しずつ馬券術を
改良し、焦らず、いつの日か、
貫けるものが出来るようになる事。

それを目標にして2017年、
もし、やらかしてしまっていたら、
どうなっていたのかを、
自分なりに捉える所存です。

競馬そのものは、既に楽しみという
点で薄れているのは承知の上です。

まあ、今までに比べ、馬券種は
単勝のみの上、対象レースも少なくなります。

それでもまずは、年間収支がプラスに
ならなければ、お話になりませんからね。

と、いう訳で、
単勝的中率15%以上
単勝回収率120%以上。

期待値の出し方が間違っていなければ、
これ位は達成して欲しいと期待しています。
自信があるとかではなく、あくまでも
期待です。私の統計的に希望観測ってのが
つい入ってしまうので、冷静に
判断しなければいけません。

焦らない・焦らない・
来年は一休み・・・

実際に私が賭ける事はありませんので、
こんな精神でのんびりと構えますよ。

まあ、結局、来年も、
おんなじような事するって訳ですな。

かっこ悪いですが、競馬で勝つってのは、
本当に難しい!

年々、増々そう思ってしまうのです。

いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
posted by サンペリドン at 20:27| Comment(2) | 予想方法

2016年馬券術考察

どうも、サンペリドンです。
2016年こそ、今年こそ、今度こそ、

ところが、年間貫く事さえ出来ませんでした。

とりあえずの結果は、こんな感じ

−−−−−−−−−−−−

単勝

自己流馬券術 2016年1月5日〜
12月4日迄
無料予想結果トータル(小数点切り捨て)

単勝的中率・・・78/1022→7% 
回収率・・・94370/102200→92%

−−−−−−−−−−−−

3連複

自己流馬券術 2016年3月12日〜
12月4日迄
無料予想結果トータル(小数点切り捨て)

的中率・・・47/561→8% 
回収率・・・672280/769620→87%

−−−−−−−−−−−−

仮に最後まで貫いて収支がプラスになったとしても、
馬券術としての評価は出来ません。

結局今年も、間違っていたという判断しか出来ません。
何が間違っていたのか?・・・
それは、期待値の出し方です。

私の馬券術の考えの元は期待値に基づいています。

結局、自分が出来る事を考えた場合、確率を考えて
より効率的な賭け方をするしか長期的に見て、
勝つ方法はないと考えているからです。

ところが、この長期的というのが、難しい所です。
長期的というのは、どれくらいなのか曖昧です。
さらに言えば、確率というものは偏ります。

ほんっと、いい加減なものなのですよ。
いやになるくらい、目の当たりにしているはず。

ギャンブラーなら、嫌というほど、経験しているはず。

そんなわけあるかいな!ってのをね。
確率を大きく超える何かってのを、
目を背けたくなる程、見てしまう訳です。

だからね、結局、引きだとか運という言葉で
片づけたくなってしまうんですよ。

でもね、勝ち方ってのを突き詰めた時、
確率ってのは、絶対的に無視出来ません。

はっきり言いますけど、個人の人生で
確率なんて収束するなんて、思っちゃ
いませんよ!そもそも、人間が平等だなんて
私は思っちゃいないんだからね。

それでもギャンブルに勝つ方法を
考えた場合・・・

確率を無視した賭けってのは、
勝ち方を追究した場合には、
ありえないのです。

確率に変数オッズを賭けると、それは
期待値となります。

競馬で言えば確率50%でオッズが2倍で
あれば期待値1=チャラ線って事ですね。

2.1倍以上のオッズであれば、
期待値という観点で見れば、
勝てるという事になるのです。
それこそ、長期的に考えればね。

なかなか目に見え難いので、極端な話をします。
競馬を確率でとらえるのは、なかなか難しいのですが、
期待値を考えた場合、確率を出さなければ、
答えを求めることが出来ませんので、これは
あくまでも仮のお話です。

期待値とは何なのか?
期待値をどう扱うか?

そして、ギャンブルを期待値から捉えた場合、
あなたなら、どうするのでしょうか?

2つの質問をさせていただきます。

3頭立てで、いずれかの単勝しか賭ける事が
できないレースがあったとします。

@ディープインパクト 勝率85% オッズ1.2倍
Aハーツクライ 勝率10% オッズ 12倍
Bステイゴールド 勝率5% オッズ 40倍

第一の質問?
・このレースの賭けに参加しますか?

第二の質問?
・どの馬に賭けますか?

さて、どこに賭けるべきなんでしょうか?
あなたなら、どの馬に賭けますか?

