2014年10月02日

馬券術は完成するのか?

どうも、サンペリドンです。
失敗に失敗を重ねましたが、やっと完成。
そして実践検証の形を残すのみとなって
いました。
馬券術の形としては、単勝以外の
馬連・馬単・ワイドにおいて、
収支プラスを計上していました。
この先の保障はできませんが、馬券術と
して有効であると思っています。

ですので今回の馬券術は失敗という
結論は出さないでおきます。
収支はプラスなのですからね。

少なくとも、馬券術で導かれた2頭での
1、2着の結果があった事。
馬単1点買いで500倍を超える配当を
的中させるというのは、私の主観での
予想では、到底無理な話ですからね。

これでいいのかな?これで馬券術完成
という形で継続していけばいいのか?
収支がプラスなんだから、これで
いいよな?・・・

単に収支をプラスにするという点だけに
焦点を合わすのであれば、3連複・3連単
の方が良いのかも知れません。

でもですね・・・何か違うのですよ。
安定感に欠けすぎるのです。
まあ、私には3連単をやるような
資金が無いというのが1つの理由です。
例えば年間を通して1レースの的中でも
収支がプラスになる可能性を秘めている
3連単のような馬券は、魅力的です。
いずれ私も3連単という馬券種に馬券術
を通して挑戦するつもりでした。

優位な馬券術であればオッズの歪みが生じ
やすい、3連単が収支をプラスにするのに
有効だという考えは変わりません。

ただ、やはり私が求めているのとは
違うのだという事に、今さらながら
気づきました。

私は、毎月コツコツと勝ちを積み重ね
複利さえ可能なレベルの馬券術を
求めているのです。そしてそんな事は
私が構築するのは無理だと、このブログで
諦めた旨を以前お伝えしました。
複勝という馬券種で他人と差をつける事
が出来ないという結論に至った為です。

複勝というのは、1番的中させやすい反面、
控除率に近づき易い、1番儲け難い、
オッズの歪みが生じ難い馬券種だという
事で排除した次第です。

その複勝でさえも、プラスにしうる馬券術
を構築できてこそ、私の中で競馬を攻略
できたといえるのです。一旦は諦めたの
ですが、悔しい思いは、どこかに残って
いました。検証で100%を超すのは、
至難の業だというのは分かっています。

同時に、あと一歩、あと少しで複勝での
収支のプラスを掴める所迄は、きている
のです。

今一度、挑戦、実践検証したいと思います。
馬券術として選出馬を選ぶ手順はほぼ
変えません。
私が、手順としてしっくりきていないのは、
レースの選定です。
1番人気馬が飛ぶレースをいかに選択でき
るかというのが、収支に関して大きく
影響するのは間違いないのですが、
なかなか難しいものですね。あまり厳選
しすぎると参戦そのものが少なくなり、
満足できません。結局統計上、1番人気馬
が勝つ確率が1番高いのですから、
そりゃ、簡単じゃありませんね。

この点を改善したつもりですが、実践で
うまくいくかどうか?

今回の馬券術は複勝で勝つというのを
目標としています。

競馬そのものを楽しむ為に単勝も
賭けますけどね。
1頭の単・複で新たに挑戦します。

またかよ〜・・・
そんなこと言っちゃいやん。。。

温かく見守ってもらえれば嬉しく思います。

ありがとうございます。
お互い頑張りましょう。
ポチっと応援して頂ければ
励みになります。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】








posted by サンペリドン at 14:10| Comment(0) | 理想の形

スポンサーリンク