2014年10月28日

競馬の儲け方

現在、私の馬券術は単勝・複勝に落ち着い
ています。

馬券術としては優位性があり、年間を
通して回収率は100%を超える自信が
あります。失敗を繰り返しましたが、
ようやくこのようなレベルに辿りつい
たと、自負しているのです。

自信があるというよりは、過去の検証に
よって導かれた方法が再現性を感じれる
結果になっているというだけです。

過去のレースによって、色々な視点から
収支をプラスにする方法が浮かんで
きます。それは、まさに様々で、
どの要素が優位性をもたらしているか
ってのは、特定するのが難しいのです。

ですので、過去の傾向を見ただけでは、
再現するかどうかというのを判断でき
ません・・・が、馬券術の構築においては
過去のレースの傾向と結果を見て、
実践によってどうなるのか、そして
その結果が本当に馬券術の優位性に
よってもたらされたものなのか?

このあたりの判断が重要な訳です。
結局の所、どの馬が1着になるのか
という意味ではオッズに反映されて
います。

毎年、単勝1番人気馬の勝率は
35%程度で推移されており、年間
を通せば、毎年1番人気馬が
1番勝つ訳です。

それでいて年間の勝率が60%とか
20%になる事もなく、毎年35%
前後なのですから、データとしては
信頼できるでしょう。

そして、色んな方法論はあれど、結局
1着馬を予想するのは限界があり、
10年前と比べて、競馬ファンの予想
制度というのは上がっているとは
言えないのでは、ないか?と思うのです。
そしてそれは、これからも変わらないと
想定できます。結局、1着馬を当てる
という意味で、これ位に落ち着くの
でしょう。ただ、的中率を上げるので
あれば、オッズが1倍に近い馬を買い続けれ
ば良いのですが、回収率が100%を
超えるのは長期的に見て無理だと断言で
きます。

1番人気を買い続けても儲からないと
いうのは、統計的に分かるのですが、
やはり勝つと思う馬に投票が集まるの
でしょうね。

同時に、これから先も1番人気馬が1着
になる確率は1番高く、結局の所、
オッズというのは不変の法則だと
言えるのでは?と思うのです。

私が、オッズを重要視するのは
この為です。

的中率と回収率を天秤にかけて、回収率
が増す馬のみを機械的に買い続ける。
私の結論は、これしかないです。

但し、これは優位性のある馬券術が
あって初めて通用する訳であって、
例えば、やみくもに単勝万馬券を
狙えば良いというものではありません。

的中しなければ、回収なんてできない
ですからね。

どの程度の的中率が想定できるのか?
その為にはオッズは何倍以上必要か?

競馬で儲けるってのは難しいです。
ほとんどの人は負けるのです・・・
って事は他の人と同じような事を
していたら、同じ結果が待っている。

私なりにやっと掴んだ馬券術・・・
それでもせいぜい、単複合算の
年間回収率は、140%程度だと
想定できます。

この数値を素直に凄いと感じれれば、
競馬の本質を理解出来ているという事。

特に、複勝で収支をプラスにするのは
どれだけ、難しい事か・・・

私の馬券術の優位性を証明するには、
やはり単勝だけでは足りないのです。

年間複勝収支がプラスになってこそ、
本物という思いが、やはり残っています。

11月も土日仕事の日はありますが、
できるだけ多く実践の実績を残したいと
ウズウズしている今日この頃の
サンペリドンで、ございました。わーい(嬉しい顔)

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】






posted by サンペリドン at 13:16| Comment(3) | 予想方法

スポンサーリンク