さあ、どうすべきでしょうか?
もちろんこんなレースは存在しません。

何故ならどの馬に賭けようが期待値は1を
超えてしまうからです。

そういう訳で第一の質問の答えは、
レースに参加すべき。というのが答えとなります。

では2番目の質問は?

さあ、どの馬に賭けようかしらねえ?

さて、正解は・・・?

・・・
・・・
・・・

実は・・・
明確な答えなど存在しません。
時と場合によるというのが答えです。

私、サンペリドンの期待値による考えで行けば、
Bのステイゴールドを選択する事になります。何故なら、
期待値が一番高いからです。
期待値をもとにして考えるならば、Bを
選択する人が多いのでは、ないのでしょうか?

但し、これが正解かと言えば、明確に正解と
いう事は出来ません。

これは、試行回数と資金において、どれを
選択した方が有効かは、違ってしまうからです。

たった一度しか勝負が出来ないのであれば、
ほとんどの方は@を選ぶでしょう?

そして私も多分選んでしまうと思います。
@が正解だと思ってしまうでしょうね。

本当にそうなのでしょうか?

いや、期待値という考え方だけならば、
それもまた正解とは言い難い。

では、10回なら?100回なら?
1000回なら、どうなの?

期待値という考え方をした時に、
確率として、どの範囲ならば、
自分は大丈夫なのか?

そもそも、期待値を取れているのか?
本当にそれを信じて継続するのは可能か?

このあたりを明確にしておかなければ、
そもそも選択するという行為さえ、
ままならないでしょう。

自制心をしっかりと保てるならば、そんな
事はないでしょうけど・・・

私は、無理です。無理でした。
そして、これからも同じでしょう・・・

2016年・・・
かなりの自信を持って予想をスタートしました。

的中率はともかく、回収率は長期的に見て、
少なくとも1年あれば、100%以上、
叩き出せると・・・

結果は冒頭の通りです。
私は、最後まで予想さえ貫けない。

ましてや、実際に賭けたとして、
とてもじゃないが継続なんて出来ない。

期待値を本当に取れているのか?
それを、確認するのは結果でしかないのに、
確率の偏りってのは結局、試行回数を
重ねることでしか判断できないのです。

そして確率の偏りを、狭めるには、
的中率を上げる方法論でしか、
成り立たないと思うのです。

このバランスってのは大事ですが、
難しいですね。

そして、的中率と共に回収率を
上げるってのは至難の業です。

ただ結局、現状私が、競馬で勝つには、
的中率も回収率も求めるしかないのです。

絶対的に必要なのは回収率です。
これが長期的・・・少なくとも年間単位で
マイナスになるならば、そもそも、やる意義
など私にはございません。

現在、私は色んな要素が重なって、競馬は
もとより、ギャンブルそのものを断っている
状況です。

中途半端にやっても無駄という事だけでも、
私は自覚しているのでしょう。

もはやギャンブル依存症は、乗り越えたと
思っている位です。
いえ、やめたいとは思っていません。
ただ、負けたくないのです。

しかるべき資金を投入するその時迄、
野心を持って、実践検証を続けます。

今年の予想収支がマイナスなら辞めるつもりでいたのは事実。

でもまだ諦めません。

恐らく来年も私は実践の検証をするだけでしょう。
それでいいんです。

競馬ってのは、ギャンブルってのは、
そんな甘かねえんだよ!
楽して儲けようってなシロモノではない!

それを自分に叩き込み続けるだけでも、
私は、このブログをやる価値があるのさ。

ゴールなんて、ないのかも知れない。

自分が、どこに向かおうとしているのか?

もう軽々しく、自信があるとか、
勝てるだなんて言わない!

だけど、いつになるかわかんないけど、

シンプルに単勝だけしかやるつもりないけど、

いつか、いつの日か・・・
単勝10万円勝負をしてやろうと思う。
年間を通じてね。

あの、お方のように・・・

それを貫けるだけのメンタルと馬券術と資金力を
兼ね備え、負けても納得できる理論で、
堂々と立ち向かってやる!

いつか、いつの日か・・・
焦る必要はない。

今年の馬券術に対する方法論は間違っていた。
ただ、それだけ。

どこを間違っているか?どう修正すべきか?
何を足し何を引く?

さて、2017年が楽しみになってきましたよ。

私は、これでいいのだ!


いつもありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
posted by サンペリドン at 16:08| Comment(0) | 競馬必勝法

スポンサーリンク